スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG アイズガンダム(1.5ガンダム)レビュー

HGアイズガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG アイズガンダム」のガンプラレビューです。

HGアイズガンダムのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム00 I・及びPに登場し、ビサイド・ペインとレイヴ・レチタティーヴォが搭乗したアイズガンダムをご紹介。

2010年発売。

HGリボーンズガンダムの色違いランナーをベースに、特徴的な大型GNシールドが付属。

選択式で1ガンダム(アイガンダム)も再現できるほか、フライトモードアタックモードアルヴァアロンキャノンモードなど、多彩な形態が再現できます。

という事で、HGアイズガンダムをレビューしていきたいと思います!

HG アイズガンダム

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のボックスアート画像です

0ガンダムの後継である1ガンダム(アイガンダム)の強化型、1.5ガンダム(アイズガンダム)のボックスアート。

1とか1.5を英語読みにするのがダブルオー作品っぽくて面白いですね(*´ェ`*)

設定的には、このアイズガンダムを元にアルヴァアロンやリボーンズガンダムが開発された、という位置付けのモビルスーツです。

キット的にはHGリボーンズガンダムの色違いランナーをベースに、大型シールドなど特徴的な新規造形が同梱する内容になっています。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のシールの画像です

ホイルシールがこちら。

本キットは1ガンダムと1.5ガンダムの選択式になるため、1ガンダムの赤と1.5ガンダムの青の2枚のツインアイが付属します。

あとは黒い溝部分を補うものが中心です。

レイヴ・レチタティーヴォの画像です

こちらがパイロットのレイヴ・レチタティーヴォさん。

リボンズと同じ「塩基配列パターン0026タイプ」を持つイノベイドです。

HGアイズガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGアイズガンダムがこちら。

レッドを基調としたリボーンズガンダムから、ブルーを主体とした成形色に変更されています。

ちなみに、リボーンズガンダムの表裏を逆転させる変形はオミットされています。

HGアイズガンダムのガンプラレビュー画像です

相変わらずの良プロポーションで立体化されていますね。

足首パーツのヒール接地面が狭いですが、そこそこ安定して自立します。

HGアイズガンダムのガンプラレビュー画像です

合わせ目もパッと見で目立つ箇所には配置されていない・もしくは目立たないように分割されているので、素組み派モデラーサンにも満足度が高いと思いますぞ。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です

余談ですが、リボーンズガンダムの変形ギミックの恩恵でこのようにヒールを倒す事ができます。

この方が自立性が向上する感じです。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)の可動域のガンプラレビュー画像です

可動域はそこそこ広く、腕は水平まで上がり腕関節は90度曲がります。

足関節も90度ほど曲がるので、立ちヒザが可能です。腰も360度回転します。

最近の超絶可動ガンプラと比べると可動域は狭いですが、ポージングに困らない程度には動いてくれます。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)の頭部のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。アンテナは新規造形で、リボーンズガンダムとは異なる形状になっています。

また、アンテナ中央には無色のクリアパーツをかぶせます。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)の胴体のガンプラレビュー画像です

胸中央の形状も新規造形部分です。

細かな色は足りず、胸部のイエロー部分はホイルシールで色を補います。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)の胴体可動のガンプラレビュー画像です

上半身は多少前後に可動します。

このあたりの可動はHGリボーンズガンダムと同じです。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)の肩可動のガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーも可動します。

リボーンズガンダムの変形ギミックの名残部分といったところ。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)の腕部のガンプラレビュー画像です

肘部分はクリアパーツが使われており、GNビームサーベルの柄がマウントされています。(両腕とも)

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)の腰部のガンプラレビュー画像です

腰回り。黒いラインはシールです。

スミ入れペンやガンダムマーカーブラックで、チャチャッと塗ってあげると良さげですね。

HGアイズガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部をアップで。膝関節の一部やヒザ下前面、足裏中央には合わせ目が出ます。

また、足裏のつま先付近には肉抜きあり。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のバインダーの可動域のガンプラレビュー画像です

背部のバインダーはフレキシブルに可動します。

バインダーの位置変更によるモードチェンジで、色々な形態を再現できるのが本キットの売りです。※後述

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のGNバスターライフルのガンプラレビュー画像です

GNバスターライフルはリボーンズガンダムと同型のものが付属します。

青いパーツは可動し、

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のライフル取り付けのガンプラレビュー画像です

腕の裏側にはめこむ事により、ガッチリ保持できます。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)シールド取り付けのガンプラレビュー画像です

GNシールドを取り付けてみます。

肘裏にマウントされているGNビームサーベルの柄を一度外して、

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のGNシールドのガンプラレビュー画像です

GNシールドを取り付けた後にシールド裏に収納する形で取り付けます。

HGアイズガンダムのガンプラレビュー画像です

GNバスターライフルを構えるアイズガンダム!

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のGNビームサーベルのガンプラレビュー画像です

GNビームサーベルを抜刀!

ビーム刃のエフェクトパーツは、無色のクリアパーツが1本付属します。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です

設定的にはオレンジなので、他キットからクリアオレンジのサーベル刃を持ってきました。

※このキットには無色クリアが1本しか付属しないのでご注意を

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です

GNバスターライフル+GNビームサーベルで。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です

それではバインダー位置変更による各モードを見ていきたいと思います。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のフライトモードの画像です

バインダーを↑位置にすれば、フライトモードになります。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像ですHGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です

このアイズガンダム、浮かせて展示すれば更にかっこよくなる気がするぞ……。

HGアイズガンダムのハイスピードモードのガンプラ画像です

バインダーを後ろに倒せば、ハイスピードモードになります。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のスタンバイモードの画像です

こちらがスタンバイモード。右側にバインダーを集めた状態です。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のアルヴァアロンキャノンモードの画像です

バインダーを両肩上部に展開すれば、アルヴァアロンキャノンモードになります。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のアルヴァアロンキャノンモードの画像です

起動時に一度しか発射できない巨大粒子ビーム砲を射出可能、との事です。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のバインダーライフルの画像です

バインダーを両脇からヴェスバーのように配置すれば、地上攻撃用のバインダーライフルになります。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のバインダーライフルの画像です HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のアタックモードの画像です

そしてこちらが粒子コントロール能力をGNビームライフルにも運用する形態、アタックモード

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のアタックモードの画像です

リボーンズガンダムとの最大の違いは、ズバリこのバインダーまわりのギミックです。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のアタックモードの画像です

カッケェ!

HGアイガンダム(1ガンダム)の頭部のガンプラレビュー画像です

シールを貼り替えれば1ガンダム(アイガンダム)も再現可能です。

HGアイガンダム(1ガンダム)のコーン型スラスターのガンプラレビュー画像です

後ろの赤いシールも貼り替え、バインダーを取っ払います。

HGアイガンダム(1ガンダム)のガンプラレビュー画像です

こちらがアイガンダム。よりシンプルな姿になりました。

※↑画像では足首パーツを倒してしまっています、スミマセヌ(*ノェノ)

HGアイガンダム(1ガンダム)のガンプラレビュー画像です

少し細かな事を言えば、本来アイガンダムのGNビームライフルには下部ブルーのパーツがありません。

完全に再現するとなると、小加工が必要になる点はご注意を。

HGアイガンダム(1ガンダム)のガンプラレビュー画像です

アイガンダムで何枚かいってみます。

HGアイガンダム(1ガンダム)のガンプラレビュー画像です HGアイガンダム(1ガンダム)のガンプラレビュー画像です HGアイズガンダム(1.5ガンダム)のガンプラレビュー画像です

アイズガンダムに戻してパシャリ。

HGリボーンズガンダムのバリエーションキットのガンプラ画像です

HGリボーンズガンダム(左)、HGリバーシブルガンダム(右)と比較。

全てリボーンズガンダムをベースとしたリデコキットになります。

HGリボーンズガンダムのバリエーションキットのガンプラ画像です HGリボーンズガンダムのバリエーションキットのガンプラ画像です

【ガンプラ】HG リボーンズガンダム レビュー
【ガンプラ】HGBF リバーシブルガンダム レビュー

 

HGアイズガンダムのガンプラレビュー画像です

HG アイズガンダムの感想

という事で、HG アイズガンダムのご紹介でした。

 

まず色の足りない主なところから。

HGアイズガンダム(1.5ガンダム)の塗り分け箇所のガンプラレビュー画像です

↑組み立て書の設定画。「アンテナのイエロー」「後頭部」「背部のグレー」とちょこちょこと色が足りません。

このあたりは要塗装となるので、ご注意を。

その他はパーツ分割による基本的な色分けが良好で、可動域も悪くないです。

HGリボーンズガンダムにちょろっとランナー足しただけではないかと舐めてかかっていましたが、エクシア風のでかいシールドのみならず地味にアンテナ・胸の形状が新規になっているのも売りだと思うよ!

 

以上、「HG アイズガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る