スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ジェノアスカスタム レビュー

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGジェノアスカスタム」のガンプラレビューです。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムAGEに登場し、ウルフ・エニアクルが搭乗するジェノアスカスタムをご紹介。

2011年発売。

ヘッドパーツ」「ショルダーパーツ」「武装」が、新規造形で付属

ウルフのパーソナルマークも同梱します。

という事で、HGジェノアスカスタムを他ジェノアスとの比較画像を含めてレビューしていきたいと思います!

HG ジェノアスカスタム

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

操縦難易度が上がったものの、運動性が大幅に向上しているジェノアスカスタムさん。

ガンプラ的にはHGジェノアスのリデコキットとなり、成形色変更のほか「頭部」「肩」「武装」が新規造形で付属する内容となっています。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

組み立て書には「白き狼」の異名を持つウルフ・エニアクルさんが記載。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールとマーキングシールがこちら。

シール数は少なく、頭部まわりの色を補うものが中心です。マーキングシールは、ウルフのパーソナルマークが2つ付属します。

シールドに貼るものなのですが、1枚は予備となります。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビームスプレーガンIIIB」「マーカーショット」「ヒートスティック/ビームサーベル」「シールド」

通常ジェノアスとの違いは、ビームスプレーガンのかわりに「銃口下にコンバットナイフを装着できるビームスプレーガンIIIB」が付属する点です。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGジェノアスカスタムがこちら。

真っ白な成形色に変更されているほか、カスタムへの進化として「頭部」「肩部」「武装」が一新されています(*´ェ`*)

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

少ないパーツ数ながら良プロポーションで立体化されており、自立性・接地性ともに優秀です。

真っ白けっけなので、スミ入れ推奨キットと言えそうですね。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

可動範囲は広く、手足は真横まで広がります。

顔を上げる動作も得意です。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度ほど曲がり、ヒザ立ち可能です。

ただ、ノーマルジェノアスと同様にモモがフロントアーマーに引っかかるため、モモを上げる動作は苦手です。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

新規造形の頭部をアップで。アンテナが付いているのが、カスタムの特徴です。

また、フェイスパーツにはクリアグリーンのパーツが使用されています。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式ですが、合わせ目はモールド(段)位置になっています。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

胴体も前後はめ込み式で、こちらは上部から側面にかけて合わせ目が出ます。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

上半身は、前後左右と柔軟に動きます。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

新規造形のショルダーアーマーは、上部と側面に合わせ目があります。

肩はボールジョイント接続で、ある程度前後に可動します。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

肩から下は、通常ジェノアスと同じです。

前後に合わせ目が出ます。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

手首はスナップするぞ!

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

バックパックに変更はありません。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

腰部はサイドアーマーのみ可動します。

底面には、スタンド用の3mm穴が空いています。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

脚部は、付け根の基部フレームにしか合わせ目がありません。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

足首パーツが大きく傾くので、接地性が優秀です。

ただ、足裏には大きな肉抜きがあります。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

「ウルフ、ジェノアスカスタム、出るぜ!」

ジェノアスカスタム、出撃!

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

ジェノアスカスタムの特徴であるビームスプレーガンIIIBは、銃口下にコンバットナイフを取り付ける事ができます。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

ビームスプレーガンIIIBをぶっ放すジェノアスカスタム!

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

斬!

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

コンバットナイフは取り外し、手に持たせる事ができます。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

斬りかかるジェノアスカスタム!

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

マーカーショットも付属します。

こちらは設定色がベージュなので、要塗装部分です。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

「どうした、どうしたぁ!?狙いが甘いぞ!」

マーカーショットを撃ちまくるウルフ!

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

「見てるだけじゃ、戦いには勝てないぜ!」

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

シールドは通常ジェノアスと同じ造形ですが、表面に貼る「ウルフのパーソナルマーク」シールが付属します。

内側には、ヒートスティックがマウントされています。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

ヒートスティックを引き抜くジェノアスカスタム!

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

ヒートスティックは2パーツ構造で、ライトグレー・ダークグレーで色分けされています。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

先端のスティックを外し、ビーム刃を取り付ければビームサーベルになります。

サーベル刃は2本付属しますが、1本は余剰となります。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

ビームサーベルを抜刀!

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

ビームスプレーガンIIIB+サーベルでパシャリ。

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

「見せてやるよ…白い狼の腕前ってヤツを」

HGジェノアスカスタムとジェノアスIIの比較ガンプラレビュー画像です

HGジェノアスII(右)と比較。

ジェノアスカスタムとジェノアスIIの本体は、色が違うだけだったりします。

付属武器は違うので、IIを再現する場合はIIが必要になる点はご注意を。

HGジェノアスカスタムとジェノアスIIの比較ガンプラレビュー画像です HGジェノアスカスタムとジェノアスIIの比較ガンプラレビュー画像です HGジェノアス系のバリエーションガンプラレビュー画像です

ジェノアスも混ぜ、ジェノアスタイプ勢揃いでディスプレイ。

HGジェノアス系のバリエーションガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG ジェノアス レビュー
【ガンプラ】HG ジェノアスII レビュー

 

ウルフ・エニアクルのモビルスーツのガンプラ比較画像です

ウルフ・エニアクルの機体HG GエグゼスHG Gバウンサーとディスプレイ。

ウルフ・エニアクルのモビルスーツのガンプラ比較画像です

【ガンプラ】HG Gエグゼス レビュー
【ガンプラ】HG Gバウンサー レビュー

 

HGジェノアスカスタムのガンプラレビュー画像です

HG ジェノアスカスタムの感想

ということでHGジェノアスカスタムのご紹介でした。

 

胴体・腕・武装に合わせ目は出るものの、その他は量が少なく(特に足)非常に組みやすい内容になっています。

成形色がほとんど白なので、スミ入れでだいぶ引き締まると思われますぞ。

マーカーショットは丸々色分けされていないため、ご注意を。

 

以上、「HG ジェノアスカスタム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る