スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】HGBF ガンダムシュバルツリッター レビュー

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ガンダムシュバルツリッター」のガンプラレビューです。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドファイターズA-Rに登場し、マスク・ド・セカンドG(ジェネレーション)が使用するガンダムシュバルツリッターをご紹介。

2017年発売。

HGBFディナイアルガンダムの一部色替えランナーを使いつつ、頭部背部ウイングなどが新規造形で付属

ウイングとグリップを組み合わせる事により、二振りの剣「フリューゲルメッサー」大型剣「フリューゲルシュヴェルト」が再現できます。

という事で、HGガンダムシュバルツリッターを「ディナイアルガンダム」「カテドラルガンダム」との比較画像などを含めてレビューしていきたいと思います!

HGBF ガンダムシュバルツリッター

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

かつて、二代目メイジン・カワグチが製作したカテドラルガンダムの改造ガンプラであるガンダムシュバルツリッターさん。

機体名はドイツ語の「黒騎士」を意味しています。

後にディナイアルガンダムに繋がる系譜的側面を持つガンプラで、キット的にもHGBFディナイアルガンダムの色違いランナーを使用したリデコキットとなっています。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

ファイターは「勝利こそが絶対」という二代目メイジンと同じ考え方を持つ、マスク・ド・セカンドG(ジェネレーション)。

メイジン級の強さを持つ謎のファイターだぞ……(*´ェ`*)

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

ツインアイやヒザのほか、主にライトグレーおよび白い部分を補うものが中心です。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ヴィントドルヒ(剣)×2」「フリューゲルシュヴェルト(大剣)用グリップパーツ」「手首パーツ×8」

手首パーツは左右の「武器持ち手」「握り手」「平手」「平手(特殊タイプ)」の計8つが同梱します。

ディナイアルガンダムと同様に、多彩なハンドパーツがついてくるのが特徴です。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

余剰パーツがこちら。

HGBFディナイアルガンダムの色々なパーツが余ります。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGBFガンダムシュバルツリッターがこちら。

黒騎士の名を冠する通り、黒を主体とした成形色で立体化されています。

黒とゴールドのカラーバランスが悪そうでいい感じです……(*´ェ`*)

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

関節フレームや外装一部はディナイアルガンダムの色違いが使われているため、足長な独特のプロポーションが継承されています。

元キットと同様に、そこまで接地性は良くありませんが自立はする感じです。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

それでは各部アップで、細かく見ていきます!

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

頭部のゴーグルはクリアパープルのパーツが使われていて、カテドラル/ディナイアルガンダムと比べても独特な顔つきになっているのが特徴です。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

ゴーグルを超アップで。

ツインアイがうっすらと透けて見えるのがめちゃかっこいいぞ!(>ω<;)

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

胴体の色分けは完璧です。

側面のゴールドパーツは上下はめ込み式で合わせ目が出ますが、肩を取り付けるとほとんど目立たなくなります。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは一部新規造形で、側面のサブアーマーは可動します。

サブアーマーの白い部分はホイルシールで色を補います。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

上から見た図。ショルダーアーマーや背部のウイングに合わせ目が出ます。

肩は、胴体側の接続部ごと前方へ可動します。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

腕は前腕部前後に合わせ目が出ます。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

ウイングはフレキシブルに可動。上下・前後に動くほか、

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

↑の各パーツが展開します。

羽根を広げるようなポージングが可能です(*´ェ`*)

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

腰まわりをアップで。色分けは完璧です。

リアアーマーには、ヴィントドルヒ(剣)のグリップ2本をマウントできます。

プラ同士の凹凸接続ですが、ガッチリと接続できます。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

股関節パーツは可動式で、底面にはスタンド用の3mm穴が空いています。

リアアーマーの内側は、ライトグレーの裏打ちパーツになっていてモールドも細かいです。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

腕はそこそこ上がり、開脚範囲は広いです。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

脚部は「モモ側面」「ふくらはぎ」に合わせ目が出ます。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

サイドアーマーは足側面とのボールジョイント接続で、可動の邪魔にならないよう細かく動きます。

足裏は多少肉抜きのようなものがありますが、気にならない程度。それより接地性がちょい悪なのが気になる感じです。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上大きく曲がります。

フロントアーマーがそれほど上がらないためコツはいりますが、モモまわりの可動範囲がそこそこ広いのでヒザ立ち可能です。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

ガンダムシュバルツリッター、ガンプラバトルスタート!

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

4種類の手首パーツが付属するので、

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

拳法家のようなポージングもできるぞ!

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

キック!

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

リアアーマーのグリップを外し、刃パーツを取り付ければヴィントドルヒになります。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

ビームサーベルではないので、ビーム刃の色はこのままでOKです。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

斬!

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

二刀流で。手首パーツ内の凹凸と合わせて持たせるため、ガッチリと保持できます。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

二刀流で何枚か。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

そして、グリップパーツに背部ウイングを取り付ければフリューゲルメッサーに変化します。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

ジャキッ……。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

敵を叩き斬るガンダムシュバルツリッター!

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

剣は重みがありますが、肩やハンドパーツが外れる事はありませんでした。

動かしていて、ストレスフリーです。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

そして専用のグリップパーツを使えば、大型剣のフリューゲルシュヴェルトに変化します。

通常のグリップパーツ1本を後ろに取り付ければ、両手で持たせる事ができるぞ!

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

大剣を構えても自立します。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

飛びかかるガンダムシュバルツリッター!

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

大剣を振り下ろすポーズで。

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像ですHGディナイアルガンダムのバリエーションガンプラ画像です

カテドラルガンダムの系譜で比較。

※左から「HGBFカテドラルガンダム」「本キット」「HGBFディナイアルガンダム

カテドラルガンダムのみ、プレミアム・バンダイ限定品になります。

HGディナイアルガンダムのバリエーションガンプラ画像です

パッと見で、成形色と背部まわりが大きく変化しているのが見て取れます。

HGディナイアルガンダムのバリエーションガンプラ画像です

上半身をアップで比較。頭部が変化しています。(画像外ですが、肩も)

今回のシュバルツリッターのみ、頭部にゴーグルがついているのが特徴です。

HGディナイアルガンダムのバリエーションガンプラ画像です

下半身を比較。

腰回りやニーアーマー、スリッパのパーツが変化しています。

HGディナイアルガンダムのバリエーションガンプラ画像です

背部を比較。

HGディナイアルガンダムのバリエーションガンプラ画像です

3体でディスプレイ!

HGディナイアルガンダムのバリエーションガンプラ画像です

フレーム部分は同じで、成形色のほか外装一部と武装に変化がある感じです。

あなたはどのタイプがお好みかな……?

【ガンプラ】HGBF ディナイアルガンダム レビュー
【ガンプラ】HGBF カテドラルガンダム レビュー【プレバン】

 

HGガンダムシュバルツリッターのガンプラレビュー画像です

HGBF ガンダムシュバルツリッターの感想

ということでHGガンダムシュバルツリッターのご紹介でした。

 

基本的な出来はHGBFディナイアルガンダムと同じで、色分け良好・多彩な手首パーツ・独特のプロポーションにて立体化されたキットに仕上がっています。

弱点も同じで、接地性がちょい悪な点です。

ビルドファイターズ外伝のマニアックなガンプラが、一般販売で入手できるというのが地味にポイント高いですね。

ディナイアル系キットが好きな方にはオススメだよ!

 

以上、「HG ガンダムシュバルツリッター」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る