スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】HGUC 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)レビュー【プレバン】

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のアイキャッチ画像ですレビュー

今回は「HGUC 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)」のガンプラレビューです。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム第08MS小隊に登場した陸戦型ガンダムの、パラシュート・パック仕様をご紹介。

プレミアム・バンダイ限定品

HGUC 210番の陸戦型ガンダムに「ジムヘッド」「パラシュート・パック」「各種武装」が同梱するセットになります。

武器はHGUC陸戦型ジムに付属する「ロケットランチャー」「ネット・ガン」、プレミアム・バンダイ限定HGUCジム・スナイパーに付属する「ミサイルランチャー」が同梱。

また、パラシュート・パックは「中央上部のブロックの蓋が別パーツ化」されていてオープニングの降下シーンも再現可能です。

という事で今回は、「どこが新規パーツか」「地上戦セットのジムヘッドとの比較」等々、複雑なキット内容をレビューしていきたいと思います!

HGUC 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のボックスアート画像です

ボックスアートには空から降下する陸戦型ガンダムが描かれています。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)の組み立て書とシールの画像です

プレバン特有、白黒の組み立て書とホイルシールが付属。

ホイルシールはパラシュート・パック仕様専用のものになっています。

メインカメラ(クリアグリーンのパーツ)はジムヘッド用の新規造形です。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)の新規造形ランナー画像です

こちらが新規造形ランナー

「パラシュート・パック」「劇中に寄せた新規造形ジム頭」部分になります。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)の武器のランナー画像です

更に、追加武器のランナーも付属します。

「HGUC陸戦型ジム」に付属する「ロケットランチャー」「ネット・ガン」と、「プレバン限定HGUCジム・スナイパー」に付属する「ミサイルランチャー」のランナー構成です。

以上のランナーが、一般販売のHGUC210 陸戦型ガンダムには付属しないパーツです。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)の付属品一覧ガンプラ画像です

こちらが付属品一覧。

※「100mmマシンガン」「ビーム・ライフル」「180mmキャノン」「ビームサーベル×2(+エフェクトパーツ×2)」「手首パーツ4種(左右武器持ち手・右の銃持ち手・左の平手)」「シールド」「コンテナ」
「ネット・ガン」「ロケットランチャー」「ミサイルランチャー」
「パラシュート・パック」「ジムヘッド」

HGUC陸戦型ジムの武器HGUCジム・スナイパーの武器が付属。

赤文字が本キットの新規造形部分です。HGUC210陸戦型ガンダムの付属品は全て同梱します。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

そしてこちらが完成したHGUC陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)。せっかくなので、今回は基本的にジムヘッド状態でご紹介していきます。

HGUC陸戦型ガンダム自体のレビューは↓でどうぞ。可動域など本体の詳しい状態を見たいモデラーさんは併せてご覧下さいまし。

【ガンプラ】HGUC 陸戦型ガンダム レビュー

 

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

新規造形のパラシュート・パックのみならず、「UCHG陸戦型ガンダム地上戦セット」には付属しない武器がついてくるのも売りだと思います。

ジムヘッドも付いているのでかなりお得感を感じるぞ……!(>ω<;)

※ロケットランチャー、ネット・ガン、ミサイルランチャーは地上戦セットには付属せず

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

パラシュート・パックの形状はボリュームがありかっこよく仕上がっていますが、一部色は足りません。

ただ、多少重心が後ろに寄るものの自立は安定します。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のジム頭の比較画像です

まずは同梱する2タイプの頭部を見ていきます。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のジムヘッドの比較画像です

この陸戦型ジムヘッド(右)は「UCHG陸戦型ガンダム地上戦セット」「HGUC陸戦型ジム」とは違う、劇中形状に寄せた新規造形の頭になります。

本キットの売りの一つといっていいですね。

旧ジムヘッドと新ジム頭の比較ガンプラ画像です

本キットの新規ジムヘッド(画像左)と、UCHG陸戦型ガンダム地上戦セットに付属するジムヘッド(画像右)で比較。

比べてみると、地上戦セットの方が少しスタイリッシュな印象を持っていますね。

旧ジムヘッドと新ジムヘッドの比較ガンプラ画像です

今回のジムヘッドは丸みを帯びており、より弱そうになった気がするぞ……w

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

1/144スケールの陸ジムヘッドは、旧HGを含めると今回で4種類目になります。

今回の頭は再現度が高い弱そうなジム顔になっており、劇中再現でいえば一番近い形になっているのではないでしょうか。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のパラシュート・パック取り付けの画像です

パラシュート・パックを見ていきます。

取り付け方は、折りたたんだ状態のコンテナ・ラック(バックパック)にそのまま接続します。

接続強度が丁度良く、ガッチリと装備できます。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のパラシュート・パックのガンプラレビュー画像です

うぅむ……かっこいいぞ……。こいつのためにプレバン品を購入したのだ……(>ω<)

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のパラシュート・パックの合わせ目のガンプラレビュー画像です

ダクトは別パーツで色分けされていますが、側面には一直線に合わせ目が出ます。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のパラシュート・パックのガンプラレビュー画像です

「下部の棒」「カバー」(白い部分)は色分けされておらず、グレーで要塗装です。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のパラシュート・パックのガンプラレビュー画像です

中央下部にある2本の黒いラインはホイルシールで色を補います。

細かい事を言えば、劇中カラーでは「スラスター外側が緑っぽいグレー」「スラスター内部はレッド」「ブルー部分はもう少し落ち着いたブルー」になっているので、原作超再現派は要塗装といったところです。

それでは早速、パラシュート降下シーンを再現してみます!

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のパラシュート・パックのガンプラレビュー画像です

降下シーン再現のためには、↑の別パーツ化されているブロック状の蓋を外します。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

陸戦型ガンダム、パラシュート・パックで降下!

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

これがやりたかったのだ……(出費大

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

それではパラシュート・パックに同梱する武装を見ていきます。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

ロケットランチャーがこちら。甲パーツを外して持たせます。

このロケットランチャーもそうですが、武器類は全てモナカ構造になっており合わせ目が発生するのでご注意を。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

グリップは可動し、安定して持たせる事が可能です。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

ジム頭、ロケットランチャーで攻撃!

ロケットランチャーはセンサー部の色分けが足りない程度で、色分けは良好です。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

ロケット・ランチャー+ビーム・サーベルで。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

お次はネット・ガン。こいつはグリーンで要塗装です。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、両手で構える事ができます。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

ネットガンを構えるジム頭!

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

これらの武器は通常の武器持ち手(人差し指を突き出していない手首パーツ)に持たせる事ができるため、左手でも装備可能です。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

お次はミサイルランチャーグリーンで要塗装となります。

ミサイルランチャーに限って言えば、合わせ目は奥まった本体部分にしか出ないためそこまで目立たないパーツ構造になっています。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

いい感じ……(*´ェ`*)

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

旧HG陸戦型ジムに付属するミサイルランチャー(左)と比較。

今回の特徴は、「大きさが小さくなっている」点と「グリップが折り畳める」点です。

多少アップグレードされていますが、旧ミサイルランチャーも良く出来ていると思います。

※旧陸戦型ジムは↓の商品

 

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

ミサイルランチャーを構えるジムヘッド!

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)とEZ-8のガンプラレビュー画像です

Ez-8とディスプレイ。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)とEZ-8のガンプラレビュー画像です 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)とEZ-8の比較ガンプラレビュー画像です

HGUC ガンダムEz-8(塗装済)と比較。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)とEZ-8の比較ガンプラレビュー画像です 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)とEZ-8のパラシュート・パックの比較ガンプラレビュー画像です

パラシュート・パックの形が違うのが特徴です。

ちなみに劇中第9話「最前線」では、陸戦型ガンダムもEz-8の装備しているパラシュート・パック(右側)を使用していたりします。

実は、今回のパラシュート・パックはOP時のパラシュート仕様です。

【ガンプラ】HGUC ガンダム Ez8 レビュー

 

HGスレイヴ・レイス(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

HGUCスレイヴ・レイス(パラシュート・パック仕様)と比較。

HGスレイヴ・レイス(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です HGスレイヴ・レイス(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC スレイヴ・レイス(パラシュート・パック仕様) レビュー【プレバン】

 

HGUC 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)の感想

という事でHGUC 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のご紹介でした。

 

武器、パラシュート・パックともに色が足りない箇所がそこそこありますが、形状自体は劇中再現度の高い素晴らしい出来栄えでした。

何より「ジムヘッド」が付属し、HGUC陸戦型ジムとHGUCジム・スナイパーに付属する武器までついてくるためプレイバリューは高いと思います。

HGUC 210陸戦型ガンダムの完全上位キットになっているので、陸ガン好きモデラーさんにはかなりオススメです!

HGUC陸戦型ガンダム本体の詳しいレビューは↓

【ガンプラ】HGUC 陸戦型ガンダム レビュー

 

以上、「HGUC 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)」のガンプラレビューでした!

icon

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る