icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ビギニングJガンダム レビュー

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGビギニングJガンダム」のガンプラレビューです。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

外伝作品「模型戦士ガンプラビルダーズJ」に登場し、ネッキ・タケルが使用するビギニングJガンダムをご紹介。

2011年発売。

色違いのHGビギニングガンダムのランナーを使いつつ、2本の巨大な大剣「バーニングJソード」新規外装パーツが付属します。

という事で、HGビギニングJガンダムをレビューしていきたいと思います!

HG ビギニングJガンダム

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

ビギニングJガンダムのボックスアート。

「フォトドラマ」「小説」で構成された作品で、月刊ホビージャパンで連載されていた機体になります。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

使用者はネッキ・タケル

「ガンプラ十箇条」を心にとめ、「遊ぶガンプラ」を好む少年だぞ!

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は多く、胴体・肩・脚部をはじめ多くのレッド部を補うものが付属します。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「バーニングJソード×2(+連結用ジョイントパーツ)」「ビームサーベル(2種)」「ビームライフル」「シールド」「手首パーツ×4」

手首パーツは左右の「武器持ち手」、右の「ライフル持ち手」、左の「握り手」の合計4つが付属します。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

HGビギニングガンダムの余剰パーツがチラホラ出ます。

頭部の一部をはじめ、フロント・リアアーマーや細かなパーツが余る感じです。

ビギニングガンダムの全てのパーツが余るわけではないので、本キットではビギニングJガンダム以外を組む事はできません。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGビギニングJガンダムがこちら。

基本的にはHGビギニングガンダムの色違いランナーですが、武器をはじめ頭部・胸部・腕・脚部などがJ専用の新規造形パーツになっているのが特徴です。

組む前はあまり変化がないような気がしたものの、見比べてみると新規造形パーツはかなり多かったです。※比較は後述

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

ちょいと残念な点は色分けで、ご覧のように目立つ「肩」「腕」「ヒザ」などのレッドはホイルシールで補う仕様です。

シール感が結構目立つので、可能なら塗装した方がいい系ガンプラといったところ。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

ビギニングJガンダムの特徴としては、格闘戦に特化した装備になっているところです。

それでは各部細かく見ていきます!

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域から。手足は水平まで上がります。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

肘関節は90度強、ヒザ関節は90度以上大きく曲がりキレイにヒザ立ち可能です。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

基本的には良く動きますが、今のガンプラ目線で見た場合は肩がそこまで上がらないといった感じ。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。アンテナはビギニング系共通のビームアンテナになっており、クリアイエローのパーツが使われています。

アンテナ先端には安全フラッグあり。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

側面に合わせ目が出ますが、設定画ではモールド扱いでした。ただ、段落ち化はされていません。

ツインアイとトサカのセンサー前後はシールです。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体は中央の胸部パーツが新規造形。

胴体・腰ともに前後はめ込み式で、上部と側面に合わせ目が出ます。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

肩は前後に可動。特に前方向へ動きます。

ショルダーアーマーは前後はめ込み式で上部に合わせ目あり。サブアーマーは可動します。

シール感が目立ってしまいますが、ここもビギニングJの新規造形部分です。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

前腕部も新規造形。肩内部ブロックと前腕部に合わせ目が出ます。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

背部はバーニングJソードをマウントできるパーツに変更されました。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

余剰パーツで、ビギニングガンダムのサーベルラックパーツも付属します。

サーベル柄は6本とも引き抜く事ができます。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

フロント・サイド・リアアーマーも新規造形で、各所良く動きます。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部。色分けは甘いですが、関節パーツ含め合わせ目の量はかなり少ないです。

ちなみにアンクルガード前面の合わせ目は段落ち化されていませんが、設定画ではモールド扱いでした。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

唯一「脚の付け根側面」に合わせ目が出ます。ちなみに、脚部はヒザから下のパーツがほとんど新規造形です。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

足裏には肉抜き無し。股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは武器を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

肩がそこまで上がらないものの、付け根や関節がよく動くので「マウント状態のバーニングJソード」を掴む事ができます。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

バーニングJソードがこちら。シンプルな2パーツ成形で、赤い部分の色は全てシールで補うため見た目は悪いです(>ω<;)

下地は白いので、塗装はしやすい部分だと思います。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

飛びかかるビギニングJガンダム!

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

二刀流で。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

暴れまわるビギニングJ!

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

連結用のジョイントパーツを使えば、ナギナタとして構える事ができます。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームライフルはビギニングガンダムの色違いです。

ライフル持ち手は右のみ付属します。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

シールドも色違いです。裏側にマウントされているサーベル柄はダミーで、3本連結した形の1パーツです。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームライフルを構えるビギニングJ!

設定的に、ビギニングJは格闘戦に特化した機体のためライフル・シールドともに使う機会は少ないとの事です。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

両手で構える事ができます。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

ライフル+バーニングJソードで。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルのエフェクトパーツは、クリアイエローのものが1つ付属します。

また、

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

ビギニング系の特徴である「3本ワンセット状態のサーベル」も付属します。

手首パーツと一体化されており、指などは要塗装です。

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームサーベルで攻撃!

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

 

他ビギニングガンダムとの違いを比較

HGビギニングガンダムとDガンダムとJガンダムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

ビギニングガンダムバリエーションの違いを比較してみます。

左から「HGビギニングガンダム」「HGビギニングDガンダム」「HGビギニングJガンダム(本キット)」

HGビギニングガンダムとDガンダムとJガンダムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

関節など共通パーツは多いのですが、何気に外装の新規部分も多いのがビギニングバリエーションの特徴です。

HGビギニングガンダムとDガンダムとJガンダムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

頭部を比較。

HGビギニングガンダムとDガンダムとJガンダムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

上半身と腕を比較。

肩から腕などの外装は、比べて見ると全く違うのがわかります。

HGビギニングガンダムとDガンダムとJガンダムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

背部を比較。

HGビギニングガンダムとDガンダムとJガンダムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

脚部外装を比較。

プレミアム・バンダイではなく、全て一般発売というのが地味にスゴイよね……(*´ェ`*)

HGビギニングガンダムとDガンダムとJガンダムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG ビギニングガンダム レビュー
【ガンプラ】HG ビギニングDガンダム レビュー

 

HGビギニングJガンダムとHGCEソードインパルスガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

大剣持ち+カラーリングの近いHGCEソードインパルスガンダムと比較。

【ガンプラ】HGCE ソードインパルスガンダム レビュー【プレバン】

 

HGビギニングJガンダムのガンプラレビュー画像です

HG ビギニングJガンダムの感想

ということでHG ビギニングJガンダムのご紹介でした。

 

弱点はベースキットのHGビギニングガンダムより、目立つ箇所にシールを多用する点です。

特に「肩」「腕」「脚部」「バーニングJソード」は目立つので、可能なら塗装した方がいい系のキットといったところ。

その他可動域などはほぼHGビギニングガンダムと同じで、肩がそこまで上がらないものの基本的な動作は可能です。

長所は、新規外装パーツが多い点。武器も特徴的な大剣に変更されているので、バリエーションキットといえどお得感は高いガンプラだと思いますぞ(*´ェ`*)

 

以上、「HG ビギニングJガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る