icon
icon
icon

【ガンプラ】HG 局地型ガンダム レビュー

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HG 局地型ガンダム」のガンプラレビューです。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN MSDにて設定された、局地型ガンダムをご紹介。

2016年発売。

オリジンシリーズでは初のガンダムタイプのHGで、バイザーはクリアパーツで再現されています。

という事で、HG局地型ガンダムをガンダムFSDやヘビーガンダムとの比較画像を含めレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG 局地型ガンダム

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

系譜的には、この局地型ガンダムから陸戦型ガンダムアクア・ジム水中型ガンダムへ繋がるという元祖的な機体になります(*´ェ`*)

ガンプラ的にはこのキットを皮切りに、北米戦仕様・FSD・ヘビーガンダムと発売されていく事になりました。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は少なく、センサーまわりや股間のV字を補うもののみ付属します。

元々のカラーデザインがシンプルというのもあり、色分けは良好です。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

多彩なマーキングシールも付属します。

この局地型ガンダム、完全ストレート組みでは少し物足りなくなるのでマーキングシールやスミ入れなどはした方が良さげなガンプラだと思います(*´ェ`*)

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「MS用マシンガン」「シールド」「ビーム・サーベル×2」「ハンドパーツ×3」

内容は至ってシンプルです。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHG局地型ガンダムがこちら。

小顔でスリムな、現代風ガンダムといった感じのプロポーションに仕上がっています。

今回は完全ストレート組み+付属のマーキングシールを貼ってサクッとフィニッシュさせました。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部のバイザーがヘビーガンダム的だったり武装が陸戦型ガンダム的だったり、随所に他のガンダムの雰囲気を感じるデザインになっています。

白を基調とした装甲色はファーストガンダムも彷彿とさせますね。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、腕は水平以上上がり開脚範囲も広いです。

手足の関節も90度以上曲がります。

ただ上半身は回転せず、そこそこ動くといった感じ。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部。バルカンは要塗装で、防塵・閃光防御用のバイザーはクリアレッドのパーツが使われています。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

バイザーをアップで。

下のツインアイが透けて見えるのがかっこいいぞ……!(>ω<)

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で頭頂部・側面に合わせ目が出ます。

ちなみに、組み立て書の作例では合わせ目扱いでしたがボックスアートではモールドになっていました。(頭部以外でもこういう箇所アリ)

※以降も、一応組み立て書基準で解説していきます

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体の色分けは完璧で、側面の合わせ目は段落ちモールド化されています。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

上半身は前後・左右と柔軟に可動。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

肩も前後に可動します。

胴体上の合わせ目は組み立て書や手持ちの資料・ネット画像を確認したのですが、合わせ目かモールドか明記してある画像が見つかりませんでした。

という事でコミック『ククルス・ドアンの島』の局地北米戦仕様を確認したところ、漫画基準では合わせ目でした。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

腕は肘に合わせ目が出ます。

厳密に言えば肩・肩内部パーツ・関節部分にも出ますが、肘以外はほとんど目立たない感じ。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

左腕のみ、ビーム・サーベルを2本マウントできます。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

内部ポリキャップが引き出るため、大きく腕が上がります。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

こちらが洋上試験用のハイドロジェット推進器搭載のランドセル。

局地型ガンダムの特徴の一つになります。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

フロント・サイドアーマーは大きく広がります。

股間のV字はシールで補うものの、サイズがぴったりで違和感は出ませんでした。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いてます。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部は、アンクルガード一部と関節パーツに合わせ目が出ます。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

脚の付け根球体パーツとスネにも合わせ目アリ。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

アンクルガードは脚部パーツと一体化されています。(のちにHGヘビーガンダムで別パーツ化されました)

足裏に肉抜きはありません。

シーリング処理された関節パーツが特徴的だぞ……(*´ェ`*)

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

脚の付け根はスイングギミックを搭載しており、前後に大きく可動します。

それでは武器を持たせ、アクションポーズいってみます!

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルを構える局地型ガンダム。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

サーベル・エフェクトパーツともに2本付属するため、二刀流も可能です。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

襲いかかる局地型ガンダム!

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

腕にサーベルをマウントしたままでも、サーベル刃を取り付け可能です。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

一年戦争初期にこんなの現れたらジオン兵びびるよね……(*_*;)

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

陸戦型ガンダムを彷彿とさせるシールドを装備させてみます。

シールドを装備する場合はサーベルをシールド先端内側へ取り付けます。

シールド自体は基部で360度ロール回転。

マーキングシールがかっこいいっす(>ω<)

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

こちらがMS用マシンガン

銃持ち手は右手のみ付属します。

100mmマシンガンを彷彿とさせるデザインになっています。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

戦場に現れる局地型ガンダム!

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

バランスが良く、スタンド未使用でも↑のようなポーズをとらせる事ができます。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

両手で構える事もできます。

ファーストっぽい(>ω<)

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

シールドはバイポッド(二脚銃架)としても設置できます。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

MS用マシンガン+サーベルで。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

シールドのサーベルを逆位置に取り付ければ、

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

こんな状態にする事もできます。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

オリジンシリーズのガンプラで比較。

※中央:「HGガンダムFSD(+試作型ロングレンジ・ビーム・ライフル)」
※右:「HGヘビーガンダム イングリッド0専用機(塗装済)」

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

FSDはガンダムエース付録のロングレンジ・ビーム・ライフルを追加で装備させています。

HG局地型ガンダムのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG ガンダムFSD レビュー
【ガンプラ】HG ヘビーガンダム レビュー【プレバン】
【ガンプラ改造】HG ヘビーガンダム イングリッド0専用機【ジョニー・ライデンの帰還】

 

HG 局地型ガンダムの感想

ということでHG 局地型ガンダムのご紹介でした。

 

ランドセルの形状など、まさに試作機!といったデザインがたまらないガンプラに仕上がっていると思います。

オリジン系HG・最初のガンダムタイプという事で、後発の北米戦仕様やFSD・ヘビーガンダムより付属武器が少なくすぐに組み上がるため、気軽にサクッと作れるのが長所かと思いますぞ!

 

以上、「HG 局地型ガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る