Amazon 特価セール中 [5/19 13:40時点]
[54%OFF] ねこぶそう3 舟盛り
[50%OFF] HG ガーンズバックVer.IV(アグレッサー部隊機)
[49%OFF] HG はいぱーギャン子
[49%OFF] 1/12 ストームトルーパー・エクセキューショナー
[49%OFF] ねこぶそう2 並盛り
[48%OFF] 董卓ザク&部隊兵(董卓軍)
[47%OFF] MG ダブルオーライザー
[46%OFF] VFG マクロスデルタ VF-31J ジークフリード Ver.1.3
[45%OFF] 1/100 グレイズ (一般機/指揮官機)
[44%OFF] メガミデバイス Chaos & Pretty ウィッチ
[44%OFF] HG すーぱーふみな
[44%OFF] 1/6 ストームトルーパー
[43%OFF] 1/60 レーバテイン リパッケージVer.
[43%OFF] メガミデバイス マジカルガール DARKNESS
[40%OFF] HGUC ガンダムGP03S ステイメン
[39%OFF] RG エールストライクガンダム
[39%OFF] RG アストレイレッドフレーム
[39%OFF] HGダブルオースカイ ハイヤーザンスカイフェイズ
[38%OFF] MG ストライクフリーダムガンダム フルバーストモード
[38%OFF] MG ウイングガンダムプロトゼロEW
[38%OFF] HGUC アッガイ
[37%OFF] MG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ
[37%OFF] RG フルアーマー・ユニコーンガンダム
[37%OFF] HGUC Hi-νガンダム
[37%OFF] HGUC リゼルC型 ディフェンサーbユニット/ゼネラル・レビル配備機
[37%OFF] HGUC ザクI
[37%OFF] HGUC シャア専用ゲルググ
[36%OFF] HGUC シャア専用ザクII
Amazon 特価セール中 [5/19 13:40時点]
[54%OFF] ねこぶそう3 舟盛り
[50%OFF] HG ガーンズバックVer.IV(アグレッサー部隊機)
[49%OFF] HG はいぱーギャン子
[49%OFF] 1/12 ストームトルーパー・エクセキューショナー
[49%OFF] ねこぶそう2 並盛り
[48%OFF] 董卓ザク&部隊兵(董卓軍)
[47%OFF] MG ダブルオーライザー
[46%OFF] VFG マクロスデルタ VF-31J ジークフリード Ver.1.3
[45%OFF] 1/100 グレイズ (一般機/指揮官機)
[44%OFF] メガミデバイス Chaos & Pretty ウィッチ
[44%OFF] HG すーぱーふみな
[44%OFF] 1/6 ストームトルーパー
[43%OFF] 1/60 レーバテイン リパッケージVer.
[43%OFF] メガミデバイス マジカルガール DARKNESS
[40%OFF] HGUC ガンダムGP03S ステイメン
[39%OFF] RG エールストライクガンダム
[39%OFF] RG アストレイレッドフレーム
[39%OFF] HGダブルオースカイ ハイヤーザンスカイフェイズ
[38%OFF] MG ストライクフリーダムガンダム フルバーストモード
[38%OFF] MG ウイングガンダムプロトゼロEW
[38%OFF] HGUC アッガイ
[37%OFF] MG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ
[37%OFF] RG フルアーマー・ユニコーンガンダム
[37%OFF] HGUC Hi-νガンダム
[37%OFF] HGUC リゼルC型 ディフェンサーbユニット/ゼネラル・レビル配備機
[37%OFF] HGUC ザクI
[37%OFF] HGUC シャア専用ゲルググ
[36%OFF] HGUC シャア専用ザクII

icon
icon
icon

【ガンプラ】HG 陸戦型ガンダムS型(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)レビュー

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HG 陸戦型ガンダムS型(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)」のガンプラレビューです。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム サンダーボルトに登場する、陸戦型ガンダムS型をご紹介。

2017年発売。

ビーム・ジャベリンの先端は特徴的な形状のクリアパーツで再現。

サブアームを差し替え、フル装備状態も再現できるガンプラに仕上がっています。

という事で、HG陸戦型ガンダムS型(サンダーボルト版)をじっくりとレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG 陸戦型ガンダムS型(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

S型の名前の由来は、強襲揚陸艦スパルタンに配備された事からS(スパルタンの頭文字)型と名付けられています。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

ホイルシールのほか、多彩なマーキングシールが付属。

シールは主に、額の連邦マークや黄色い部分を補うものが付属します。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビーム・ライフル」「ビーム・ジャベリン」「ビーム・サーベル×2(+ビームエフェクトパーツ×2)」「ハンドパーツ×7」「シールド」「差し替え用サブアーム」

先端が特徴的なクリアピンクのパーツになっているビーム・ジャベリンと、多彩なハンドパーツが同梱する点が特徴です。

ハンドパーツは「握り手・武器持ち手・ライフル持ち手が左右分」「ビーム・ジャベリン用のハンドパーツが右手のみ」付属します。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

この陸戦型ガンダムS型はHGジム(サンダーボルト版)のバリエーションキットになっているため、ジムの余剰パーツがかなり出ます。

ジムヘッドや脚部、ランドセル等が余るのですが、パーツが足りない箇所が多く完全に使えるのはシールドのみとなります。

※シールドのジョイントパーツはジムタイプのものが付属しますがS型と互換性アリ

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

そして完成したHG陸戦型ガンダムS型がこちら。

サンボルのキットらしくパーツ数は多めで、ディテールも細い大人向けのガンプラに仕上がっているぞ……(*´ェ`*)

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

V字アンテナが無いガンダムヘッドというのが面白いです。

成形色は深みのある色になっており、特にイエロー部分などは暗めで渋みのある色で再現されています。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

今回は同梱するマーキングシールを全て貼ってみましたが、特に赤いマーキングが映え貼る前に比べ遥かにかっこよくなった気がします(>ω<)

それでは細かく見ていきます!

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

可動機は広く、手脚は水平以上広がり膝立ちも綺麗に決まります。

上半身も360度回転します。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

特徴的な頭部。頭頂部のアンテナは非常に細いため破損にはご注意を!(>ω<)

センサー・額の連邦マーク・目・口はシールで補います。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

アップで。連邦マークと口がシールなのは残念ですが、シールの下はモールドが造形されています。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、頭頂部・側面に合わせ目が出ます。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

胴体側面の合わせ目に見える部分は、組み立て書作例を見る限りモールド扱いでOKでした。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

胸のダクトは黄色いパーツだけで2パーツ使われています。

枠・表面で別パーツになっており、網目状のモールドも非常に細いです。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

肩は前後はめ込み式で、↑の一部に合わせ目が出ます。

また、肩装甲内部の球体パーツ(シーリング処置されたシワのあるとこ)にも合わせ目が出ます。

側面のダクトは細かくパーツ分割されています。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

腕部は二の腕と前腕部に合わせ目アリ。

このキットで一番目立つ箇所かもしれません。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

肘関節は90度以上曲がります。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

腰まわり。フロントアーマーは可動の妨げにならないよう、大きく上がります。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

股間のV字やアーマー上部の黄色い部分はシールで補います。

股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴あり。

股関節は柔軟に角度をつける事ができます。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

脚部の外装(白いパーツ)は合わせ目が出ない優秀な作り。

ただ、肩同様ここもシーリング処置された関節パーツに合わせ目が出ます。

消しにくい形状をしているのはシリーズ共通といったところ。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

脚根元の合わせ目はほとんど見えなくなります。

パーツ分割による色分けは非常に優秀です。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

特徴的な形状のスリッパ。足裏に肉抜きはありません。

アンクルガードは、合わせ目がモールドになるようなパーツ割りをしています。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

ランドセルにはビーム・サーベルを2本マウント。

また、ランドセルまわりはかなり細かくパーツ分割されています。

メカニカルな造形がめちゃめちゃカッコイイぞ……(ヨダレ

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

マーキングシールにセンスを感じます。

6基あるスラスターもバッチリ黄色で色分け済み。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

左右のサブアームは可動します。

※展開状態のサブアームは後述

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

陸戦型ガンダムS型、ビーム・サーベルを抜刀!

ビームエフェクトパーツは、長めで薄いピンクのサーベル刃が2本付属します。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像ですHG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

もちろん二刀流も可能です。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

シールドは基部で360度回転。

ジョイントパーツの形(写真右下)にもコダワリを感じますね。

シールドの裏側は色分けされていませんが、モールドは刻まれています。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

サーベル+シールドで。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルを装備させてみます。

持たせる時にハンドパーツを分解する必要は無く、上からスポットはめるだけでOKです。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルを放つ陸戦型ガンダムS型!

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像ですHG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

綺麗に膝立ちが決まるため、ポーズがガンガン決まります。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像ですHG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像ですHG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

ライフル+サーベルで。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

左の銃持ち手が付属するため、左手でライフルを構える事ができます。

サンボル系の甲パーツはデザイン的にMSハンドに変えづらい部分なので、地味に嬉しい同梱パーツです。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像ですHG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

敵陣に突っ込むS型!

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像ですHG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

ビーム・ジャベリンを装備させてみます。

右手のみ角度付きの専用ハンドパーツが付属します。

ジャベリン先端のクリアパーツは少し外れやすいです。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

ビーム・ジャベリンを構える陸戦型ガンダムS型。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

ランドセル左右のサブアームは、差し替えにより展開した状態のものに変える事が可能です。

右側にはビーム・ライフルを、左側にはシールドを取り付ける事ができます。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

フル装備状態がこちら。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

後ろからみてもカッコイイ(*´ェ`*)

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像ですHG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像ですHG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像ですHG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像ですHG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像ですHG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

余剰パーツでついてくるシールドを装備させてみます。

ジョイントパーツも付属するので、両手にシールドを装備させる事ができます。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

もちろん左手+サブアームの構成でもOK。

今回余剰パーツのシールドには連邦のシールを貼っていませんが、シールは2枚分付属します。

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

嬉しいボーナスパーツだぞ……!(>ω<)

HG陸戦型ガンダムS型の違い・比較ガンプラレビュー画像です

08MS小隊に登場するHGUC陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)と比較。

【ガンプラ】HGUC 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)レビュー【プレバン】

 

HG陸戦型ガンダムS型のガンプラレビュー画像です

HG 陸戦型ガンダムS型(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)の感想

ということでHG 陸戦型ガンダムS型(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)のご紹介でした。

 

サンボル系らしくHGシリーズながらパーツ数多めで「ここまで分割するのか」という箇所が多く、細かなディテールを求めるモデラーさんにはたまらないガンプラに仕上がっていると思います。

シーリング処置(シワの部分)された関節部に合わせ目が出るため、完璧に作るとなるとある程度のスキルが必要かもしれません。

額の連邦マークはホイルシールだと目立つため、ここは部分塗装推奨かと思います。

 

各部のマーキングですが、意外に同梱するテトロンシールも悪くありませんでした。

ただ、シールド表面の連邦文字だけはフチが目立つためコダワリ派モデラーさんは水転写のガンダムデカールを使う方がオススメです。

S型用はサンダーボルト汎用①に入っています↓

 

以上、「HG 陸戦型ガンダムS型(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 新品の在庫を見る
>> 中古の在庫を見る