スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
iconiconicon

【ガンプラ】HG アドヴァンスドジンクス レビュー【プレバン】

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG アドヴァンスドジンクス」のガンプラレビューです。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム00Vに登場した、アドヴァンスドジンクスのHG版をご紹介。

2018年4月に発売されたプレミアム・バンダイ限定品になります。

1/144スケールのプロトGNランスのガンプラは初の立体化となるので、待っていたモデラーさんも多いのではないでしょうか?

という事で、HGアドヴァンスドジンクスをレビューしていきたいと思います!

HG アドヴァンスドジンクス

HGアドヴァンスドジンクスのボックスアート画像です

機動戦士ガンダム00(ダブルオー)外伝、00Vに登場した「ジンクス後期生産型のカスタム機」、アドヴァンスドジンクス。

プレミアム・バンダイでの発売となりました。

HGジンクスのリデコキットになりますが、組み立て書は専用の白黒のものが付属します。

HGアドヴァンスドジンクス(デボラ機)のガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。量は多く、細かなグレー部分やディフェンスロッドの白い部分を補うものが中心です。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「アドヴァンスドGNビームライフル」「プロトGNランス」「GNビームサーベル」「GNシールド」「GNクロー(手首パーツ)×3」

ジンクスのGNシールドも同梱し、GNクローは左手のみ表情付き平手パーツが付属します。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGアドヴァンスドジンクスがこちら。

今まで発売された色々なHGジンクス系のランナーを寄せ集めたような内容になっており、一般販売された「HGジンクス」「HGBFストライカージンクス」の色変えランナーを使いつつ、新規で「プロトGNランス」が付属する構成です。

という事で、このキット一番の目玉は「プロトGNランス」で間違いないぞ!(>ω<)

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

ベースとなるキットは2008年に発売されたHGジンクスという事で、色々と弱点はあるものの(このあたりは後述)プロポーションは今のガンプラ目線で見ても通用するスタイルで立体化されています。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

ダークブルーを基調とした渋い配色がたまりません(*´ェ`*)

デボラ機も出るかな?(追記:デボラ機発売されました)

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

いきなりこのキットの弱点になりますが、開脚が苦手で可動域はお世辞にも広いとは言えません。

このあたりはHGジンクス系の宿命と言えるかもしれん……w

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度ほど曲がりますが、デザイン的にヒザ立ちはできません。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。ストライカージンクスと同型の頭部パーツになります。

画像では見えづらいですが、アゴには合わせ目アリ。

ここも可動域が弱点で、顔を左右に向けたり上へ向けたりする動作は苦手です。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

上から見た図。頭頂部・後頭部にも合わせ目が出ます。

肩は前後にそれなりに可動します。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

肩のディフェンスロッドは360度ロール回転します。

ディフェンスロッドのホワイト部分、また腕部各所のグレーはシールで色を補います。

HGアドヴァンスドジンクスの緩い接合部の画像です

これまた弱点になりますが、接続強度が弱く外れやすいです。

画像右下のように「ニッパーで凸部分に傷をつける」ことで接続強度が強まるので、お試しあれ!(切り落としには注意してね!(>ω<))

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

胸部のV字バインダーは白い部分をホイルシールで補います。

裏側も色分けされており、モールドも刻まれています。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

バインダーの下にはクリアパーツが使用されています。

HGアドヴァンスドジンクスのシールの画像です

このあたりはHGジンクスと共通の構造です。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

バインダーを外して見た図。腰部分は前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

背部のコーン型スラスター。グレー部分はシールです。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

腕部は一部段落ちモールド風になっていますが、厳密に言えば合わせ目になっています。(凹んでいる段の中央に合わせ目が出る感じ)

HGアドヴァンスドジンクスのハンドパーツの画像です

GNクローは左手のみ表情付き平手パーツが付属します。手の甲グレーはシールで色を補います。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

腰部バインダーの基部は上下はめ込み式で、合わせ目が出ます。

HGアドヴァンスドジンクスのバインダー可動の画像です

腰部バインダーは腕が干渉しない範囲まで可動します。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

リア側。スラスターや太もも裏側のパーツは色分け良好です。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

脚部は「スネ」「足首パーツ」に合わせ目あり。

個体差かもしれませんが、画像右のパーツは非常に外れやすいです。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

横には合わせ目がありません。

後ろ側はふくらはぎ・足首パーツに合わせ目が出ます。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

各所色分けが良好で再現性の高い造形に仕上がっていますが、

HGアドヴァンスドジンクスの外れやすいパーツの画像です

ヒザ前面のスラスターが非常に外れやすいです。

ここは両脚とも緩かったので、個体差というわけではなさそう。気付かぬうちに外れて無くす危険性があるので、接着推奨だと思われます。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

足裏には大きな肉抜きがあります。

リアアーマーの下部にあるパーツを外せば、スタンド用の3mm穴が露出します。

それでは武器を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGアドヴァンスドジンクスのGNビームライフルの画像です

アドヴァンスドGNビームライフルから。

まずはバレルを装備していない状態を見ていきます。

HGアドヴァンスドジンクスの前腕部への接続画像です

HGジンクスと同じで、前腕部と接続する事により保持力が上がります。

とはいえ、接続部が丁度合わせ目になっているのでガッチリ付く感じではありません。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

ジャキッ……。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像ですHGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、両手で構える事ができます。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

先端にミドルタイプのバレルを装着してみます。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

アドヴァンスドGNビームライフルで攻撃するアドヴァンスドジンクス!

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像ですHGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

ハァハァ……。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

かっこいいっす……(涙

HGアドヴァンスドジンクスの銃剣の画像です

先端にGNビームサーベルがマウントされており、サーベル刃を取り付け銃剣にする事もできます。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像ですHGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

刺突!

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

ロングタイプのバレルを取り付けてみます。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像ですHGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像ですHGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

こちらもフォアグリップを掴み、両手で構える事ができます。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像ですGNビームライフルのハマったら抜けにくい画像です

注意点ですが、GNライフルの銃口パーツ(画像→)のゲート処理をしていないと、画像左側のようにロングバレルの中にパーツが入り込んで抜けなくなります。

……ハイ。

ワタクシは見事入り込んでしまいました(*ノェノ)

一応ロングバレルを分解すれば取り出す事は可能ですが、みんなは注意してね(>ω<)

HGアドヴァンスドジンクスのGNビームサーベルの画像です

GNビームサーベルを抜刀!

HGアドヴァンスドジンクスのGNビームサーベルの画像です HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

銃剣+サーベルで。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

HGジンクスに付属するGNシールドも同梱します。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像ですHGアドヴァンスドジンクスのプロトGNランスの画像です

このキット最大の売りであるプロトGNランスがこちら。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

ジンクスIIIの武装、GNランスの試作型という位置付けの武器です。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

プロトGNランスはモナカ割りなので合わせ目が出ます。

ただ、「粒子ビーム砲4門の穴の中」が別パーツになっていて色分けは優秀です。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像ですHGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

両手で持たせる事もできます。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

刺突するアドヴァンスドジンクス!

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像ですHGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

ある程度かっこいいポーズは決まりますが、胸部バインダーが肩に干渉しまくるのでポーズ幅は限られます。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

アドヴァンスドジンクス、全装備状態で。

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像ですHGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像ですHGアドヴァンスドジンクス(デボラ機)のガンプラレビュー画像です

HGアドヴァンスドジンクス(デボラ専用機)と比較。

違いは成形色のみです。

HGアドヴァンスドジンクス(デボラ機)のガンプラレビュー画像です HGアドヴァンスドジンクス(デボラ機)のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG アドヴァンスドジンクス(デボラ機) レビュー【プレバン】

 

HGジンクスのバリエーション比較ガンプラ画像です

他のジンクスタイプと一緒にディスプレイ。

HGジンクスのバリエーション比較ガンプラ画像です

【ガンプラ】HG ジンクス レビュー
【ガンプラ】HG ジンクスIII(連邦軍型) レビュー
【ガンプラ】HG ジンクスIV(量産機) レビュー【プレバン】

 

HGアドヴァンスドジンクスのガンプラレビュー画像です

可動は色々問題があるけど、全装備状態で立たせた姿はめちゃめちゃかっこいいです。

HG アドヴァンスドジンクスの感想

という事で、HGアドヴァンスドジンクスのご紹介でした。

 

このキットを狙っている方はおそらくプロトGNランス目当てだと思うのですが、そういう意味では満足いくキットになっていると思います。

※現状1/144スケールのプロトGNランスのガンプラはこのキットかデボラ機にしか同梱せず

ROBOT魂にあった、肩へのマウントギミック(ROBOT魂のオリジナル仕様)は搭載されていませんでした。

 

ディフェンスロッド接合が緩い点、膝スラスターが外れやすい点など手を加えた方がいい部分がありますが、そこまで手間はかからない印象。

最大の弱点はベースキットのHGジンクス同様、可動域が狭過ぎるのでアクションポーズに重きを置くモデラーさんは満足いかない可能性大です。

プロポーションに関してはめちゃめちゃかっこいいので、素立ち限定で眺めてニマニマしたいジンクスファンにはオススメですw

 

以上、「HG アドヴァンスドジンクス」のガンプラレビューでした!

icon

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HG GNX-604T アドヴァンスドジンクス』の在庫を見る