icon
icon
iconicon
icon

【ガンプラ】HG 105スローターダガー レビュー

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG 105スローターダガー」のガンプラレビューです。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムSEED C.E73-STERGAZER-に登場し、ファントムペインが運用した105スローターダガーをご紹介。

2006年発売。

エールストライカーが付属するダガータイプのガンプラになります。

という事で、HG 105スローターダガーを「HG105ダガー+ガンバレル」との違い・比較やHGUCエールストライクガンダムと互換性があるかなどを検証しつつレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG 105スローターダガー

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

105スローターダガーのボックスアート。

設定的には、ファントムペインが105ダガーにエールストライカーを組み合わせ独自の改修を加えてカスタム化した機体になります。

ガンプラ的には2004年に発売されたHG 105ダガー+ガンバレルの本体ランナーを使ったバリエーションキットで、こちらにはエールストライカーが付属する感じです。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

ホイルシールとマーキングシールがこちら。

バイザーや本体の細かな箇所、エールストライカーの色を補うものが付属します。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「MX703ビームライフル」「ES01ビームサーベルの柄×4」「クリアイエローのサーベルエフェクトパーツ×2」「シールド」

サーベルの柄は腰側面に2本・エールストライカーに2本マウントするのですが、それぞれ微妙に形状が違います。

また、105ダガー+ガンバレルではクリアレッドだったサーベルはクリアイエローに変更されました。台座は付属しません。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

そして完成したHG 105スローターダガーがこちら。

ファントムペインらしいダークグレーを基調とした成形色に変更されています。

白・青・赤とヒロイックな印象だった105ダガーからイメージが結構変わりました(*´ェ`*)

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

本体と武装(ライフル・サーベル・シールド)は105ダガーの色違いです。

本体の合わせ目は105ダガー+ガンバレルのレビューで画像付きで解説してありますので、こちらも併せてどうぞ↓

【ガンプラ】HG 105ダガー+ガンバレル レビュー

 

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

エールストライカーは重みがありますが、足首等の関節強度が強めに設計されているため自立します。

ただ、立たせ方によっては後ろに倒れやすいです。

それでは細かく見ていきます!

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

可動域はそこそこで、今のガンプラ目線で見ると狭いです。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

関節は90度ほど曲がり、膝立ち可能です。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

上半身は少し引き出せば360度好きな位置へ持っていけます。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

頭部のバイザーとトサカのセンサーはシールで補います。

設定色ではフェイスマスクはライトグレーなので、105ダガーと比べると色分けは甘めです。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

胴体。腰の一部や肩上部の突起部分などは色が足りず、要塗装です。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

上から。肩は軸接続で、前後に傾けることはできません。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

肩のサブアーマーを動かせば腕の可動範囲が上がります。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

肘は90度曲がります。二の腕の突起部分は黒いシールで色を補います。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

シールド表面の突起はイエローで要塗装ですが、裏側は別パーツで色分けされておりモールドも刻まれています。

シールドは基部で360度ロール回転します。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

腰左右にはES01ビームサーベルをマウント可能です。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

脚部。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

全体的に合わせ目は多いぞ!(*´ェ`*)

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

ただ、膝関節は1パーツで合わせ目が出ません。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

下から。股下には「HG105ダガー+ガンバレルに付属する台座」に対応する特殊なサイズの穴が空いています。(このキットに台座は付属せず)

足裏に肉抜きはありません。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

エールストライカー上二枚のウイングは非可動で、前側にシールを使います。

角張った面に貼るのであまりキレイにはいかず。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

スラスターはフレキシブルに可動します。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

イエロー部分はシールですが、シールの下にはモールドありです。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

105スローターダガー、出撃!

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

エールストライカーのデザインって浮かせるとめちゃめちゃかっこよくなるよね……(>ω<)

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

MX703Gビームライフルはシンプルな2パーツモナカ構造で、形状的には105ダガー+ガンバレルと同じものが付属します。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

降下するファントムペイン!

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

ライフルで攻撃!

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像ですHG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

ES01ビームサーベルを抜刀!

柄は4本付属、エフェクトパーツはクリアイエローのものが2本付属します。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

斬りかかる105スローターダガー!

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

二刀流で。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

同じファントムペインのHGストライクノワールと比較。

同じ時期に発売されたガンプラですが、ストライクノワールの方は肩関節の可動域が広いです。

【ガンプラ】HG ストライクノワールガンダム レビュー

 

HGCEエールストライクガンダムのエールストライカーとの互換性

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

HGCEエールストライクガンダムのエールストライカーと比較。

HGCEのエールはこのキットの8年後(2014年)に発売された新しいものなので、形状や可動域がアップしています。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

上から。「エールストライカーだけHGCEから持ってきたろ!」と考えているモデラーさんも多いと思うので、互換性があるか調べてみました!(>ω<)

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

↑枠が接続部です。一見互換性があるように見えますが、結果は無改造では取り付け不可でした。

ただ、改造派モデラーさんなら小加工で取り付ける事ができると思いますぞ。

【ガンプラ】HGCE エールストライクガンダム レビュー

 

HG 105ダガー+ガンバレルとの違いを比較

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

HG 105ダガー+ガンバレルと比較。

本体は同じ形状の色違いです。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

違いは成形色のほか「背部のストライカー」「台座の有無」「シール類」となります。

マーキングシールの違いも大きく、HG105ダガー+ガンバレルには「月下の狂犬モーガン・シュバリエ」のパーソナルマークが同梱したりします。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

↑は105ダガー+ガンバレルに同梱するスタンド。

本体が同じという事で、105スローターダガーとも互換性があります。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

もちろん無改造でガンバレルストライカーを装着できるぞ!

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

逆に、本キットのエールストライカーを105ダガーに装備させる事もできます。

HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です HG105スローターダガーのガンプラレビュー画像です

色とストライカーが違うだけで印象変わりますね(*_*)

【ガンプラ】HG 105ダガー+ガンバレル レビュー

 

HG 105スローターダガーの感想

ということでHG 105スローターダガーのご紹介でした。

 

先述の通り、合わせ目についてはHG 105ダガー+ガンバレルの方で解説してあります。こちらも併せてどうぞ↓

【ガンプラ】HG 105ダガー+ガンバレル レビュー

 

SEED時代のガンプラという事で、細かな色が足りず合わせ目の量が多いです。可動域も広くはありませんが、造形的には中々かっこよく仕上がっているのではないでしょうか。

ただ、バリエ元のHG105ダガー+ガンバレルと比べると台座が付属しなかったりマーキングシールが簡素なので、どちらか迷う場合は105ダガー+ガンバレルの方がオススメかもしれません。

改造派モデラーさんはHGCEエールストライクガンダムのエールストライカーを移植させてパワーアップさせてみても面白いと思いますぞ!

 

以上、「HG 105スローターダガー」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る