【ガンプラ】HG アイズガンダム(1.5ガンダム)レビュー

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HG アイズガンダム」のガンプラレビューです。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム00 I、及びPに登場し、ビサイド・ペインとレイヴ・レチタティーヴォが搭乗したアイズガンダム。

キットの方はHGリボーンズガンダムに新規ランナーを足した構成です。

0ガンダムの後継である1ガンダム(アイガンダム)の強化型で、1ガンダムとの大きな違いは背部バインダーになります。

という事で久々の「ダブルオー外伝をちまちま作るシリーズ」、アイズガンダム編をご覧くださいまし(*´ェ`*)

HG アイズガンダム

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のボックスアート画像です

キットの発売年は2010年。

このあたりのHGになると、今の目で見てもプロポーションが良く作りやすさが増したガンプラに仕上がっていますよね。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のシールの画像です

シールは1ガンダム(アイガンダム)の赤、1.5ガンダム(アイズガンダム)の青いセンサー類が付属し、選択式となっています。

黒い溝部分を補うシールも付属。

レイヴ・レチタティーヴォの画像です

パイロットはリボンズと同じ塩基配列パターン0026タイプを持つイノベイド、レイヴ・レチタティーヴォ

レ、レイヴ・レチタティーヴォ。

……。

↑タイピング5回ぐらい間違えた。最終的にはコピペしてきたわ!w

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGアイズガンダムがこちら。

赤が基調だったリボーンズガンダムと比べ、青が基調になった事により落ち着いたイメージになりました。

設定的にはこのアイズガンダムを元にアルヴァアロンやリボーンズガンダムが開発された、という位置付けのモビルスーツになります。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です

細かな色が足りませんが、色分けに関しては組む前のイメージと違い良く出来ている方だと思いました。

※色が足りない箇所は後述

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です

合わせ目もパッと見で目立つ箇所には配置されていない・もしくは目立たないように分割されているので、素組み派でも満足度が高いと思います。

8年前のキットなので舐めてかかってましたが(失礼)、ダブルオー時代のガンプラという事もありパーツの合いやプロポーションの出来が非常に良いです。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です HGアイズガンダム(1.5ガンダム)の可動域のガンプラレビュー画像です

腕は水平まで上がり、肘関節は90度。腰も360度回転します。

今のガンプラ基準(ガンダムタイプの)で見てしまうと開脚範囲は狭いですが、足先が内側に傾く影響で接地性に優れています。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)の頭部のガンプラレビュー画像です

アイズガンダムさんのお顔。アンテナはリボーンズガンダムと違う形状で新規造形になります。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)の胴体のガンプラレビュー画像です

胸中央の形状も新規造形部分です。胸左右の黒、黄色部分はシールで補います。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)の胴体可動のガンプラレビュー画像です

胴体は多少前後に傾きます。

このあたりの可動はHGリボーンズガンダムと同じです。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)の肩可動のガンプラレビュー画像です

肩アーマーも可動。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)の腕部のガンプラレビュー画像です

肘裏はクリアパーツが使われており、GNビームサーベルがマウントされています。(両腕とも)

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)の腰部のガンプラレビュー画像です

腰回り。黒いラインはシールで補います。

簡単な部分なのでガンダムマーカーブラックでチャチャッと塗ってあげると良さげです。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)の脚部と足裏のガンプラレビュー画像です

自立は非常に安定しています。足裏には肉抜きアリ。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のバインダーの可動域のガンプラレビュー画像です

背部のバインダーはフレキシブルに可動。

バインダー位置変更によるモードチェンジで色々な形態を再現でき、遊びごたえのあるキットになっていました。※後述

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のGNバスターライフルのガンプラレビュー画像です

GNバスターライフルはリボーンズガンダムと同型のものが付属。

下方ブルーのパーツが可動し、

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のライフル取り付けのガンプラレビュー画像です

腕の裏側にはめこむ事によりガッチリ保持できます。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)シールド取り付けのガンプラレビュー画像です

GNシールドを取り付けるためには、腕にマウントされたGNビームサーベルの柄を一度外し、

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のGNシールドのガンプラレビュー画像です

シールドを取り付けた後、柄をシールド裏へ。

GNシールドの取り付け位置はHGUCデルタプラスやデルタカイのように裏側固定になっていて、側面にマウントできない影響でポージングに多少クセがアリ。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です

GNバスターライフルを構えるアイズガンダム!

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のフライトモードの画像です

バインダーを↑の位置にするとフライトモードになります。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です

ストライカーパック風になりました。カラーリングはHi-νガンダムを彷彿とさせますね。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です

このアイズガンダム、飛ばすと更にかっこよくなった気がするぞ……。

HGアイズガンダムのハイスピードモードのガンプラ画像です

翼を後ろに倒せばハイスピードモードが再現可能です。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のGNビームサーベルのガンプラレビュー画像です

GNビームサーベルは無色のクリアエフェクトパーツが1本付属します。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です

設定的にはオレンジなので、他キットからクリアオレンジのサーベル刃を拝借してきました。

※このキットには付属しないので注意

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です

フル装備。

それではバインダー位置変更による各モードを見ていきたいと思います。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のスタンバイモードの画像です

まずはスタンバイモード。右側にバインダーを集めた状態です。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のアルヴァアロンキャノンモードの画像です

バインダーを両肩上部に展開すれば、アルヴァアロンキャノンモードになります。

起動時に一度しか発射できない巨大粒子ビーム砲を射出可能、との事。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のアルヴァアロンキャノンモードの画像です HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のバインダーライフルの画像です

バインダーを両脇からヴェスバーのように配置すれば、地上攻撃用のバインダーライフルになります。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のバインダーライフルの画像です HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のアタックモードの画像です

そしてこちらが粒子コントロール能力をGNビームライフルにも運用する形態、アタックモードになります。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のアタックモードの画像です

リボーンズガンダムとの最大の違いは、このバインダーまわりのギミックですね。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のアタックモードの画像です

うひょーカッケェっす(>ω<)

HGアイガンダム(1ガンダム)の頭部のガンプラレビュー画像です

シールを貼り替えれば1ガンダム(アイガンダム)も再現可能です。

HGアイガンダム(1ガンダム)のコーン型スラスターのガンプラレビュー画像です

後ろの赤いシールも貼り替え、バインダーは取っ払います。

HGアイガンダム(1ガンダム)のガンプラレビュー画像です

こちらがアイガンダムの勇姿になります。

目が赤くなると厨ニ要素が爆上がりするよね……(*´ェ`*)

HGアイガンダム(1ガンダム)のガンプラレビュー画像です

ただ、アイガンダムのGNビームライフルは下部ブルーパーツが無いので、厳密かつ完全に再現するとなると小加工が必要になります。

※写真ではそのまま持たせてあります

HGアイガンダム(1ガンダム)のガンプラレビュー画像です

アイガンダムで何枚か。

HGアイガンダム(1ガンダム)のガンプラレビュー画像です HGアイガンダム(1ガンダム)のガンプラレビュー画像です HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です

アイズガンダムに戻してパシャリ。

HG アイズガンダムの感想

という事で、HG アイズガンダムのご紹介でした。

 

色が足りない主な箇所は↓

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)の塗り分け箇所のガンプラレビュー画像です

アンテナのイエロー、後頭部センサー、コーンスラスター周辺のグレーになります。

パーツ分割による基本的な色分けは出来ているし、可動域も悪くなく、目立つ箇所に合わせ目がないので今の目で見ても非常に優秀、かつ素組み派モデラーさんにも安心キットだと思います。

 

HGリボーンズガンダムにちょろっとランナー足しただけではないかと舐めてかかっていましたが、エクシア風のでかいシールドのみならず地味にアンテナ・胸の形状が違うのもいいですね。こういう地味な変化は必須です(>ω<)

 

とはいえアイズガンダム最大の特徴で売りでもある部分は、背部バインダーによる遊びの幅の広さだと思います。

 

という事で完全パチ組みで組んだHGアイズガンダムさんでしたが、最近塗装疲れがたまっていたので今回はサクッとゲート処理もせず、潔いパチ組みをしてみたのですが非常に満足したぞ……(*´ェ`*)

ガンダムダブルオー外伝のガンプラレビュー画像です

ちまちまコンプリートに向け作っているダブルオー外伝のガンプラ。アストレアもまだ作ってないし道のりは長そうだw

※1体絶対ガンプラ化されないであろう機体のロボット魂が混じってます(*´ェ`*)

その他のダブルオー系記事はこちら

 

以上、「HG アイズガンダム」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HG CB-001.5アイズガンダム』の在庫を見る