icon
icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC ガンダム Ez8 レビュー

ガンダムEz8の画像ですレビュー

今回は「HGUC ガンダムEz8」のガンプラレビューです。

「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」に登場し、シロー・アマダが搭乗したイージーエイトですが、今回はノリス・パッカードの搭乗するグフカスタムと戦った時の仕様で作成してみました。

キット自体は2013年発売と少し前のガンプラになりますが、今のガンプラと比べライフルのトリガー形状が造形されていたり、足裏の肉抜きがなかったり非常に優秀な出来になっています。

それではグフカス戦のガンダムEz8をガッツリとご紹介!

スポンサーリンク

HGUC ガンダムEz8(イージーエイト)

ガンダムEz8の画像です

今回は合わせ目を消し・塗装・スミ入れ・ウェザリングと、普段パチ組みばっかしてるワタクシとは思えないほど時間をかけて作ってみましたw

HGUCガンダムEz-8のガンプラレビュー画像です

↑付属するシール。

2018年陸戦型ガンダムのリニューアル版と並べてどうか気になるモデラーさんも多いと思うのですが、そういう意味ではこのEz8は最近のガンプラと並べても全く見劣りしない出来になっています。

※『100mmマシンガンのトリガーが造形されている』『足裏の肉抜きがない』点など、むしろ勝ってる部分がアリ

ガンダムEz8の画像です

プロポーションの再現度が完璧ではないでしょうか。

めっちゃカッコイイです……

ガンダムEz8の画像です

ウェザリングで泥汚れや爆炎のスス汚れをやってみたんですが、思いの外簡単に出来るツールがあるので後述します!

ガンダムEz8の画像です

色分けされていない部分は「ロッドアンテナ」「シールドのグリップ部」のみ。

色分けはかなり優秀です。

ガンダムEz8の画像です

あークッソかっこいいわ……。

ゲームとかでは弱いけどw

ガンダムEz8の頭部の画像です

ガンダムタイプでは珍しいロッドアンテナ型で、先述した通りここは要塗装箇所になります。

ガンダムEz8の胴体の画像です

ザクのシールドを2枚使っているという設定の胸部装甲版。

右側に貼るマーキングシールが付属します。

ちなみに「81」の表記は08小隊の一号機(隊長機)って意味らしいです。

ガンダムEz8の両脚の画像です

あまり動かす事はない部分ですが、膝ガードは微妙に可動します。

ガンダムEz8を下から見た画像です

最近のHGは足裏の肉抜きが目立ちますが、このキットは肉抜き無し設計になっています。

地味なところをカッチリ押さえてあるのでクオリティが高いです。

ガンダムEz8の膝の可動域の画像です

膝の可動域は良好で、

ガンダムEz8の可動域の画像です

手脚の広げ具合はこのぐらいで標準的といったところ。

肩周りもそこまでグルグル動きませんが、Ez8の取るポーズには必要十分といった感じでした。

100mmマシンガンの画像です

100mmマシンガン

発売日が新しいHGUCブルーディスティニーEXAM系に付属する100mmマシンガンはトリガー形状が省略(銃持ち手も省略)されているので、1/144では現状最高の形状を持つ100mmマシンガンになります。

※HGUC陸戦型ガンダム(新)もトリガー省略されています

100mmマシンガンのストックの画像です

ストックは後方へ倒す事ができます。

100mmマシンガンを両手持ちで持っている画像です

フォアグリップも可動するので両手で構えられます。

とはいえ結構ギリギリ掴める感じなので色々な角度に向く事はできません。

ez8の画像です

ブルーディスティニー2、3号機と同タイプのビーム・ライフルも付属します。
※プラモの形状は別形状

実は「HGUC陸戦型ガンダム(旧)」「HGUC陸戦型ガンダム地上戦セット」には付属しない貴重な武器なのでアニメ本編で使っていたカレンのジム頭にまわしてあげてもいいかもしれません。

※新しいHGUC陸戦型ガンダムには付属します(トリガー形状も再現されています)
※新しいブルーディスティニーEXAM系に付属の同型ライフルはトリガー形状が省略されています

ガンダムEz8のシールドの画像です

HGUC陸戦型ガンダム等に付属のシールドとは違い、一層分厚い改良型シールドが付属。

08のマーキングシールも付属します。

成形色はEz8のクリーム色でしたが、グフカスタム戦の時に装備していた陸戦型ガンダムカラーに塗装しました。

ガンダムEz8のシールド可動の画像ですガンダムEz8のシールド可動の画像です

強化型シールドは基部がボールジョイント接続になっているのでロール回転します。

ガンダムEz8の画像です

強化型シールドで攻撃!

ガンダムEz8の画像です

陸戦タイプってロマンを感じるよね…

ガンダムEz8の画像です 倍返しだー!の再現画像です

「倍返しだーっ!」

少し顔が下に向けづらいですが、あの名シーンも再現可能です。

HGUCガンダムEz-8のガンプラレビュー画像です

パラシュート・パックを装備させてみます。

HGUCガンダムEz-8のガンプラレビュー画像です

両肩にベルトを通し再現。

コンテナ・ラックとの接続はカッチリはまります。

HGUCガンダムEz-8のガンプラレビュー画像です HGUCガンダムEz-8のガンプラレビュー画像です

ベルトを通した跡シールで固定するシンプルな構造。

という事で、一度つけてしまうと外す時にシールを破く必要があるのでご注意。

※一応ベルト部分のシールは予備として3つずつ付属します

HGUCガンダムEz-8のガンプラレビュー画像です HGUCガンダムEz-8のガンプラレビュー画像です

ボリュームがあってかっこいいです。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)とEZ-8のガンプラレビュー画像です

プレミアム・バンダイ限定のHGUC陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)とディスプレイ。

陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)とEZ-8のガンプラレビュー画像です 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)とEZ-8のパラシュート・パックの比較ガンプラレビュー画像です

HGUC陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のレビューは↓

【ガンプラ】HGUC 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)レビュー【プレバン】

 

三次元との戦いを再現したガンプラレビュー画像です

ブルーレイの特典、「三次元の戦い」シーンを再現してみます。

三次元との戦いを再現したガンプラレビュー画像です

HGUC陸戦型ガンダム(新)に付属の180mmキャノンを持たせています

HGUCグフ・フライトタイプのガンプラレビュー画像です

襲いかかるグフ・フライトタイプ!

三次元との戦いを再現したガンプラレビュー画像です 三次元との戦いを再現したガンプラレビュー画像です

グフ・フライトタイプと対決するEz8!

魂エフェクトのWave Blueを使用

HGUCグフ・フライトタイプとHGUCガンダムEz-8のガンプラレビュー画像です

HGUCグフ・フライトタイプ(プレバン)のレビューは↓

【ガンプラ】HGUC グフ・フライトタイプ レビュー【プレバン】

 

HGUCグフカスタムのガンプラレビュー画像です

ノリスと交戦!

HGUCグフカスタムのガンプラレビュー画像です HGUCグフカスタムのガンプラレビュー画像です HGUCグフカスタムのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC グフカスタム レビュー

 

HGUC陸戦型ガンダムとHGUCガンダムEz-8の比較ガンプラレビュー画像です

HGUC陸戦型ガンダム(新しい方)のレビューはこちら↓

【ガンプラ】HGUC 陸戦型ガンダム レビュー

 

ガンダムEz8とシロー・アマダの画像です

MGのイージーエイトに付属していたシロー・アマダのフィギュアとディスプレイ。

※シタデルカラーで塗ってみました

HGUC ガンダムEz8(イージーエイト)の感想

という事でHGUCガンダムEz-8のご紹介でした。

 

ロッドアンテナ、シールドグリップの色は足りないですが、それ以外の色分けは良好。

 

目立つ合わせ目も頭部、腕部ぐらいなので合わせ目消しも楽です。

最近のキットは超絶可動する反面「ライフルのトリガー形状省略」や「銃持ち手」が付属しない点、「足裏の肉抜き」がある点など残念な部分も目立ちますが、このEz-8に関してはそれら不満が一切無い堅実な作りをしていました。

 

個人的にはこの頃のHGUCの作りがめっちゃ好きですね!不満点が見当たらない。

今回はフル塗装とウェザリングのスス表現(装甲フチの黒い汚れみたいな部分)をして作成しました。

スス汚れはエアブラシ使わなくても以下のツールで簡単に出来るのでメチャメチャおすすめです。

筆も同梱されているのでこれだけで驚くほど簡単にウェザリングできるので是非お試しあれ↓

 

ガンダムEz8とシロー・アマダの画像です

総評としてはEz8好きなら絶対満足する最強ガンプラの一つと言っても過言ではないでしょう!

オススメっす!

 

以上、「HGUC ガンダムEz8」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
駿河屋で「中古 HGUC 1/144 ガンダムEz8」の在庫を見る