icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ジンクスIII(連邦軍型) レビュー

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ジンクス3(連邦軍型)」のガンプラレビューです。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム00に登場し、セルゲイ・スミルノフが搭乗するジンクスIII(地球連邦型)をご紹介。

2009年発売。

成形色が連邦軍機の青い機体色で再現されており、特徴的なGNランスが付属

その他、「GNビームライフル」「GNビームサーベル」「GNシールド」とジンクスタイプの武装が同梱します。

という事で、HGジンクスIII(連邦軍型)を他のジンクスタイプとの比較画像を含めてレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG ジンクスIII(連邦軍型)

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

ジンクスIIIの地球連邦軍型。

基本的な性能は赤いアロウズ型と同じで、ガンプラ的にもアロウズ型の色違いです。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

組み立て書にはセルゲイ・スミルノフが記載。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

ホイルシールはアロウズ型とは違う、連邦軍型専用のものが付属します。

HGのジンクス系らしく、シールの量は多めだよっ……(*´ェ`*)

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「GNランス」「GNビームライフル(+マウント用パーツ)」「GNビームサーベル×2(+ビームエフェクトパーツ×2)」「GNシールド」「GNクロー(手首パーツ)×3」

付属物もアロウズ型と同じです。手首パーツは左のみ平手が付属します。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGジンクスIII(連邦軍型)がこちら。

基本的にはHGジンクスの関節ランナーを使いつつ、ジンクスIIIの特徴である「装甲一部」「GNランス」などが新規造形となります。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

赤のアロウズ型との違いは成形色のみですが、ライトブルーを基調としたカラーリングに変更され印象が変わりました。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

可動域から。今のガンプラ目線で見ると腕・足ともに可動範囲は狭く、そこまで広がりません。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

肘関節は90度、ヒザ関節は90度以上曲がりますが、デザイン的にヒザ立ちは不可です。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

一応腰をひねる事はできますが、HGジンクス系の宿命で可動域は狭いです。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。額はクリアパーツが使われており、奥に光沢感のあるパープルのシールを貼る仕様です。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

側面の丸い部分はシールが付属します。(アロウズ型ではシール無しでした)

頭部は左右はめ込み式で、頭頂部と後頭部に合わせ目が出ます。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

超アップで。複眼の部分も一面シールになりますが、シール下にはモールド有りです。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

小型化されたGN粒子発生装置(胸部パーツ)は上下はめ込み式で、少しだけ合わせ目が出ます。

腰側面にも合わせ目アリです。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

レンズ部分にはクリアパーツが使用されています。

レンズ含め、フレーム部分(グレー部)はHGジンクスと同じパーツが使われています。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

コーン型スラスターは、アロウズ型では付属しなかった「グレー部分の細かなシール」が付属します。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

肩は前後に可動。

上から見た場合、「頭頂部」「肩フレーム」「GN粒子発生装置」の合わせ目が見えます。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

肩は一部新規造形です。二の腕から下はHGジンクスと同じで、前後一直線に合わせ目が出ます。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

腰回りの色分けは優秀で、アロウズ型では全面シールだったモモのパーツが色分けされているのが特徴です。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

リアアーマー下部のカバーを外せば、アクションベース用の3mmジョイント穴が露出します。

お尻にはスラスター造形アリ。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

脚部は「ヒザから下」「関節パーツの一部」に合わせ目が出ます。

関節パーツはそこまで目立ちません。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

ヒザ裏の装甲は可動し、足を曲げる際に邪魔にならないような作りになっています。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

後ろは「ふくらはぎ」「足首パーツ」に合わせ目アリ。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

ジンクスIII(連邦軍型)、出撃!

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

GNシールドはディフェンスロッド部分(青枠)にシールを多用します。

※形はHGジンクスの色違い

GNシールドは基部で360度ロール回転します。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

そしてこちらがジンクスIIIの特徴的な武器、GNランス(ランスモード)。

グリップ下部の先端はシールです。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

突き!

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

左のみ平手状態のGNクロー(手首パーツ)が付属します。

デフォルト状態で結構尖っており、見栄えがいいぞ……!(*_*)

甲の丸いグレーはシールです。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

GNランスに手を添えて。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

肩の前後可動は悪くないので、GNランスを両手で構える事ができます。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

ライフルモードに切り替えてみます。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

このように、グリップを両手でつかむようにして構える事ができます。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

非常にかっこいいのですが、可動域は狭いためポーズパターンは限られます(>ω<)

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

GNビームライフルを装備。

HGジンクス同様、前腕部と接続して持たせるためガッチリと保持できます。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

また、ジョイントパーツを介して腰側面にマウントする事ができます。(左右どちらでもOK)

こちらの保持力もバッチリです。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

GNビームライフルで攻撃!

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

両手で構える事ができます。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

GNランス+ライフルで。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

GNビームサーベルも2本付属します。

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

二刀流!

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です HGジンクス3のアロウズ型と連邦軍型の比較ガンプラレビュー画像です

HGジンクス(アロウズ型)と比較。

HGジンクス3のアロウズ型と連邦軍型の比較ガンプラレビュー画像です HGジンクス3のアロウズ型と連邦軍型の比較ガンプラレビュー画像です

アロウズ型では↑のヒザまわりをはじめ、肩も全面シールで色を補う仕様でした。

色分けでは今回の連邦軍型に軍配が上がるため、素組派モデラーさんは連邦軍型の方がオススメだよっ!

【ガンプラ】HG ジンクスIII (アロウズ型) レビュー

 

HGジンクスのバリエーション比較ガンプラ画像です

色々なジンクスバリエーションで比較。

※左から「HGジンクス」「HGアドヴァンスドジンクス」「HGジンクスIII(本キット)」「HGジンクスIV(量産機)

HGジンクスのバリエーション比較ガンプラ画像です

【ガンプラ】HG ジンクス レビュー
【ガンプラ】HG アドヴァンスドジンクス レビュー【プレバン】
【ガンプラ】HG ジンクスIV(量産機) レビュー【プレバン】

 

HGジンクス3(連邦軍型)のガンプラレビュー画像です

HG ジンクスIII(連邦軍型)の感想

ということでHG ジンクスIII(連邦軍型)のご紹介でした。

 

HGジンクス系の弱点を引き継いでおり、今のガンプラ目線で見た場合可動域が狭いため、ポーズパターンが限られてしまうのが弱点といったところ。

ただプロポーション自体は非常に良く出来ているので、素立ちで飾っておく分ならすこぶるかっこいいガンプラになっています。

アロウズ型より今回の連邦軍型の方が色分けに優れているため、素組み派モデラーさんには今回の青いジンクスIIIの方がオススメだよ!

 

以上、「HG ジンクスIII(連邦軍型)」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る