スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC 陸戦型ガンダム レビュー

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG 陸戦型ガンダム」のガンプラレビューです。

※こちら2018年に発売された最新バージョン(リニューアル版)になります

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム第08MS小隊に登場し、シロー・アマダなどが搭乗する陸戦型ガンダムのリニューアル版HGをご紹介。

2018年発売。

「100mmマシンガン」「ビーム・ライフル」「180mmキャノン」といった多彩な武装が付属するほか、ウェポン・コンテナも同梱します。

という事で、HGUC陸戦型ガンダムをレビューしていきたいと思います!

HGUC 陸戦型ガンダム

HGUC陸戦型ガンダムのボックスアート画像です

HGUCシリーズとしては、実に11年ぶりにリニューアル発売された陸戦型ガンダムさん。

HGUCブルーディスティニー系と同様に、外装はもちろん骨格から新フォーマットにて設計された最新の陸ガンになります。

※内容的には2017年に発売された「HGUC陸戦型ジム」の関節パーツに、今回の新しい「陸戦型ガンダム」のランナーが追加されたような内容

HGUC陸戦型ガンダムのボックスアート側面の画像です

余談ですが、ボックスのCGアートがメチャメチャかっこいいです……(*ノェノ)

HGUC陸戦型ガンダムのマーキングシールの画像です

マーキングシールとホイルシールがこちら。

08小隊のみならず、07小隊とか好きなナンバーも再現できます。また、ご覧のようにホイルシールの量が少なく色分けに秀でたHGに仕上がっています。

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUC陸戦型ガンダムがこちら。

最新フォーマットなだけあり良スタイルで立体化されているほか、合わせ目が少なく武器がてんこ盛りな陸戦型ガンダム好きにはたまらないリニューアルっぷりで再現されていると思います。

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

いかがでしょうか。組んだ感覚としては、同じフレームを使用している陸戦型ジムやブルーディスティニーEXAM系とほぼ同じでサクサクと短時間で組み上がりました。

パーツ分割による色分けに秀でており、目立つ合わせ目が少ないのでパチ組み派モデラーさんにもオススメなガンプラに仕上がっています。

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

ただ、思ったより接地性が良くないです。

それでは各部細かく見ていきます!

HGUC陸戦型ガンダムの可動域の画像です

可動域はそこそこ広く、手足の関節は90度以上大きく曲がりヒザ立ち可能です。

手足も多きく広がり、真横こそ向けませんが腰をひねる動作も得意です。

HGUC陸戦型ガンダムの頭部の画像です

頭部は、頭頂部に一部合わせ目が出ます。

旧バージョンでは顔付きがイカつかったのですが、設定画寄りなデザインで再現されているのではないでしょうか。

HGUC陸戦型ガンダムの胴体のの画像です

旧版では色分けされていなかったイエロー部が別パーツ化されていたり、色分けが向上しているのが見て取れます。

中央の逆三角のホワイト部は、ホイルシールで色を補います。

HGUC陸戦型ガンダムの肩可動の画像です

肩はボールジョイント接続で、前後に可動します。

胴体と肩は前後はめ込み式ですが、一応モールドっぽくなっています。(わざと作ったパーティングラインのようなラインのおかげでモールドに見える感じ)

HGUC陸戦型ガンダムのシールド接続のポリキャップの画像です

腕は、前腕部に合わせ目が出ます。

HGUC陸戦型ガンダムのハンドパーツの画像です

左のみ、平手のハンドパーツが付属します。逆に、右は銃持ち手が付属する感じです。

HGUC陸戦型ガンダムのフロントアーマーの画像です

腰部をアップで。フロントアーマーのV字マーク(イエロー部分)は、ホイルシールで色を補います。

HGUC陸戦型ガンダムのサイドアーマーとマガジン着脱式の画像です

腰部左右のサイドアーマーには、100mmマシンガン用のマガジンを装着しています。

HGUC陸戦型ガンダムの脚部の画像です

脚部は非常に組みやすく、↑のようにふとももが1パーツ筒型になっていて合わせ目が出ない構造です。

今のガンプラなら珍しくないですが、この陸戦型ガンダムあたりからこの方式が増えてきたような気がします。

HGUC陸戦型ガンダムのスパイクの画像です

ヒザのスパイクは別パーツ化されていて、色分け済みです。

HGUC陸戦型ガンダムの足先の可動の画像です

足首パーツまわりも、大きく動きます。

ただ左右方面は若干苦手で、接地性はそれほど良くありません。

HGUC陸戦型ガンダムの足裏の肉抜き画像です

下から見た図。股間軸は可動式で、底面にはスタンド用の3mm穴が空いています。

ただ、足裏にはぐるりと目立つ肉抜きがあります。

HGUC陸戦型ガンダムのシールドの画像です

シールドがこちら。上のグリップのような部分はグレーで要塗装です。

今回マーキングシールはもちろん、「08」を貼ったぞ……(*´ェ`*)

HGUC陸戦型ガンダムのシールドロール回転の画像です

シールドは、基部でロール回転します。

HGUC陸戦型ガンダムのシールドを突き出した画像です

また、近接戦闘用として

HGUC陸戦型ガンダムのシールド可動の画像です

前に突き出すこともできます。

HGUC陸戦型ガンダムがシールドを更に突き出した画像です

シールドで攻撃!

HGUC陸戦型ガンダムの100mmマシンガンの画像です

こちらは100mmマシンガン連邦軍の陸戦タイプおなじみの武器ですが、トリガーガードの形状が省略されているのが弱点です。

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

ジャキッ……。

HGUC陸戦型ガンダムの100mmマシンガンのストック可動の画像です

ストックは、後方へ展開できます。

HGUC陸戦型ガンダムのストックを倒した画像です

これは、振動を抑えるという設定。

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

100mmマシンガンを撃ちまくる陸戦型ガンダム!

HGUC陸戦型ガンダムのフォアグリップの画像です

フォアグリップは可動し、両手で構えることができます。

HGUC陸戦型ガンダムのトリガー形状が無い画像です

100mmマシンガンに関しては、やはり↑部分のトリガーガードが省略されているのが気になりますね……(>ω<)

100mmマシンガンの画像です

↑ちなみにHGUC ガンダムEz-8や地上戦セットに付属する100mmマシンガンでは、しっかりとトリガーガードが造形されています。

気になるモデラーさんは交換推奨です。

HGUC陸戦型ガンダムのビームライフルの画像です

お次はビーム・ライフル

こちらはなんと、トリガーガードが造形されています。というのも、同じリニューアル版のEXAM2号機3号機に同梱していたビーム・ライフルではトリガーガードが省略されていたので、やはり不評部分だったのかもしれません。

何はともあれ、これは良い流れだぞ……!!(>ω<)

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルで攻撃!

HGUC陸戦型ガンダムビームライフルのフォアグリップのガンプラレビュー画像です

こちらのフォアグリップも展開可能です。

HGUC陸戦型ガンダムの外れやすい銃持ち手のガンプラレビュー画像です

ちょっと気になったのが、ライフル持ち手がすぐ分離してしまう点です。

ビルダーズパーツHDMSハンド01(連邦系)のガンプラレビュー画像です

気になるモデラーさんはMSハンド01(連邦系)などに交換すればディテール感も増し、ガッチリと保持することができるので交換を考えてみてもいいと思いますぞ。

ビルダーズパーツHDMSハンド01(連邦系)のガンプラレビュー画像です

MSハンドは別売り品なだけあり、付属のハンドパーツより情報量が多いです。

 

HGUC陸戦型ガンダムのサーベル・ラックのガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルのグリップは、脚部に収納されています。(左右とも)

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルを抜刀!

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGUC陸戦型ガンダムのビームサーベル二刀流のガンプラレビュー画像です

二刀流でパシャリ。

HGUC陸戦型ガンダムの180mmキャノンのガンプラレビュー画像です

こちらは180mmキャノン。陸ガンの目玉武器ですね。

HGUC陸戦型ガンダムの180mmキャノンフォアグリップのガンプラレビュー画像です

こちらも両手で構えることができます。

HGUC陸戦型ガンダムのサーベル裏のバイポッド(二脚架)のガンプラレビュー画像です

ちなみにシールドがバイポッド(二脚架)になるので、

HGUC陸戦型ガンダムのシールドを立てた画像です

このように立たせることができます。

HGUC陸戦型ガンダムの輝き撃ちのガンプラレビュー画像です

輝き撃ちで180mmキャノンをぶっ放す陸戦型ガンダム!※厳密には輝き撃ちではないですが(*ノェノ;)

HGUC陸戦型ガンダムの輝き撃ちのガンプラレビュー画像です

OPではこんなシーンない事で有名ですが、公式ではついに「シールドを立てた劇中OPの印象的なポーズも再現可能となっている!」と説明されていました。

もう一周回って公式になってる感じですね……w

陸戦型ガンダムの本当の輝き撃ちの画像です

↑劇中OPを厳密に再現!

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

ふぅ……。陸ガンと180mmキャノン、相性良過ぎてかっこいいっす(涙

HGUC陸戦型ガンダムのランドセルの画像です

バックパックまわりを見ていきます。ここは展開可能で、ウェポン・コンテナを背負わせることができます。

HGUC陸戦型ガンダムのコンテナのガンプラレビュー画像です

ちなみにウェポン・コンテナは開閉可能で、

HGUC陸戦型ガンダムの180mmキャノン分解のガンプラレビュー画像です

180mmキャノンのパーツをバラして

HGUC陸戦型ガンダムのコンテナ収納のガンプラレビュー画像です

中に収納することができます。

HGUC陸戦型ガンダムのコンテナのガンプラレビュー画像です

収納した状態でもそこまで重くならないので、自立に影響はありません。

HGUC陸戦型ガンダムのコンテナマウントのガンプラレビュー画像です

ランドセルまわりのギミックはこんな感じで、各部アームを展開してコンテナを組み入れて固定します。

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

一休みする陸ガンさん。

……それではここから、Blu-ray特典の「三次元との戦い」を再現してみます!

三次元との戦いを再現したガンプラレビュー画像です

密林地帯を抜け、最終決戦の地へ向かう08小隊……。

三次元との戦いを再現したガンプラレビュー画像です

突如撃たれる陸ガン(カレン機)!

三次元との戦いを再現したガンプラレビュー画像です

「カレン!」

三次元との戦いを再現したガンプラレビュー画像です 三次元との戦いを再現したガンプラレビュー画像です

「2対1じゃ……、ないっ!借りるぞカレン!」

三次元との戦いを再現したガンプラレビュー画像です 三次元との戦いを再現したガンプラレビュー画像です

「うぉぉぉぉぁぁぁ!!!」

HGUCグフ・フライトタイプとHGUCガンダムEz-8のガンプラレビュー画像です

無双するシロー・アマダさん。

三次元との戦いを再現したガンプラレビュー画像です 大人の事情で活躍出来なかった陸戦型ガンダム(カレン機)の画像です

※大人の事情で気絶したままのカレン・ジョシュア曹長の図

HGUC陸戦型ガンダムとHGUCガンダムEz-8の比較ガンプラレビュー画像です

2013年に発売されたHGUC ガンダムEz8(塗装・ウェザリング済)と比較。

【ガンプラ】HGUC ガンダム Ez8 レビュー

 

HGUC陸戦型ガンダム新旧ガンプラの比較画像です

それでは、2007年に発売された古い方のHGUC陸戦型ガンダムと比較してみます。

HGUC陸戦型ガンダム新旧ガンプラの比較画像です

遠目で見るとあまり変化を感じないかもしれませんが、可動域が段違いに向上しています。

HGUC陸戦型ガンダム新旧ガンプラの頭部の比較画像です

アップで見た場合、顔付きが一番変化しています。

自分は旧版の鋭い顔付きも好きですが、新しい方が劇中再現度が高い気がします。

HGUC陸戦型ガンダム新旧ガンプラの180mmキャノンの比較画像です

180mmキャノンを比較。

HGUC陸戦型ガンダムとアイナ・サハリン、シロー・アマダのフィギュア画像です

シロー・アマダのフィギュア、エクセレントモデルのアイナフィギュアと一緒にディスプレイ。

シロー・アマダは、「MG ガンダムEz8」に付属していたフィギュアをシタデルカラーで塗ってみたものになります。

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

他キットとの組み合わせ

HGUC陸戦型ガンダムにジム頭を付けた改造ガンプラ画像です

ここからは余談になりますが、別売りのHG陸戦型ガンダム地上戦セットに付属するジム頭を取り付けた状態をご紹介します。

HGUC陸戦型ガンダムにジム頭を付けた改造ガンプラ画像です

多少きついものの、無改造で取り付けできました。

それと地上戦セットに入っているのはジムヘッドだけではなく、

地上戦セットに付属する新規キットのガンプラレビュー画像です

「M353A4ブラッドハウンド(ホバートラック)×2」「地球連邦軍一般兵士×4(2種類×2)」「レールキャノン×2」や

地上戦セットに入っている水転写デカールのガンプラレビュー画像です

08MS小隊やMSイグルー系の水転写デカールまで付属します。

やはり目玉は「エレドアとミケルが搭乗したホバートラック」「ジムヘッド」あたりだと思うので、08小隊マニアは一緒に購入すれば幸せな気持ちになれると思いますぞ……(*´ェ`*)

 

更に余談になりますが、今の時代だとさらに

↑別キットにも様々なジムヘッドが存在しているため、カレン機に改造する場合は選択の幅が広い良い時代になっています……(*´ェ`*)

HG陸戦型ガンダム(市街地戦仕様)のガンプラレビュー画像です

本キットのリデコキットとして、HGUC陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様/左)HG陸戦型ガンダム(市街地戦仕様/右)も発売されているので、色々買い足してコレクションしていくのもオススメだぞ!

【ガンプラ】HGUC 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)レビュー【プレバン】

 

HGUC陸戦型ガンダムのガンプラレビュー画像です

HGUC 陸戦型ガンダム(新)の感想

ということでHGUC陸戦型ガンダムのご紹介でした。

 

前作の陸戦型ガンダムから11年経ってのリニューアル発売というだけあり、ABSレス仕様になっただけではなく合わせ目が少なく、可動域も広い最新フォーマットに仕上がっています。

何より一番良かった点は、頭部の形状が劇中にとても似ている点ではないでしょうか。

ちなみに、主に色が足りないところは

HGUC陸戦型ガンダムの色が足りない箇所の画像です HGUC陸戦型ガンダムの色が足りない箇所の画像です HGUC陸戦型ガンダムの色が足りない箇所の画像です

「胸部」「シールドのグリップ」「ヒザ」あたりです。

 

豊富な武装が付属することから陸ガン好きにたまらないHGに仕上がっているので、非常にオススメなHGに仕上がっている印象。

HGUC陸戦型ガンダムは古い方と今回の新しい方が2種類あるので、新HGUC版が欲しい場合は間違わないように注意してくださいね。

※新しい方↓

 

以上、「HGUC 陸戦型ガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る