スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
iconiconicon
icon

【ガンプラ】HG ガンダムアスタロトオリジン レビュー

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGガンダムアスタロトオリジン」のガンプラレビューです。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ月鋼より、ガンダム・アスタロトオリジンをご紹介。

2016年発売。

γガンマナノラミネートソードスレッジハンマーショットガンといった多彩な武装が付属し、腰部ラックへ懸架する事ができます。

肩部装甲とブースター尾翼を展開し、飛行形態にも切り替え可能。

という事で、HGガンダムアスタロトオリジンをレビューしていきたいと思います!

HG ガンダムアスタロトオリジン

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

ギャラルホルンの一家門であるウォーレン家が代々受け継いできたアスタロトの本来の姿である、ガンダムアスタロトオリジンさん。

何気に、先に発売されたHGガンダムアスタロトとの共通パーツはありません。(ガンダム・フレームもアスタロトでは1、オリジンでは4)

「本来の姿」である外装や、多彩な武装が付属します。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

肘やふくらはぎに貼るものや、ウォーレン家の家紋シールなどが付属します。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「γガンマナノラミネートソード」「スレッジハンマー」「ラック」「ショットガン」「手首パーツ×3」

武装もアスタロトから一新されており、腰部側面のラックに懸架できるよう変化しています。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGガンダムアスタロトオリジンがこちら。

スタンダードなカラーリングのオリジンと比べ、成形色がド派手な赤に変更されているほかシンメトリーなデザインに変化しました。

ガンダム・フレームは、4が使われています。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

いかがでしょうか……。アスタロト本来の姿という事で、武装てんこ盛りで強そうなガンダムに仕上がっていますね(*_*)

シリーズ共通、そこまでパーツ数は多くないものの高可動かつ高プロポーション、そして安いとプレイバリューの高い内容になっています。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、腕は水平以上上がり真横まで開脚します。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度ほど曲がり、少し無理は出ますがヒザ立ち可能です。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

全体的に見て、可動域は広いです。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。新規造形で、鬼のように突き出た白いツノや尖った頬、口などが特徴です。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。頭部ガンダム・フレームは左右はめ込み式で、頭頂部から後頭部にかけて合わせ目が出ます。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

胸部中央には、ウォーレン家の家紋シールを貼ります。ちなみに、設定的にガンダムウヴァルと同じ形状の装甲パーツになっています。

側面のガンダム・フレーム部分には少し合わせ目あり。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは前後はめ込み式で、上部に合わせ目が出ます。

肩はボールジョイント接続により、前後に大きく可動します。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

肩部装甲は上下左右に可動。こちらにもウォーレン家のシールを貼ります。(モールドは無し)

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

腕部は前腕部前後に合わせ目が出ます。こちらもウヴァルと共通の形状です。

肘付近のグレーは全面シールで色を補うのですが、角張った面に貼るため塗装推奨箇所といったところ。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

右腕のみ、γガンマナノラミネートソードを接続するためのジョイントパーツを装備しています。(ギミックは後ほど)

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

腰部。リアアーマー中央はグレーで要塗装ですが、今回のアスタロトオリジンは設定色からしてシンプルなため色分けは思ったほど悪くないです。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

ボリュームのある脚部。モモの白いラインはシールです。

合わせ目は少ないですが、ふくらはぎ付近の装甲には合わせ目アリです。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

また、ふくらはぎのスラスター基部はぐるりとグレーのシールを貼ります。

足裏はつま先付近に肉抜きあり。ガンダム・フレームの恩恵で、接地性が高いです。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

股間軸は可動式で、底面にはスタンド用の3mm穴が空いています。

細かな事を言えば、↑中央も合わせ目かもしれません。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

背部ユニットは、上げる事ができます。(飛行形態時に可動)

ここは、ちょこちょこと合わせ目が出ます。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

アップで。スラスターは別パーツで色分けされていますが、ライトグレーの突起部分はホイルシールで色を補います。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

ガンダムアスタロトオリジン、出撃!

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

ラックには「スレッジハンマーγガンマナノラミネートソード(上)」「ショットガン(下)」が懸架されており、着脱可能です。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

ショットガンはモナカ構造で、合わせ目が出ます。

持たせる用の、角度付き手首パーツが右手分のみ付属します。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

ショットガンを掲げるアスタロトオリジン!

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

やば、これだけで既にかっこいいっす……!(>ω<;)

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

スレッジハンマーを持たせてみます。こちらも合わせ目あり。

↑枠のように、γガンマナノラミネートソードとジョイントパーツを接続して保持させます。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

スレッジハンマーを構えるアスタロトオリジン!

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

また、スレッジハンマーはさやの役目も果たしており、中に収納されているγガンマナノラミネートソードを引き抜く事ができます。

スレッジハンマーの合わせ目を消す際、接着剤が中に盛られてしまうと収納しにくくなります。

合わせ目消しをする際はご注意を!(今回微妙に消してみたので、↑では出し入れが少しキツくなってしまいました)

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

アスタロトオリジン、γガンマナノラミネートソードを抜刀!

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

γガンマナノラミネートソードはレッド1色1パーツ構造ですが、設定色でも赤一色のため塗装無しでOKです。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

斬りかかるアスタロトオリジン!

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

さやに見立てたスレッジハンマーを持つ事もできるので、ポーズに表情が出るぞ……(*´ェ`*)

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

肩部装甲やブースター尾翼を展開させれば、

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

飛行形態の完成です。シンプルなギミックですが、よくできた部分。

補足情報ですが、この肩部装甲まわりには多少合わせ目が出るのでご注意を。

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

後ろから見ても情報量が多くてかっこいいですね。

HGガンダムアスタロトとアスタロトオリジンの比較ガンプラレビュー画像です

HGガンダムアスタロトと比較。

アスタロトでは、アシンメトリーなデザインになっているのが特徴です。

HGガンダムアスタロトとアスタロトオリジンの比較ガンプラレビュー画像です

武装もアスタロトでは「ライフル」「ナイフ」「デモリッション・ナイフ」、オリジンでは「γガンマナノラミネートソード/スレッジハンマー」「ショットガン」と変化しています。

HGガンダムアスタロトとアスタロトオリジンの比較ガンプラレビュー画像です

アップで比較。アスタロトオリジンはアスタロトというより、設定的にもウヴァル要素の方が強いです。

HGガンダムアスタロトとアスタロトオリジンの比較ガンプラレビュー画像です

HGガンダムアスタロトのレビューでは2016年12月号増刊ガンダムエース付録の「210mm対物ライフル」「パイルバンカーシールド」「各種ジョイントパーツ」も紹介しているので、こちらの記事もあわせてどうぞ↓

【ガンプラ】HG ガンダムアスタロト レビュー

 

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼のガンプラ画像です

鉄血のオルフェンズ 月鋼のガンプラ勢揃いでパシャリ。

【ガンプラ】HG ガンダムダンタリオン レビュー
【ガンプラ】HG ガンダムウヴァル レビュー
【ガンプラ】HG ガンダムグレモリー レビュー

 

HGガンダムアスタロトオリジンのガンプラレビュー画像です

HG ガンダムアスタロトオリジンの感想

ということでHGガンダムアスタロトオリジンのご紹介でした。

 

特徴的なカラーリングに加え、肩部装甲や多彩な武装が付属するためプレイバリューの高いガンプラに仕上がっています。

既にHGガンダムアスタロトを組んだモデラーさんでも流用無しかつ変化ポイントが多いので、満足度は高いと思いますぞ。(むしろウヴァル要素の方が強いです)

肘やバックパックなど一部色の足りないところはありますが、全体的に見て色分けは良好な部類だと思います。価格も1,540円(税10%込)という事で、実売だともっと安い事から誰にでもオススメな品質で間違いないでしょう。

惜しむべきは、本レビュー投稿時ではしばらく再販されていないためべらぼうな価格になっている点でしょうか……(*_*;)

再販タイミングさえ合えば、即買い推奨だよ!

 

以上、「HG ガンダムアスタロトオリジン」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る