iconicon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC ザクII改 レビュー

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGUC ザクII改」のガンプラレビューです。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争に登場し、バーニィことバーナード・ワイズマンが搭乗したザクII改(ザクIIFZ)をご紹介。

2008年発売。

頭部は2種類付属し、フリッツヘルム型のBタイプに付け替え可能。

股関節のスイング機構で、アルを手に乗せた時の劇中ポーズも再現可能となっています。

という事で、HGUCザクII改をNT-1アレックスとの対決シーン量産型ザクとの比較画像を含め、じっくりとレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC ザクII改

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

ポケ戦に登場したバーニィザクのHGUC版。

ボックスアートには、森林地帯でNT-1アレックスと戦っているシーンが描かれています(>ω<)

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

ホイルシールはモノアイ周辺を補うもののみ付属。

L字シールドに貼るジオン軍のマーキングシールも付属します。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「MMP-80 90mmマシンガン」「ヒート・ホーク(+マウント用パーツ)」「ハンドパーツ×3」「ザクBタイプの頭部」

右手の手首パーツは「銃持ち手」のみとなります。

左手は通常の「穴あき武器持ち手」と劇中再現も兼ねた「表情付き平手パーツ」の2種類が付属します。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCザクII改(FZ型)がこちら。

ご覧のように、劇中よりも細身のプロポーションで立体化されています。

いきなりですが、このアレンジ体型が許容できるかが購入の決め手になっていると思うぞ……(*´ェ`*)

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

10年前のガンプラという事で舐めてましたが、可動域を除けば今のガンプラ目線でも通用する姿になっていると思います。

各スラスター内や細かな色は足りませんが、コクピットハッチやつま先は色分けされていたりします。

何より関節パーツの成型色がグレーではなく、劇中色のミディアムブルーで再現されているのがポイント高し。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

可動域は今の目線で見ると狭いです。

右腕は水平まで上がりますが、開脚範囲はそこそこ。

手脚の関節は90度曲がりますが膝立ちはできず、上半身はそこまでまわりません。

ただ、劇中再現を可能とするために脚の付け根が前後にスイングするギミックが搭載されています。※後述

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

頭部モノアイ周辺はシールで補います。(付属シールはここのみ)

モノアイに凸形状は無く、可動もしないためピンクのシールは好きな位置に貼る仕様です。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

側面と後ろにある合わせ目部分はモールド扱いでOKです。(設定画でもモールド有り)

細かな事を言えば、後頭部の動力パイプをつなぐ基部部分には合わせ目が出ます。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

頭部は二種類組め、ガンダムUCにも登場したザクBタイプ(フリッツヘルム型)に変える事ができます。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

選択式ではなく2つ入っているのが嬉しいぞ……(*´ェ`*)

プレミアム・バンダイでUC版ザクII改も発売されていましたが、HGUC量産型ザク等からザクバズーカを持ってきて塗装すればUC版が再現可能となっています。

このキット、プロポーション的にはむしろUC版に近いと思うのでそちらで組んでも面白いかもしれません。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

胴体は側面に合わせ目が出ますが、パーツを斜めにはめ込む構造で極力目立たないような位置になっています。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

右肩のL字シールド用に、ジオン軍のマーキングシールが付属します。

シールドは裏側にもモールドがあり、基部で360度ロール回転。

左のショルダースパイクアーマーは可動の邪魔にならないよう、ある程度動きます。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

肩は多少前へ可動します。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

腕部は二の腕こそ筒型1パーツですが、ほぼ全ての箇所に合わせ目が出ます。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

フロント・サイドアーマーは大きく広がります。

右側のみハンド・グレネードラックになっており、リアアーマーにはヒート・ホークがマウント可能です。

ちなみに余談ですが、バーニィとアル2人で修理した最終決戦仕様は両側ともアーマー(ハンドグレネードラックは撤去)になっていたりするので、改造するのも面白いと思いますぞ(*´ェ`*)

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

脚部は膝を曲げると合わせ目が露出。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

横部分には多くの合わせ目が出ます。

後ろは関節パーツのみ合わせ目。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

「足首パーツのつま先」や「ふくらはぎのスラスター」は別パーツで色分けされています。

この年代のHGにしてはパーツ割りが意外と細いぞ……(*´ェ`*)

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

足裏は肉抜き無し。

股下はポリパーツにより、アクションベースに対応しています。

ほとんど目立ちませんが↑の枠部分に合わせ目が出ます。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

脚の付け根はスイングし、前後に大きく動きます。

ここは劇中ポーズ(アルを手に乗せるシーン)を再現するためのギミックだと思われます(*´ェ`*)

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

ランドセルの合わせ目ですが、組み立て書の作例基準ではモールド扱いでした。

設定画ではモールドがありませんが、目立たないようパーツ分割されているのでこのままでOKかもしれません。

各部スラスター内部は赤で要塗装となります。

それでは武器を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

まずはMMP-80 90mmマシンガンから。

先端のグレネード・ランチャーは着脱可能です。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

リボーコロニーに降下するザクII改!

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

可動域狭いとか言っておいてなんですが、結構ポーズが決まります

ザク的な動きには困らないかもしれないですね。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です HGUCザクII改のガンプラレビュー画像ですHGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

お次はヒート・ホーク

柄とハンドパーツ穴はジャストフィットするわけではありませんが、そこまでプラプラしませんでした。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

このキットの弱点ですが、右手の手首パーツが銃持ち手しか付属しないためヒート・ホークを右手で持たせると少し違和感が出ます。

右手に持たせて飾りたい場合は、MSハンド等に変えた方がいいかもしれません。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

肩が多少前へ傾くので、両手で構える事ができます。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

マシンガン+ヒート・ホークで。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

そしてこのキットの売りですが、アルを手に乗せる劇中ポーズが綺麗に決まります。

やばい、これだけで涙腺が……(*´ェ`*;)

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

フリッツヘルム型のBタイプでも何枚かいってみます。

HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です HGUCザクII改のガンプラレビュー画像です

こっちもかっこいいな……。

バーニィ臭が無くなり、ジオンの一般兵が乗っているような印象に変わりました。

HGUCザクII改とザクIIの違い・比較ガンプラレビュー画像です

HGUC量産型ザクと比較。

まるで違ったスタイルになっています。

HGUCザクII改とザクIIの違い・比較のガンプラレビュー画像です HGUCザクII改とザクIIのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC 量産型ザク(ザクII)レビュー

 

アレックスとザクII改の対決シーンのガンプラ画像です

ガンダムNT-1アレックスとの名シーンを再現!

アレックスとザクII改の対決シーンのガンプラ画像です

あれっ……また涙腺が……(*´ェ`*;)

HGUCガンダムNT-1アレックスとザクII改の比較ガンプラレビュー画像です

HGUCガンダムNT-1アレックス(塗装・手首パーツ交換済)と比較。

この2機はセットって感じですね……並べると絵になるぞ!(>ω<)

【ガンプラ】HGUC ガンダム NT1 (アレックス) レビュー

 

HGUCガンダムNT-1アレックスとザクII改とクリスの画像です

ガンダムヒロインヒストリーのクリスチーナ・マッケンジーのフィギュアも加えてパシャリ。

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HGUC ザクII改の感想

ということでHGUC ザクII改のご紹介でした。

 

まず、スタイルが細身にアレンジされているのが最大の購入判断ポイントかと思われます。

右の手首パーツが銃持ち手しか付属しないため、コダワリ派モデラーさんはMSハンド等との組み合わせが必要になっています。ご注意を。

 

長所としては、先述したようにフリッツヘルム型ザクBタイプの頭部が同梱するのでザクバズーカを持ってきて塗装すればUC版の再現ができる点。

ABSレスになっており、塗装しやすいのもポイント高いです。

そしてアルを手に乗せる劇中ポーズが綺麗に再現でき、いつでも涙腺を緩ます事ができるのも売りだぞ……(*´ェ`*)

 

以上、「HGUC ザクII改」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 新品の在庫を見る
>> 中古の在庫を見る