icon

【ガンプラ】HGUC ドラッツェ レビュー

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGUC ドラッツェ」のガンプラレビューです。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYに登場する、ドラッツェをご紹介。

2011年発売。

右腕は3連40mmバルカン砲ガトリング・ガンの二種類から選択可能

角度を変えられるスタンドも付属します。

という事で、HGUCドラッツェをじっくりとレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC ドラッツェ

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

ドラッツェとは

ザクIIF2型のボディに戦闘爆撃機ガトルのパーツなどを組み込んだMS

・デラーズ・フリートの拠点「茨の園」にて製造される

・総生産数は30機程度とする資料がある

後にガンダムUCの袖付きによって哨戒・偵察用で運用された

 

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

ホイルシールは肩部スラスター・ポッドを補う赤いシールを中心に、頭部モノアイまわりを補うものが付属します。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

マーキングシールも同梱。

ジオン軍のみならず、ネオ・ジオンのマークも付属します。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

「ビーム・サーベルのエフェクトパーツ×2」「シールド」「選択式ガトリング・ガン+腕部」「クリアスタンド」

サーベルのエフェクトパーツは1本が余剰となります。

クリアスタンドはHGUCアッシマーとの共通パーツになっており、たまに付属する事のある簡易スタンドとは違い前後・左右に角度がつけられるものになっています。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCドラッツェがこちら。

ご覧のように細長い脚(プロペラント・タンク)が特徴的なガンプラに仕上がっています(*´ェ`*)

もちろん自立はできないため、スタンド必須のガンプラとなっています。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

8年前に発売されたガンプラになりますが、ご覧のようにこれ以上ないドラッツェの立体物になっている模様。

外装は濃い目のブルー1色で非常にシンプル。

パーツ数も少なく、シールを貼る時間を除けばすぐに組み上がりました。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

ちなみにクリアスタンドが黄ばんでいますが、これはわたしの積みプラ経年数が長過ぎるせいでございますw

くそッ!ビニール開封してなかったのに黄ばんでしもた!(>ω<)

それでは細かく見ていきます。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

頭部はモノアイ周辺を全てシールで補います。

モノアイに凸形状はなく、好きな位置に貼る簡易的な仕様。

モノアイ可動ギミックもありません。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

頭頂部と後頭部に合わせ目が出ます。

モノアイのレール部分(黒い部分)はシールで補いますが、ご覧のように剥がれやすいためスミ入れペン等でチャチャっと塗るのがオススメです。(経年のせい?w)

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

頭部はかなり上を向く事ができます。

左右への可動にも優れていて、首まわりの造形も細かいです。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

ザク風の胴体は側面と上部に合わせ目が出ます。

設定通り、ザクとは違い中央部分もブルー1色になっています。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

肩は細かな合わせ目が出ますが、ここはほとんど目立たないかと思います。

ボール状の肩部スラスター・ポッドは軸~ポリキャップ接続でガッチリはまります。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

このキットの弱点は、肩部スラスター・ポッドの赤い部分をシールで補う点。

↑のように奥まった曲面に貼るため、綺麗に貼るのが難しい箇所となっています。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

右腕は3連40mmバルカン砲になっています。

シンプルなパーツ割りをしているため、前後に合わせ目が出ます。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

左腕はザクのような形状になっており、シールドが装備可能です。

裏側にはびっしりとモールド形状アリ。

ちなみに左手のハンドパーツは↑の平手のみとなります。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

ガトル戦闘機のメインエンジンを、ユニットごと装備したという設定のバックパック。

側面に合わせ目が出るうえ、スラスターは色分けされていません。(スラスター内部のレッドも)

細長いアンテナは破損の恐れ大なのでご注意を!(>ω<)

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

バックパック左右のスタビライザーは大きく可動します。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

脚部のプロペラント・タンクは左右はめ込み式で、前後にガッツリと合わせ目が出ます。

この合わせ目はかなり目立つため、可能なら処理してあげた方がいい部分ですね。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

先端のスラスターユニットはグレーで色分けされており、合わせ目が出ません。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

ここまで動かす機会はないとは思いますが、前後に大きく可動します。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

同梱のスタンドは先端が角型になっていて、股下のスタンド穴に接続します。

HGUCアッシマーのスタンドと同形状です。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

このスタンドが結構優秀で、左右に大きく傾ける事ができ

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

前後にも動きます。

非常に安定しており、色んな角度に持っていけます。

それではアクションポーズいってみます!

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

高速移動するドラッツェ!

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

後ろから。

元々シンプルなデザインというのもありますが、再現度が高くこれ以上ないドラッツェに仕上がっているのではなかろうか(*´ェ`*)

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

マニピュレータで攻撃!

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

シールドで防御!

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

シールド先端はビーム・サーベルになっており、

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

展開可能です。

クリアイエローのエフェクトパーツは2本付属し、1本は余剰となります。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

ビシュゥン……

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

斬りかかるドラッツェ!

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

袖付きが運用したというガトリング・ガンも付属します。

右腕の前腕部ごと交換するのですが、差し替えでは無く組む時に選択する形になっているため容易に切り替えることはできません。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

ガトリング・ガンは合わせ目が出ますが、ご覧のようにメカニカルな造形で銃口も細かく造形されています。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

ガトリング・ガンで攻撃するドラッツェ!

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

腕一体型のバルカン砲も良かったですが、こっちに切り替えたらカッコ良さが増した気がする!(*_*)

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

ガトリング+サーベルで。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

ドラッツェとしては申し分ない造形だわ……。

HGUCドラッツェのガンプラレビュー画像です

HGUC ドラッツェの感想

ということでHGUC ドラッツェのご紹介でした。

 

パーツ分割による色分けは甘めで、バックパックを中心に肩部スタスター・ポッドの奥まった部分(赤いシール部分)は塗装した方がいいかもしれません。

合わせ目もちょいちょいあり、特に脚部のプロペラント・タンクはど真ん中に入るため目立ちます。

少し手はかかると思いますが、造形的にはこれ以上無いドラッツェのスタイルで立体化されていると思います。

 

弱点としてはこのドラッツェ、この内容にしては定価が高い気がするので安売りしているタイミングでの購入がオススメだぞ!(>ω<)

パーツ数・色数ともに少ないのでせめて定価1,000円代に抑えて欲しかったというのが本音です。(贅沢かな?)

 

以上、「HGUC ドラッツェ」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る