icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ビギニングガンダム レビュー

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HG ビギニングガンダム」のガンプラレビューです。

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングGに登場し、イレイ・ハルが使用したビギニングガンダムのHGで、定価1,728円。

2010年発売のガンプラで、アニメと連動したオリジナルウェポン「3本サーベルハンド」が付属するキットになっています。

という事で今回はHGビギニングガンダムをご紹介!

スポンサーリンク

HG ビギニングガンダム

HGビギニングガンダムのボックスアート画像です

ビギニングガンダムのボックスアート。

ベース機が存在しないオリジナルデザインのガンダムになっています。

HGビギニングガンダムの組み立て書とシール、イレイ・ハルの画像です

使用者はイレイ・ハル。

ビルドファイターズの世界と繋がっているのかなと思っていたのですが、ファイターズの劇中でアニメ作品として扱われていた(しかもレイジが作って使用)のが意外だった思い出。

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGビギニングガンダムがこちら。

まったくのオリジナル機体ですが、脚部がVガンダムのような綺麗な曲線のフォルムになっています。

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

クリアパーツが使われたビームアンテナ、バックパックにビームサーベルが6本あるのが特徴的です。

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

このビギニングガンダム、元々の配色が細かいのでシールで補う箇所が多めです。また、色分けされていない部分も多いです。

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

こちらが付属する武装一覧。

同梱するのはビームライフル、ビームサーベル、3本サーベル用ハンドパーツ、シールドになります。

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域は2010年発売のガンプラとしては非常に良好。

開脚は180度、膝立ち可能、腰も360度回転します。

ただ上半身は前後に全く倒せないので、かっこいいポーズをつけるのが結構難しかったっす(*´ェ`*)

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

特徴的なビームアンテナはクリアイエローのパーツで再現。

クリアパーツ先端は安全フラッグがあります。カットした後処理が難しいので今回は手を加えませんでした。

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

顔は側面に合わせ目、後頭部両左右にある小さな白いパーツは別パーツになっています。

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体の色分けは当時としてはかなり細かい印象。

左右のラインが入った白い部分はシール、中央の赤いパーツの白い部分もシールになります。

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

肩の三角パーツは、前側がブルー、後ろ側がレッドと珍しい配色。

関節部分はABSパーツが使われているので腕を曲げる時には少し力がいる感じです。

肘のブルーはシールですが小さい三角形のパーツは色分けされています。

というかこのビギニングガンダム、細かなパーツが多く、シールや色の足りない箇所は多いもののパーツ分割による色分けは頑張っているのが伝わってきました。

腕、肩には合わせ目が出ます。

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

肩は前後に可動します。上部には合わせ目。

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

バックパックの色分けは非常に優秀ですが、ビームサーベルの柄先端ブルーは要塗装です。

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

可動の邪魔にならない大きさのフロントアーマー、リアアーマー。

前後とも内側イエロー部分が別パーツになっています。

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

で、このキットの注意点。

↑写真サイドアーマーは左右に小さな白いパーツをはめる構造なのですが、非常に破損しやすいのでこれから組まれる方は注意です!

え?わたしが不器用なだけだって?(*ノェノ)

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

曲線が綺麗な、Vガンダムに似ているような綺麗な脚部。

股関節と脚の付け根付近の球体以外は合わせ目無しの親切設計。(球体の合わせ目はフロントアーマーでほぼ見えなくなります)

膝のブルー、膝側面のイエローはシールで補うもののその他の色分けは優秀。組み立て書の作例基準では足裏はグレーで要塗装のようです。

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

足先端はとんでもなく可動します。

アンクルガードは甲からポリキャップで接続する特殊な構造をしており、色々な方向に動きます。(とはいえあまり動かす必要の無い部分w)

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームライフルは左右モナカ+ホワイト部がシールですが、赤い三角形のパーツや銃口・グリップは色分けされています。

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

シールド表のレッド、白い三角形はシール。

シールド裏側には3本のビームサーベルの柄(1パーツで固定)を取り付けます。

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

ビギニングガンダム、ビームライフルで射撃!

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

一見変哲のないガンダムタイプだと思うこのデザイン、見れば見るほど独特な形状だと気付かされます。

ビームアンテナはもちろん胸の形状や最近あまり見ないVガン系の脚部など、めっちゃ個性的ではなかろうか。好き嫌いがハッキリ分かれる系の良デザインだと思います。

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

右手をサーベル持ち手に変えて、

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームサーベルを抜刀!

バックパックのサーベル柄6本は全部取り外し可能です。接続テンションも丁度良い感じでポロリもしませんでした。

※ちなみに左手のハンドパーツは握り手1種類しか付属しないため、ライフルのグリップを持たせたりサーベルを持たせる事はできません

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

そしてこちらが3本サーベルハンド

甲パーツのみ別パーツですが、あとはクリアイエローの1色成形です。

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

という事で、指までクリアパーツになっています。

ここは塗装してあげれば見栄えが爆上がりしそう。

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

更に特徴的なデザインになったぞ!

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

このサーベル持ち手の発想、いいよね……他のガンダム作品でもありそうなのに、なにげに見ない持ち方だと思う。

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です HG Hi-νガンダム GPB COLORとビギニングガンダムのガンプラ画像です

「パチリというまではめないからぁっ!」

コウジのHi-νガンダム GPBカラーに襲われるビギニング!

模型戦士ビギニングGのガンプラレビュー画像です

HG Hi-νガンダム GPBカラーHG スーパーカスタムザクF2000と比較。

【ガンプラ】HG Hi-νガンダム GPBカラー レビュー
【ガンプラ】HG スーパーカスタムザクF2000 レビュー

 

HGビギニングガンダムのガンプラレビュー画像です

HG ビギニングガンダムの感想

という事でHG ビギニングガンダムのご紹介でした。

 

合わせ目が脚部以外にそこそこあり、色が足りない箇所が多いものの、それでも色分け頑張ってるなと伝わってくるキット。

可動域は肩の前後可動や開脚範囲、上半身の回転が優秀など良い面が多いものの、腰が前後に少しも傾かない影響で最近のガンプラ基準で見てしまうと派手なポーズが取りづらい印象です。

 

あと、組む前の印象からは想像つきませんでしたが細かいパーツが多いので、完全パチ組みでも一般のHGより多少時間がかかります。

3本サーベルハンドの指、サーベルの柄ブルーを部分塗装すれば相当見栄えが良くなると思うので、多少手を加えるモデラーさんにはオススメといった感じ。

 

以上、「HG ビギニングガンダム」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HG GPB-X80 ビギニングガンダム』の在庫を見る