icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ガンダムFSD レビュー

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ガンダムFSD」のガンプラレビューです。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN MSDにて設定された、ガンダムFSDをご紹介。

2018年発売。

コミック「ククルス・ドアンの島」で登場したガンダムFSDですが北米戦仕様が丸々入っている(シール以外)うえ、FSDの新規造形パーツが付属します。

という事で、HGガンダムFSDをじっくりとレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGガンダムFSD

ガンダムFSDのボックスアートの画像です

設定的には局地型ガンダムの改良型で、機体名称のFSDとは全規模開発(=Full-Scale Development)の頭文字から取られています。

FSDと北米戦仕様の違い

・北米戦仕様との形状的な違いは「胸部」と「サイドアーマー

・FSDには新規でガトリング・ガン」と「大型シールド」が付属する

FSDの余剰パーツで「北米戦仕様」、または色違いの「局地型ガンダム」も組める
※北米戦仕様に付いていた通常シールドのマーキングシールは付属せず

FSDは北米戦仕様のほぼ完全版といった内容になるため、今から局地型ガンダム(北米戦仕様)を買うならこのFSDを買った方がお得な感じです。

ガンダムFSDの組み立て書の画像です ククルス・ドアンの島の画像です

ボックス側面には「ククルス・ドアンの島」の解説。

ガンダムFSDのマーキングシールとシールの画像です

付属のマーキングシールは「HG局地型ガンダム(北米戦仕様)」に付属するものとは別のものが付属します。

ガンダムFSDの付属品一覧画像です

付属品一覧がこちら。

※「MS用マシンガン」「ショルダーキャノン」「シールド」「大型シールド」「ビーム・サーベル×3(+エフェクトパーツ×2)」「ガトリング・ガン」「各種ジョイントパーツ」

ガンダムFSDの余剰パーツの画像です

HG局地型ガンダムの余剰パーツが出ます。

※写真以外にも余剰パーツあり

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

まずは「素組みにスミ入れだけした状態」からご紹介。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

FSDの追加武装は「ガトリング・ガン」と「大型シールド」になります。

マーキングシールを貼っていない状態のガンダムFSDですが、これもこれでかっこいいですね。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

合わせ目はそこそこあり、最近のキットにしてはゲートの太い部分があります。

ストレート組み派にはちょっと残念ポイントかもしれません。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像ですガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

こちらが次はマーキングシールを貼った状態。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

オレンジのラインが暗めの装甲と相性が良いですね。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

腰のドラムマガジンから伸びている給弾式ベルトがいい感じ。

やっぱこういう泥臭い装備ってかっこいいよね……。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

戦争初期にジャブローでこんなガンダムが数機うろついていたって、ジャブローまじ怖いんですけど

ガンダムFSDの塗装箇所の画像です

パーツによる色分けは優秀ですが、上記箇所は色分けされていないので要塗装箇所となります。

※「手の基部」「ヒザ下」「アンクルガード上」

ガンダムFSDの部分塗装後の画像です

なんか厚塗りになっちゃっいましたが、早く完成させたいのでビャビャッと塗ってみましたw

※筆で「Mr.カラーGXクールホワイト」原液塗り→乾燥後「Mr.カラーのヘンプ」と「Mr.カラーのニュートラルグレー」を混ぜたカラー(キットの成形色と同じ色を再現)を塗装

はみ出たところをデザインナイフで削ぎ落とし、塗装面のテカりを無くす意味合いも込めてつや消しスプレーでツヤを無くしました。

ガンダムFSDのウェザリングの画像です

今回はそれに加え「南米ジャブローで実戦投入された」という設定を活かし、タミヤのウェザリングマスター A(サンド)ウェザリングスティック(マッド)で土汚れを表現してみました。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

ウェザリング後がこちら。

ヤスリがけやゲート処理すらやっていないのですが、ここまで良くなるのはさすが最新オリジンキットといった感じですね。
※シールド側面だけゲート跡とパーティングラインが激しかったので処理しました

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

無改造・無ヤスリでここまで見た目が良くなるので、ヤスリとかもうかける気しねぇ!←駄目モデラー

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

ウェザリングするとゲート跡とか合わせ目が目立たなくなる気がする←駄目発言

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

タレ目ぎみな胸のダクトもFSDの特徴となります。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像ですガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます。

ガンダムFSDの可動域の画像です

可動域はHG局地型ガンダムと同じで、関節は90度以上曲がり手脚も広がりますが、上半身は回転しません。(そこそこまわります)

必要十分には動いてくれます。

ガンダムFSDの頭部の画像です

バイザーはクリアレッドのパーツが使用されており、奥のツインアイがうっすらと見えます。

側面には合わせ目が出ます。

※合わせ目箇所やより詳しい可動域はHG局地型ガンダムの記事に画像付きで解説してあります。

こちらも併せてどうぞ↓

【ガンプラ】HG 局地型ガンダム レビュー

 

ガンダムFSDの胴体の画像です

ダクトまわりの胸部の形状が、FSDの新規パーツとなります。

ガンダムFSDのマーキングシールの画像です

マーキングシールのフォントがミリタリーっぽくて非常にかっこいいです。

ガンダムFSDのマーキングシールの画像です

各部マーキングシールのサイズ感が丁度良く、量は多いものの貼る事自体は簡単でした。

ガンダムFSDのマーキングシールの画像です

股間中央のV字マークはシールが付属します。

でっぱった部分ですがシールのサイズ感が良く、違和感が出ない作りになっています。

ガンダムFSDを下から見た画像です

股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴あり。

足裏には肉抜きがありません。

ガンダムFSDのランドセルの画像です

ランドセルの3基のスラスターは下3つが可動します。

このあたりは北米戦仕様と同じです。

ガンダムFSDのビームサーベルの画像です

ビーム・サーベルの柄は左腕に1つ、ランドセルに2つマウントされています。

ガンダムFSDがビームサーベルを掴んでいる画像です ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

ガンダムFSD、ビーム・サーベル抜刀!

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

ビームエフェクトパーツは長めのタイプが2つ付属します。

ガンダムFSDのビームトンファーの画像です

左腕の外側にはビーム・サーベルの柄が2つマウントでき、更にビーム・トンファーのような状態にもできます。

ガンダムFSDのビームトンファーの画像です

この1年戦争のモビルスーツとは思えないツワモノ臭よ……。

ガンダムFSDのビームトンファーの画像ですガンダムFSDのMS用マシンガンの画像です

こちらはMS用マシンガン

HG局地型ガンダムから付属する武器です。

設定的には八州重工製で、陸戦型ガンダムの前身となった武器(100mmマシンガン)との事。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

MS用マシンガンで攻撃するFSD!

ガンダムFSDのMS用マシンガンフォアグリップの画像です

フォアグリップは可動し、

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

両手で構える事ができます。また、

ガンダムFSDのMS用マシンガンのストックの画像です

上部のストックは後方へ倒れます。

射撃の安定性を上げる事ができるという設定です。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

この縦長のマシンガンデザインがツボっす……(>ω<)

ガンダムFSDの武器マウントの画像です

MS用マシンガンは専用のアタッチメントパーツを使い、ランドセルにマウント可能です。

左右どちらでもOKです。

ガンダムFSDのガトリング・ガンの画像です

次はガトリング・ガン

パーツによる色分けが優秀かつ合わせ目が出ない設計になっています。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

小型ドラムマガジンを装着した状態のほか、

ガンダムFSDのベルト給弾式の画像です

小型ドラムマガジンを外し、ベルト給弾式に変える事もできます。

腰のドラムマガジンから伸びているベルトを、ガトリング・ガンに接続させる感じです。

ベルト部分は形状が記憶されやすい素材で、ポロリもなくストレスフリーです。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

ベルト給弾式ってあたりが泥臭くてむせるわ……(>ω<;)

ガンダムFSDのショルダーキャノンの画像です

ショルダーキャノンを装備させてみます。

こちらは北米戦仕様に付属していたものと同じです。

ガンダムFSDのショルダーキャノンの可動域の画像です

ショルダーキャノンは前方へ可動します。

ガンダムFSDのショルダーキャノン銃口の画像です

合わせ目が出るうえ、銃口部分は開口されていないため気になるモデラーさんは要加工といったところ。

ガンダムFSDのシールドの画像です

シールドを装備させてみます。

まずは北米戦仕様(+局地)にも付属していたタイプから。

バイポッドとして立たせる事ができます。

ちなみに、このシールド用のマーキングシールは付属しません。

ガンダムFSDのシールドマウント方法の画像です

専用アタッチメントパーツを使い、ランドセルに取り付ける事ができます。

ガンダムFSDのシールドの画像です

左腕に装備。シールド裏にはビーム・サーベルの柄を2本装着させます。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

FSD悪そうでまじかっこいいっす……。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です ガンダムFSDのビームトンファーの画像です

ちなみに、シールド裏のビーム・サーベルの柄の向きを逆向きに装着すると、

ガンダムFSDのビームトンファーの画像です

シールド先端からビーム・サーベルを展開させる風なポージングも可能です。

ガンダムFSDのビームトンファーの画像です

こんなん遭遇したらザクじゃ歯がたたないでしょ……。

ガンダムFSDの大型シールドの画像です

それではこのFSD最大の特徴とも言える大型シールドを装備させてみます。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

角ばったデザインが非常にかっこいいっす。

ガンダムFSDの大型シールドの折りたたみ方法の画像です

折りたたみ、小型化する事もできます。

ガンダムFSDの大型シールドを折りたたんだ状態の画像です

作戦行動に合わせて切り替えるとの事です。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

ガンダムFSD、フル装備!

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

ランドセルに通常シールドを背負わせ、てんこ盛り状態にさせてみました。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像ですガンダムFSDのガンプラレビュー画像です ガンダムFSDのガンプラレビュー画像ですガンダムエース付録試作型ロングレンジ・ビームライフルのガンプラレビュー画像です

ガンダムエースの2018年6月号に付属の試作型ロングレンジ・ビーム・ライフルを持たせてみました。

FSDが劇中でも装備する武器なので、プレミア価格になる前でのゲットがオススメです。

【ガンダムエース付録】試作型ロングレンジ・ビーム・ライフル レビュー

 

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

オリジンのガンダム系ガンプラでディスプレイ。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です ヘビーガンダムと局地型ガンダムとガンダムFSDの画像です

【ガンプラ】HG 局地型ガンダム レビュー
【ガンプラ改造】HG ヘビーガンダム イングリッド0専用機【ジョニー・ライデンの帰還】

 

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

HG ガンダムFSDの感想

ということでHGガンダムFSDのご紹介でした。

(今回作るのと撮影するのが楽しくてかなり長い記事になってしまった……(>ω<;))

 

まず合わせ目ですが、ざっくり説明すると

ガンダムFSDの合わせ目箇所の画像ですガンダムFSDの武器の合わせ目箇所の画像です

↑部分に出ます。

最近のキットにしては合わせ目の量が多いです。(最近のキットが少なすぎるだけかもですが)

 

余剰パーツで「局地型ガンダム(北米戦仕様)」「色違いの局地型ガンダム」も組めるため、ほぼ局地系の完全版といっていい内容になっています。

という事で、まだ局地型ガンダムを買っていないモデラーさんはこのFSDを選ぶのがオススメです。

より細かな可動域や合わせ目箇所は、ベースキットとなるHG局地型ガンダムの記事で詳しく解説しています。

こちらも併せてどうぞ!

【ガンプラ】HG 局地型ガンダム レビュー

 

以上、「HG ガンダムFSD」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 新品の在庫を見る
>> 中古の在庫を見る