icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG Gバウンサー レビュー

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG Gバウンサー」のガンプラレビューです。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムAGEに登場し、ウルフ・エニアクルが搭乗するGバウンサーをご紹介。

2012年発売。

ウルフ搭乗機らしい真っ白な成形色で再現されているほか、シールドに収納されているシグルブレイドは着脱可能です。

という事で、HG Gバウンサーをレビューしていきたいと思います!

HG Gバウンサー

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

ガンダムAGE-1スパローを基に、スピード重視の仕様で開発されたGバウンサー。劇中にはウルフ機しか登場していないので、ウルフ機以外のカラーリングは不明だったりします。

また、意外にもGエグゼスの系列機ではありません

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

組み立て書にはウルフさんが記載。本キットには、ウルフマークのマーキングシールは付属しません。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

ツインアイやくぼみ部分の色を補うものが中心で、量は少ないです。

色分けはかなり良好だぞ!(>ω<)

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ドッズライフル」「ビームサーベル×2」「シールド(シグルブレイドが収納)」「手首パーツ×3」

手首パーツは左右の「武器持ち手」と、左のみ「握り手」が同梱します。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

そして完成したHG Gバウンサーがこちら。

設定通り、Gエグゼスのパーツは使用されておらず完全新規の内容になっているのが特徴です。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

設定色からしてほとんど真っ白な機体というのもあり、素組みでも色分けが優秀です(*´ェ`*)

ただのっぺりとした印象になりがちなので、スミ入れ推奨モデルになっていると思います。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手足は真横まで広がります。

腕・足ともに2軸構造になっていて、最近のガンプラ目線で見ても古さを感じません。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上曲がり、ヒザ立ち可能。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

頭部の左右可動はそこまで広くはないのですが、全体的に見て可動域はかなり広いです。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。トサカ前後のセンサー部とツインアイはシールです。

ただ、シールを貼らずとも一応グリーンのパーツで色分けされていたりします。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、頭頂部と側面に合わせ目が出ます。

パーツの合いがいいので、そこまで目立ちません。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

胴体は前後はめ込み式で、上部や側面の合わせ目は段落ちモールドになっています。

胸部に一部黒いシールを使いますが、元のカラデザの恩恵で色分けがいいです。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

肩は前後に多少動きます。

ショルダーアーマーは前後はめ込み式で、上部・側面に合わせ目が出ます。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

腕部は「肩内部ブロック」「前腕部の一部」に合わせ目があります。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

バックパックや左右のバインダーにはスラスターが造形されており、スラスターカバーの開閉ギミックを搭載しています。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

腰部。リア側にはドッズライフルをマウントできます。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

脚部は「スネ」「モモ後ろ」に合わせ目があります。

関節パーツなどには合わせ目がありません。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

ヒザのパーツは微妙に開閉します。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

股関節は可動式で、底面にはスタンド用の3mm穴が空いています。

足裏はつま先付近に肉抜きあり。接地性はそこそこ優秀です。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

Gバウンサー、出撃!

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

ドッズライフルは合わせ目の出にくいパーツ構造になっていますが、一部に合わせ目あり。

甲パーツを外して持たせるため、ガッチリと保持できます。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

ドッズライフルで攻撃!

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

ヒザをついて。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像ですHG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

シールドにはシグルブレイドが搭載されていて、着脱可能。刃部分にはクリアグリーンのパーツが使われています。

シールド自体、ウルフのパーソナルマークを模した形になっているのが特徴です。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

シグルブレイドを外し、手に持たせた状態がこちら。

設定的には、ガンダムAGE-1スパローのシグルブレイドと同系統の武器になります。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

襲いかかるGバウンサー!

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

投擲!

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

両腰部はサーベルラックになっていて、ビームサーベルを取り外し

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

手に持たせる事ができます。

リデコキットのGサイフォスにはサーベル刃が同梱しないので、Gバウンサーの特徴ともいえる部分です。(一応柄は同梱します)

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

アクション!

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

美しい……。カラーリングも相まり、ヒロイックな印象を受けますね。

HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

ドッズライフル+ビームサーベルで。

HG Gエグゼスとバウンサーの比較ガンプラレビュー画像です

ウルフの前の機体、Gエグゼスと比較。

GバウンサーはGエグゼスの系列機ではなく、あくまでAGE-1スパローの機体コンセプトで開発された別機体になっています。

HG Gエグゼスとバウンサーの比較ガンプラレビュー画像です HG Gエグゼスとバウンサーの比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG Gエグゼス レビュー

 

HG GバウンサーとGサイフォスの比較ガンプラレビュー画像です

本キットのリデコキット、HG Gサイフォスと比較。

成形色のほか、「頭部」「肩部」「腰部」「武装」が変化しているのが特徴です。

HG GバウンサーとGサイフォスの比較ガンプラレビュー画像です HG GバウンサーとGサイフォスの比較ガンプラレビュー画像です HG Gバウンサーのガンプラレビュー画像です

「先読み能力だかなんだか知らねぇが!これが俺様の技量って奴だ!」

HG Gバウンサーの感想

ということでHG Gバウンサーのご紹介でした。

 

AGE時代のHGという事で、可動域や構造など今のガンプラ目線で見ても古さを感じないキットに仕上がっています。

元のカラーデザインがシンプルなおかげもありますが、色分けも超優秀。

肩とスネの合わせ目はちょい目立つので、手を加えるとしたらこのあたりだと思われます。

Gエグゼスからの流用はなく、洗練されたプロポーションで立体化されているので誰にでもオススメのガンプラに仕上がっているよ!

AGEのHGはコスパもいいし、ほんと出来がいいものが多いっす……。

 

以上、「HG Gバウンサー」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る