【ガンプラ】HG ジンクス レビュー

HGジンクスのガンプラレビュー画像です

今回は「HG ジンクス」のガンプラレビューです。

HGジンクスのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム00(ダブルオー)に登場し、国連軍のエースパイロットが搭乗したジンクス。

2008年発売と、10年前のガンプラになります。定価1,296円。

頭部センサーと胸のレンズ部分にクリアパーツが使われており、GNビームライフルをロングバレル形態に換装可能です。

一通りのジンクスの武装が付属するキットになっています。

ビルド効果もあり最近ではジンクスIV、アドヴァンスドジンクスがこのキットをベースに発売されました。

という事で、ジンクス系で最初に発売されたHGジンクスをじっくりとご紹介したいと思います!

HG ジンクス

HGジンクスのボックスアートの画像です

まずはボックスアートから。

最近はリアル系のCGで描かれている事が多いですが、アニメ作画調のボックスアートになっています。

HGジンクスの組み立て書とシールのガンプラレビュー画像です

シールは細かなグレー部を補う箇所が多めです。

HGジンクスのランナーのガンプラレビュー画像です

色分けされたランナー3枚にポリキャップの構成で、この時期のガンプラには付属しない事も多いビームサーベルのエフェクトパーツがバッチリ2本付属します。

HGジンクスのガンプラレビュー画像です

という事でHGジンクスの立ち姿がこちら。

先述した小範囲のグレー部分をシールで補う箇所は多いですが、元々シンプルなカラーリングなので基本的な色分けは良好だと思います。

HGジンクスのガンプラレビュー画像です

ジンクスって立ち姿が最高にかっこいいよね……。

HGジンクスのガンプラレビュー画像です HGジンクスのガンプラレビュー画像です

ちなみに今回はパチ組みに墨入れをしただけの状態になります。

HGジンクスのガンプラレビュー画像です

後ろから見ても非常に特徴的かつかっこいい立ち姿ですね。

HGジンクスの足裏の肉抜きのガンプラレビュー画像です

濃いグレーの足先部分は1パーツ構成で足裏には目立つ肉抜きがあります。

HGジンクスの可動域のガンプラレビュー画像です

そしてこのキット最大の弱点としては、今のガンプラ基準で見てしまうとどうしても可動域が狭く感じてしまう点になります。

ただ腰回転は優秀で腰部のGN粒子発生器が干渉しない限り回転可能です。

HGジンクスの頭部のガンプラレビュー画像です

頭部センサーは綺麗なパープルのシールに透明のクリアパーツを重ねる造りをしています。

HGジンクスのクリアパーツのガンプラレビュー画像です

胸のレンズ部分も同じ構造で、見栄えがかなりイイです。

半分以上隠れている隙間からチラっと見える辺りも上品でカッコヨイ(>ω<)

HGジンクスの上半身のガンプラレビュー画像です

胸部にGN粒子発生器を装着します。

とてもかっこいいのですが、このデザインで肩まわりの可動が制限されてしまう感じです。

HGジンクスのコーン型スラスターのガンプラレビュー画像です

コーン型のスラスターの細かいグレー部はシールで補います。

HGジンクスの肩と腕部のガンプラレビュー画像です

肩装甲の合わせ目は出ませんが、肩から下の腕部分は目立つ合わせ目が出ます。

また細かなグレーはシールで補う形。

HGジンクスの左手の平手ハンドパーツのガンプラレビュー画像です

左手のみ平手のハンドパーツ(GNクロー)が付属。

指先が尖っているので見栄えがいいです。

HGジンクスの腰回りのガンプラレビュー画像です

腰回りの合わせ目はそこまで目立たない造り。

厳密に言えば中央部に出ますが、左右のGN粒子発生器は表と裏が別パーツになっているので合わせ目・色分け共に良好です

HGジンクスのリアアーマー内部スラスターのガンプラレビュー画像です

リアアーマー内部には地味にスラスター。

HGジンクスのアクションベース用の穴カバーのガンプラレビュー画像です

股下付近リアアーマーのカバーを外せば、アクションベース用の穴が露出する構造です。

HGジンクスの脚部のガンプラレビュー画像です

シュッとした脚部形状。

ただスネ、ふくらはぎにガッツリ合わせ目が入り、甲を覆うカバーとくるぶしのグレー部はシールで補う形となります。

HGジンクスのGNシールドのガンプラレビュー画像です

左手にはGNシールドを装備。

ホワイト部のパーツの回転ギミックは無しです。

中央グレー部はシール。

HGジンクスの付属品のガンプラレビュー画像です

こちらが全ての付属武器になります。

HGジンクスのGNビームサーベルのガンプラレビュー画像です

ジンクス、GNビームサーベルを抜刀!

HGジンクスのガンプラレビュー画像ですHGジンクスのGNビームサーベル二刀流のガンプラレビュー画像です

ビームサーベルは2本付属するので二刀流も可能です。

HGジンクスのGNビームライフルのガンプラレビュー画像です

お次はGNビームライフル

腕上部に接続できるのでガッチリ装備可能です。

ただ腕の凹部分が丁度合わせ目の部分になっており、パーツのはまり具合が緩いと抜けやすくなります。

HGジンクスのGNビームライフルのガンプラレビュー画像です HGジンクスのGNビームライフル接続部分のガンプラレビュー画像です

ライフルは腕に接続したままの状態でもある程度左右に傾ける事が可能です。

HGジンクスのGNビームライフルを両手で装備したガンプラレビュー画像です

グリップを内側へ倒し、両手で構える事も可能。

HGジンクスのGNロングバレルビームライフルのガンプラレビュー画像です

GNロングバレルビームライフルにするにはグリップを倒し、ロングバレル用のパーツを差し込むだけでOK。

接続強度も丁度良いので抜け落ちる事もなくストレスフリーでした。

HGジンクスのガンプラレビュー画像です HGジンクスのガンプラレビュー画像です

うむ!ジンクスはロングバレルが似合う気がする!(>ω<)

HGジンクスのフル装備のガンプラレビュー画像です

フル装備のジンクス。

HGジンクスのガンプラレビュー画像です HGジンクスのガンプラレビュー画像です HGジンクスとソーマ・ピーリスのフィギュアのガンプラレビュー画像です

カプセルトイのソーマ・ピーリスとディスプレイ。

HGジンクスとパトリック・コーラサワーのフィギュアのガンプラレビュー画像です

ちびボイスのパトリック・コーラサワーとディスプレイ。

HGジンクスとパトリック・コーラサワーのガンプラレビュー画像です HGジンクスのガンプラレビュー画像です

先にジンクスIVやアドヴァンスドジンクスを組んだんだけど、無印のジンクスも普通にかっこいいっす(*´ェ`*)

HG ジンクスの感想

という事でHG ジンクスのご紹介でした。

合わせ目が多く、色分けもシールで補う細かな部分が多いので素組み派のモデラーさんは注意のキットです。

そして一番の弱点としては可動域がかなり狭い点。

10年前のキットだというのとデザイン上仕方ない部分もあるのですが、足の開きがかなり狭いのでポージング幅が限られます。

ただ写真をご覧の通り、立ち姿は最高にかっこいいです……(*´ェ`*)

総評としてはかっこいいポーズを取らせたい・可動域を重視するモデラーさんは満足いかない可能性大ですが、プロポーションは最高にかっこいいので手を加えれば良くなるキットだと思います。

腕に自信のあるモデラーさんは可動域に干渉する部分をデザインナイフ等で削ればある程度は動きが確保できると思われるのでチャレンジしてみても面白いかもしれません。

色々なジンクスタイプのガンプラレビュー画像です

色々なジンクスタイプのレビューはこちら↓

今回は「HG アドヴァンスドジンクス」のガンプラレビューです。 機動戦士ガンダム00Vに登場したアドヴァンスドジンクスのHG版...
今回はHGBF ジンクスIV TYPE.GBFのガンプラレビューです。(プレミアム・バンダイ限定品) 「ガンダムビルドファイタ...
今回は2018年1月に発売のHGBF 1/144 ストライカージンクスのガンプラレビューです。 「ガンダムビルドファイターズバトローグ...

以上、「HG ジンクス」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HG GN-X ジンクス』の在庫を見る

トップへ戻る