icon
icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC ガンダム NT1 (アレックス) レビュー

ガンダムNT-1(アレックス)とクリスチーナ・マッケンジーの画像ですレビュー

今回は「HGUC ガンダム NT1 アレックス」のガンプラレビューです。

ガンダムNT-1(アレックス)とクリスチーナ・マッケンジーの画像です

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争に登場し、クリスチーナ・マッケンジーが搭乗したアレックスをご紹介。

2004年発売。

という事で、NT-1アレックスのレビューいってみます!

スポンサーリンク

HGUC ガンダム NT1 (アレックス)

ガンダムNT-1(アレックス)の画像です

ババン。という事で完成したHGUCガンダムNT-1 アレックスがこちら。

まずはチョバム・アーマーを脱いだ状態から見ていきます。

ガンダムNT-1(アレックス)の画像です

16年前に発売されたガンプラという事で、可動域は狭いですがご覧の通り良プロポーションで立体化されています。

今回は付属のマーキングシールを貼りつつ、フル塗装にて仕上げました。

ガンダムNT-1(アレックス)の画像です

型番などが印字された多彩なマーキングシールが付属するので、情報量が多くこのキットだけで見栄えが良くなります(*´ェ`*)

ただテトロンシールになっているため、フチは少し目立つかもしれません。

ガンダムNT-1(アレックス)の画像です

スラスター内部のイエローは色分けされていなかったので、塗装してみました。

ガンダムNT-1(アレックス)の画像です

今回はファレホという水性塗料で筆塗りしてみました。※後述

アレックスの画像です

付属のハンドパーツはサイズが少し大きく感じたので、右手をMSハンド03 (連邦系・Sサイズ)に交換してみました。

左手はビームサーベルを持たせたかったので(MSハンドにはサーベル持ち手が付属せず)、余っていた適当なハンドパーツを使用しています。

アレックスの画像です

股下にはアクションベース用の穴は空いていませんが、足裏に肉抜きが無いこの時代特有の作りです。

アレックスの画像です

「かかってこいやバーニィ!!!!」

※原作にはありません

ガンダムNT-1(アレックス)の腕の画像です

ケンプファーをブチ殺した90mmガトリング砲がこちら。

ガンダムNT-1(アレックス)のガトリングが展開した画像です

前腕部とカバーの間にガトリングを挟めば、差し替えでガトリングが展開可能です。

ガンダムNT-1(アレックス)のガトリングの画像です

アレックスといえばやはりコレだよね……(*´ェ`*)

ガンダムNT-1(アレックス)の画像ですガンダムNT-1(アレックス)のビームサーベルの画像です

ビームサーベル抜刀。

肘関節は90度ほどしか曲がらないため、ランドセルにささったままのサーベルはつかめず。

ガンダムNT-1(アレックス)のガトリングとビームサーベルの画像です

最終決戦仕様でパシャリ。

ガンダムNT-1(アレックス)のガトリングの画像ですガンダムNT-1(アレックス)のビームライフルとシールドの画像です

一応ビーム・ライフルシールドも付属します。

劇中では一度も登場していませんが、ゲーム等ではすっかり定番の武器になりました。

※↑は無塗装、マーキングシールも付属しますが貼っていない状態です

ガンダムNT-1(アレックス)の画像です

ライフル、シールド装備状態がこちら。

ガンダムNT-1(アレックス)のチョバムアーマーの画像です

それではチョバムアーマーを装着させてみます。

本体を分解する必要はなく、各部位にかぶせたり挟み込んだりして再現します。

ガンダムNT-1(アレックス)のチョバムアーマーの画像です

かなり印象変わります(*´ェ`*)

ガンダムNT-1(アレックス)のチョバムアーマーの画像です ガンダムNT-1(アレックス)のチョバムアーマーの画像です

脚部分のチョバム・アーマーはポロリ率高めです。

接着したいけどできないジレンマ……w

ガンダムNT-1(アレックス)のチョバムアーマーの画像です

うむ。カッコヨイ

ガンダムNT-1(アレックス)のチョバムアーマーの画像です

今回アレックスの青部分はファレホという水性アクリル塗料を使って筆塗りしています。

ちょっとレビューから逸れますが、ファレホについての感想を。

今回使ったのはこれ。「ファレホ ゲームカラー 72088 ブルー」。

ファレホの特徴
  1. 主要成分の60%が水で、臭いがしない
  2. そのまま塗れる
  3. 乾燥が早い
  4. スポイトのようなタイプで使いたい分だけピンポイントで出せる

ファレホの弱点は、塗膜が弱い点になります。

50時間位かけて完全乾燥した後でも、少し引っ搔くと表面が剥がれるため、水性のつや消しスプレーなどが必須でした。

ガンダムNT-1(アレックス)とクリスチーナ・マッケンジーの画像です

ガンダムヒロインヒストリー3のクリスとディスプレイ。

クリスチーナ・マッケンジーの画像です

最後のシーンだと思いますが、珍しいクリスの私服姿の立体物になります。

クリスチーナ・マッケンジーの画像ですクリスチーナ・マッケンジーの画像です

「正しい事なんて、どこにもない。自分に出来る事をするしかないんだわ」

クリスチーナ・マッケンジーのローアングル画像です

ローアングルで。

クリスチーナ・マッケンジーの私服の画像です

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

ガンダムNT1アレックスとジム・カスタムの比較ガンプラレビュー画像です

設定的に共通パーツのあるジム・カスタムと比較。

キット的には流用パーツはありません。

【ガンプラ】HGUC ジム・カスタム レビュー

 

アレックスとザクII改の対決シーンのガンプラ画像です

HGUCザクII改と劇中再現!

アレックスとザクII改の対決シーンのガンプラ画像です HGUCガンダムNT-1アレックスとザクII改の比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC ザクII改 レビュー

 

HGUC ガンダム NT1 (アレックス)の感想

ということでHGUCガンダムNT-1アレックスのご紹介でした。

 

古いHGUCという事で、可動域は狭く色が足りない箇所もちょくちょくありました。

今のガンプラ基準で見てしまうと満足いかない可能性大ですが、塗装して素立ち状態なら見栄えが良いガンプラに仕上がっていると思います。

 

多彩なマーキングシールが付属するので、全て貼ると情報量が多くなり低価格プラモとは思えないクオリティになるのが素晴らしいです。

ちなみにガンダムトリスタンはこのアレックスの骨組み部分が流用されています。

トリスタンの方はネット界隈だと不評みたいですが、アレックスに関してはわたしは楽しく組めましたw

アレックス好きなら是非組んでいただきたいキットです。

 

以上、「HGUC ガンダムNT1(アレックス)」のレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HGUC ガンダムNT-1』の在庫を見る


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

『中古 クリスチーナ・マッケンジー ガンダムヒロインヒストリー3 ~戦士たちの休息編~』の在庫を見る