【ガンプラ】HG ガンダムFSD レビュー

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HG ガンダムFSD」のガンプラレビューです。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN MSD」で設定され、コミック「ククルス・ドアンの島」で登場したガンダムFSD。

局地型ガンダムの改良型で、機体名称のFSDとは全規模開発(=Full-Scale Development)の頭文字から取られています。

ガンダムFSDのボックスアートの画像です

量産化を前提に再設計され、各装備と機器の強化・改修が行われたガンダムFSDを今回はいつもより写真多めでガッツリとレビューしていきたいと思います!

HG ガンダムFSD

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

とりあえず「素組みにスミ入れだけした状態」からご紹介。※マーキングシールを貼った状態は後述

まずは内容物を見ていきましょう。

ガンダムFSDの組み立て書の画像です ククルス・ドアンの島の画像です

ボックスのサイドには「ククルス・ドアンの島」の解説。

ところでこの「ガンダムFSD」と「北米戦仕様」の違いが気になる方も多いと思うので、簡潔に説明を。

……てか似てるのでメチャメチャ分かり辛いですよねw

FSDと北米戦仕様の違い

・北米戦仕様との形状的な違いは「胸部」と「サイドアーマー

・FSDには新規でガトリング・ガン」と「大型シールド」が付属する

FSDの余剰パーツで「北米戦仕様」、または色違いの「局地型ガンダム」も組める
※北米戦仕様に付いていた通常シールドのマーキングシールは付属せず

・つまり、ほぼ完全版となります

 

という事で今から局地型ガンダム(北米戦仕様)を買うなら、このFSDを買った方がお得です。

ガンダムFSDのマーキングシールとシールの画像です

付属のマーキングシールは「HG局地型ガンダム(北米戦仕様)」に付属するものとは別物です。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

マーキングシールを貼っていない状態のガンダムFSDですが、これもこれでかっこいい気がしますね。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

合わせ目はそこそこあり、最近のキットにしてはゲートの太い部分アリ。

パチ組み派はちょっと残念ポイントかもしれません。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

次はマーキングシールを貼った状態を見ていきます。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

一気に印象が変わりました。

貼らない状態も良かったけど、やっぱシール貼ってナンボのモビルスーツかもしれないですね。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

暗い装甲にオレンジとホワイトのマーキングは相性が最高だと思います。

FSDの追加武装である「ガトリング・ガン」と「大型シールド」も派手でめっちゃかっこいいじゃないか。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

腰のドラムマガジンから伸びている給弾式ベルトがいいわ。

やっぱこういう泥臭い装備ってかっこいいよね……。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

戦争初期にジャブローでこんなガンダムが数機うろついていたって、ジャブローまじ怖いんですけど

ガンダムFSDの塗装箇所の画像です

パーツによる色分けは優秀ですが、上記箇所は色分けされていないので要塗装箇所となります。

※「手の基部」「ヒザ下」「アンクルガード上」

ガンダムFSDの部分塗装後の画像です

なんか厚塗りになっちゃってるけど、早く完成させたいのでビャビャッと塗ってみた。

※筆で「Mr.カラーGXクールホワイト」原液塗り→乾燥後「Mr.カラーのヘンプ」と「Mr.カラーのニュートラルグレー」を混ぜたカラー(キットの成形色と同じ色を再現)を塗装

はみ出たところをデザインナイフで削ぎ落とし、塗装面のテカりを無くす意味合いも込めてつや消しスプレーでツヤを無くしました

ガンダムFSDのウェザリングの画像です

今回はそれに加え「南米ジャブローで実戦投入された」という設定を活かし、タミヤのウェザリングマスター A(サンド)ウェザリングスティック(マッド)で土汚れを表現してみました。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

で、完成させたのがコレになります。

改造していないのはもちろん、「ヤスリ」や「ゲート処理」もやっていないのですが、ここまでかっこよくなるのはさすが最新のオリジンキットといったところ。
※シールドのサイド部分だけゲート跡とパーティングラインが激しかったので処理しました

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

ひゃ~かっこいい!(自画自賛

無改造・無ヤスリでここまで見た目が良くなるので、ヤスリとかもうかける気しねぇ!(駄目モデラー

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

ウェザリングするとゲート跡とか合わせ目が目立たなくなる気がする(駄目発言

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

FSD特有のタレ目ぎみなエアインテークがイイ感じですね。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像ですガンダムFSDの改造前と改造後の比較画像です

処理前と処理後の比較をば。

ぶっちゃけこのキット、左上のパチ組みオンリーでも普通にかっこいいと思います。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

手を加えるとすればつや消しスプレーだけで印象が変わるので是非。

どうせならUVカットの↓がオススメ。

ガンダムFSDのシールド比較画像です

シールドを比較。今回は線香で被弾処理をしてみました(雑だけど)

ガンダムFSDの脚部の比較画像です

脚部比較。

ガンダムFSDを下から見た画像です

股下にはいつものアクションベース用の穴があり、嬉しい事に足裏には肉抜きがありません。

同日発売のガンダムダブルオーダイバーよりお高いだけの事はあります。

ガンダムFSDの可動域の画像です

可動機はこんな感じで必要十分に動いてくれます。

ガンダムFSDの頭部の画像です

クリアレッドのパーツの下から見えるツインアイがイカす。

付属のマーキングシールでは写真の通りフチが目立つので、こだわり派のモデラーさんは水転写デカールを使用した方がいいかもしれません。

ガンダムFSDの胴体の画像です

エアインテークまわりの胸部の形状が、FSDの新規パーツとなります。

ガンダムFSDのマーキングシールの画像です

マーキングシールのフォントがミリタリーっぽくて非常にかっこいいです。

ガンダムFSDのマーキングシールの画像です

シールを貼るのは時間がかかりましたが、各部マーキングシールのサイズ感が丁度良いので貼る事自体は簡単でした。

ガンダムFSDのマーキングシールの画像です

中央のV字マークは付属のシールを使っています。

でっぱった部分なのに、ここもシールのサイズ感が素晴らしくシールだとわからない感じになっています。

ガンダムFSDのランドセルの画像です

ランドセルのバーニアは下3つが可動、ここは北米戦仕様と全く同じです。

ガンダムFSDの付属品一覧画像です

ガンダムFSDの全付属品になります。

それでは一つ一つ解説していきます。

ガンダムFSDのビームサーベルの画像です

ビームサーベルの柄は3つ付属します。

ガンダムFSDがビームサーベルを掴んでいる画像です ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

ビームサーベル抜刀。

FSDの「渋いカラーリング」と「ビームサーベルのクリアレッド」の相性がものすごく合っている気がする。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

ビームエフェクトパーツは最近付属する事の多い長めのものが2つ付属します。

ガンダムFSDのビームトンファーの画像です

左腕の外側にはビームサーベルの柄が2つマウントできるので、ビームトンファーのような状態にもできたりします。

ガンダムFSDのビームトンファーの画像です

この1年戦争のモビルスーツとは思えないツワモノ臭よ……。

ガンダムFSDのビームトンファーの画像ですガンダムFSDのMS用マシンガンの画像です

お次はMS用マシンガンを装備させてみます。

八州重工製で、陸戦型ガンダムの前身となった武器、という設定。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です ガンダムFSDのMS用マシンガンサイドグリップの画像です

サイドグリップは可動するので両手で構える事が可能です。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です ガンダムFSDのMS用マシンガンのストックの画像です

上部には100mmマシンガンのようなストック。

この部分は可動するので後ろに倒し、射撃の安定性を上げる事ができます。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

この縦長のマシンガンデザインがめっちゃかっこいいと思う。

他機体だとガンダム7号機のライフルも縦長で好きなんですよね。

ガンダムFSDの武器マウントの画像です

MS用マシンガンは専用のアタッチメントパーツを使い、ランドセルにマウント可能です。

左右どちらでもOK。

ガンダムFSDのガトリング・ガンの画像です

お次はガトリング・ガン

パーツによる色分けが優秀かつ合わせ目が出ない設計になっています。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

上記写真は小型ドラムマガジンを装着した状態になります。

選択式で小型ドラムマガジンを外し、ベルト給弾式に変更する事が可能です。

ガンダムFSDのベルト給弾式の画像です

腰のドラムマガジンから伸びているベルトを腕のガトリング・ガンに取り付けます。

ベルト部分は形状が記憶されやすい素材でポロリもなくストレスフリーでした。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

ベルト給弾式ってあたりが泥臭くてむせるわ。超かっこいいです。

ガンダムFSDのショルダーキャノンの画像です

北米戦仕様にも付属していたショルダーキャノンを装備させてみます。

ガンダムFSDのショルダーキャノンの可動域の画像です

ショルダーキャノンは前方へ傾けることが可能。

ガンダムFSDのショルダーキャノン銃口の画像です

左右でばっつり合わせ目が入る上、銃口部分に穴が空いていないので気になる方はピンバイス等で穴をあける加工が必要です。

ガンダムFSDのシールドの画像です

2種類あるシールドですが、まずは北米戦仕様にも付属していたシールドを装備させてみます。

陸戦型ガンダムのシールドに繋がるデザインになっていて立たせて設置できます。

このシールド用のマーキングシールは付属しませんでした。

ガンダムFSDのシールドマウント方法の画像です

ランドセルへは専用アタッチメントパーツを使いマウントする事が可能です。

ガンダムFSDのシールドの画像です

左腕に装備。シールド裏にはビームサーベルの柄を2本装着させます。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

FSD悪そうでまじかっこいいっす……。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です ガンダムFSDのビームトンファーの画像です

ちなみにシールド裏ビームサーベルの柄の向きを逆方向に装着すると、

ガンダムFSDのビームトンファーの画像です

シールド先端からビームサーベルを展開させる事ができます。

ガンダムFSDのビームトンファーの画像です

こんなん遭遇したらザクじゃ歯がたたないでしょ……。

ガンダムFSDの大型シールドの画像です

それではこのFSD最大の特徴とも言える大型シールドを装備させてみます。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

角ばったデザインが非常にかっこいいですね。

ガンダムFSDの大型シールドの折りたたみ方法の画像です

大型シールドを折りたたみ小型化する事も可能です。

ガンダムFSDの大型シールドを折りたたんだ状態の画像です

作戦行動に合わせて小型化できる、という設定。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

ガンダムFSD、フル装備。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

ランドセルに通常シールドを背負わせて更にフル装備にしてみました。

ガンダムFSDのガンプラレビュー画像ですガンダムFSDのガンプラレビュー画像です ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です ガンダムFSDのガンプラレビュー画像です

HG ガンダムFSDの感想

今回作るのと撮影するのが楽しくて、かなり長い記事になってしまいましたw

 

最近のガンプラは素組みでも十分かっこいいので、ここ最近はサクッと組んで終わらす事が多かったのですが、このFSDは汚し表現が似合いそうな機体だったので久々に時間をかけてガッツリと作ってみました。(休日丸一日使った感じ)

ヤスリ、ゲート処理、合わせ目消ししたら一週間ぐらいかかったかも。

 

完璧に作ろうと思うモデラーさんは以下の箇所が合わせ目になるのでご参考までに。

ガンダムFSDの合わせ目箇所の画像ですガンダムFSDの武器の合わせ目箇所の画像です

最近のキットにしては合わせ目の量が多いです。(最近のキットが少なすぎるだけかもですが)

 

先述した通り、余剰パーツで「局地型ガンダム(北米戦仕様)」「色違いの局地型ガンダム」にも組めます。

ガンダムFSDの余剰パーツの画像です

※写真以外にも余剰パーツありました

という事で、まだ局地型ガンダムを買っていないモデラーさんはこのFSDを選ぶのがオススメです。

 

今回使ったツール↓

 

総評としては各部関節のテンションが丁度よいおかげでカッチリとポージングができ、ポロリする箇所もなし。

合わせ目部分がそこそこあり色の足りない部分があるものの、今までの局地型ガンダム系キットに付属する豊富な武装が全部付属するプレイバリューの高い完全版キットになっていると思います。

ミリタリー臭のするデザインが好きな方なら非常に満足する出来だと思う。

 

プレバンのHGヘビーガンダムも早く組みたい……(*´ェ`*)

 

ガンダムエースの2018年6月号にはこのガンダムFSDが劇中で装備する「試作型ロングレンジ・ビーム・ライフル」のガンプラが付属するので要チェックです。

ガンダムエース付録試作型ロングレンジ・ビームライフルのガンプラレビュー画像です

試作型ロングレンジ・ビーム・ライフルのレビューは↓

【ガンダムエース付録】試作型ロングレンジ・ビーム・ライフル レビュー

 

その他のオリジン系レビューはこちら↓

機動戦士ガンダムTHE ORIGINのカテゴリー画像です

 

以上、「HG ガンダムFSD」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『新品 1/144 HG RX-78-01[FSD] ガンダムFSD』の在庫を見る
『中古 1/144 HG RX-78-01[FSD] ガンダムFSD』の在庫を見る