iconicon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ジン ハイマニューバ レビュー

ジンハイマニューバの画像ですレビュー

今回は「HG ジン ハイマニューバ」のガンプラレビューです。

ジンハイマニューバの画像です

「機動戦士ガンダムSEED MSV」に登場し、ドクターことミハイル・コーストが搭乗したジン ハイマニューバ。

2004年に発売されたHGジンのバリエーションキットの一つですが、他のジンタイプと比べても追加パーツの多いキットに仕上がっています。

という事で、HGジン ハイマニューバを今のガンプラ基準で見るとどうか、じっくり見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG ジン ハイマニューバ

ジンハイマニューバの画像です

という事で完成したHGジン ハイマニューバがこちら。

今回は合わせ目を消して、缶スプレーによる塗装で仕上げました。

※HGジン ハイマニューバ2型のレビューはこちら↓

【ガンプラ】HG ジン ハイマニューバ2型 レビュー

 

ジンハイマニューバの画像です

機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY』でお馴染みジン・ハイマニューバ。

先述した通り、モビルジンのバリエーションキットの中でも追加装甲やメインスラスターなど、新規パーツが多いキットになっています。

ジンハイマニューバの画像です

こちらが後にミーティアのプロトタイプになったメインスラスター。

SEEDって機体系譜の設定細かくていいよね……(*´ェ`*)

ジンハイマニューバの画像です ジンハイマニューバの画像です

カラーリングはホワイト+ライトグリーンの配色になっています。

装甲緑部分の設定色がガンダムスプレーのMSグリーンまんまなので、塗装初挑戦のモデラーさんにはうってつけのガンプラになっていると思いますぞ……。

ジンハイマニューバの可動域の画像です

今回のジンは足関節にホビージャパンのガンダムSEEDカスタムキットを使っています。
※左手の握り手も使用

可動域が広がるのでおすすめだよ!

ジンハイマニューバの可動域の画像です

手脚、上半身の回転範囲など可動域は今のガンプラ基準で見ると狭いです。

ここは2004年発売のキットという事で致し方ない部分(*´ェ`*)

ジンハイマニューバの頭部の画像です

頭部は左右分割式で真ん中から合わせ目あり、モノアイはシールで補います。(このあたりはHGジン共通)

ジンハイマニューバの顔の画像です

トサカの形状が他タイプのジンより大型に変更されています。

ジンハイマニューバのデカールの画像です

右肩部にはザフト軍のマーキングシールが付属。

フチぎりぎりでカットして貼ったのだけど目立ちます……w

ジンハイマニューバのデカールの画像です

左肩にはパイロットのミハイル・コーストのパーソナルマーク、「神の手」のマーキングシールが付属。

アストレイマニアにはたまらないですねぇ……。

ジンハイマニューバの胴体装甲の画像です

胴体、腰部をアップで。

各所に白い追加装甲が追加されているのがわかります。

各部オレンジの◎は要塗装です。

ジンハイマニューバの脚の画像です

こちらも新規の脚部スラスター。

ジンハイマニューバの脚の画像です

バーニア内のオレンジは要塗装です。(綺麗に塗れてないけど)

ジンハイマニューバのウイングの画像です

そしてこちらが「通常のジンから変更された加速・旋回性能に優れたメインスラスター」。

ミーティアスラスターの元になった、という設定です。

ジンハイマニューバのウシング可動の画像ですジンハイマニューバのウイング可動の画像です

後方へ展開します。

スラスター内部(本体部分)は合わせ目があり、色分けも甘いのでご注意。

ジンハイマニューバのJDP2-MMX22 試製27mm機甲突撃銃の画像です

武器はハイマニューバ特有のJDP2-MMX22試製27mm機甲突撃銃を装備しています。

もちろん新規造形です。

JDP2-MMX22 試製27mm機甲突撃銃の画像です

先端に差し込まれている重斬刀は分離可能です。

ジンハイマニューバの画像です

他のジンと同じくアクションベース用の穴が空いていないので、挟み込みタイプのスタンド等が必要です。

ジンハイマニューバの画像ですジンハイマニューバの画像です

「消毒してやろう」

名言を吐くミハイル・コースト!w

ジンハイマニューバの画像です

「この私の指揮する部隊に勝てると思うな!!」

ジンハイマニューバの画像です ジンハイマニューバの画像です

う~んカッコイイですなぁ……。ジンマニアにはたまらないぞ……。

ジンハイマニューバの画像です HGガンダムアストレイブルーフレームセカンドLとジン・ハイマニューバのガンプラレビュー画像です

サーペントテールのガンダムアストレイブルーフレームセカンドLと遭遇!

HGガンダムアストレイブルーフレームセカンドLとジン・ハイマニューバの比較ガンプラレビュー画像です

HGアストレイブルーフレームセカンドLは2013年に発売と比較的新しいキットになります。

2004年発売のHGジンハイマニューバとは9年の開きがありますが、ちゃんと作れば負けない気がするぞ(*´ェ`*)

HGガンダムアストレイブルーフレームセカンドLとジン・ハイマニューバの比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG ガンダムアストレイブルーフレーム セカンドL レビュー

 

ジンハイマニューバの画像ですジンハイマニューバの画像です

「生き残りは私だけか…何が精鋭部隊だ使えん奴らめ!!」

ネームドパイロットには弱いドクター・ミハイルさん。

HGジンハイマニューバの感想

ということでHG ジン ハイマニューバのご紹介でした。

 

10年以上前のキットという事で全身合わせ目があり色が足りない部分も多く、可動もホビージャパンのガンダムSEEDカスタムキット使ってもあまり良くないという古いキットになります。(使わないよりは良いけど)

 

今のガンプラ基準で見てしまうと素組みでは満足いかないかもしれませんが、合わせ目を消して塗装するなどガッツリ作ってあげれば今の目で見てもかっこいいと思います。

造形が良くできたキットはこういう点がいいよね……(*´ェ`*)

 

補足ですが「神の手」を模した左肩のパーソナルマークを貼らなければラウ・ル・クルーゼ機も再現できます。
※機動戦士ガンダムSEEDスペシャルエディションではヴェサリウスの格納庫にチラッと登場。

 

あとこのハイマニューバ、先述した通り装甲緑部分の設定色がガンダムスプレーのMSグリーンでいけるのでこれから塗装に初挑戦するモデラーさんにもかなりオススメです。

ガンダムスプレーのMSグリーンはHGUC量産型ザクの他にHGUCスタークジェガン、HGUCジェガンD型、1/144 ガンイージの装甲色でも使えるので一個買っておくと色々便利です。

 

私は今はエアブラシを使っていますが当時このスプレーにはかなりお世話になりました。

エアブラシか筆塗り塗装する場合は公式カラーセットもあり。

 

以上、「HG ジン ハイマニューバ」のガンプラレビューでした!

 

ジン ハイマニューバが登場するSEEDコミックはこちら

本マンガ登場のカナード・パルスはキラ・ヤマトの失敗作という設定なのですが、ゲームでもキラの声優・保志総一朗さんが声をあてられているので演技の違いが面白いです。

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HG ジン ハイマニューバ』の在庫を見る