icon
icon

【ガンプラ】HGUC ユニコーンガンダム3号機 フェネクス (デストロイモード) (ナラティブVer.) レビュー

フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGUC ユニコーンガンダム3号機 フェネクス (デストロイモード) (ナラティブVer.)」のガンプラレビューです。

フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムNTに登場する、ユニコーンガンダム3号機フェネクスのナラティブバージョンが発売されました。

2018年発売。

公開に先駆けて発売されたフェネクスですが、通常バージョンに新規造形の「尾のようなスタビライザー」を追加したガンプラになっています。

という事で、今回は通常バージョンとの違い・比較を含めてガッツリご紹介します!

スポンサーリンク

HGUC ユニコーンガンダム3号機 フェネクス (デストロイモード) (ナラティブVer.)

フェネクス(ナラティブバージョン)のボックスアート画像です

ついに機動戦士ガンダムNTのガンプラ第一弾、不死鳥モチーフのフェネクス(ナラティブバージョン)が発売されました。

今回のナラティブバージョンの特徴ですが、以前ガンダムフロント東京限定で発売された通常のHGUCフェネクスに「尾のようなスタビライザー」のランナーを追加した内容になっていました。

フェネクス(ナラティブバージョン)の組み立て書とシールの画像です

組み立て書とシール。

シールはまんま通常のHGUCフェネクスと同じものが付属します。

フェネクス(ナラティブバージョン)の追加ランナーの画像です

↑こちらが今回の売り、新規造形のランナーになります。

成型色を少し変えてくるかなと思っていましたが、このランナーが追加された以外は通常フェネクスと全く同じ内容でした。

とはいえ今ではガンダムフロント限定のフェネクスVer.GFTは新品で入手できず中古はプレミア価格になっていたため、一般販売を待っていたモデラーさんも多かったのではないでしょうか。

フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です

という事で完成したフェネクス(ナラティブバージョン)がこちら。

基本的な本体部分は2009年に発売されたHGUC1号機デストロイモードの色変えキットという事で、実に9年前のキットベースになります。

ていうかユニコーン公開から10年近く経ったんですね……

時の流れが速すぎて怖い……w

フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です

ご覧の通り一番の特徴は背面に装備された2つの新型アームド・アーマーDEになります。

アームド・アーマーDE部分は半分以上HGUC2号機バンシィノルンの色替えパーツが使用されています。

フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です

成型色はゴールドのメタリック風成型色になっています。

少し明るめのHGUCリバイヴ百式のような感じできらびやかな見た目になっているものの、人によってはウェルドライン(まだら模様みたいな感じ)が気になるかもしれません。

フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です フェネクス(ナラティブバージョン)の可動域のガンプラレビュー画像です

腕は水平まで上がり膝立ち可能。

上半身も360度回転しますが、今のガンプラ基準で見てしまうと開脚範囲は狭いです。

フェネクス(ナラティブバージョン)の頭部のガンプラレビュー画像です

フェネクス特有の頭部アンテナは1パーツ成型になります。

ランナーの都合上アンテナが1つ余るので、折れた時用や改造用に使えてちょっぴりお得だったりします。

フェネクス(ナラティブバージョン)の横顔のガンプラレビュー画像です

ツインアイのシールも黄色。

全体が金ピカです。

フェネクス(ナラティブバージョン)の胴体のサイコフレームのガンプラレビュー画像です

露出したサイコフレームは綺麗なクリアブルー成型。

元の配色がシンプルなので色分けは良好ですが、ベースキットと同じく肩センサー上部はゴールドのシールで補います。

フェネクス(ナラティブバージョン)の肩部のガンプラレビュー画像です

とにかく派手な見た目になっているのでディスプレイケースに飾るとひときわ目立ちます。

フェネクスさんは好き嫌いがハッキリわかれるデザインになっているのではなかろうか。

フェネクス(ナラティブバージョン)の腕部のガンプラレビュー画像です

腕部。クリアブルーのサイコフレームにパーツを取り付けていくだけなので合わせ目が出ません。

ちょい昔のHGUCながらこの辺りの構造がブロックパズルのようになっていて素晴らしい。

フェネクス(ナラティブバージョン)のフロントアーマーのガンプラレビュー画像です フェネクス(ナラティブバージョン)のEパックのガンプラレビュー画像です

ビームマグナムのEパック(弾倉)はリアアーマーにマウント可能です。

RGのようにマグナム本体に装着するギミックはありません。

フェネクス(ナラティブバージョン)の脚部と足裏のガンプラレビュー画像です

脚部も合わせ目はなし。

足裏は肉抜きがなく、色分けもされているので今の目で見ても素晴らしい部分です。

フェネクス(ナラティブバージョン)のスラスターのガンプラレビュー画像です

下から見上げるとリアアーマー内部やふくらはぎにスラスターがあります。

細かなところですがちゃんとグレーに色分けされています。

フェネクス(ナラティブバージョン)のアームド・アーマーDEのガンプラレビュー画像です

こちらがナラティブバージョンの新型アームド・アーマーDEになります。

中央の軸パーツに取り付けるだけですがガッチリ保持してくれます。

フェネクス(ナラティブバージョン)のアームド・アーマーDEのガンプラレビュー画像です

裏側から。組み立て書によると、尾のようなパーツはスタビライザーとの事です。

フェネクス(ナラティブバージョン)のアームド・アーマーDEの比較ガンプラレビュー画像です

アームド・アーマーDEを比較。

左から「HGUCバンシィノルン(NTD)」「ガンダムフロント東京の通常バージョン」「今回のナラティブバージョン」になります。

フェネクス(ナラティブバージョン)のアームド・アーマーDEの比較ガンプラレビュー画像です

今回のナラティブバージョンのみ、スタビライザー部分等が新規パーツになっています。あとの形状は同じです。

フェネクス(ナラティブバージョン)のアームド・アーマーDEのガンプラレビュー画像です

アームド・アーマーDEは広い面が多いので、ウェルドラインは結構目立つと思う。

塗装派モデラーさんは問題ありませんが、素組み派モデラーさんはここが許容できるかどうかが購入を判断するキーポイントになっていると思います。

フェネクス(ナラティブバージョン)のアームド・アーマーDEのガンプラレビュー画像です

軸をバックパックに接続して固定、そこそこガッチリ付くので落下する心配はあまりない印象です。

あと、上部の方にある穴(写真右)は内部から塞ぐ構造に変わっています。

というのも、

フェネクス(ナラティブバージョン)と通常タイプの違い・比較ガンプラレビュー画像です

通常版フェネクス(←)とナラティブバージョンでは取り付け位置がかなり違う仕様になっています。

フェネクス(ナラティブバージョン)と通常タイプの違い・比較ガンプラレビュー画像です

ナラティブバージョンはスタビライザー分、かなり上の位置で固定する感じ。

※ちなみに比較写真でおわかりいただける通り、通常版との違いはアームド・アーマーDEのみであとは成型色含め全く同じです

フェネクス(ナラティブバージョン)のテール状のスタビライザーの可動域のガンプラレビュー画像です

スタビライザーは3箇所で曲がる仕様。

ただプラにプラを挟み込むだけなので、頻繁に動かしているとヘタレます。

というか、今回写真撮るために動かしていただけで、実際にヘタりましたw

フェネクス(ナラティブバージョン)のテール状のスタビライザーのガンプラレビュー画像です

スタビライザーは左右方面にも多少可動します。

フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です

スタンドに設置。やはり追加分のスタビライザーがイイ味出してるぞ……(*´ェ`*)

フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です フェネクス(ナラティブバージョン)のビームマグナムのガンプラレビュー画像です

ビームマグナムは1号機と同じものが付属し、合わせ目あり。

バンシィノルンのようなリボルビングランチャーは付属しません。

右手のハンドパーツのみビームマグナム用ハンドが付属します。

フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です

ビームマグナムで射撃するフェネクス(ナラティブVer.)!

フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動するので両手撃ちも可能です。

フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です

ビームサーベルの柄はバックパックに2本マウントされています。

そしてここの軸はかなり折れやすいので注意!(実際折れた事があるw)

フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です

このフェネクスにはビームエフェクトパーツが付属しないので、他から持ってきました。

なんとか定価を抑えたいギリギリの価格設定であったのが垣間見えます。

フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です

もちろんビームトンファーも再現可能です。

フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です

ビームサーベル×2、ビームトンファー×2の超近接特化仕様。

フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です

ボックスアート等には描写されていないシールドも付属します。

まだ劇場公開されていないので設定的にどうなのかわかりませんが、おそらくランナーの都合上付属する余剰パーツだと思われ。

フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です

通常シールドの接続パーツを移植すれば、バンシィノルンやバンデシネ版のようにアームド・アーマーDEを腕に装備する事ができます。

フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です

上下逆に装備するとスタビライザーで攻撃しているようなポージングも可能。

フェネクス(ナラティブバージョン)とフルアーマー1号機の比較ガンプラレビュー画像です

HGUCフルアーマーユニコーンガンダム1号機デストロイモード(塗装済み)と比較。

フェネクス(ナラティブバージョン)と2号機バンシィ・ノルンの比較ガンプラレビュー画像です

HGUCユニコーンガンダム2号機バンシィノルン デストロイモードと比較。

フェネクス(ナラティブバージョン)と2号機バンシィ・ノルンの比較ガンプラレビュー画像です

これで一角獣、獅子、不死鳥がHGUCで無事一般販売された事になりますね。

フェネクス(ナラティブバージョン)とRG2号機バンシィ・ノルンの比較ガンプラレビュー画像です

RGユニコーンガンダム2号機バンシィノルンと比較。

バンダイさん……フェネクスRGでも絶対出すでしょ!

HGUCユニコーンガンダム3号機フェネクスとシナンジュ・スタイン (ナラティブVer.)の比較ガンプラレビュー画像です

HGUCシナンジュ・スタイン(ナラティブVer.)と比較。

【ガンプラ】HGUC シナンジュ・スタイン (ナラティブVer.) レビュー

 

フェネクス(ナラティブバージョン)と色々なユニコーンガンダムのガンプラレビュー画像です

色々なユニコーンガンダム系でディスプレイ。

フェネクス(ナラティブバージョン)のガンプラレビュー画像です

きらびやか!派手!それがフェネクス……。

HGUC ユニコーンガンダム3号機 フェネクス (デストロイモード) (ナラティブVer.)の感想

という事でHGUCフェネクス(ナラティブバージョン)のご紹介でした。

 

先述した通りガンダムフロント東京で発売されていた通常バージョンに、スタビライザーのランナーが追加されたキットになっています。

 

そして残念ポイントですが、その追加ランナーのスタビライザーの接続強度が不安な点が挙げられます。

プラとプラで挟み込む仕様なのですが、動かしていたらヘタってきたので間を瞬間接着剤で太らせて対処しました。

※もしかしたら自分の触り方が強すぎたのが原因かもですが

 

ということでこのフェネクスナラティブバージョン、ゴールド成型のウェルドラインが気にならず、限定版を持っていなかったモデラーさんにはオススメといった感じです。

 

今のガンプラ基準で見ると開脚範囲が狭いですが、プロポーションが良く背部の新型アームド・アーマーDEのスタビライザーのおかげで見栄えは良いキットに仕上がっていました。

 

以上、「HGUC ユニコーンガンダム3号機 フェネクス (デストロイモード) (ナラティブVer.)」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
新品『1/144 HGUC RX-0 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス デストロイモード(ナラティブver.)』の在庫を見る
中古『1/144 HGUC RX-0 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス デストロイモード(ナラティブver.)』の在庫を見る