icon

icon

【ガンプラ】HGUC 量産型ザク(ザクII)レビュー

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGUC 量産型ザク(ザクII)」のガンプラレビューです。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムに登場したおなじみ量産型ザクをご紹介。

2003年発売HGUCナンバーでいうと40番目にあたるガンプラになります。

15年前のキットながらパーツ分轄による色分けが良く、多彩な武器が付属するザクに仕上がっていました。

という事で、ド定番のHGUC量産型ザクを今のガンプラ基準で見るとどんな出来かを中心にじっくり見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC 量産型ザク

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

ザクさんのHGUC版。

ボックスアートはアニメ調で描かれたザク3機が描かれています(*´ェ`*)

当ブログでは多くのガンプラをレビューしてきましたが、「そういえばザクIIレビューしてないぞ!?」という事に気付きました。

という事で、今の視点で隅々まで見ていこうと思いますぞ……。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

ホイルシールはモノアイのピンク部分のみ付属します。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

このキットについてくる全武器とハンドパーツがこちらになります。

※「ザク・マシンガン」「ザク・バズーカ」「ヒート・ホーク」「3連装ミサイルポッド×2」「ハンドパーツ×4」

銃持ち手は左手も付属します。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUC量産型ザクがこちら。

このザクですが、パーツ分轄による本体の色分けが優秀です。

そしてなにより……

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

この恐ろしいまでに再現度の高いプロポーションが素晴らしいっす(>ω<)

一応カトキイハジメ氏によりリファインされていますが、大河原先生のグニャッとした設定画から大きくイメージを崩すこと無く立体化されています。

気になるような変なアレンジ箇所が一切ありません。

最大公約数的にも理想のザク体型に仕上がっているのではないでしょうか……(*´ェ`*)

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

立たせておくだけで和むわ……。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

15年前のガンプラながら、可動域はそこそこ良好です。

今の目で見てしまうと開脚範囲が狭く上半身も回転しないのが気になりますが、手脚はよく曲がり脚は前後に大きく可動します。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

頭部は上下はめ込み式で細かな合わせ目が出ます。

モノアイが平たいシールになってしまうため、改造派モデラーさんはこのあたり手を加えてあげた方がいいかもしれません。(造形も無し)

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

後ろにも合わせ目が出ますが、

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

モノアイを可動させるためには上のパーツを外す必要があるためモールド扱いにしてしまってもいいかもしれません。

※顔の下にツマミは出ません

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

ビコォン……

こちらを睨みつけるザクさん。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

胴体の色分けは動力パイプ含め良好です。

ガンプラを組んでいるとよく気付かされる部分なのですが、ザクって動力パイプがグレーじゃなくてグリーンなんですよね。

当たり前といえば当たり前なのですが、組んでて再認識するというか理解を深められる気がしますぞ……。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

胴体は前後はめ込み式で側面に合わせ目が出ます。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

ランドセルはシンプルな構成で合わせ目が出ず、動力パイプを挟み込む形で組み立てます。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

上から見ると胴体・肩・スパイクアーマーの合わせ目が見えます。

スパイクアーマーはトゲ一体型の2パーツ構造。

合わせ目を消してから肩に接続できるため作りやすい部分になっています。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

胴体と肩は軸接続になりますが、↑のようにポリキャップを隠すパーツが付属します。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

すごい細かなところですが、こだわりを感じる設計になっています(*´ェ`*)

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

シールドはボールジョイント接続で、ある程度可動します。

また、裏側はグレーのパーツになっているため色分けが優秀です。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

腕部は「肩のブロック部分」と「前腕部」に合わせ目が出ます。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

そして驚いたのは、肩の前方向への可動域がめちゃめちゃ広いです。

ここは今のガンプラ目線で見てもかなり優秀。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

上半身は回転できませんが、フロントアーマー・サイドアーマーは可動します。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

股下にはスタンド用の穴が空いていません。(そのため合わせ目も出ます)

このあたりは当時の作りといった感じ。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

脚部は左右はめ込み式になっており、合わせ目がガッツリと出ます。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

横から。動力パイプは通常プラ製で1パーツ成型です。

足裏に肉抜きがなく、形状がバッチリ造形されています。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

足は引き出す事ができるため、接地性は良好です。

↑の写真下ぐらいまでは開脚しても接地します。

それでは量産型ザクに付属する多彩な武器を見ていきます!

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

まずはザク・マシンガンから。

ここは合わせ目あり。

サイトレンズは多少可動します。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、両手で構える事が可能です。

先述したようにこのザク、前方向への腕可動が優秀なため余裕で構える事ができます。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

ザク・マシンガンを構え、こちらの様子をうかがうザクさん。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

サイドアーマー左側にはヒート・ホークをマウントできます。

プラ同士の接続になるため取り外ししまくっていると緩んできそうな部分。

ヒート・ホーク自体は色分けされていません。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

ヒート・ホークを構えるザク!

絵になる……w

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

次はザク・バズーカ

ここも合わせ目が出て、サイトレンズは多少可動します。

※今回このザク・バズーカだけ合わせ目を消しました(謎行動)

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

ガシュンガシュン……

ザク・バズーカで攻撃するザク!

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

こちらもフォアグリップが可動し、両手で構える事ができます。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

足裏の肉抜きがないため、浮かせてポージングすればリバイヴあたりのガンプラに勝っちゃったりします。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

ちなみに↑のリアアーマーの一部は開閉し、

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

ザク・バズーカをマウントできます。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

3連装ミサイルポッドは両足分付属します。

グレーパーツのみで色分けはされていませんが、「ミサイル部分」「後ろ側のスリット」のモールド形状がとても細かいです。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

3連装ミサイルポッドで攻撃するザク!

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

フル装備で。

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

ジムと交戦!

HGUC量産型ザクとジムの比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC ジム レビュー

 

HGUC量産型ザクとガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

HGUC RX-78 ガンダム(リバイヴ版)と比較。

全然負けてないぞ……。

【ガンプラ】HGUC ガンダム(新生REVIVE版)レビュー

 

HGUC旧ザクと量産型ザクの比較ガンプラレビュー画像です

HGUCザクI(旧ザク・アニメ調に塗装済み)と比較。

HGUC旧ザクと量産型ザクの比較ガンプラレビュー画像です

ザクI(2006年発売No.64)は量産型ザク(2003年発売No.40)より後発のため、上半身が可動します。

HGUCとしての出来はザクIの方が上かもしれません。

【ガンプラ】HGUC ザクI(旧ザク)レビュー

 

HGUCシャア・アズナブル専用ザクIIと量産型ザクの違い・比較のガンプラレビュー画像です

HGUCシャア専用ザクと比較。

HGUCシャア・アズナブル専用ザクIIと量産型ザクの違い・比較のガンプラレビュー画像です

成型色の他、「ブレードアンテナと3連装ミサイルポッドの有無」が違いになります。

【ガンプラ】HGUC シャア・アズナブル専用ザクII レビュー

 

HGUC量産型ザクとガルマザクの比較ガンプラレビュー画像です

2002年発売No.34のHGUCザクII FS型(ガルマ・ザビ専用機、塗装済み)と比較。

HGUC量産型ザクとガルマザクの比較ガンプラレビュー画像です

ガルマザクの方が先に発売されました。

HGUC量産型ザクとガルマザクの比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC ザクII FS型(ガルマ・ザビ専用機)レビュー

 

HGザクIIC型(C-5型)とHGUCザクの比較ガンプラレビュー画像です

HGザクII C型/C-5型と比較。

オリジンザクも現代風でかっこいいぞ!

HGザクIIC型(C-5型)とHGUCザクの比較ガンプラレビュー画像です HGザクIIC型(C-5型)とHGUCザクの比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG ザクII C型/C-5型 レビュー

 

HGUCゼータザクのガンプラレビュー画像です

ジュドー「ザクか!」

イーノ「わぁ!待って!」

このHGUC量産型ザクの頭部をHGUCゼータガンダムに取り付ければ、ゼータザクも再現可能だぞ!

【ガンプラ】HGUC ゼータガンダム レビュー【GUNPLA EVOLUTION PROJECT】
【ガンプラ】HGUC ダブルゼータガンダム レビュー

 

ターンエーガンダムのガンプラ比較画像です

∀ガンダムに登場するボルジャーノンとしても楽しめるよ!

HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です HGUC量産型ザクのガンプラレビュー画像です

HGUC 量産型ザクの感想

ということでHGUC 量産型ザクのご紹介でした。

 

この量産型ザクの一番良いところは、設定画からイメージを大きく崩さず絶妙なバランスで成り立ったプロポーションだと思います。

もちろんディテール的にはある程度細かくなっていますが、変なアレンジが入っていないところが長所かもしれません。

最大公約数的に見ても理想のザク体型で立体化されているのではないでしょうか。

 

ベタ褒めだけでもレビューにならないので、今のガンプラ基準で見た感想を挙げれば「モノアイが平たいシール」「手脚に合わせ目が多い」のが弱点かと思います。

あとは折角なので、ブレードアンテナをつけて欲しかったというのが本音です(>ω<)

 

その他は特に不満もなく、本体の色分けは優秀です。

部分塗装派モデラーさんはヒート・ホークと3連装ミサイルポッドを塗ってあげればOKだと思います。

 

つや消しかけてフィニッシュするも良し、合わせ目消してガチ塗装+ウェザリングしても良し、と15年前のガンプラながらまだまだ現役で遊べるザクに仕上がっていると思います。

最近のガンプラと比べ、武器がこんなに入って色分けがいいのに定価が安いのも魅力的。

メカニカルで緻密なディテールに仕上がっているRGもかっこいいですが、原作再現寄りのわたしはHGUC版推しです……(*´ェ`*)

 

以上、「HGUC 量産型ザク」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HGUC MS-06 量産型ザク』の在庫を見る