スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
iconicon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC241 ザクII レビュー

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGザクII(HGUC No.241)」のガンプラレビューです。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムに登場し、ジオン軍が運用する量産型ザクことザクIIのHGUC N0.241版をご紹介。

2021年発売。

先に発売された新フォーマットVer.のHGUC234シャア専用ザクIIのリデコキットとなり、新たにツノ無し頭部パーツとランドセルが付属。

スカートパーツは「PS成形」「軟質素材」の2種類から選択可能です。

という事で、最新フォーマット版のHGUCザクIIを旧HG版とRG版との比較画像を含めてレビューしていきたいと思います!

HGUC ザクII

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

おなじみ、ジオン公国軍の主力機であるF型ザクIIさん。

旧版のHGUC量産型ザクは2003年発売という事で、HGシリーズとしては18年ぶりにリニューアルされた形となります。

ガンプラ的には、先に発売されたHGUC234シャア専用ザクIIの色違いランナーを使いつつ、量産型特有のツノなしヘルムランドセルが同梱する内容に変化しているのが特徴です。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ザク・マシンガン(+予備のマガジン)」「ザク・バズーカ」「ヒート・ホーク(+マウントパーツ)」「ツノ有りヘルム」「スタンド用ジョイントパーツ」「硬質/軟質スカートパーツ」「手首パーツ×6」「余剰パーツ」

手首パーツは左右の「武器持ち手」「銃持ち手」、右の「ヒート・ホーク持ち手」、左の「平手」の計6つが同梱。

余剰パーツは、肩パーツとHG高機動型ザク系で使われていたものが余りますが使う場面はないと思います。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

ホイルシールはモノアイのピンクのみ。

量産カラーの軟質スカートパーツが同梱します。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUC241ザクIIがこちら。

最新ガンプラではありますが、ご覧のとおり極力少ないモールド数でテレビ/映画版や設定画に近いシンプルなスタイルで立体化されているのが特徴といったところ。

同じ1/144スケールと比べると、RG版の対極的な解釈でデザインされているのが見て取れます。(比較画像は後半で)

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

このレトロな姿がたまりません……w(>ω<)

昔風スタイルであるにもかかわらず、可動範囲が広いというギャップが面白いガンプラに仕上がっていると思います。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

腰スカートパーツは「硬質」「軟質」からの選択式ですが、まずは組み立て書の表紙にもなっている「硬質」の可動域から見ていきます。

手足は大きく広がり、

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

各関節も90度以上大きく曲がるため、キレイにヒザ立ち可能です。

特に腕関節は、180度近く曲がります。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。モノアイに凸モールドはなく、中央にピンクのシールを貼るシンプルな仕様です。

本キットでシールを使うのは、ここだけです。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

側面に一部合わせ目が出ますが、ここの合わせ目を消してしまうとツノあり頭部への切り替えは不可となります。

モールドっぽくも見えるので、モールド扱いにしてしまってOKかもしれません。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

底面のツマミを動かせば、モノアイが可動します。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

こちらがツノ有り頭部。選択式ですが、後からでも切り替えしやすいと思います。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。……このシンプルな形状がたまりません(*´ェ`*)

肩へのジョイントパーツが、斜め角度に配置されているのが面白いです。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

右肩のL字シールドと、左肩のショルダースパイクアーマーをアップで。

スパイクアーマーは、前後のスパイク以外1パーツ成形になっています。何気にすごい金型技術です(*_*)

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

肩は軸接続ですが、胴体パーツごと前後に可動します。

特に、前方向への可動に優れています。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

腕は「肩ブロック」「前腕部」に合わせ目が出ます。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

「二の腕」「前腕部」は、独立してロール回転します。

このあたりの作りは、さすが最新フォーマットといった感じですね。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

ランドセルは、量産型のシンプルな形に変化しています。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

スカート部分をアップで。

底面にスタンド用の3mm穴は空いておらず、↑枠のジョイントパーツを介して展示します。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

腰部側面にはヒート・ホークを、リアアーマーには予備のマガジンをマウントできます。

ちなみにこの2箇所へのマウントは硬質パーツ特有の仕様で、後述する軟質スカートパーツではマウント不可です。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

リア側の中央パーツは展開可能で、ザク・バズーカをマウントする事ができます。

こちらは、軟質スカートパーツでもマウント可能です。

HGUC241ザクIIの軟質パーツのガンプラレビュー画像です

こちらが軟質スカートパーツ。

ゴムのような素材でできているのが特徴で、

HGUC241ザクIIの硬質パーツと軟質パーツの比較ガンプラレビュー画像です

硬質スカートパーツと比べた場合、足回りの可動範囲がアップするのが特徴です。

HGUC241ザクIIの硬質パーツと軟質パーツの比較ガンプラレビュー画像です

特にリアスカートまでぐにゃりと曲がるので、後ろ方向への足可動が得意になります。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

脚部をアップで。画像では見えませんが、足を曲げた際に露出する関節フレームの一部に合わせ目アリです。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

足首パーツは大きく傾き、接地性に優れています。

足裏に肉抜きはなく、モールドも細かいです。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

ザクII、出撃!

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

ザク・マシンガンがこちら。

基本的に、武装類はHGの高機動型ザク系のランナーが流用されています。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、両手で構える事ができます。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

ヒート・ホークを装備。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

ザク・バズーカのグリップは引き出す事ができ、無理なく持たせる事ができます。

また、バズーカ(マシンガン)用持ち手は左手分も付属します。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

ザク・バズーカをぶっ放すザクII!

こちらのフォアグリップも可動し、両手で構える事ができます。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

マシンガン+バズーカで。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

スカートを軟質素材に変えてパシャリ。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

ザクキック!

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

ツノ有り+軟質スカート状態でも何枚かいってみます。

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

緑の指揮官機も、渋い魅力があるよね……(*´ェ`*)

 

1/144スケールのザクII比較

ザクII(量産型ザク)のHGUC40とRGとHGUC241の違い・比較ガンプラ画像です

それではここから、1/144スケールの主要なザクガンプラを比較してみます。

左から「2003年発売のHGUC量産型ザク(No.40)」「2011年発売のRG量産型ザク」「本キット」で、右へいくほど新しいザクになります。

ザクII(量産型ザク)のHGUC40とRGとHGUC241の違い・比較ガンプラ画像です

パッと見、グリーンの色合いが違うのが見て取れます。

ザクII(量産型ザク)のHGUC40とRGとHGUC241の違い・比較ガンプラ画像です

頭部、胴体、腰部を比較。

RG版のみモールドが細かく、動力パイプが細かく分割されています。

ザクII(量産型ザク)のHGUC40とRGとHGUC241の違い・比較ガンプラ画像です

ショルダースパイクアーマーと腕部を比較。

ザクII(量産型ザク)のHGUC40とRGとHGUC241の違い・比較ガンプラ画像です

ランドセルとL字シールドを比較。

何気に今回のHGUC241は、シールドの裏打ちパーツが同じ緑になっているのが特徴です。

ザクII(量産型ザク)のHGUC40とRGとHGUC241の違い・比較ガンプラ画像です

脚部を比較。

ザクII(量産型ザク)のHGUC40とRGとHGUC241の違い・比較ガンプラ画像です

ザク・マシンガンを比較。

1/144スケールのザクIIのガンプラのバリエーション画像です

あなたはどのザクがお好みかな……?

【ガンプラ】HGUC 量産型ザク(ザクII)レビュー
【ガンプラ】RG 量産型ザク レビュー

 

HGUC234シャア専用ザクとHGUC241ザクIIの違い・比較ガンプラ画像です

ベースキットの、HGUC234シャア専用ザクIIと比較。

HGUC234シャア専用ザクとHGUC241ザクIIの違い・比較ガンプラ画像です HGUC234シャア専用ザクとHGUC241ザクIIの違い・比較ガンプラ画像です

違いは「成形色」「頭部の種類(シャア専用はツノ有りのみ)」「ランドセル」の3点です。

【ガンプラ】HGUC234 シャア専用ザクII レビュー

 

HGUC241ザクIIのガンプラレビュー画像です

HGUC ザクIIの感想

ということでHGザクIIのご紹介でした。

 

HGUC234シャア専用ザクIIの感想とかぶりますが、腰部スカートパーツが2種類付属して好きな方を選択できるのが売りといったところ。

また、モールドが少なめの原作(設定画)寄りスタイルで立体化されているのも特徴です。ある意味、RG的な解釈と間逆なガンプラに仕上がっている模様。

とにかく動きまくるので、可動域に重きを置くモデラーさんには特にオススメだよ……(*´ェ`*)

 

以上、「HGUCザクII」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る