icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG アクト・ザク レビュー【プレバン】

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGアクトザク」のガンプラレビューです。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSDシリーズで発売されたアクト・ザクをご紹介。

プレミアム・バンダイ限定品。

一般販売のHGアクト・ザク(キシリア部隊機)のランナーを流用した原典版のキットになり、新規造形として『頭部』『肩部』『ビーム・ライフル』『ビーム・サーベル』が付属します。

という事で、HGアクト・ザクをキシリア部隊機との変更点を中心比較画像を含めレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG アクト・ザク

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

アクト・ザクとは

・ペズン計画(ジオンの兵器開発計画)により開発された、マグネット・コーティング搭載型ザク

・型番であるMS-11は元々ゲルググに与えられていたが、ゲルググの開発遅延からアクト・ザクの型番となる

『機動戦士Zガンダム』の劇中にもカラーリング違いが登場している

・『機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…』ではブレードアンテナがついているマレット・サンギーヌ専用機も登場

大まかに説明するとこんな感じですが、ジョニー・ライデンの帰還やアウターガンダム等、外伝系にもちょくちょく登場しています。

今回はMSD版での立体化となりますが、洗練されたMSV版といったスタイルになっていました(*´ェ`*)

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

ホイルシールは付属せず、マーキングシールが付属します。

「2」の部分がレトロだよね……w

モノアイはオリジン系ザクによくある、浮き出たようなものと通常モノアイ2種類が付属し好きな方を貼る仕様となっています。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「4連装マシンガン」「大型ヒート・ホーク×2」「ヒート・ホーク×2(展開用・収縮状態のマウント用)」「スタンド用ジョイントパーツ」「ビーム・ライフル」「ビーム・サーベル×2(エフェクトパーツ含む)」「ハンドパーツ×4」「バックパック交換用パーツ」「各種ジョイントパーツ」

青字キシリア部隊機には付属しないこのプレバン品特有の付属品になります。

※詳しくは後述

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGアクト・ザクがこちら。

MSV版を踏襲したブルー・ホワイトのカラーリング『2』が特徴的なアクト・ザクになっています(*´ェ`*)

Zガンダムに登場した、暗めの色のアクト・ザクに塗装しても面白そうですね。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

オリジンシリーズでのキット化という事で、プロポーションの良さのみならず色分けが優秀・可動域が広い・合わせ目が少ない、と優秀なガンプラに仕上がっています。

バンダイさん……なんでプレバンにした(真顔

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

基本的には一般販売されたキシリア部隊機のバリエーションキットになりますが、成形色以外にも変更点が多いです。

それでは細かく見ていきます!

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

可動域はキシリア部隊機と同じで、かなり動きます。

手脚はほぼ水平まで広がり、綺麗に膝立ち可能。

ただ、上半身はそこまでまわりません。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

頭部はヘルメット部分が新規造形になり、キシリア部隊機ではクレスト(でっぱり)が造形されていた部分が平らな形状になっています。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

頭部を左右に動かせば、モノアイが連動して動くギミックが搭載されています。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

動力パイプは軟質素材が使われています。

頭部に合わせ目は出ません。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

胴体も合わせ目は無く、側面は段落ちモールド化されています。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

胸部をアップで。パーツ下が露出する構造で、HGシリーズとしてはディテールが細かくモールドも多いです。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

上半身は前後・左右と柔軟に可動します。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

肩も前後に大きく可動。

この肩パーツが新規造形になっていますが、前後はめ込み式になっているため上部・側面に合わせ目が出ます。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは可動の妨げにならないよう動きます。

肘関節は180度近くまで曲がります。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

肩側面に一部合わせ目が出るものの、肩内部ブロックから下は合わせ目が出ません。

パーツ分割が細かく非常に組みやすい+塗装しやすいパーツ構造になっています。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

フロント・サイドアーマーは大きく広がります。

リアアーマーにはビーム・サーベルを2本マウント可能。

キシリア部隊機には付属しない、マウント用のジョイントパーツとサーベル×2が特徴となります。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

腰部のマーキングシール。

『2』がレトロ感あっていいよね……w

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

脚部は唯一関節パーツに合わせ目が出ます。

脚を曲げない場合は前面と

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

横には合わせ目が出ません。

後ろから見ると関節パーツの合わせ目が見えます。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

オリジンシリーズらしく、脚の付け根が前後にスイングするギミックを搭載しています。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

足裏は肉抜きなし。

股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いていませんが、アクションベース2に対応したジョイントパーツが付属します。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

バックパックは新規造形です。

このピン!って伸びてるアンテナがファーストっぽくていいよね……(*´ェ`*)←野暮ったいデザイン好きな人

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

バックパックは差し替えで2種類から選択できます。

ここはMSD版ならではのポイントになっています。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

まずはキシリア部隊機にも同梱するアクト・ザクの武装を見ていきます。

4連装マシンガン(MSV版ではブルパップ・ガンという名称)は極力合わせ目が出ない作りをしています。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

4連装マシンガンを構えるアクト・ザク!

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

左手のみ表情付きの平手パーツが付属します。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

両手で構える事ができます。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

膝立ちが綺麗に決まるため、ポーズがガンガン決まります。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

次は大型ヒート・ホーク

アクト・ザク系特有の武器になり、2パーツ構造ながら合わせ目が出ないパーツ分割になっています。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

大型ヒート・ホークを構えるアクト・ザク!

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

専用のジョイントパーツを使えば、腰側面にマウントする事ができます。

プラ同士のシンプルな凹凸接続ですが、意外にガッチリとマウントできます。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

通常のヒート・ホークも付属します。

手に持たせる用のほか、

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

マウント用の収縮した状態のヒート・ホークが別パーツとして付属します。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

それではここから、キシリア部隊機には付属しないこのキットの武器を見ていきます。

↑はハイザックやマラサイと同型ビーム・ライフルになります。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

という事でHGUCマラサイのビーム・ライフルと比較。

フォアグリップの有無などが違いますが、確かに似た形状をしています。

ちなみにHGUCハイザックにはこのビーム・ライフルは付属しません(MGには付属)が、HGUCジェガンD型(迷彩仕様)には同梱します。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

HGUCマラサイは14年前に発売されたガンプラですが、出来がめちゃめちゃいいのでこちらもオススメだよ!(>ω<)

【ガンプラ】HGUC マラサイ レビュー

 

それではHGアクト・ザク特有の武器を持たせつつ、アクションポーズいってみます!

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルで攻撃するアクト・ザク!

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

ハァハァ……カッコエエ……(*´ェ`*;)

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルは、リアアーマーにマウント可能です。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

新規造形のビーム・サーベルを装備させてみます。

MSD版で設定された武器で、柄部分はゲルググのビーム・ナギナタを片刃式にしたような形になっています。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

2本付属し、二刀流が可能です。

クリアイエローのビームエフェクトパーツもドムのヒート・サーベルのような独特の形状をしています。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフル+ビーム・サーベルで。

HGアクト・ザクのガンプラレビュー画像です HGアクト・ザクとキシリア部隊機の違い・比較ガンプラレビュー画像です

HGアクト・ザク(キシリア部隊機)(つや消し済)と全体を比較。

HGアクト・ザクとキシリア部隊機の違い・比較ガンプラレビュー画像です HGアクト・ザクとキシリア部隊機の違い・比較ガンプラレビュー画像です

本体の変更ポイントは、まずはこの頭部クレスト(でっぱり)の有無

HGアクト・ザクとキシリア部隊機の違い・比較ガンプラレビュー画像です

両肩も変更されています。

キシリア部隊機の肩は従来ザクのような仕様ですが、このアクト・ザクでは原典版の尖ったショルダーアーマーになっています。

HGアクト・ザクとキシリア部隊機の違い・比較ガンプラレビュー画像です

最後の変更ポイントはバックパックの形となります。

アンテナがマジレトロ。

HGアクト・ザクとキシリア部隊機の違い・比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG アクト・ザク(キシリア部隊機)レビュー

 

HG アクト・ザクの感想

ということでHG アクト・ザクのご紹介でした。

 

成形色の変更だけではなく、頭部・肩・バックパック・武装と変更点が多いプレバン品になっていました。

キシリア部隊機のパーツは入っていないため、原典版(正確にはMSD版ですが)のアクト・ザクしか組めない点はご注意を。

塗装してZガンダム版にしても良し、改造して外伝作品のアクト・ザク仕様にしても良し、とコアなモデラーさんにはたまらないガンプラに仕上がっているのではないでしょうか。

わたしはかなり満足しました……(>ω<;)(そのせいで今回写真多め)

アクト・ザク好きにはめちゃめちゃオススメです!

 

以上、「HG アクト・ザク」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る