スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】HGUC ジェガンD型 (護衛隊仕様) レビュー【プレバン】

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGUC ジェガンD型(護衛隊仕様)」のガンプラレビューです。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムNTに登場したジェガンD型(護衛隊仕様)をご紹介。

2019年発売プレミアム・バンダイ限定品になります。

ついに発売されたバンダイ狂気のジェガンバリエーション新星、護衛隊仕様。

HGUCジェガン(エコーズ仕様)をベースに、頭部・胸部増加装甲・専用90mmショートマシンガンが新規造形で付属します。

ミリタリーブラウンの機体カラーは成形色で再現。

という事で、D型護衛隊仕様を他のD型との比較画像多めでじっくり見ていきたいと思います!

HGUC ジェガンD型 (護衛隊仕様)

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

設定的には、ジェガンD型を護衛任務などの特務仕様にカスタマイズした機体になります。

2011年に発売されたHGUCジェガン(エコーズ仕様)のランナーを流用しており、成形色変更のほか

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

↑のランナーが新規造形パーツとして付属します。

パーツ数としては少ないですが、頭部・胸部・武器と目立つ箇所が変更されている感じです。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

ホイルシールは「腰を覆うベージュ」と「股間V時マーク周辺」を補うものが付属します。

マーキングシールは入っていませんでした。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「90mmショートマシンガン」「ビーム・ライフル」「ビーム・サーベル×1」「ビームエフェクトパーツ長短各1」「バズーカ」「シールド」「ハンドパーツ×3(右手のみ銃持ち手が付属)」

という事で、護衛隊仕様の特徴は青字の90mmショートマシンガンになります。

ちなみにバズーカはエコーズ仕様のランナー都合でついてくるだけで、組み立て書には組み方の記載はありませんでした。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCジェガンD型(護衛隊仕様)がこちら。

ヘルメット風の形状に変更された頭部、新デザインの胸部増加装甲とマシンガンがアイデンティティとなります。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

オリーブドラブ(濃い方の茶色)の成形色はエコーズ仕様と同じですが、明るいベージュ部分は暗めの成形色に変更されています。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

……その他の形状はエコーズ仕様やD型と同じだよ!(*´ェ`*)

それでは細かく見ていきます!

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

まずは新規造形部分のまとめ。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

「広域な可動範囲」とうたわれていますが、元を辿れば2009年に発売されたHGUCジェガンのバリエーションキットとなります。

ジェガン的な動きには困りませんが、今のガンプラ基準で見ると足周りの可動域は狭いです。

HGBDジェガンブラストマスターで採用された、脚付け根の新構造は採用されていませんでした。

ただ腕はよく上がり、上半身もそこそこまわるためそこまで不満は出ない感じ。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

特徴的なヘルメット風の頭部。

↑枠内の合わせ目は分割ラインに見えるので処理しなくてもいいかもしれませんが、一応設定画ではモールドが入っていませんでした。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

センサーにはクリアパープルのパーツが使われていて、内部のメカニカルな造形が透けて見えます。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

後頭部には合わせ目が出ます。

左右はめ込み式で上からヘルメットを被せる構造です。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

新規造形の胸部増加装甲は1色1パーツ成形です。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

襟前部はシールで補います。

段差のある部分ですが、シールのサイズはピッタリでした。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

腰部の明るいベージュもぐるりとシールで補います。

枠内の腰側面は段落ちモールド化されていますが、設定画ではモールドはありませんでした。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

肩はD型系と同じで、上部・側面に合わせ目が出ます。

ダクト内ですが、エコーズ仕様では色がついていますが護衛隊仕様はそのままでOKです。(エコーズ仕様は塗装の必要がありました)

穴を黒く塗りつぶすだけで設定色になります。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

腕部はジェガン系と同じで合わせ目が出ません。(段落ち化されています)

ただ、設定画ではモールドはないため原作再現派モデラーさんは消してもOKです。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

股間のV字周辺パープル部分はシールで補います。

右側がサーベルラック、左側がハンド・グレネードとジェガンやD型・エコーズ仕様と同じ仕様です。

股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴あり。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

↑が合わせ目箇所になります。足裏に肉抜きはありません。

ちなみにD型の関節は後ろに動力パイプが2つついているのですが、キットでは簡略化されジェガンと同じ造形になっています。←さっきからこういうの多いw

D型キットは全てこの形状なのでこの護衛隊仕様に限りませんが、原作再現ガチ勢は要加工といったところ。

もしくは作画の違いという事にして、あまり気にしなくていいかもしれません。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

スラスターは可動します。

バックパック側面には合わせ目が出ます。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

シールドは基部で360度ロール回転します。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

2連装ミサイルランチャーは小豆色に変更されています。

シールド含め形状の変更点はありません。

それでは武器を持たせ、アクションポーズいってみます!

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

マシンガンのグリップ部とハンドパーツ内の凹凸を合わせて持たせるため、

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

ガッチリと保持できます。

この武器が新規造形で護衛隊仕様の標準装備、90mmショートマシンガンになります。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

90mmショートマシンガンを構えるジェガンD型護衛隊仕様!

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

頭部と武器が変わるだけで結構印象が変わりますね。

悔しいぞ……w(>ω<)

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

脚周りの可動域は狭いものの、かっこいいポーズは決まります。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

2連装ミサイルランチャーで攻撃!

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

くそっ……カッコエエ!!(>ω<;)

ライフルではなくショートマシンガンってところがいいよね。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動しませんが、両手で構える事ができます。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベル抜刀!

ビームエフェクトパーツは長短どちらかを選んで取り付けます。(写真は短い方)

接続強度は他ジェガン同様きつめなので、根本を少し削ってあげた方がいいかもしれません。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

斬りかかる護衛隊仕様!

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像ですHGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

ほとんどのジェガンタイプに付属するビーム・ライフルも付属します。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

連邦軍の汎用バズーカも付属。

こちらはランナー都合の余剰パーツ(エコーズ仕様のランナー)になり、組み方は記載されていませんがパーツは全て揃っています。

ちなみにエコーズ仕様のバイザー2種も余剰パーツで付属しますが、パーツが足りないため護衛隊仕様の頭部しか組めません。

(胸部パーツは余るので交換可能)

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

フォアグリップを引き出し、両手で構える事もできます。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)のガンプラレビュー画像です

カッケェ!

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)とエコーズ仕様の違い・比較ガンプラレビュー画像です

ベースキットのHGUCジェガン エコーズ仕様(塗装済)と比較。

HGUCジェガンD型(護衛隊仕様)とエコーズ仕様の違い・比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC ジェガン(エコーズ仕様)レビュー

 

HGUCジェガンD型と護衛隊仕様の違い・比較のガンプラレビュー画像です

プレバン限定のHGUCジェガンD型と比較。

HGUCジェガンD型と護衛隊仕様の違い・比較のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC ジェガンD型 レビュー【プレバン】

 

HGUCジェガンD型バリエーションのガンプラ画像です

D型ベースのジェガンでディスプレイ。

※左上から「HGUCジェガン(エコーズ仕様)」「HGUCコンロイ専用ジェガン(エコーズ仕様)」「HGUC EWACジェガン」「HGUCピコ・アルティドール専用ジェガンD型」「HGUCジェガンD型」

ガンダムNTのガンプラ画像です

機動戦士ガンダムNTに登場するガンプラでディスプレイ。

ジェガンのバリエーションのガンプラ画像です

※新人歓迎会に出席した護衛隊仕様さんの図

ジェガンのバリエーションのガンプラ画像です

小さい頃飼ってたグッピーが、気付いたら異常繁殖していたのを思い出すよ……。

>>バンダイ狂気のジェガンバリエーションまとめページを見る

 

HGUC ジェガンD型 (護衛隊仕様)の感想

ということでHGUC ジェガンD型(護衛隊仕様)のご紹介でした。

 

基本的にはいつものジェガンバリエといった感じで、新規造形パーツのおかげで個性あるジェガンに仕上がっていると思います。

頭部はもちろん、パーツ数は少ないながら90mmショートマシンガンの造形がかっこよくできていました。

 

ダクト部のカラーデザインがエコーズ仕様よりシンプルになっているおかげで、素組みでも色の再現度は高めです。

メインスラスター内部、あとシールは付属しますが襟前部と腰のシール部分を塗装すれば大体の色分けは完了します。

NTファン、もしくはジェガンに取り憑かれたジェガンマニアにはオススメだぞ!(目が変

 

以上、「HGUC ジェガンD型(護衛隊仕様)」のガンプラレビューでした!

iconicon
icon
icon

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る