icon

【ガンプラ】HGUC ジム・カスタム レビュー

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGUC ジム・カスタム」のガンプラレビューです。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYに登場し、サウス・バニングら不死身の第四小隊が搭乗したジム・カスタムをご紹介。

2011年発売。

HGUCパワード・ジム、ジム改よりも後発で発売されただけあり、良スタイルで立体化されています。

また、7種類ものハンドパーツが付属します。

という事で、HGUCジム・カスタムをアレックスや他のガンプラも交えながらじっくりと見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC ジム・カスタム

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

ジム・カスタムさんのHGUC版。

ジムの改良型で、エースパイロット用に調整されたジムになります。

設定的にガンダムNT-1アレックスの部品も使われているとの事で、ジムとしてはかなりの高性能機との事。

ガンプラ的には流用箇所はありませんが、ところどころ似ている箇所が多いので系譜が垣間見え面白いです(*´ェ`*)

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールは付属せず、テトロンシールで色を補います。

股間のV字マークは下地が透けてしまうため、部分塗装した方が良い箇所もありました。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ジム・ライフル」「ビーム・サーベル×2(+ビームエフェクトパーツ×2)」「ハンドパーツ×7」「シールド」

ジム・カスタムはビーム・サーベルをランドセルに1本しかマウントできないため、1本は余剰となります。

※多彩なハンドパーツが付属しますが左のサーベル持ち手が付属しないため、このキット単体だと更に余剰になる感じです

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCジム・カスタムがこちら。

薄いライトブルー・グレーに細かなレッド・イエロー部など、基本的な色分けはできている模様。

パワード・ジムやジム改と違い、腕の二重関節構造の弊害で腕が長過ぎる事もなく良スタイルで立体化されているのではなかろうか。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

ジムの中でも弱そう感の薄い、強ジムに見えるデザインですよね(*´ェ`*)

この時代のガンプラ特有で、変な肉抜きが無い堅実な作りをしています。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

可動域は腕が水平まで上がりますが、開脚範囲はそこそこといった感じ。

二樹関節構造のおかげで関節は良く曲がり、上半身も360度回転します。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

頭部。各ダクト内などは黒く塗りつぶす必要がありますが、元デザインがシンプルなおかげで色分けは良好です。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

目はクリアオレンジのパーツが使用されており、奥のメカニカルな造形がうっすらと見えます。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、頭頂部・側面に合わせ目が出ます。

後ろのアンテナは別パーツになっています。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

胴体はダクト(イエロー部)とコクピットハッチ(レッド部)が別パーツで色分けされています。

脇から下は段落ちモールド化されていますが、↑部分は合わせ目が出ます。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

アップで。チラッと見える股間のV字マークは貼るのがむずいっす……(*´ェ`*)

下地が透け見えるというのもあり、塗装推奨箇所といった感じです。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

上から見ると一直線に合わせ目が出ます。

肩アーマーの赤いパーツは内部から色分け済み。

↑のバックパック側面ですが、設定画を見る限りここも合わせ目でした。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

腕は肩内部ブロックと前腕部に合わせ目が出ます。

ジム系HGのスタンダードな位置に出る感じですね。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

肘は90度以上曲がります。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

フロントアーマーも大きく上がります。

股下は昨今の3mmジョイント穴ではなく、一昔前の角型タイプになっています。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

脚部は関節パーツ前面に合わせ目が出ます。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

側面・うしろは合わせ目が多く、ふくらはぎ付近は横と後ろに出ます。

「※マーク」の箇所ですが、組み立て書の作例基準ではモールド扱いでしたが設定画ではモールド形状は無い感じです。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

足の甲にも合わせ目あり。

足裏に肉抜きは無く、カカトがブロック構造になっていて接地性に優れています。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

バックパックの右側にはビーム・サーベルの柄がマウントされています。

HGUCジムなどであった、サーベルがグラつく弱点は軽減されていました。

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

ジム・カスタム、ビーム・サーベルを抜刀!

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

シールドは基部で360度回転します。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

戦闘開始!

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

可動域は今のガンプラ目線で見ると標準マイナスぐらいですが、基本的な動きに困らないぐらいには動いてくれます。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

ジム・ライフルを装備させてみます。

多彩なハンドパーツが付属しますが、ライフル持ち手は右手のみとなります。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

手首に角度がついているため、持たせやすいぞ!(*´ェ`*)

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

ジム・ライフルで攻撃!

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

ジムなのに強そう……(*´ェ`*)

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

ガシュン……ガシュン……

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

左手のみ手首をスナップできる特殊なハンドパーツが付属します。

ライフルに手を添えやすいです。

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

カッコエエ……(>ω<)

それではプチ劇中再現いってみます!

ジム・カスタムとGP01ゼフィランサスのガンプラレビュー画像です

「そぉれ見ろ!敵が基地まで案内してくれるとよ!」

まるで敵のようなモンシアのジム・カスタム!

ジム・カスタムとGP01ゼフィランサスの比較ガンプラレビュー画像です

HGUCガンダム試作1号機GP01ゼフィランサス(塗装済)と比較。

【ガンプラ】HGUC ガンダムGP01 ゼフィランサス レビュー

 

ジム・カスタムとゲルググMのガンプラレビュー画像です

シーマ様のゲルググM現る!

ジム・カスタムとゲルググMの比較ガンプラレビュー画像です

HGUCシーマ・ガラハウ専用ゲルググマリーネ(塗装済)と比較。

【ガンプラ】HGUC シーマ・ガラハウ専用 ゲルググマリーネ レビュー

 

ガンダムNT1アレックスとジム・カスタムの比較ガンプラレビュー画像です

HGUCガンダムNT-1アレックス(チョバム・アーマー以外塗装済)と比較。

装甲部分に似ている箇所が多いです。

【ガンプラ】HGUC ガンダム NT1 (アレックス) レビュー

 

HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です HGUCジム・カスタムのガンプラレビュー画像です

HGUC ジム・カスタムの感想

ということでHGUC ジム・カスタムのご紹介でした。

 

まず脚回りの合わせ目が多いので、完全に処理するモデラーさんは少し手間がかかると思われます。

バックパックの合わせ目は消しにくい配置をしていますが、パーツ分割的にモールド扱いにしても違和感の出ないデザインにはなっています。

少しだけ気になったのは7種類ものハンドパーツが付属しながら、左のライフル持ち手とサーベル持ち手が付属しない点ですw

 

その他は造形的にツッコミどころのないジム・カスタムに仕上がっていると思います。

デザインとカラーがめちゃめちゃかっこいいっす。ジム・カスタム好きなら満足すると思いますぞ!

 

以上、「HGUC ジム・カスタム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る