スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
iconiconicon

【ガンプラ】HGUC ギラ・ズール(ギルボア・サント機) レビュー【プレバン】

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ギラ・ズール(ギルボア・サント機)」のガンプラレビューです。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムUCに登場し、ギルボア・サントが搭乗するギラ・ズールをご紹介。

プレミアム・バンダイ限定品になります。

「ランゲ・ブルーノ砲・改」「重装バックパック」を装備しているほか、新規造形でビーム・ガトリングガンが付属し、右肩のL字シールドへ装着した姿が再現可能です。

という事で、HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)をレビューしていきたいと思います!

HGUC ギラ・ズール(ギルボア・サント機)

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

ギルボアさんのギラ・ズールは、プレミアム・バンダイ限定での発売になっています。

ガンプラ的には一般発売のHGUCギラ・ズールのリデコキットとなり、アンジェロ専用機のランゲ・ブルーノ砲・改や重装用バックパックなどが同梱する内容です。

そしてギルボア機最大の特徴は、新規造形のビーム・ガトリングガンが付属する点だぞ!(*_*)

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

エングレービングを中心に、白い部分の色を補うものが中心です。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ランゲ・ブルーノ砲・改/重装用バックパック」「ビーム・ガトリングガン」「ビーム・ホーク」「手首パーツ×4」

手首パーツは右の「銃持ち手」、左右の「武器持ち手」、左の「平手」の計4つが同梱します。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

余剰パーツとして、「懸架パーツ(通常ギラ・ズール仕様)」「シュツルム・ファウスト」「ハンド・グレネード×2」「ビーム・マシンガン」「マガジン×2」「ツノ無しヘルム」などが同梱。

武器類は丸々組めるうえ、マガジン用のシールも同梱する事からプレイバリューの高い内容になっているぞ……(*´ェ`*)

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCギラ・ズール(ギルボア・サント機)がこちら。

ざっくり言うとHGUCギラ・ズールアンジェロ専用機を混ぜたような内容になっていますが、余剰パーツと合わせれば付属武器数がかなり多いです。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

ベースキットは2009年に発売されたものですが、元の出来が秀逸だったため劇中再現度の高いプロポーションで立体化されています。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

ちなみにリアスカートの懸架パーツも地味に新規造形になっていて、設定通り右側にビーム・ホークをマウントする事ができます。(キュアロン機と共通の懸架パーツ)

HGギラ・ズールとギルボア・サント機とアンジェロ機の比較ガンプラレビュー画像です

HGUCギラ・ズール(塗装済/左)、HGUCギラ・ズール(アンジェロ・ザウパー専用機)(右)と比較。

ビーム・ガトリングガンの関係から、この2体をミキシングして塗装しても完璧なギルボア機を再現する事はできません。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

可動域はそこそこ広く、腕は水平まで上がり顔を上げる動作も得意です。

脚部はボールジョイント接続で、ある程度開脚します。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度ほど曲がり、ヒザ立ち可能です。腰をひねる動作も得意です。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。同日発売のキュアロン機と違い、ギルボア機はツノ有りです。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

左側には、ガランシェール隊のエンブレムシールを貼ります。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

底面のツマミ(↑枠部分)を動かせば、モノアイが左右に動きます。

モノアイは凸モールドになっていますが、ピンクのシールで色を補います。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

上半身。白い部分はすべてシールです。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

上から見た図。胴体とショルダーアーマーは前後はめ込み式で、合わせ目が出ます。

肩は軸接続で、前方向への可動に優れています。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

胴体は、側面の上部分にも合わせ有りです。

脇の下は段落ちモールド化されています。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

右肩のL字シールドには、新規造形のビーム・ガトリングガンをマウントする事ができます。

ジョイントパーツを下からスライドさせるようにして取り付けます。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

腕部分は、先程のショルダーアーマーと「肩内部の球体」に合わせ目が出ます。

袖部分には全面シールを使いますが、モールドはあるため塗装派モデラーさんも安心部分です。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

腰部。股間軸は可動式で、底面にはスタンド用の3mm穴が空いています。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

脚部は「モモ側面」「ヒザからスネ」「カカト付近」の外装に合わせ目が出ます。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

関節フレームに合わせ目はありません。

足裏に肉抜きは無し。堅実にできていますね。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

重装バックパックをアップで。

スタビライザーは2パーツ構造でモールドが細かく、可動します。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

2基の大型プロペラント・タンクには、合わせ目があります。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

各所アップで。ピンク部分はシールです。

ランゲ・ブルーノ砲・改は、バックパック下部とベルトで繋がっています。

このあたりは一部色が足りないうえ、合わせ目もあるため正確に再現するとなると多少手を加えた方がいい部分です。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)とアンジェロ機の比較ガンプラレビュー画像です

アンジェロ専用機の背部と比較。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)とアンジェロ機のガンプラレビュー画像です

武装は共通している部分があるものの、ギルボア機の本体は基本的に一般機で、アンジェロ専用機はショルダーアーマーや脚部スラスターなどが親衛隊仕様になっているのが見て取れますね。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

「わかってます。マリーダは必ず連れて帰ります」

ギルボアさん、出撃!

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

緑の一般機と、重装用バックパックの相性ってバツグンだよね……。

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

ランゲ・ブルーノ砲・改から。

重装用バックパック側面と接続されており、ある程度動きます。

設定的には、「ギラ・ドーガ用に開発されていたランゲ・ブルーノ砲」を、宇宙空間で使用するために改良したビーム・ランチャーとなります。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

ランゲ・ブルーノ砲・改で援護するギルボア!

左のみ平手が付属するので、銃身に手を添えるポーズができます。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

また、フォアグリップをつかめば

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

両手で構える事ができます。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

ビーム・ホークは、クリアグリーンの専用ビームエフェクトパーツが付属します。

※このあたりは通常ギラ・ズールと同じ

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

ビーム・ホークを振り上げるギルボアさん!

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

そしてこちらが今回の売り部分である、新規造形のビーム・ガトリングガン

懸架パーツとともに、本キットの購入判断ポイントです。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像ですHGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

ビーム・ガトリングガンをぶっ放すギラ・ズール!

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

こちらのフォアグリップは可動し、両手で構える事ができます。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

アクション!

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

「艦は沈めない。俺たちの目的は、マリーダの奪還だ」

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

懸架パーツは通常タイプ(HGUCギラ・ズールなどに同梱)も付属するので、↑のように余剰パーツの武器てんこ盛りで付け替える事ができます。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

ビーム・マシンガンを持たせたり、フロントスカートにマガジンを取り付けたり、ツノ無しヘルムに交換する事ができるので遊びの幅が広いです。

ただ、一般機のバックパックは入っていないため純粋な一般機を組む事はできません。

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

「あんただけは…墜とす!!」

「バナージ君!聞こえているならやめろ!」

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

……からの、名シーンを再現(*_*)

色々なHGギラ・ズールの比較ガンプラ画像です

HGギラ・ズールのバリエーションキットでディスプレイ。

ほとんど一般販売で入手可能ですが、今回のギルボア・サント機とキュアロン機のみプレミアム・バンダイ限定品となります。

色々なHGギラ・ズールのバリエーションガンプラ比較画像です

上半身を比較。基本的な違いは、本体が「一般仕様」か「親衛隊仕様」になっている点で、それに加えて付属する武装が変化しています。

その他のズール系レビューは↓からどうぞ。

【ガンプラ】HGUC ギラ・ズール レビュー
【ガンプラ】HGUC ギラ・ズール(親衛隊仕様) レビュー
【ガンプラ】HGUC ギラ・ズール(アンジェロ・ザウパー専用機) レビュー
【ガンプラ】HGUC ギラ・ズール(キュアロン機) レビュー【プレバン】
【ガンプラ】HGUC ゼー・ズール レビュー

 

HGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のガンプラレビュー画像です

「いいな、退がっているんだぞ。こんなところで死ぬことはない」

HGUC ギラ・ズール(ギルボア・サント機)の感想

ということでHGギラ・ズール(ギルボア・サント機)のご紹介でした。

 

内容をザックリ言うと、通常ギラ・ズールとアンジェロ機を混ぜて新規造形のビーム・ガトリングガン(および懸架パーツ)を足した内容になっています。

ベースキットの時点で秀逸な出来をしていたというのもあり、非常に高プロポーションかつ付属武器数の多さからプレイバリューの高いガンプラに仕上がっています。

今のガンプラ目線で見ても良キットで間違いないので、再販タイミングさえ合えば購入しておくのがオススメだよ……(*_*)

 

以上、「HGUCギラ・ズール(ギルボア・サント機)」のガンプラレビューでした!

icon

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る