icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG Gセイバー 無重力仕様 レビュー

レビュー

今回は「HG ジーセイバー 無重力仕様」のガンプラレビューです。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

ハリウッド製作の映像作品、及びPS2「G-SAVIOR」に登場したGセイバー(無重力仕様)をご紹介。

2000年発売。

全HGの中でも異彩を放つGセイバーのガンプラですが、どんな出来になっていたのか今のガンプラ目線でレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG Gセイバー 無重力仕様

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

作品の舞台が何気に宇宙世紀223年というトンデモ作品、G-SAVIORの主役機・Gセイバー 無重力仕様さん。

昨今ではビルドファイターズ8話に登場したのでも話題になりました(瞬殺されたけど……w)

作品の舞台であるU.C.223年は「ガイア・ギア(U.C.203)」より後の時代という事で、宇宙世紀作品の中で一番未来を描いた作品になっていたりします。(ガイア・ギアともに正史かどうかは置いておき)

実際ボックスアートにはHG「UC」表記ではなく、HG G-SAVIOUR表記になっていたりします。

HGUCシリーズは1999年にスタートしているので、敢えて外したのかは不明だぞ……むむ!マニアックなガンプラなので前置きが長くなるw

ガンプラのレビューに戻ります!

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は少なく、胸部とツインアイを補うもののみ付属します。

ただ、細かな色はちょこちょこ足りません。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビームライフル(+専用手首パーツ)」「ビームサーベル」「ビームシールド」

ビームサーベルは柄一体型のクリアパーツになっています。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHG Gセイバーがこちら。

驚くことに、19年前のデザインながら「新作の宇宙世紀ガンダム」と言われても違和感の無い洗練されたデザインになっているのではなかろうか……(*´ェ`*;)

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

フレームがむき出しで細くなっている「二の腕・太もも」は、ナラティブガンダムを彷彿とさせますね。

CG作品という事でモールドの量が多く、ディテールも細かくできています。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

背部主推進装置(背中のフィン周辺)はどこかF91のバックパックも感じます。

ビームシールドを装備しているのもあり、そのあたり意識して似せたのかな?

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

可動域は2000年クオリティといった感じで、腕は水平まで上がりますが足回りの可動範囲が弱点となります。

開脚はそこそこできますが、

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

フロントアーマーがほとんど動かないので膝立ちをさせると無理が出る感じです。(フロントアーマーの可動は後述)

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

上半身を少し引き上げれば、360度好きな位置へ持っていく事ができます。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

頭部は左右はめこみ式で中央に合わせ目が出ます。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

頭頂部と後頭部にも。

……近未来感を感じる良デザインになっているぞ……(*´ェ`*;)

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

胸部のイエロー部はシールで色を補います。

胴体側面は段落ちモールド化されており、合わせ目が出ない構造です。

肩の付け根付近や腰部分など、モールドが細かいです。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

背部主推進装置は、6枚のフィンに推進ユニットが挟まれる形でマウントされています。

右側のみビームサーベルをマウントしていますが、実はダミーで引き抜いてもビーム刃を取り付ける事はできません。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

上から。↑のようにほとんど目立ちませんが、厳密に言えば胴体上部に合わせ目が出ます。

肩は軸接続で前後方向に可動はせず。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

肩内部ブロックと二の腕、手首付近に合わせ目が出ます。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

肘関節は90度ほど曲がります。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

二層式のようになっているフロントアーマーは、ほとんど上がりません。

手を加えられるモデラーさんはこのあたりが要加工ポイントだと思います。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

腰部左右には補助推進ユニットを装備。

2パーツ構造のシンプルなモナカ構造で合わせ目が出ます。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

脚部は太もものフレームと膝下に合わせ目あり。

フレームむき出しのデザインにナラティブを感じる……(Gセイバーが先だけどw)

設定的には、大胆な軽量化を図ることにより既存MSの倍近い高機動戦闘が可能になったとの事です。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

横、後ろから。

太ももの後ろに合わせ目が出ますが、ふくらはぎ付近は作例ではモールド扱いになっていました。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

つま先は倒す事ができます。

この時代のガンプラにしては凝った作りをしています。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きはありませんが、合わせ目は出ます。

股下にアクションベース用の3mmジョイント穴は空いていません。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

ビームシールドは差し替えで展開可能です。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

Gセイバーの主武装、ビームライフルはシンプルな3パーツ構造で合わせ目が出ます。

右手のみ専用のライフル持ち手が付属します。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

Gセイバー 無重力仕様、出撃!

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

腰左右に装備している補助推進ユニットがめちゃめちゃかっこいいぞ……(*´ェ`*;)

それではアクションポーズいってみます!

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

ビームライフルを構えるGセイバー!

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

先述の通り、フロントアーマーがあまり動かないのでアクロバティックなポーズは苦手となります。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

ビームシールドで攻撃を防ぐGセイバー!

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

補助推進ユニットは自由に角度をつける事ができ、前に持っていく事もできます。

なんかヴェスバーっぽい武器に見えなくもないですね。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像ですHG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

ビームライフルは脚部側面と、

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

リアアーマーにマウント可能です。

プラ同士のシンプルな凹凸接続ですが、ガッチリと保持されます。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

ジャキッ!

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

ビームサーベルを持たせてみます。

↑わずかに届かず!

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

展開状態のビームサーベルは別パーツで1本付属します。

柄一体型のクリアパーツになっているため、柄部分はホワイトで要塗装となります。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

斬りかかるGセイバー!

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

カッケェ!

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

昨今のガンプラのように超絶可動するわけではないので、シンプルなポージングが似合います。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

HG Gセイバー 無重力仕様の感想

ということでHG Gセイバー 無重力仕様のご紹介でした。

 

ショルダーアーマーやアンクルガードが1パーツというのもあり、思ったほどは合わせ目が多くない印象です。

腰左右の補助推進ユニットを中心に細かな色は足りないため、素組みでは満足いかない可能性アリです。

下半身の可動域も狭かったりしますが、洗練されたデザインとモールドの多さは今のガンプラ目線で見ても非常にかっこよく仕上がっていました。

プロポーションが良好というのもあり、手を加えたら化ける系のキットだと思うぞ!

ところで話は逸れますが、U.C.100年以降の宇宙世紀は「閃ハサ(104)→F90(120)→F91(128)→クロボン(133)→Vガンダム(149)→ガイア・ギア(203)→G-SAVIOR(223)」と続いていく(正史に組み込まれているかとかは置いておき)わけですが、UC NexT 100PROJECTではこのあたりのモビルスーツもフィーチャーされていくのでしょうか(*_*)

映像作品になるとすれば話の整合性を持たせるため、細かな設定やモビルスーツのデザインは多少変わると思いますが、本気で↑まわりの時代を描いていくとなると相当マニアックな方向に進むよね……w

個人的にはオールズモビルの首領がジョニー・ライデン(U.C.120)という設定は生かし続けていただきたい……!(>ω<)

ガンダムコンテンツ、本当に底が深いわ……。

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

ちなみに、↑は我が家の押入れに眠っていた「PS2のG-SAVIOUR」さん。昔ブックオフかどこかで300円ぐらいで買った気がする……w

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

パカリ。昔のゲームらしく取り扱い説明書が紙媒体で入っており、

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

中を見るとマニアックな機体設定がびっしりと書かれておりましたw

ジーサード……重攻撃モードかっこいいっす(*´ェ`*;)

HG Gセイバー(無重力仕様)のガンプラレビュー画像です

取説読むだけでも面白いので、安いの見つけたらこちらもオススメだよw

 

以上、「HG Gセイバー 無重力仕様」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る