icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ガンダムアスタロト レビュー

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGガンダムアスタロト」のガンプラレビューです。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ月鋼に登場し、アルミ・ミラージが搭乗するガンダムアスタロトをご紹介。

2016年発売。

ガンダムフレームを使用し、左右非対称の特徴的な姿が再現されています。

また、本体各所には3mm径のダボ穴が空いておりカスタム性の高いガンプラに仕上がっています。

という事で、HGガンダムアスタロトを「別売りガンダムエース付録の210mm対物ライフルパイルバンカーシールド」を装備させた状態を含めてレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG ガンダムアスタロト

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

本来の装備を失い、装甲がバラバラにされたガンダムアスタロト。

組み立て書にはパイロットである「機械式の義手」を持つアルミ・ミラージが記載されています。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

低価格系鉄血キットという事で、色はちょこちょこと足りません。シールが付属しないところもあります。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「デモリッション・ナイフ」「デモリッション・ナイフマウント用ジョイントパーツ」「アスタロト用ライフル」「腕部サブナックル」「仕込みナイフ」

手首パーツは左右の武器持ち手のみとなります。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGガンダムアスタロトがこちら。

バルバトスなどと比べスタンダードなデザインになっているものの、装甲が失われたという設定らしく左右非対称な継ぎ接ぎデザインになっています。

メカニックデザイナーの形部氏らしいセンスがたまらないぞ……(*´ェ`*)

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

かなりの良スタイルで立体化されていますね。

ちなみにガンダムフレームは、バルバトスなどと同じ1が使用されています。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

今回は少しだけ合わせ目を消してありますが、合わせ目箇所は画像にて解説していきますぞ。

それでは各部細かく見ていきます!

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

ガンダムフレームの恩恵で、手足は大きく上がります。

接地性がエグい事になっていますw

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

ヒザ立ちは多少無理が出るものの、手足の関節は90度以上曲がります。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。全体的に見て可動域はかなり優秀です。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。「ツインアイ」「額のセンサー部レッド」はホイルシールで色を補うものの、口周辺や側面の赤いパーツは細かく色分けされています。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

アンテナ先端には安全フラッグあり。頭部本体の黒いパーツは左右はめ込み式で、後頭部に合わせ目が出ます。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

鉄血系らしく、胸部外装はモールドが細かくダクトは色分けされています。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

合わせ目は「露出したフレーム部」「胸部側面の外装」に出ます。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

肩アーマー、腕は左右非対称になっています。

ちなみに左側はスピナ・ロディのデザインだったりします。またマニアックどころきたな……(*´ェ`*;)

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

肩はボールジョイント接続で、前後に可動します。

右肩は前後はめ込み式で、上部・側面に合わせ目が出ます。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

右肩と右腕は二の腕以外のほぼ全外装に合わせ目が出ます。

肘の丸い部分はグレーで要塗装です。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

スピナ・ロディの左腕にも合わせ目あり。

肩パーツは2パーツ構造ですが合わせ目の出ない構造になっています。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

左腕にはサブナックルを装備。百錬の腰アーマーのデザインです。

穴が二箇所空いており、

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

好きな方に取り付ける事ができます。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

3本指のマニピュレーターはそれぞれ可動します。

親指だけボールジョイント接続です。モールドも細かいですね。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

腰側面のブーストアーマーは上下・前後に可動し、邪魔にならないよう良く動きます。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

カバーパーツは開閉します。

ただ、シンプルな1色モナカ成形になっていて側面には合わせ目が出ます。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

脚部もアシンメトリーなデザイン。くぼみ部分など細かな色は足りないですが、合わせ目無し構造です。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

めちゃめちゃ組みやすいぞ……!

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きはなく、細かなモールドが刻まれています。

股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

バックパックとリアアーマーには3mm穴が空いており、拡張性が高い作り。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

ガンダムアスタロト、出撃!

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

アスタロト用に整備されていたライフルから。

2パーツモナカ構造で合わせ目が出ます。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

ライフルで攻撃するアスタロト!

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

ぐりぐり動くぞ……(*´ェ`*)

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

サブナックルで攻撃!

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

カッケェ!(>ω<;)

指を折り畳めるのがいい感じ。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

ナイフは1パーツ成形です。

設定的にはブーストアーマー(腰左右のアーマー)に仕込まれていますが、取り出し・収納ギミックはオミットされています。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

ギロリ。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

デモリッション・ナイフを装備させてみます。

バックパックにマウントさせる場合は↑のジョイントパーツを使用します。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

刃とグリップ部分は展開可能です。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

重さで手首パーツが垂れ落ちてきますが、サブナックルのマニピュレーターが補助になってくれます。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

あとは右手でグリップをつかめば……

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

安定してデモリッション・ナイフを構える事ができます。

……めちゃめちゃ長いぞ!(>ω<)

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

敵を叩き潰すアスタロト!

 

210mm対物ライフル&パイルバンカーシールド

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

ここからは別売り、2016年12月号増刊ガンダムエース付録のガンダム・アスタロト用武器を見ていきます。

この付録には「210mm対物ライフル」「パイルバンカーシールド」「各種ジョイントパーツ」が同梱します。

※こちらも少し合わせ目を消していますが、ほぼ全てに合わせ目が出ると思ってくださいまし

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

210mm対物ライフルを装備させる場合、腰側面のブーストアーマーを外しジョイントパーツを噛ませて取り付けます。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

長いっす……(*´ェ`*)

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動します。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

ガンダムアスタロト、210mm対物ライフルを装備!

やり方が悪いだけかもですが、雑誌の組み立て書通りの位置では構えづらかったのでジョイントパーツの角度を変えています。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

モノポッドは展開可能です。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

寝かせて構えさせてみた。

うむ……ポージング難易度高ぇ!w(>ω<;)←わたしが下手なだけ説アリ

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

お次はパイルバンカーシールドを装備。

アスタロト用なだけあり、サイズがジャストフィットしガッチリと持たせる事ができます。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

飛びかかるアスタロト!

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

パイル部分は引き出す事ができます。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

パイルを撃ち込むアスタロト!

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

パイルバンカーシールドを背部にマウントできるジョイントパーツも付属します。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

武器てんこ盛りで。

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

劇中同様、HGガンダムウヴァルに持たせる事もできます。

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

「……たわむれにもならんな」

ガンダムウヴァルと対決!

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

「壊しても文句言うなよ!!」

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

HGガンダムウヴァルと全身を比較。

【ガンプラ】HG ガンダムウヴァル レビュー

 

HGガンダムアスタロトのガンプラレビュー画像です

HG ガンダムアスタロトの感想

ということでHGガンダムアスタロトのご紹介でした。

 

腰左右のブーストアーマーが自由に動くため可動の邪魔にならず、ガンダムフレームの恩恵もあって可動域はかなり広いです。

色の足りない箇所はちょこちょこあるので、できたら部分塗装推奨キットといった感じ。

売りはモビルスーツの全高を超す長さのデモリッション・ナイフの展開ギミックで、サブナックルのマニピュレーターが補助になり持たせやすいのでストレスフリーでポージング可能でした。

ガンダムエース付録の「210mm対物ライフル」「パイルバンカーシールド」はあったほうがベターだと思いますが、今の時代中古で買う必要があるので安いのを見つけたらゲットしてみてくださいね。

 

以上、「HG ガンダムアスタロト」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る