icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ヒリング・ケア専用ガラッゾ レビュー

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGヒリング・ケア専用ガラッゾ」のガンプラレビューです。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム00ダブルオーに登場し、ヒリング・ケアが搭乗するヒリング専用ガラッゾをご紹介。

2009年発売。

HGガラッゾから、グレーを主体としたヒリングカラーに変更されています。

という事で、HGヒリング・ケア専用ガラッゾをレビューしていきたいと思います!

HG ヒリング・ケア専用ガラッゾ

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

ガラッゾ、ヒリング機のボックスアート。

内容的にはHGガラッゾの完全な色替えキットで、違いは成形色だけです。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

組み立て書にはヒリングが記載。

リヴァイヴがガデッサを使う事が多くなってから、連携を重視するために格闘戦用タイプの本機を使うようになりました。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

主にくるぶし部分の色を補うシールが中心です。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

手首パーツが3種類×左右分付属するほか、簡易スタンドが同梱します。

GNビームクロー再現用のハンドパーツはクリアオレンジのパーツが使われています。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGヒリング・ケア専用ガラッゾがこちら。

赤みがかったブリング機から、グレーを主体とした成形色に変更されているのが最大の特徴です。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

肩にはGNスパイクを、手はGNビームクローを装備。

ガ系(ガデッサ・ガッデスなど)と共通の関節フレームや胴体パーツなどが使用されていますが、近接格闘戦に特化した装備・デザインになっています。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

まずはブリング機(商品名はHGガラッゾ)と全身を比較。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。目はクリアレッドのパーツが使われており、内部のガンダムフェイスがチラリと見える作り。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、↑枠にある側面の合わせ目は段落ちモールド化されています。

が、設定画ではモールドがないため気になるモデラーさんはパテ埋め推奨といったところ。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

バイザーは下げることができます。

ツインアイ部分はホイルシールで色を補います。(シール下にモールドはあります)

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

胴体はガ系共通で、胸部左右の赤い○はシール。

脇の下に合わせ目が出ます。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

上から見た場合、背部の脱出ユニットのみに合わせ目アリです。

肩はボールジョイント接続で、前後に可動します。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

脱出ユニットは角度をつけられるほか、左右のパーツは開閉します。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

左肩はGNスパイクになっていて、↑枠部分に合わせ目が出ます。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

腕は「肩内部の球体」「前腕部」に合わせ目あり。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

肘関節は90度曲がります。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

左右の手首付近にはGNバルカンを搭載していますが、ご覧のように合わせ目位置になっていたりします。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

手首パーツは「握り手」「平手」「GNビームクロー」の3種類が左右分付属。

指もクリアオレンジのエフェクトパーツになっているので、ここは要塗装です。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

サイドアーマー裏側にはGNビームサーベルが造形されていますが、裏打ちパーツと一体化されていて引き抜く事はできません。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

股下のカバーを外せば、アクションベース用の3mmジョイント穴が露出します。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

脚部は前後のほぼ一直線に合わせ目が出ます。

また、くるぶしは広範囲の部分にシールを使います。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

ヒザ関節は180度近く曲がります。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

足首パーツはつま先2個の差し込み位置を変えることにより、接地状態も再現できます。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

接地させてみた状態がこちら。

足裏には大きな肉抜きがあります。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

ヒリング・ケア専用ガラッゾ、出撃!

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

それではアクションポーズいってみます!

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

GNバルカンで牽制!

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

両腕で攻撃。派手なポージングが決まるぞ……!

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像ですHGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

GNスパイクで突進!

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

左肩にある赤いパーツを浮かせると、GNフィールド発生状態が再現できます。

内部の段になっているスリット部分はイエローで要塗装です。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

GNフィールドを形成!

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

挑発するヒリング!

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

指が尖っているのがいい感じ(*´ェ`*)

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

GNビームクローを形成するガラッゾ!

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

GNビームクロー、GNビームバルカンで。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

斬!

ガ系の比較ガンプラ画像です

HGガデッサHGガラッゾHGガッデスと比較。

ブリングのガラッゾ(左から2番目)とは完全な色違いですが、ガデッサとガッデスとは本体の形状がところどころ変化しています。

ガ系の比較ガンプラ画像です ガ系の比較ガンプラ画像です

頭部を比較。

ガラッゾ系の特徴は、額がトゲトゲした形状になっておりクリアレッドのパーツが使用されているところです。

ガ系の比較ガンプラ画像です

肩部を比較。

ガ系の比較ガンプラ画像です

腰部を比較。

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG ガデッサ レビュー
【ガンプラ】HG ガラッゾ レビュー
【ガンプラ】HG ガッデス レビュー

 

HGヒリング・ケア専用ガラッゾのガンプラレビュー画像です

「ヴェーダのバックアップがなくたって!人間なんかに!!」

HG ヒリング・ケア専用ガラッゾの感想

ということでHG ヒリング・ケア専用ガラッゾのご紹介でした。

 

色以外はブリングのHGガラッゾと同じため感想がかぶりますが、合わせ目の量はそこそこありGNビームクローの指は塗り分け必須となります。(他にもGNフィールドなど色のたりないところはアリ)

2009年製のガンプラにしては可動範囲が広く、劇中再現度の高いプロポーションで立体化されているのが長所といったところ。

合わせ目を消し、色のたりないところを部分塗装するだけでかなり見栄えが上がりそうです。今のガンプラ目線で見ても、いじりがいのある良ポテンシャルをひめたHGに仕上がっていると思うよ!

 

以上、「HG ヒリング・ケア専用ガラッゾ」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る