スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
iconiconicon

【ガンプラ】MG ジンクス レビュー

MGジンクスのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「MGジンクス」のガンプラレビューです。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム00ダブルオーに登場する、ジンクスのMG版をご紹介。

2010年発売。

エクシアの流れをくむ進化した本体メカフレームが設定再現されており、コクピット部は開閉可能で内部まで再現されています。

という事で、MGジンクスをレビューしていきたいと思います!

MG ジンクス

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

対ガンダム用に開発され、GNドライヴ[Tタウ](疑似太陽炉)を搭載した汎用機ジンクス。

ガンプラ的にはMGガンダムエクシアの一部フレームを使っているものの、ほとんどが新規造形で再現されています。

てかジンクスがMG化されるって、2010年はほんといい時代だよね……。(最近だと主役機でさえMG化されない事あるのにw)

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

ホイルシールとマーキングシール、ドライデカールが付属します。

ホイルシールは、メインカメラや細かなパープル部分を補うもののみです。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「GNビームライフル(ショートバレル/ロングバレル)」「GNビームサーベル×2」「GNシールド」「GNドライヴ[Tタウ]用台座」「1/100ソーマ・ピーリス(立ち姿・座り姿)」「1/100セルゲイ・スミルノフ(立ち姿/座り姿)」

同梱するGNクロー(手首パーツ)は、指が可動するタイプのものが左右1組のみ付属します。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

1/100ソーマ・ピーリスセルゲイ・スミルノフをアップで。

コクピット部に取り付ける「座っている状態」のフィギュアも、1体ずつ付属します。※後述

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

余剰パーツがこちら。MGガンダムエクシアのフレームが一部余ります。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

そして完成したMGジンクスがこちら。

ホワイトグレーダークグレーと、Eカーボンのカラーである渋い成形色で再現されています。

プロポーションについては完璧ではないでしょうか……今のガンプラ目線で見ても、まじでかっこいいです(*_*;)

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

X字のシルエットを作り出しているGN粒子発生器は色分けが完璧で細かく可動しますが、腰左右の発生器はポロリが凄まじいので要調節といった感じでした。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

後ろから見てもシルエットが秀逸ですね。良いメカデザです……。

それでは各部、細かく見ていきます!

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

可動域から。デザイン上腕はそこまで上がりませんが、開脚範囲が広く顔を上げる動作が得意です。

HG版は足回りの可動がかなり狭かったので、可動域はMG版の方が遥かに優れています。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

腕は二重関節で、180度近く曲がります。

足関節は90度ほど曲がるので、ヒザ立ち可能です。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

ただ何度か動かして横を向く動作を繰り返すと、フレーム部分であるお腹のシリンダーが外れる事が少しありました。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。四眼のメインカメラはホイルシールで色を補います。

額にはクリアパーツを使用。GNバルカンの銃口は、グレーで要塗装です。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。合わせ目はありません。胴体とは、

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

首パーツを噛ませて接続します。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

胸部のGN粒子発生器は細かく動くので、可動の妨げにならない作りをしています。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

後ろから。発生器は裏打ちパーツで色分け済みです。

また、背中はコーン型スラスターになっていて着脱できます。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

外したGNドライヴ[Tタウ]は専用台座を使う事により、単体で展示できます。

こちらにもクリアパーツが使用されているという、豪華な作り。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

お腹にもクリアパーツが使用されており、アップで見ても非常に見栄えがいいです。

チラリと見えるデザインがシャレてるよね……。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

肩はパーツ分割により細かく色分けされており、多少前後に可動します。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

腕部の色分けもバッチリです。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

GNクローは手首がスナップします。

手首パーツはこの指可動タイプのものしか付属しないので、武器を持たせる際もすべてこの手首パーツを使います。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

腰部のGN粒子発生器はボールジョイント接続で柔軟に動きますが、ポーズ付けをしているとポロリ率が高いです。

足回りを動かすとほぼほぼ外れるので、接続強度は要調整だと思います。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

腰部中央がコクピットブロックになっており、前に引き出したあと開閉する事ができます。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

座った状態の1/100セルゲイ・スミルノフ、ソーマ・ピーリスがこちら。

どちらかを選んで乗せる形になります。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

リアアーマーは各部、細かく可動します。(スラスター下部のパーツ、左右のパーツともに)

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

股関節のパーツは上下に動き、細かな表情付けができる構造です。

また、股下に噛ませるアクションベース1用のジョイントパーツが付属します。

ただ接続強度が弱いので、前後に傾けると落下の可能性大です。ここはちょいご注意を。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

脚部をアップで。ヒザ裏のパーツは開閉します。

ここに限りませんが、フレームにはABS樹脂が使われているので塗装による破損には注意してね!

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

足首パーツはつま先、カカトともに折りたたむ事ができます。

ただつま先の接続テンションが緩いので、素立ち状態でも前に転倒する事がありました。ここも少し調節した方がいいかもしれません。

足裏は肉抜きがなく、モールドも細かくて色分けも優秀です。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

ジンクス、出撃!

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

それでは武装を切り替えつつ、アクションポーズいってみます!

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

GNビームライフル(ショートバレルタイプ)から。

グリップとGNクローの凹凸をあわせて持たせますが、穴が浅いのでそこまで固定はされず。ただ銃後方のパーツを前腕部に接続するので、ガッチリと保持できます。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

GNビームライフルを構えるジンクス!

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

フォアグリップが可動するので、両手で構える事ができます。

MGジンクスのガンプラレビュー画像ですMGジンクスのガンプラレビュー画像です

アクション!

MGジンクスのガンプラレビュー画像です MGジンクスのガンプラレビュー画像です

ロングバレルタイプにも切り替え可能です。

重さが増しますが、グラつく事もなくガッチリと保持できます。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

ヒザを着いて射撃。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

カッケェ!(>ω<)

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

GNシールドは裏側も裏打ちパーツにより色分け済みです。

前腕部側面に取り付けますが、こちらはそこまでガッチリと装着できませんでした。(触らなければ落ちませんが、当たると外れる感じ)

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

ディフェンスロッドを引き上げ、動かす事ができます。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

ディフェンスロッドで攻撃を弾くジンクス!

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

ただ、ロッドの裏側には目立つ肉抜きが多数あります。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

GNビームサーベルは、膝アーマーの内部に格納されています。(両足とも)

膝アーマーを動かし、

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

グリップを引き抜いて

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

手に持たせる事ができます。

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

襲いかかるジンクス!

MGジンクスのガンプラレビュー画像です MGジンクスのガンプラレビュー画像です MGジンクスのガンプラレビュー画像です MGジンクスのガンプラレビュー画像です

もちろん、ビーム刃のエフェクトパーツも2本付属します。

MGジンクスのガンプラとソーマ・ピーリスのフィギュア画像です

00 PORTRAITS2のソーマ・ピーリスとディスプレイ。

MGジンクスのガンプラとソーマ・ピーリスのフィギュア画像です

刹那やハレルヤはレア化していますが、ピーリスはなぜか今でも安い中古価格で売られている事が多い気がするぞ……(*´ェ`*)

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

【フィギュア】機動戦士ガンダム00 PORTRAITS レビュー【カプセルトイ・食玩】

 

HGジンクスとMGジンクスの比較ガンプラレビュー画像です

HG 1/144 ジンクスと比較。

HGジンクスとMGジンクスの比較ガンプラレビュー画像です

HG版は足回りの可動範囲が狭いので、可動に関してはMG版の圧勝です。

HGジンクスとMGジンクスの比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG ジンクス レビュー

 

MGジンクスのガンプラレビュー画像です

MG ジンクスの感想

ということでMGジンクスのご紹介でした。

 

まず注意点からですが、腰左右のGN粒子発生器が外れやすく、足首パーツのつま先が動きやすいので前に倒れやすいという弱点が挙げられます。

いずれも接続強度を調節すれば改善すると思うので、ストレスを感じるようなら少し手を加えた方がいい部分。

長所は色分けと抜群のプロポーションの2点

2010年製という事で11年前に発売されたMGではありますが、ここは今のガンプラ目線で見ても十二分に通用すると思います(*_*)

そして本キット最大のセールスポイントは、MGでジンクスがリリースされたという事実かもしれません。最近は人気機体か流用が効くものしかMG化されない傾向が多々あると思うのですが、ほぼ新規造形のMGジンクスが組めるのはダブルオーファンにとってたまらない事実なのではないでしょうか(>ω<;)

更にMGとしては低価格ぎみだと思うので、ジンクスファンにはオススメなガンプラに仕上がっていると思うよ!

 

以上、「MG ジンクス」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る