icon
iconicon
icon
icon

【ガンプラ】HG エクストリームガンダム レビュー

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGエクストリームガンダム」のガンプラレビューです。

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

ゲーム「機動戦士ガンダム EXTREME VS.」系に登場し、Gackt氏人工知能のex-イクスが操るエクストリームガンダムをご紹介。

2011年発売。

楽器をモチーフにした各種武装が特徴で、青く発光している部分にはクリアパーツが使用されています。

という事で、HGエクストリームガンダムをレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG エクストリームガンダム

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

EXVSのラスボスで、Gackt氏が声を務めるエクストリームガンダムさん。

ギターをモチーフにしたビーム・ライフルと、ギターケースをモチーフにしたシールドが印象的なガンダムに仕上がっているぞ……(*´ェ`*)

自分昔PS3のEXVSをプレイした事あるのですが、めちゃめちゃ強くて唖然とした印象です←ゲーム下手な人

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールは全て頭部の色を補うものが付属します。

色分けはかなり優秀です。

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品がこちら。

「ギター型のビーム・ライフル」「ギターケース型のシールド」のほか、柄一体型のビーム・サーベルと手首パーツ×4が付属します。

ハンドパーツは右が銃持ち手、左が平手、左右の武器持ち手の構成です。

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGエクストリームガンダムがこちら。

組んでいて感じたのは非常に組みやすかった点で、完成させてみると今の目線で見ても通用するプロポーションに仕上がっています。

時期的には2011年製という事で、HGUCジム・カスタムやHGUCギラ・ズール(親衛隊仕様)が発売されたあたりのガンプラだったりします。

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

全身に使われているクリアブルーのパーツが特徴的で、ビルド系にも出てきそうなガンダムになっているぞ……(*´ェ`*)

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域はそこそこ優秀ですが、膝立ちはそこまでキレイに決まらず。

手足はそこそこ広がり、上半身は360度回転します。

このぐらい動けば十分かなといったぐらいには動いてくれる感じ。

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部はツインアイとトサカのセンサー、左右の青い部分にシールを使います。

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

前後はめ込み式で、頭頂部付近に合わせ目が出ます。

そして後ろにもアンテナがついており、

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

パーツを一部外してみると顔になっているのがわかります。

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体。色分けは優秀で、側面は段落ちモールド化されており合わせ目が出ません。

ただ、胴体上には出ます。

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

アップで。もはや8年前のガンプラとはいえ、カッチリとした造形になっています。

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

バックパックのスラスターは可動します。

マウントされた2本のビームサーベルはダミーで、引き抜くことはできますがビーム刃を取り付ける穴は空いていませんでした。

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

腕は前腕部前後に合わせ目が出ます。量は少ないです。

ただ肘パーツが少しだけ外れやすかったので、紛失にはご注意を。

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

肘は二重関節構造で、180度近く曲がります。

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

フロントアーマーは上がりませんが、デザイン的に可動の妨げになる事はあまりないと思います。サイドアーマーは動きます。

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部は、前面と関節パーツに合わせ目が出ない構造です。

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

モモ側面とふくらはぎには合わせ目あり。

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きはなく、スラスター形状も造形されています。

股下にはいつもの3mm穴、足首パーツの傾き範囲が広く↑まで開脚しても接地します。

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

ギターケースをモチーフとしたシールドから。

グリップを持たせた後、前腕部側面に接続するためガッチリとホールドされます。

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

ギターをモチーフとしたビーム・ライフルも手首パーツ内の凹凸と合わせて持たせるため、保持力が高いです。

全体的にポロリする箇所がないため、ガシガシ動かして遊ぶのに適したガンプラになっているぞ!(>ω<)

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルで攻撃するGackt氏ex-!

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

シールドでかいっす……(*´ェ`*)ジム・ガードカスタムに匹敵する重さです。

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

サイトレンズとフォアグリップは可動します。

うまく両手で構えるのは難しいですが、↑のようにライブ中のギタリストのようなポージングが可能です。

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

平手を添えれば、本当にギタリストのような見た目になるぞ!(>ω<)

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

……w

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルはシールドの裏に収納できます。

カッチリはまるので抜け落ちる事はありませんでした。

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

このように持たせる事もできます。

……本当にギターケースのような作りw

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

ライブ会場へ向かうバンドマン・エクストリームガンダム!

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

ギターケースでぶっ叩くエクストリームガンダム!

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルは1本付属しますが、ご覧のように柄一体型のブルー1色1パーツ成型のものです。

クリアパーツを使っている影響でコスト的に難しかったのかな?

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームサーベル抜刀!

HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です HGエクストリームガンダムのガンプラレビュー画像です

うむ。飾るとしたらこのポーズかなw

HGエクストリームガンダムとセシア・アウェアのフィギュアの画像です

DXFフィギュアのセシア・アウェアとディスプレイ。

HGエクストリームガンダムとセシア・アウェアのフィギュアの画像ですHGエクストリームガンダムとセシア・アウェアのフィギュアの画像です

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HG エクストリームガンダムの感想

ということでHGエクストリームガンダムのご紹介でした。

 

合わせ目が少なく良く動き、ポロリもしないといった作りやすいガンプラに仕上がっています。

ギターとギターケースをモチーフにした発想が、ゲームオリジナル機体っぽくて面白いぞ!(>ω<)

ビームサーベルが色分けされていないのは残念ですが(せめて柄に穴をあけて欲しかった)、それ以外は初心者モデラーさんにも組みやすいガンプラになっていると思います。

 

ところでガンダムの芸能人コラボって面白いよね……。

昔だと釈由美子専用ザクⅡ(MIA)LINKIN PARKのフルバーニアン、最近だとHGCEフォーマットで発売予定のHGCEハイネ専用デスティニーガンダムなど、ガンダム作品の幅の広さを感じるぞ……(*´ェ`*)

 

ちなみにtype-レオスのゼノン・フェースはROBOT魂になってしまいますが、ガンプラにこだわりがなければ一応は発売されています↓

 

以上、「HG エクストリームガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る

 

>> 駿河屋の在庫を見る