スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ジェノアス レビュー

HGジェノアスのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGジェノアス」のガンプラレビューです。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムAGEに登場する、ジェノアスをご紹介。

2011年発売。

頭部にはクリアブルーのパーツが使用され、少ないパーツ数ながら可動に優れたガンプラに仕上がっています。

という事で、HGジェノアスをレビューしていきたいと思います!

HG ジェノアス

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

AGE世界のジム枠、地球連邦軍の量産型MS・ジェノアスさん。

HG GUNDAM AGEシリーズの3番目に発売されています。

量産型らしく、ほんのり弱そうなデザインになっているのがたまりません……(*´ェ`*)

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

組み立て書には、ラーガン・ドレイスさんが記載。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は少なく、「ビームスプレーガン」「頭部」「肩のくぼみ部分」の色を補うものが付属します。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビームスプレーガン」「ヒートスティック」「ビームサーベル刃×2」「シールド」「平手パーツ(平手)」

サーベル刃は1本しか使わないので、1本は余剰パーツとなります。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGジェノアスがこちら。

オレンジを基調とした成形色で、装甲色の白い部分はほのかにブラウンが入った肌色のような色合いになっています。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

フェイスパーツにはクリアパーツが使われており、低価格系キットながらショボさを感じない見た目で立体化されています。

接地性も優秀で、自立性も高いぞ!

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

可動域から。

手足は水平ぐらいまで上がり、顔を上げる動作が得意です。

腰部サイドアーマーが真横まで開くため、開脚範囲はかなり広いです。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

非可動のフロントアーマーとモモが干渉するため、足を前に持っていく動作はちょい苦手です。

ただ、手足の関節は90度強曲がりヒザ立ち可能です。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

全体的に見て、標準以上の可動は誇っています。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

フェイスパーツにはクリアブルーのパーツが使用されています。

中はメカニカルな造形になっていて、シールを使うもののモールドが細かく刻まれています。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、合わせ目は出ません。

厳密に言えば後ろから見た頭頂部部分に合わせ目のようなものが出ますが、ほとんど目立ちません。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

胴体は前後はめ込み式で、上部と側面に合わせ目が出ます。

ただ、側面脇の下はモールドに見えなくもないような感じです。(設定画ではモールド無し)

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

上半身は前後左右と柔軟に動きます。

特に横へ傾ける動作に秀でており、ポーズ幅が広がります。

少ないパーツ数ながら非常に良くできた部分だぞ……(*´ェ`*)

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは前後はめ込み式で、合わせ目は段落ちモールド化されています。(ただ、設定画ではモールド無し)

細かなグレーのバーニア(アポジモーター?)は別パーツで色分け済みで、肩は前後に多少動きます。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

腕は、前後のほぼ一直線に合わせ目が出ます。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

手首付近は、独立してスナップ可動します。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

シンプルなバックパックがこちら。

リアアーマーは固定式ですが、後ろ方向への足可動に影響はありません。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

腰部をアップで。フロントアーマーも固定式ですが、サイドアーマーは大きく開きます。

股下には、スタンド用の3mm穴が空いています。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

脚部の合わせ目は少なく、足の基部部分にしかありません。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

関節フレームにも合わせ目は無し。

ただ、足裏のつま先付近には目立つ肉抜きがあります。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

ジェノアス、出撃!

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

ビームスプレーガンがこちら。

ジェノアスの基本装備で、銃口下のセンサーはホイルシールで色を補います。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

戦場に降下するジェノアス!

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

作戦開始。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

ビームスプレーガンで攻撃!

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

特に上半身の可動に優れているため、柔軟なポーズ付けが可能だよ……(*´ェ`*)

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

手を添えて。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

振り返り撃ち!

ハンドパーツは左のみ平手が付属します。本キットのリデコキットであるジェノアスカスタムには平手パーツが同梱しないので、地味に売り部分だったりします。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

シールド裏側には、ヒートスティックが収納されています。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

ジェノアス、ヒートスティックを装備!

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

ヒートスティックは2パーツ構造で、「ライトグレー」「ダークグレー」で色分け済みです。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

先端のスティック部分をビーム刃に交換すれば、ビームサーベルになります。

サーベル刃は2本付属しますが、ジェノアスでは1本しか使用しません。

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

こちらを睨みつけるジェノアス!

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

ビームスプレーガン+ビームサーベルでパシャリ。

HGガフランのガンプラレビュー画像です

ガフランと交戦!

HGガフランのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG ガフラン レビュー

 

HGジェノアス系のバリエーションガンプラレビュー画像です

ジェノアス系のガンプラ、「HGジェノアスカスタム」「HGジェノアスII」とディスプレイ。

全て本キットのリデコキットとなります。

HGジェノアス系のバリエーションガンプラレビュー画像です

今回のジェノアスのみ形状違いが多いです。ジェノアスカスタムとジェノアスIIの本体は「同じ形の成形色違い」で、共通ランナーが多いです。

HGジェノアス系のバリエーションガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG ジェノアスII レビュー

 

HGジェノアスのガンプラレビュー画像です

HG ジェノアスの感想

ということでHGジェノアスのご紹介でした。

 

フロントアーマーとモモが干渉するため足を上げる動作こそ苦手なものの、全体的に見て可動域は広いです。

少ないパーツ数でこの可動を実現しているというのが、素直にスゴイと思うぞ……(*_*)

元のカラーデザインからしてシンプルというのもありますが、色分けも良好です。

パーツ分割による合わせ目位置の都合上、本来モールドのないところが段落ちモールドになっていますが、素組み派モデラーさんにとってはプラスポイントかもしれません。(逆に原作超再現派モデラーさんはパテ埋めの必要アリ)

価格が1,320円(税10%込)という事で、実売だと1,000円ぐらいでゲットできる事からコスパに秀でた量産系ガンプラだと思うよ!

 

以上、「HG ジェノアス」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る