スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】HGUC ギラ・ズール(キュアロン機) レビュー【プレバン】

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ギラ・ズール(キュアロン機)」のガンプラレビューです。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムUCに登場し、キュアロン・マスカが搭乗するギラ・ズールをご紹介。

プレミアム・バンダイ限定品になります。

ビーム・スナイパー・ライフルシュツルム・ファウストSが新規造形で付属します。

という事で、HGギラ・ズール(キュアロン機)をレビューしていきたいと思います!

HGUC ギラ・ズール(キュアロン機)

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

プレバン限定のキュアロン機。「キュアロン、手筈てはずどおりだ!」なキュアロン機まで立体化されるって、ユニコーン作品はガンプラ化に恵まれているよね……(*_*)

今回の売りは、新規造形の「ビーム・スナイパー・ライフル」と「シュツルム・ファウストS×8」となります。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

ただでさえラインの多い親衛隊仕様のリデコキットとなるため、シールの量はかなり多いです。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビーム・スナイパー・ライフル」「ビーム・ホーク」「シュツルム・ファウストS×8」「シールド(ギラ・ドーガ仕様)」「手首パーツ×4」

手首パーツは左右の「武器持ち手」、右の「ライフル持ち手」、左の「平手」の計4つが同梱します。

新規造形のライフルとシュツルム・ファウストSのほか、地味にビーム・ホークの懸架パーツも設定準拠の新規パーツになっていたりします。

また、シールドが地味にギラ・ドーガタイプに変更され大型化されているのも特徴の一つです。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

プレバン品らしく、余剰パーツの量はめちゃめちゃ多いです。

使わなかった一般機・親衛隊仕様のショルダーアーマーのほか、脚部パーツなどが余ります。

一般機などに同梱する「ビーム・マシンガン」「マガジン×2」「シュツルム・ファウスト」「ハンド・グレネード」は丸々組めるうえ、組み立て書に記載はないものの余剰武器のホイルシールまでついてきます。

今回のプレバン品、サービス精神溢れる内容になっているぞ……(*_*)

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCギラ・ズール(キュアロン機)がこちら。

成形色の緑色は、他の緑系ズールと同じ色です。

親衛隊仕様をベースに、右肩や各種武器が変更されているのがキュアロン機の特徴です。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

ベースキットに2009年製のHGUCギラ・ズールが使われていますが、今のガンプラ目線で見てもめちゃめちゃ再現度の高いプロポーションにて立体化されています。

エングレービングや白いラインにシールを多用するのが本キットの弱点ではありますが、ご覧のように素組みでも高クオリティのキュアロン機が組めるのが嬉しいです(*´ェ`*)

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HGギラ・ズール(キュアロン機)と親衛隊仕様の比較ガンプラレビュー画像です

まずはHGUCギラ・ズール(親衛隊仕様)と比較。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

可動域はそこそこ優秀です。

足は昔ながらのボールジョイント接続になりますが、結構広がるためポージングに困る事はありませんでした。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度ほど曲がり、上半身が前後左右と柔軟に動くためキレイにヒザ立ち可能です。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。モノアイにはピンクのシールを使いますが、凸形状になっているため立体的な見た目で再現されています。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

ヘルムの左側面に貼る、フル・フロンタル親衛隊のシールが同梱します。

頭部自体、合わせ目はありません。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

底面につまみがあり、動かすとモノアイが可動します。

他のHGギラ・ズール系共通ですが、一度頭部をはめると取り外す事が難しくなるので爪楊枝などでモノアイ自体を動かす方がてっとり早いです。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

胸部をアップで。エングレービングは親衛隊仕様と共通です。

胴体は前後はめ込み式で、上面に合わせ目が出ます。脇の下は段落ちモールド化されています。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

プロペラント増加型のバックパックは親衛隊仕様と同じ造形ですが、

HGギラ・ズール親衛隊仕様とキュアロン機の比較ガンプラレビュー画像です

色が変わっていて「明るくなったグリーン部」は全てホイルシールを使います。

ほとんどの色が違うので、一気に塗装しちゃった方が見栄えが良くなりそうです。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

右肩はL字シールドになっていて、新規造形のシュツルム・ファウストSをマウントできます。

シュツルム・ファウストSの先端部分はレッドで要塗装です。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

左手に装備するシールドは、ギラ・ドーガタイプのシールドに変更されています。

裏側にはシュツルム・ファウストSをマウント可能で、上部分は角度をつける事ができます。

HGギラ・ズール親衛隊仕様とキュアロン機の比較ガンプラレビュー画像です

HGUCギラ・ズール(親衛隊仕様)のシールドと比較。

このように、キュアロン機に同梱するシールドは大型化されているのが特徴です。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

上から見た場合、胴体・ショルダーアーマー・バックパック上部に合わせ目が出ます。

肩は軸接続で、前方向へかなり持っていけます。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

腕の合わせ目は少なく、肩内部の球体にしか合わせ目はありません。

ただ、エングレービングをはじめ白い部分は全てホイルシールで色を補います。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

腰部の装甲まわりも然り。

股関節は可動式で、底面にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

脚部は「モモ内側の側面」「ヒザまわり」「カカト付近」の外装に合わせ目あり。

モモ側面はモールドのように見えなくもない位置になっており、作例準拠ではモールド扱いになっていますが、設定画ではモールドがありません。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

ヒザ関節に合わせ目はありません。

足裏はスラスターが造形されており、肉抜き無しです。

非常に堅実にできているよ……(*´ェ`*)

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

ギラ・ズール(キュアロン機)、出撃!

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

まずは本キットの売り、新規造形のビーム・スナイパー・ライフルから。

他ズールには同梱しないので、本キットのアイデンティティーといったところ。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

ビーム・スナイパー・ライフルで攻撃!

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

かっこいいっす……(涙

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

ビーム・ホークは、新規の懸架パーツにより設定通り右腰に装着可能です。

ちなみにこの懸架パーツはギルボア・サント機にも同じものが付属したりします。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

ビシュゥン……!

ビームエフェクトパーツはクリアグリーンの専用刃が付属します。(他ギラ・ズールと共通パーツ)

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

ビーム・ホークを構えるキュアロン!

平手は左手分のみ付属します。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

L字シールドとシールドにマウントされているシュツルム・ファウストSは全て着脱でき、手に持たせる事ができます。

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

↑は余剰パーツを使って色々遊んでみた図。

ツノ有りにしたり「ビーム・マシンガン」「ハンド・グレネード」「予備マガジン」を装備できるほか、

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

通常の懸架パーツも付属します。

通常バージョンのシュツルム・ファウストやビーム・ホーク、ハンド・グレネードをマウント可能です。

HGギラ・ズールアンジェロ機とキュアロン機のガンプラレビュー画像です

「キュアロン、手筈てはず通りだ!」

アンジェロ専用機と一緒にディスプレイ。

色々なHGギラ・ズールの比較ガンプラ画像です

色々なHGギラ・ズールのバリエーションキットでディスプレイ。

今回のキュアロン機とギルボア・サント機のみ、プレミアム・バンダイ限定品となります。

色々なHGギラ・ズールのバリエーションガンプラ比較画像です

上半身を比較。

今回のキュアロン機の特徴をザックリ言えば、親衛隊仕様に新規造形の「ビーム・スナイパー・ライフル」「シュツルム・ファウストS」「懸架パーツ」、それに「ギラ・ドーガタイプのシールド」を足した内容になっている感じです。

【ガンプラ】HGUC ギラ・ズール レビュー
【ガンプラ】HGUC ギラ・ズール(親衛隊仕様) レビュー
【ガンプラ】HGUC ギラ・ズール(アンジェロ・ザウパー専用機) レビュー
【ガンプラ】HGUC ゼー・ズール レビュー

 

HGギラ・ズール(キュアロン機)のガンプラレビュー画像です

HGUC ギラ・ズール(キュアロン機)の感想

ということでHGギラ・ズール(キュアロン機)のご紹介でした。

 

ズバリ、本キットの主な売りは新規造形の「ビーム・スナイパー・ライフル」「シュツルム・ファウストS(および懸架パーツ)」の2点です。

ベースキットの時点でかなり良くできたHGなので、不満点はかなり少ないです。

ただ弱点も継承しており、エングレービング・白いライン・バックパックにシールを多用するため多少塗装をするモデラーさんにはオススメのガンプラといった感じです!

 

以上、「HGUCギラ・ズール(キュアロン機)」のガンプラレビューでした!

icon

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る