スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】HG ジンクス レビュー

HGジンクスのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ジンクス」のガンプラレビューです。

HGジンクスのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム00(ダブルオー)に登場し、国連軍のエースパイロットが搭乗したジンクス。

2008年発売。

頭部センサーと胸のレンズ部分にクリアパーツが使われており、GNビームライフルをロングバレル形態に換装可能です。

一通りのジンクスの武装が付属するキットになっています。

ビルド効果もあり、最近ではジンクスIV・アドヴァンスドジンクスがこのキットをベースに発売されました。

という事で、ジンクス系で最初に発売されたHGジンクスをじっくりとご紹介したいと思います!

HG ジンクス

HGジンクスのボックスアートの画像です

まずはボックスアートから。

最近はリアル系のCGで描かれている事が多いですが、アニメ作画調のボックスアートになっています。

HGジンクスの組み立て書とシールのガンプラレビュー画像です

ホイルシールは、細かなグレー部を補うものが中心になります。

HGジンクスのランナーのガンプラレビュー画像です

色分けされたランナー3枚にポリキャップの構成で、この時期のガンプラには付属しない事も多いビームサーベルのエフェクトパーツがバッチリ2本付属します。

HGジンクスの付属品のガンプラレビュー画像です

付属品がこちら。

HGジンクスのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGジンクスがこちら。

先述した通り、小範囲のグレー部分をシールで補う箇所は多いですが、元々シンプルなカラーリングという事もあり基本的な色分けはそこそこ良好だと思います。

HGジンクスのガンプラレビュー画像です

ジンクスって立ち姿が最高にかっこいいよね……。

HGジンクスのガンプラレビュー画像です HGジンクスのガンプラレビュー画像ですHGジンクスのガンプラレビュー画像です

後ろから見るとシルエットが特徴的ですね。

HGジンクスの足裏の肉抜きのガンプラレビュー画像です

下から。濃いグレーの足先部分は1パーツ構成で、足裏には目立つ肉抜きがあります。

アクションベース用の穴は、リアパーツ下部のカバーを外せば露出します。

HGジンクスの可動域のガンプラレビュー画像です

そしてこのキット最大の弱点としては、今のガンプラ基準で見てしまうと可動域が狭い点になります。

ただ、上半身は360度回転し腰部のGN粒子発生器が干渉しない限りまわりますぞ(*´ェ`*)

HGジンクスの頭部のガンプラレビュー画像です

頭部センサーは、綺麗なパープルのシールに透明のクリアパーツを重ねる造りをしています。

※今回ちょっとだけスミ入れしています

HGジンクスのクリアパーツのガンプラレビュー画像です

胸のレンズ部分も額と同じ構造です。

半分以上隠れている隙間からチラっと見える辺りが上品でカッコヨイです(>ω<)

HGジンクスの上半身のガンプラレビュー画像です

胸部はGN粒子発生器になっています。

上下はめ込み式で合わせ目が出ますが、そこまで目立たず。

造形的にとてもかっこいい部分なのですが、肩まわりの可動が制限されてしまう感じです。

HGジンクスのコーン型スラスターのガンプラレビュー画像です

コーン型のスラスターの細かいグレー部はシールで補います。

HGジンクスの肩と腕部のガンプラレビュー画像です

肩に合わせ目は出ませんが、肩から下の腕部分は目立つ合わせ目が出ます。

また、細かなグレーはシールで補う仕様です。

HGジンクスの左手の平手ハンドパーツのガンプラレビュー画像です

左手のみ、表情付きの平手ハンドパーツ(GNクロー)が付属します。

指先が尖っていて見栄えがいいです。

HGジンクスの腰回りのガンプラレビュー画像です

腰の中央パーツ(白いパーツ)も胸部同様上下はめ込み式で合わせ目が出ますが、ここもそこまで目立ちません。

バインダーは可動します。

HGジンクスのリアアーマー内部スラスターのガンプラレビュー画像です

リアアーマー内部のスラスターは別パーツで色分けされています。

HGジンクスのアクションベース用の穴カバーのガンプラレビュー画像です

股下付近リアアーマーのカバーを外せば、アクションベース用の穴が露出する構造です。

HGジンクスの脚部のガンプラレビュー画像です

シュッとした脚部。スネ・ふくらはぎや甲部分に合わせ目が出ます。

ここも細かなグレー部分(甲のカバーパーツ・くるぶしのグレー部)はシールで補います。

HGジンクスのGNシールドのガンプラレビュー画像です

GNシールドを装備させてみます。

ホワイト部分のパーツは回転せず、シールド自体も固定式となります。

中央のグレー部分はシールで補います。

それでは武器を持たせつつ、アクションポーズいってみます!

HGジンクスのGNビームサーベルのガンプラレビュー画像です

GNビームサーベルから。

HGジンクスのガンプラレビュー画像ですHGジンクスのGNビームサーベル二刀流のガンプラレビュー画像です

ビームサーベルは2本付属し、二刀流も可能です。

HGジンクスのGNビームライフルのガンプラレビュー画像です

お次はGNビームライフル

腕の上部分に接続でき、ガッチリと装備できるうえ

HGジンクスのGNビームライフル接続部分のガンプラレビュー画像です

角度が付けられます。

HGジンクスのGNビームライフルのガンプラレビュー画像です

という事で、ライフルを腕に接続したでもある程度左右に動かす事ができます。

HGジンクスのGNビームライフルを両手で装備したガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、両手で構える事ができます。

HGジンクスのGNロングバレルビームライフルのガンプラレビュー画像です

GNロングバレルビームライフルにするにはグリップを倒し、ロングバレル用のパーツを差し込むだけでOKです。

接続強度も丁度良く、抜け落ちる事もなくストレスフリーでした。

HGジンクスのガンプラレビュー画像です HGジンクスのガンプラレビュー画像です

うむ!ジンクスはロングバレルが似合う気がする!(>ω<)

HGジンクスのフル装備のガンプラレビュー画像です

フル装備のジンクス。

HGジンクスのガンプラレビュー画像です HGジンクスのガンプラレビュー画像です HGジンクスとソーマ・ピーリスのフィギュアのガンプラレビュー画像です

カプセルトイのソーマ・ピーリスとディスプレイ。

 

HGジンクスとパトリック・コーラサワーのフィギュアのガンプラレビュー画像です

ちびボイスのパトリック・コーラサワーとディスプレイ。

HGジンクスとパトリック・コーラサワーのガンプラレビュー画像です

 

HGジンクスのバリエーション比較ガンプラ画像です

色々なジンクスタイプでディスプレイ。

HGジンクスのバリエーション比較ガンプラ画像です

【ガンプラ】HG アドヴァンスドジンクス レビュー【プレバン】
【ガンプラ】HG ジンクスIII(連邦軍型) レビュー
【ガンプラ】HG ジンクスIV(量産機) レビュー【プレバン】

 

HGジンクスのガンプラレビュー画像です

初代ジンクス、いいよね……(*´ェ`*)

HG ジンクスの感想

という事でHG ジンクスのご紹介でした。

 

合わせ目が多く、色分けもシールで補う細かな部分が多いので素組み派のモデラーさんは注意のキットです。

そして一番の弱点としては可動域がかなり狭い点。

10年前のキットだというのとデザイン上仕方ない部分もあるのですが、足の開きがかなり狭いのでポージング幅が限られます。

 

ただ写真をご覧の通り、立ち姿は最高にかっこいいです……(*´ェ`*)

総評としてはかっこいいポーズを取らせたい・可動域を重視するモデラーさんは満足いかない可能性大ですが、プロポーションは最高にかっこいいので手を加えれば良くなるキットといった感じです。

腕に自信のあるモデラーさんは、可動域に干渉する部分をデザインナイフ等で削ればある程度は動きが確保できると思われるのでチャレンジしてみると面白いかもしれません。

 

以上、「HG ジンクス」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HG GN-X ジンクス』の在庫を見る