iconicon
icon
icon

【ガンプラ】HG ガンダムウヴァル レビュー

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HG ガンダムウヴァル」のガンプラレビューです。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ月鋼に登場し、ロザーリオ・レオーネとサンポ・ハクリが搭乗したガンダムウヴァルをご紹介。

2017年発売。

マイニングハンマーグレイブスパイクシールドなど特徴的な武器が付属します。

という事で、外伝系のガンダムフレーム・HGガンダムウヴァルのレビューいってみます!

スポンサーリンク

HG ガンダムウヴァル

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

外伝漫画「鉄血のオルフェンズ月鋼」で、アスタロトの敵となるガンダムウヴァルさん。

パッケージには……

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

悪そうなオッサンが描かれているぞ!w

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

このオッサンは「複合企業タントテンポ」の銀行部門頭取まで上り詰めた、元海賊のロザーリオ・レオーネさんになります。

簡単に言うと月鋼の敵キャラだぞ!

※ウヴァルは1巻の後半で登場

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

ホイルシールは主に、スパイクシールド(右肩のシールド)の表面と裏側を補うものが付属します。

その他は、カカトやふくらはぎのスラスター部分に使用します。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「マイニングハンマー」「グレイブ」「ラウンドシールド」「スパイクシールド」「ハンドパーツ×3」「マイニングハンマー用ジョイントパーツ」

右手のみ角度付きの武器持ち手が付属します。(甲パーツは交換式)

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGガンダムウヴァルがこちら。

本体装甲はHGガンダムアスタロトオリジンと共通パーツが多く、ガンダムフレームは4が使用されています。

主に「頭部」「真っ黒な装甲成形色」「巨大な武器類」がウヴァルの特徴といったところです。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

アシンメトリー(左右非対称)のデザインが冴えますね。

改造派モデラーさんは、2体買ってニコイチすれば左右対称にできます。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

ガンダムフレームの恩恵で可動域は広いです。

右肩のスパイクシールドが基部で回転し、肩可動の妨げにならないような構造。

膝も綺麗に曲がり、上半身も360度回転します。

腰回りに邪魔する部分が無いため、柔軟に動いてくれます。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

頭部。各部赤いセンサー部分はシールで補います。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

4つ目っぽいセンサーが非常にかっこよく、ご覧の通りアップで見ても形状・モールドが細かく見栄えがいいです(*´ェ`*)

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

頭頂部トサカと後頭部に合わせ目が出ます。

ただこのウヴァル、装甲が全身真っ黒なためほとんど合わせ目は目立ちません。

よ~く見れば見つかる感じ。(合わせ目を探すのに苦労しましたw)

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

胸のダクト内ホワイトも色分け済みです。

鉄血本編では無かった、ブラックとパープルの機体色が特徴的ですね。

襟前部などのモールドも非常に細かいです。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

上と横から見た合わせ目箇所がこちら。

頭部・肩・胴体フレーム・バックパック、とそれなりに合わせ目が出ます。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

右肩のスパイクシールドはシールを多用します。

表面(ガンメタル調)と裏側(パープル)部分が全てシールになるため、下地が黒いというのもあり塗装派モデラーさんは一番手がかかりそうな部分。

シールド自体は回転する上、肩の基部パーツが可動し上下に角度をつける事もできます。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

右腕は前腕部前後に合わせ目が出ます。

肘のパープル部分はシールで補いますが、貼らない場合こちらにも合わせ目アリ。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

左は肩・腕ともに右側とは形状が違います。

↑に合わせ目、デザイン的にはフレームがむき出しの細い腕になっています。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

腰部。股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴あり。

※厳密に言えば穴付近に合わせ目あり

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

脚部はほとんど合わせ目が出ない構造ですが、こちらも左右で形状が違います。

※細かく言えばふくらはぎのフレームに合わせ目アリ

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

左脚の方が装甲が多く、ふくらはぎにはスラスターを装備しています。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

スラスター基部はグレー(ガンメタル調)のシールを使用。

曲面に貼るため、見栄えが少し悪くなります。

つま先は可動、足裏に肉抜きは無く複数の穴が開口されています。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

脚の前後可動はこのぐらい。良く動きます。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

バックパックの取り付け位置は2箇所あり、通常の↑位置と

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

バックパックを倒せる位置のどちらかで接続します。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

ポーズに合わせて切り替え可能だぞ!

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

ラウンドシールドはシンプルな3パーツ構成です。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

左手に持たせた後、手首付近を挟む事によりガッチリとホールドできます。

それでは武器を持たせ、アクションポーズいってみます!

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

まずはマイニングハンマーから。

設定的には採掘用の技術を武装に転用させた武器になります。

シンプルな2パーツ構造で合わせ目が出ます。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

ガンダムウヴァル、マイニングハンマーを装備!

ハンマーは思ったほど重くないですが、ポーズによっては腕が垂れ落ちてくる事があります。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

ただ、ウヴァル本体の接地性・自立性が高いおかげでハンマーを持たせても自立は安定するぞ!

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

敵を叩き潰すガンダムウヴァル!

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

浮かせてディスプレイ。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

情報量が多いので、後ろから見てもかっこいいですね。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像ですHGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

強そうで悪そうなデザイン!(>ω<)

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

右手のみ角度付きのハンドパーツが付属します。

甲パーツは左右1つずつしか付属しないため、交換して再現します。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

角度付きで。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

また、専用のジョイントパーツをサイドアーマーに取り付ければ

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

マイニングハンマーを腰にマウント出来ます。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

次はモビルスーツの全長を超す双頭の薙刀、グレイヴを装備させてみます。

1色1パーツ成形。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

ジャキッ!グレイヴを構えるガンダムウヴァル!

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

マウント状態のマイニングハンマーと。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

マイニングハンマーに戻して。どちらの武器も迫力があるな……。

HGガンダムウヴァルのガンプラレビュー画像です

HG ガンダムウヴァルの感想

ということでHG ガンダムウヴァルのご紹介でした。

 

鉄血プラモ後期にリリースされたというのもあり、形状・可動ともにクオリティの高いガンプラに仕上がっていました。

元々のカラーデザインがシンプルなおかげで色分けもそこそこ優秀ですが、右肩のスパイクアーマーはほとんどシールで補う事になるのでそこだけご注意を。

 

話は逸れますが、2019年発売予定のGジェネ最新作「SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ」(PlayStation4/Nintendo Switch/STEAM)のPV内にて、ウヴァルもバッチリ出ていました。

PS4/NSW/STEAM『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』第1弾PV

月鋼のストーリーも収録されているようなので、まだ漫画読んでいない方はこっちでストーリー確認するのも手だと思いますぞ!(>ω<)

外伝キャラが喋るっていうのと、「G-UNIT」「アストレイ」「00F」のストーリーも追えるっていうのが熱いよね……。

 

以上、「HG ガンダムウヴァル」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る