【ガンプラ】HGUC 陸戦型ガンダム レビュー

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGUC 陸戦型ガンダム」のガンプラレビューです。

※こちら2018年に発売された最新バージョン(リニューアル版)になります

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

定価1,836円。

実に11年の時を得てリニューアルされた陸戦型ガンダムですが、「機動戦士ガンダム 第08小隊」マニアにはたまらない出来になっていました。

最新技術で進化した陸戦型ガンダムをガッツリと!レビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

HGUC 陸戦型ガンダム

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」に登場し、シロー・アマダをはじめとして08MS小隊が搭乗する陸戦型ガンダム。

今回は素組み+付属のシールを使ってササッと組んでみました。

HGUC陸戦型ガンダムのボックスアート画像ですHGUC陸戦型ガンダムのボックスアート側面の画像です

なんだこのかっこいいボックスアート。

これはむせるわ……。

HGUC陸戦型ガンダムの組み立て書の画像です

構成的には2017年に発売された「HGUC陸戦型ジム」の関節パーツに、今回の新しい「陸戦型ガンダム」のランナーが追加されたガンプラになっています。

陸戦型ジムのランナーはほぼ関節まわりだけだったので新規キットと言っても過言ではないかと思います。

HGUC陸戦型ガンダムのマーキングシールの画像です

ごく少量のシールから分かる通り、パーツ分割による色分けはかなり優秀でした。

マーキングシールは数字一式が印字されているので、一応08小隊以外としても組めます。

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

組んでいる感覚としては「HGUCブルーディスティニーEXAM系」とほぼ同じで驚くほど短時間で組み上がりました。

目立つ合わせ目や色が足りないところが少ないので素組みでも非常に見栄えが良いです。

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

陸戦型ガンダムの特徴であるでかいコンテナを背負っても自立します。

が、EXAM系と同様足の設置性はあまり良くないのでそこまで脚を広げて立たせる事はできませんでした。

そのかわり関節部分は驚くほど可動します。※後述

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

シンプルなところがすごくカッコヨイ……。

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です HGUC陸戦型ガンダムの可動域の画像です

可動域は膝立ちが楽にでき、開脚範囲が驚くほど広いです。

ふむ……確かにこの超可動を持ってしないと輝き撃ちできないもんね……(*´ェ`*)

HGUC陸戦型ガンダムの頭部の画像です

頭部は前後で合わせ目が出ます。

旧バージョンの頭部よりも劇中再現度が飛躍的に上がっていると思います。※旧版との比較は後述

これぞ陸戦型ガンダム!という頭部になっているのではないでしょうか。

HGUC陸戦型ガンダムの胴体のの画像です

胸部分は旧版と比べてイエロー部分が別パーツ化され、素組み派・塗装派どちらにも優しい仕様になりました。

※逆三角のホワイト部はシールで補います

HGUC陸戦型ガンダムの肩可動の画像です

肩はかなり前方へ持っていけるのでポーズの自由度が高いです。

HGUC陸戦型ガンダムのハンドパーツの画像です

左手のみ平手のハンドパーツが付属します。

HGUC陸戦型ガンダムのフロントアーマーの画像です

フロントアーマーのV字マーク(イエロー部分)はシールが付属。

HGUC陸戦型ガンダムのランドセルの画像です

ランドセルは左右にスラスター。

また、コンテナを背負うグミックあり。※コンテナギミックについては後述

HGUC陸戦型ガンダムのサイドアーマーとマガジン着脱式の画像です

左右のサイドアーマーには100mmマシンガン用のマガジンを着脱可能です。

マガジンは合計3つ付属するので特に取り外しする部分ではないかもしれません。

HGUC陸戦型ガンダムの脚部の画像です

脚部ですが、ふとももが1パーツなので合わせ目が出ない作りになっています。

HGUC陸戦型ガンダムのスパイクの画像です

膝のスパイクは別パーツ化されているのでパーツ分割による色分けが優秀です。

近頃のガンプラは組みやすさがドンドン上がっている気がする。

一体どこまで進化するのだろうか……(*´ェ`*)

HGUC陸戦型ガンダムの足先の可動の画像です

足先はかなり動きます。

ただ左右方面は苦手なので、最近のガンプラ基準で見てしまうと設置性はあまり良くないです。

HGUC陸戦型ガンダムの足裏の肉抜き画像です

足裏にはガッツリと肉抜きあり。

HGUC陸戦型ガンダムのシールドの画像です

シールドは上のグリップのような部分が要塗装箇所となっています。※色が足りない箇所については後述

もちろんマーキングシールは「08」を貼りました。

HGUC陸戦型ガンダムのシールドロール回転の画像です

基部でロール回転します。

シールド接続が緩い気がしたのですが実はこの部分、

HGUC陸戦型ガンダムのシールド接続のポリキャップの画像です

ちょうど合わせ目位置にポリキャップが来るのでパーツがちゃんとハマっていないとシールドが落ちやすい、というオチでした。

シールドを動かしていると自然にパーツが緩んでくるので、腕に関しては合わせ目消しをするか接着してしまった方が良さげです。

HGUC陸戦型ガンダムのシールドを突き出した画像です

陸ガンのシールドは近接戦闘用にも使えます。

HGUC陸戦型ガンダムのシールド可動の画像です

シールドは伸びるギミックがあります。

HGUC陸戦型ガンダムがシールドを更に突き出した画像ですHGUC陸戦型ガンダムの100mmマシンガンの画像です

お次は100mmマシンガン。

連邦軍の陸戦タイプおなじみの武器ですね。

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です HGUC陸戦型ガンダムの100mmマシンガンのストック可動の画像です

振動を抑え射撃精度を上げるストックは、後方へ倒せます。

HGUC陸戦型ガンダムのストックを倒した画像です HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

100mmマシンガンをぶっぱなす陸戦型ガンダム!

HGUC陸戦型ガンダムのサイドグリップの画像です

サイドグリップは可動するので両手持ちが可能です。

が、肩可動が優秀な割にけっこうキツキツな感じです。

HGUC陸戦型ガンダムのトリガー形状が無い画像です

最近のガンプラに付属する100mmマシンガンはトリガー形状が省略されている事が多いのですが、案の定このキットでもトリガー形状は省略されていました。

100mmマシンガンの画像です

現状1/144では↑の「HGUC ガンダムEz-8」に付属する100mmマシンガンが一番良い形状をしています。※地上戦セットでもOK

HGUC陸戦型ガンダムのビームライフルの画像です

ビーム・ライフルを装備。

こちらも最近のキットではトリガー形状が省略されている事が多かったのですが、驚く事に今回ビームライフルはトリガー形状・銃持ち手ともに復活していました。

EXAM2号3号にも同型のライフルが付属するのですが、そちらはトリガー形状が無かったので不評だったのかもしれません。

何はともあれこれは良い流れだぞ……!!

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

あっ……浮かれてアナザーガンダムみたいなポーズを付けてしまったぞ!

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です HGUC陸戦型ガンダムビームライフルのサイドグリップのガンプラレビュー画像です

サイドグリップによる両手持ちはビームライフルでも可能です。

HGUC陸戦型ガンダムの外れやすい銃持ち手のガンプラレビュー画像です

今回ポーズを付けていて思ったのが、銃持ち手が外れやすかった点。

個体差かもしれませんが本当にポロポロ落ちるので、塗装派のモデラーさんは

ビルダーズパーツHDMSハンド01(連邦系)のガンプラレビュー画像です

↑のビルダーズパーツのMSハンド01(連邦系)に交換した方がいいかもしれません。

ビルダーズパーツHDMSハンド01(連邦系)のガンプラレビュー画像です

別売りなだけあり、付属のハンドパーツとは比べ物にならないほど情報量が多い形状

軸付近をいじる必要があるので無改造では付きませんが、小加工でどうにかなる感じでした。

 

HGUC陸戦型ガンダムのサーベル・ラックのガンプラレビュー画像です

両脚サイドのサーベル・ラックにはビームサーベルの柄が収納されています。

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームサーベル抜刀!

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像ですHGUC陸戦型ガンダムのビームサーベル二刀流のガンプラレビュー画像です

ビームサーベルのエフェクトパーツは2本付属するので二刀流が可能です。

陸ガンのイメージからは遠い?w

HGUC陸戦型ガンダムの180mmキャノンのガンプラレビュー画像です

それではお待ちかね、180mmキャノンを装備させてみます。

HGUC陸戦型ガンダムの180mmキャノンサイドグリップのガンプラレビュー画像です

こちらも左手でグリップ持ちが可能。

それではシールドの上に180mmキャノンを乗せて撃ち込む、有名な「輝き撃ち」をやらせてみます。

ドキドキ……(*´ェ`*)

HGUC陸戦型ガンダムのサーベル裏のバイポッド(二脚架)のガンプラレビュー画像です

まずはシールド裏のバイポッド(二脚架)を倒し、

HGUC陸戦型ガンダムのシールドを立てた画像です

シールドを立てます。

HGUC陸戦型ガンダムの輝き撃ちのガンプラレビュー画像です

輝き撃ちで180mmキャノンをぶっ放す陸戦型ガンダム!

HGUC陸戦型ガンダムの輝き撃ちのガンプラレビュー画像です

OPでは一切こんなシーンがない事で有名ですが、公式でついに「シールドを立てた劇中OPの印象的なポーズも再現可能となっている!」と説明されましたw

劇中OPはシールド乗せてない上に膝もついてないんだけどね

 

ブライトさんが「弾幕薄いぞ、何やってんの!」と劇中で一度も言った事がないぐらいの誤認性。

でも、かっこよければいいのです。

この撃ち方、やっぱり超かっこいいですw

陸戦型ガンダムの本当の輝き撃ちの画像です

劇中OPを再現。

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

ふぅ……。

陸ガンと180mmキャノン、相性良過ぎか

HGUC陸戦型ガンダムのコンテナのガンプラレビュー画像です

180mmキャノンをコンテナに収納してみます。

HGUC陸戦型ガンダムの180mmキャノン分解のガンプラレビュー画像です

バラバラに分解し、

HGUC陸戦型ガンダムのコンテナ収納のガンプラレビュー画像です

台座に各パーツを立ててコンテナに収納します。

HGUC陸戦型ガンダムのコンテナのガンプラレビュー画像です

そんなに重くならないのでコンテナの影響で後ろに転倒する影響は少ないだろうと思います。

HGUC陸戦型ガンダムのコンテナマウントのガンプラレビュー画像です

ランドセルまわりのギミックはこんな感じ。

ウェポン・コンテナはポロリする事もなく丁度よいテンションで支える事ができました。

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

一休みする陸ガンさん。

HGUC陸戦型ガンダムとHGUCガンダムEz-8の比較ガンプラレビュー画像です

2013年に発売された「HGUC ガンダムEz8」(塗装・ウェザリング済)と比較。

【ガンプラ】HGUC ガンダム Ez8 レビュー

 

せっかく2体揃ったので、「三次元との戦い」を再現してみようと思います。

三次元との戦いを再現したガンプラレビュー画像です

密林地帯を抜け、最終決戦の地へ向かう08小隊……。

三次元との戦いを再現したガンプラレビュー画像です

突如撃たれる陸ガン(カレン機)!

三次元との戦いを再現したガンプラレビュー画像です

「カレン!」

三次元との戦いを再現したガンプラレビュー画像です 三次元との戦いを再現したガンプラレビュー画像です

「2対1じゃ……、ないっ!借りるぞカレン!」

三次元との戦いを再現したガンプラレビュー画像です 三次元との戦いを再現したガンプラレビュー画像です

「うぉぉぉぉぁぁぁ!!!」

HGUCグフ・フライトタイプとHGUCガンダムEz-8のガンプラレビュー画像です

無双するシロー・アマダさん。

三次元との戦いを再現したガンプラレビュー画像です 大人の事情で活躍出来なかった陸戦型ガンダム(カレン機)の画像です

※大人の事情で気絶したままのカレン・ジョシュア曹長の図

チョイスするシーン間違えた(確信犯

HGUC陸戦型ガンダム新旧ガンプラの比較画像です

2007年に発売された旧HGUCの陸戦型ガンダムと比較してみます。

HGUC陸戦型ガンダム新旧ガンプラの比較画像です

遠目で見るとあまり変化を感じないかもしれませんが、可動域は段違いです。

HGUC陸戦型ガンダム新旧ガンプラの頭部の比較画像です

そしてアップで見ると頭部の形状変化が大きいです。

自分は旧版の頭部も好きなのですが、新しい方は劇中の陸ガン再現度が高くなっているのではないでしょうか。

HGUC陸戦型ガンダム新旧ガンプラの180mmキャノンの比較画像です

180mmキャノンは気持ち銃身が伸びたような気がします。

HGUC陸戦型ガンダムとHGUCブルーディスティニー3号機EXAMの比較画像です

同じ「HGUC陸戦型ジム」フォーマットの「HGUCブルーディスティニー3号機EXAM」と比較。

頭の中ではほぼ同じだと思っていたのですが、実際に比べてみると形状のみならず成形色からして違いますね。

【ガンプラ】HGUC ブルーディスティニー3号機 EXAM レビュー

 

HGUC陸戦型ガンダムとアイナ・サハリン、シロー・アマダのフィギュア画像です

08小隊グッズでディスプレイ。

シロー・アマダは「MG ガンダムEz8」に付属していたフィギュアをシタデルカラーで塗ってみました。

HGUC陸戦型ガンダムにジム頭を付けた改造ガンプラ画像です

最後に、別売りのHG陸戦型ガンダム地上戦セットに付属しているジム頭を取り付けてみます。

HGUC陸戦型ガンダムにジム頭を付けた改造ガンプラ画像です

接続が多少きつめなものの、無改造で取り付け出来たのでHG陸戦型ガンダム地上戦セットを買えば陸戦型ガンダム(ジムヘッド・カレン機)も再現可能です。

 

HGUC 陸戦型ガンダム(新)の感想

という事で新フォーマットでリニューアルされた「HGUC 陸戦型ガンダム」のご紹介でした。

 

前作の陸戦型ガンダムからさすがに11年経ってのリリースというだけあり、ABSレスなのはもちろん合わせ目が少なく、可動域も広く仕上がっています。

 

何より一番良かった点は頭部の形状が劇中にとても似ている点。

 

合わせ目は↓

HGUC陸戦型ガンダムの本体の合わせ目箇所の画像です HGUC陸戦型ガンダムの武器の合わせ目箇所の画像です

本体は「頭部」「両肩」「両腕」「ランドセル」のみ。

武器は全て合わせ目がありますが、目立ちにくい位置に配置されている印象です。

 

色分けが足りない箇所は↓

HGUC陸戦型ガンダムの色が足りない箇所の画像です HGUC陸戦型ガンダムの色が足りない箇所の画像です HGUC陸戦型ガンダムの色が足りない箇所の画像です

3箇所になります。

どこも筆塗りでパパッと処理できる部分なので、色分けに関してはほぼ完璧といってもいいのではないでしょうか。

 

そして先述した通り、陸戦型ガンダム地上戦セットに同梱するジム頭を持ってくればカレン機も再現可能です。

陸戦型ガンダム地上戦セットに入っているのはジムヘッドだけではなく、

地上戦セットに付属する新規キットのガンプラレビュー画像です

・M353A4ブラッドハウンド(ホバートラック)×2

・地球連邦軍一般兵士×4(2種類×2)

・レールキャノン×2

が付属します。

 

特にエレドアとミケルが搭乗したホバートラックが手に入るので、08小隊コンプには必須ガンプラになっているのではないでしょうか。

地上戦セットに入っている水転写デカールのガンプラレビュー画像です

他にも08小隊やMSイグルーで使える水転写デカールも付属。

 

それ以外にも多彩なハンドパーツや旧版の陸戦型ガンダムが1体入っているのでかなりオススメだよ!

HGUC陸戦型ガンダムにジム頭を付けた改造ガンプラ画像です

 

ちなみにジムヘッドはプレミアム・バンダイ限定のHGUC陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)にも同梱します。

個人的にはプレバンのジム頭がおすすめです。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のガンプラレビュー画像です

HGUC陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のレビューは↓

【ガンプラ】HGUC 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)レビュー【プレバン】

 

今回の陸戦型ガンダムの総評として、「100mmマシンガンのトリガー形状が省略」「設置性が悪い」と弱点はあるものの「合わせ目」「色が足りない部分」が少なく非常に組みやすい、初心者から塗装派まで誰にでもオススメできるガンプラに仕上がっていると思います。

 

陸ガン好きなら間違いなくオススメ!

 

以上、「HGUC 陸戦型ガンダム」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『新品 1/144 HGUC RX-79[G] 陸戦型ガンダム』の在庫を見る
『中古 1/144 HGUC RX-79[G] 陸戦型ガンダム』の在庫を見る