icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG 百里 レビュー

HG百里のガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HG 百里(ヒャクリ)」のガンプラレビューです。

HG百里のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズに登場し、ラフタ・フランクランドが搭乗する百里(ひゃくり)をご紹介。

2015年発売。

差し替えで飛行形態に変形できるほか、ランナーレススタンドが付属

劇中でも使用した折りたたみできるライフルが2本付属します。

という事で、HG百里をMSオプションセット2との組み合わせ例を含めてじっくりとレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG 百里

HG百里のガンプラレビュー画像です

テイワズが運用する、哨戒活動・一撃離脱を得意とする高機動型モビルスーツの百里。

組み立て書にはパイロットのラフタが描かれています。

HG百里のガンプラレビュー画像です

ホイルシールは主に、肘の白い部分やセンサー部を補うものが付属します。

元のカラデザがシンプルという事もあり、他の鉄血系キットの中では色分けが優秀なガンプラに仕上がっていました。

HG百里のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ライフル×2」「ナックルシールド展開用ジョイントパーツ×2」「ランナーレススタンド(+専用ジョイントパーツ)」

ランナーレススタンドは無色クリア成形のものが付属します。

HG百里のガンプラレビュー画像です

そして完成したHG百里がこちら。

背部のバックパックが重いので、自立させるには同梱するスタンド必須となっています。

※今回はゲート処理+ヤスリ+一部合わせ目を消してフィニッシュさせてあります

HG百里のガンプラレビュー画像です

他作品ガンダムに登場するMSとは一線を画する独特のデザイン(*´ェ`*)

ベージュを基調とした成形色でまとまっており、低価格プラモとしては色分けが優秀だと思います。

HG百里のガンプラレビュー画像です

バックパックはシンプルなパーツ分割構造ながら、形状・モールドともに細かいです。

それでは細かく見ていきます!

HG百里のガンプラレビュー画像です

可動域は腕が水平以上上がりますが、開脚が苦手となります。

各関節は180度近く曲がり、上半身はそこそこまわります。

HG百里のガンプラレビュー画像です

頭部センサー内は要塗装となります。(シールも無し)

頭の白いパーツは前後はめ込み式で、合わせ目が出ます。※今回は消してあります

HG百里のガンプラレビュー画像です

意外な事に、顔は大きく上を向く事が出来ます。

HG百里のガンプラレビュー画像です

胴体まわりは合わせ目が出ず、色分けも優秀です。

HG百里のガンプラレビュー画像です

大型のバックパックは↑のような凹凸プラ接続で、ガッチリと保持されます。

グラグラしたり抜け落ちる事はありませんでした。

HG百里のガンプラレビュー画像です

上面は中央にある丸い部分やへっこんでいる箇所をシールで補います。

HG百里のガンプラレビュー画像です

下部にはスタンド穴が空いており、専用のジョイントパーツを噛ませランナーレススタンドと接続します。

こちらもガッチリと接続可能です。

このあたりは2015年製キットという事で、ストレスフリーに仕上がっている模様。

HG百里のガンプラレビュー画像です

肩側面と肘(シール下)に合わせ目が出ます。

二の腕は筒状パーツだったり、前腕部は合わせ目が出ない構造でパーツ分割により色分けされています。

HG百里のガンプラレビュー画像です

肩側面の六角形(グレー)と肘付近(ホワイト)はシールで補います。

角ばった面に貼りますがシールのサイズがぴったりで、そこまで違和感が出ませんでした。

ちなみに肘のシールを貼らない場合は合わせ目が露出します。

HG百里のガンプラレビュー画像です

腰の動力パイプも別パーツで色分けされていますが、ここの取り付け構造の影響で上半身は回転せず。

股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

HG百里のガンプラレビュー画像です

脚部はモモ前面とスネに合わせ目が出ますが、関節パーツと

HG百里のガンプラレビュー画像です

横・後ろは合わせ目無し構造です。

HG百里のガンプラレビュー画像です

手持ち武器は折りたたみ可能なライフルが2つ付属します。

HG百里のガンプラレビュー画像です

ライフルを構える百里!

HG百里のガンプラレビュー画像です

やはり浮かせると百里っぽさが出てかっこいいっす……(*´ェ`*)

HG百里のガンプラレビュー画像です

それではアクションポーズいってみます!

HG百里のガンプラレビュー画像です

ライフルで攻撃するラフタ!

HG百里のガンプラレビュー画像です HG百里のガンプラレビュー画像です HG百里のガンプラレビュー画像です

動きづらそうなデザインかと思いきや、腕周りの可動範囲は広いです。

HG百里のガンプラレビュー画像です HG百里のガンプラレビュー画像です

カッケェ!

HG百里のガンプラレビュー画像です

バックパックの一部を取り外し、前腕部に取り付ければ

HG百里のガンプラレビュー画像です

ナックルシールドになります。

HG百里のガンプラレビュー画像ですHG百里のガンプラレビュー画像ですHG百里のガンプラレビュー画像です

右腕のみならず、左腕にもナックルシールドを装備できます。

また、↑のように取り付け位置を下か横に変更する事ができます。

HG百里のガンプラレビュー画像です

ナックルシールドでぶん殴る百里!

HG百里のガンプラレビュー画像です

飛行形態を再現してみます。

腕をバックパック内に収納し、折りたたんだライフルを持たせカバーを閉じます。

HG百里のガンプラレビュー画像です

百里、飛行形態に変形完了!

HG百里のガンプラレビュー画像です

変形ギミックは簡単で、すぐに切り替え可能です。

HG百里のガンプラレビュー画像です

ミカを翻弄する百里!

 

MSオプションセット2との組み合わせ

別売りのMSオプションセット2と組み合わせてみます。

百里に取付可能な武器・ジョイントはMSオプションセット2に同梱します。

HG百里のガンプラレビュー画像です

↑の「輪胴式グレネードランチャー」「四連式ロケットランチャー」と、「百里用のジョイントパーツ×2」に対応しています。

HG百里のガンプラレビュー画像です

バックパックの上部カバー(↑枠)を外し、

HG百里のガンプラレビュー画像です

露出したジョイント穴に武器をマウントする事ができます。

HG百里のガンプラレビュー画像です

片側に2つ装着する事もできるほか、

HG百里のガンプラレビュー画像です

MSオプションセット22個買いすれば両側に4つの武器をマウントする事ができます。

HG百里のガンプラレビュー画像です HG百里のガンプラレビュー画像です

ボリュームが出ました(>ω<)

かなり印象変わるな……。

HG百里のガンプラレビュー画像です HG百里のガンプラレビュー画像です

やば、かっこいいっす(>ω<;)

HG百里のガンプラレビュー画像です

輪胴式グレネードランチャーと四連式ロケットランチャーは、もちろん手に持たせる事もできます。

HG百里のガンプラレビュー画像です

輪胴式グレネードランチャーで攻撃!

ちなみにこの輪胴式グレネードランチャーは本編で漏影(アジー機)と百錬(アミダ機)も使用していたため、劇中再現派にはかなりオススメだぞ!

 

HG百里のガンプラレビュー画像です

四連式ロケットランチャー先端は赤いシールで補います。

※どちらの武器も合わせ目は出ます

HG百里のガンプラレビュー画像です

飛行形態で装備する場合は、ライフルを外す必要アリです。

HG百里のガンプラレビュー画像です

HG百錬(アミダ機)に付属する、アサルトライフルと片刃式ブレードも取り付ける事ができます。

※どのみちジョイントパーツは必要になるため、MSオプションセット2は必須となります

HG百里のガンプラレビュー画像です

MSオプションセット2HG百錬(アミダ機)の武器を乗せてみた図。

今回写真には撮ってませんが、HG獅電のライフルも接続可能でした。

HG百錬と百里のガンプラレビュー画像です

タービンズが運用したMSでディスプレイ。

※「HG百錬(アジー機・塗装済)」「HG百錬(アミダ機・塗装済)

【ガンプラ】HG 百錬(アミダ機)レビュー

 

HG百里のガンプラレビュー画像です

HG 百里の感想

ということでHG 百里のご紹介でした。

 

弱点は開脚範囲ですが、百里的な動きには困らないと思います。

頭部や脚部前面に目立つ合わせ目が出ますが、量的にはそこまで多くない印象。

何より低価格プラモにしては色分けが優秀なので、素組み派モデラーさんでも満足度は高いと思うぞ!(>ω<)

MSオプションセット2あると無いでは印象が大きく変わるため、武器てんこ盛り百里を組みたい場合は2個買い推奨です!

 

以上、「HG 百里」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る