icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC ドラッツェ(ユニコーンVer.) レビュー【プレバン】

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ドラッツェ(ユニコーンVer.)」のガンプラレビューです。

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムUCに登場する、ドラッツェのユニコーンバージョンをご紹介。

プレミアム・バンダイ限定品になります。

袖付きの特徴を、新規造形パーツと成形色で再現したガンプラに仕上がっています。

という事で、HGUCドラッツェ(ユニコーンVer.)を他のドラッツェタイプとの比較画像を含めてレビューしていきたいと思います!

HGUC ドラッツェ(ユニコーンVer.)

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムUC episode3に登場の、赤いドラッツェ(ユニコーンVer.)さん。

内容的には、成形色が変更されたほか「右手のガトリング」「胸部」「袖部」が新規造形で付属する内容になっています。

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

一般販売のHGUCドラッツェの組み立て書に、白黒の紙が1枚付属。

「袖付きの装甲部分」「右手のガトリング」部分が通常ドラッツェから変化しています。

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

ホイルシールとマーキングシールがこちら。

袖付きのHGシリーズらしく、袖部分の色はホイルシールで補います。

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCドラッツェ(ユニコーンVer.)がこちら。

袖部分などちょこちょこと変更点がありますが、一番は成形色がド派手なパープル色に変更された点です。

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

角度を変えられるクリア製のスタンドも同梱します。

ちなみに↑の状態は、組んでからかなりの時間が経っているのでスタンドが黄ばんだ状態です(*ノェノ)

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

それでは各部アップで見ていきます!

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

頭部に形状的な変更はありません。

モノアイまわりはホイルシールを使用、非可動タイプの簡素な出来です。

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

横、後ろから。左右はめ込み式で、頭頂部と後頭部に合わせ目が出ます。

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。胸部のエングレービングパーツが新規造形で、袖付き仕様に変更されています。

胴体は前後はめ込み式で、上部と側面に合わせ目が出ます。

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

↑ドラッツェの胴体は「ザクIIF2型のボディパーツが使われている」という設定なので、ザクIIF2型と似たデザインになっているのが特徴です。

ただ、HGUCザクIIF2型からの流用はありません。

【ガンプラ】HGUC ザクII F2型 ジオン軍仕様 レビュー

 

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

肩は通常ドラッツェの色違いです。

へこんでいるグレー部分はシールを使うため、あまりキレイにはいかず。部分塗装推奨箇所といったところです。

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

右手のガトリングまわりは新規造形で、腕と一体化されたデザインに変更されています。

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

HGUCドラッツェ(画像上)のガトリング・ガンと比較。

通常のHGUCドラッツェに同梱するガトリング・ガンも「U.C.0090年代後半の袖付きが運用していた武装」という設定のものが同梱しますが、今回のUCドラッツェでは腕一体型デザインに変更されているのが特徴です。

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

左の前腕部も新規造形で、袖付き仕様のデザインに変更されました。

色はシールで再現しますが、モールドは刻まれています。

それ以外のシールドなどは通常ドラッツェの色違いです。(表面に貼るネオジオンのシールは追加されています)

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

スタビライザーは上下に可動。

バックパックは「ガトル戦闘機のメインエンジンをユニットごと背部に装備した」というデザインです。

前後はめ込み式で、合わせ目が出ます。

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

バックパックをアップで。

色はちょいちょい足りませんが、上2基のバーニアスラスターは多少動きます。

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

プロペラントタンク/スラスターユニットはシンプルなモナカ構造で、前後に目立つ合わせ目が出ます。

手を加えるとするなら、このあたりの合わせ目消しが中心になりそうです。

単純な作りですが、先端内部のグレー部分はディテールが細かいです。

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

スラスターユニットは前後に大きく動きます。

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

股下には、一昔前によくあった角型のスタンド穴が空いています。

股間まわりは前後に可動します。

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

スタンドは前後と、

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

左右に大きく角度をつける事ができるぞ!

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

ドラッツェ(ユニコーンVer.)、出撃!

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

装甲色がブルーからパープルに変更されたのと、袖部分が本キットの売りですね。

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

ガトリングで攻撃!

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

シールドにはビーム・サーベルのエフェクトパーツを差し込むことができます

通常ドラッツェと同じですが、ビーム刃のエフェクトパーツがイエローからピンクに変更されていたりします。

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

サーベルで攻撃!

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です HGドラッツェと改とユニコーンVer.の違い・比較のガンプラバリエーション画像です

HGUCドラッツェ(左)、HGUCドラッツェ改(中央)と比較。

通常のドラッツェ以外はプレミアム・バンダイ限定品です。

HGドラッツェと改とユニコーンVer.の違い・比較のガンプラバリエーション画像です

違いをまとめると、まずは↑のように同梱するスタンドの種類です。

ドラッツェ改だけ簡易スタンドに変更されています。

HGドラッツェと改とユニコーンVer.の違い・比較のガンプラバリエーション画像です

上半身を比較。ユニコーンVer.のみ変化しているところが多く、↑枠の袖部分が新規造形になっているのが特徴です。

HGドラッツェと改とユニコーンVer.の違い・比較のガンプラバリエーション画像です

肩部スラスター・ポッドを比較。肩はドラッツェ改のみ独特の形に変化しています。

HGドラッツェと改とユニコーンVer.の違い・比較のガンプラバリエーション画像です

右腕を比較。

ドラッツェ改にはHGUCザクIIF2型のザク・マシンガンが同梱、ユニコーンVer.では腕一体型に変化しているのが特徴です。

HGドラッツェと改とユニコーンVer.の違い・比較のガンプラバリエーション画像です

ズズゥン……。こちらを睨みつけるドラッツェ軍団!

【ガンプラ】HGUC ドラッツェ レビュー
【ガンプラ】HGUC ドラッツェ改 レビュー【プレバン】

 

HGドラッツェ(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

HGUC ドラッツェ(ユニコーンVer.)の感想

ということでHGドラッツェ(ユニコーンVer.)のご紹介でした。

 

基本的な作りは通常ドラッツェと同じなので、新規造形の「胸部」「」「腕一体型のガトリング」に魅力を感じるかが最大の購入判断ポイントだと思います。

プロペラント・タンク/スラスターユニット(足)の合わせ目は結構目立つので、ここは合わせ目消し推奨といったところ。

この記事執筆時点ではありますが、色々なネットショップを見てみてもこのユニコーンVer.の中古はそこまでプレミア価格化されていない印象でした。(人気ない?w)

袖付きガンプラのコンプを狙っているモデラーさんは比較的気軽に買える価格で落ち着いていると思うので、オススメです。

 

以上、「HGUCドラッツェ(ユニコーンVer.)」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る