スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG M1アストレイ レビュー

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG R16 M1アストレイ」のガンプラレビューです。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムSEEDに登場し、アサギ・マユラ・ジュリが搭乗するM1アストレイをご紹介。

2012年発売。

所属軍識別マークや型式番号のマーキングシールが付属するほか、プラモデルオリジナル仕様として大型対艦刀が2本付属します。

という事で、HG M1アストレイをレビューしていきたいと思います!

HG M1アストレイ

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

組み立て書には「アサギ・コードウェル」「マユラ・ラバッツ」「ジュリ・ウー・ニェン」さんが記載。

ガンプラ的には「R16表記」があるとおり、ガンダムSEED HDリマスタープロジェクトとして発売。中でも本キットは、過去の色替えではない新フォーマットで立体化されているのが特徴です。

という事で、テレビ放送当時のHGよりも今風プロポーションに仕上がっています

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

ホイルシールとマーキングシールがこちら。

機体番号ですが、アサギが「211」マユラが「212」ジュリが「213」となります。

……バンダイさんからの、3機買えってメッセージかな?(*ノェノ)

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「71式ビームライフル」「70式ビームサーベル×2」「対艦刀(+さや)×2」「シールド」

面白いのは、ボーナスパーツとしてI.W.S.P.に採用されている対艦刀が2本も付属する点です。

手首パーツは左右の「武器持ち手」、右の「銃持ち手」、左の「握り手」の計4つが同梱します。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

そして完成したHG M1アストレイがこちら。

HGCEシリーズではないものの、ラゴゥと同様に新規造形で作られているのが嬉しいですね。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

放映当時のHG SEEDシリーズは今のガンプラ目線で見ると古いものが多いですが、ご覧の通り今回のM1アストレイは高クオリティで立体化されている模様。

ABS樹脂も使われておらず、妙な肉抜きも少ないので満足度が高いです。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

※今回は一部合わせ目消し+部分塗装をしていますが、いつも通り合わせ目箇所は画像でバッチリ解説していくぞ!(>ω<)

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

可動域はそこそこ広く、手足は大きく広がります。

顔を上げる動作も得意です。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上大きく曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

特に、肘関節は180度近く曲がります。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

今の超絶可動するHGと比べると標準的な可動域ですが、全体的に見て可動に関する不満は少ないです。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。特徴的な大型のV字アンテナは、先端に安全フラッグがついています。

左右の黒い部分はシールで、イーゲルシュテルンは要塗装です。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、頭頂部から側面にかけて合わせ目が出ます。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

胴体も前後はめ込み式で、黒いパーツの側面やバックパックに合わせ目が出ます。

胸部エアインテークの赤い部分は色分けされており、内部からパーツが露出する構造です。フルフレーム構造ではありませんが、アストレイ系キットらしい作りをしています。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

肩部をアップで。肩はボールジョイント接続で、ある程度前後に可動します。

上から見た場合、バックパック(と胴体上部)に合わせ目が出ます。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

腕部は関節パーツにのみ合わせ目あり。(今回消しています)

二の腕は筒状パーツ、前腕部は合わせ目が出ないパーツ分割構造です。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

腰部。股間軸は可動式で、底面にはスタンド用の3mm穴が空いています。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

脚部は、前後にちょこちょこと合わせ目が出ます。

特にヒザの白い外装部分は目立つので、合わせ目消し推奨といったところ。(↑は消しています)

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

足を曲げた際に露出するフレーム部分にも合わせ目あり。(消し済)

足裏には多少肉抜きがあります。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

バックパックの上部左右には、70式ビームサーベルを装備。

着脱可能です。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

フライトユニットの下側はボールジョイント接続で、柔軟に可動。一応ジョイントパーツを介し、側面にライフルとシールドをマウントする事もできます。

ちなみにフライトユニットと言っても、レッドフレームのフライトユニットとは別造形です。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

バックパックをアップで。↑の青枠にシールを多用したり、赤枠に合わせ目が出たりします。

このあたりが重点的な改修ポイントかな?

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

「マユラ、ジュリ、行くわよ!」

M1アストレイ、出撃!

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

シールドはジョイントパーツを介し、前腕部に接続します。(二箇所からの選択式)

表面の赤い部分は、すべてホイルシールで色を補います。

裏側は要塗装で、グリップは一体化パーツになっており引き起こす事はできません。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

71式ビームライフルがこちら。銃持ち手は右手分のみ付属します。

モナカ構造で合わせ目があり、フォアグリップも固定式です。(↑画像は合わせ目消しの途中状態です(*ノェノ))

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

アクション!

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

71式ビームライフルで攻撃!

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

「当たれ!」

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

ヒザを着いて射撃。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

「見たか!オーブの底力!」

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

肘可動が優秀なおかげで、マウント状態のサーベル柄を握る事ができます。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

M1アストレイ、70式ビームサーベルを抜刀!

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

攻撃!

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

サーベル刃も2本付属するので、二刀流状態も再現できます。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

そして今回の売りの一つでもある、対艦刀がこちら。

ガードをさやに引っ掛けるようにして取り付けます。

設定的には、複合兵装ストライカーパックであるI.W.S.P.に採用されている実体剣となります。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

M1アストレイ、対艦刀を抜刀!

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

ホワイト1色1パーツ成形のため、グリップなど「グレー」「レッド」で要塗装です。

元々白要素が多いので、そこまで塗装に手間はかからないと思います。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

飛びかかるM1アストレイ!

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

二刀流で。

HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です HG M1アストレイのガンプラレビュー画像です

「オーブは…、私たちが守る!」

HG M1アストレイの感想

ということでHG M1アストレイのご紹介でした。

 

HGCEシリーズではないものの、2012年クオリティで立体化されているのでそこまで古さを感じないガンプラに仕上がっています。(同時期に発売されたHGガンダムアストレイレッドフレーム フライトユニット装備や、HGゴールドフレーム天などと同水準)

バックパックや脚部を中心にそれなりに合わせ目はありますが、可動域が広いうえ現代風プロポーションで立体化されているのが長所といったところ。

ボーナスパーツの対艦刀をストライクルージュに持っていき、HGリマスターのアイキャッチ風ルージュを再現するための一部パーツとして利用するのもアリかと思います。

ABSレスで塗りやすく、今のガンプラ目線でも普通にかっこいいので誰にでもオススメだよ!

 

以上、「HG M1アストレイ」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る