Amazon 特価セール中 [5/19 13:40時点]
[54%OFF] ねこぶそう3 舟盛り
[50%OFF] HG ガーンズバックVer.IV(アグレッサー部隊機)
[49%OFF] HG はいぱーギャン子
[49%OFF] 1/12 ストームトルーパー・エクセキューショナー
[49%OFF] ねこぶそう2 並盛り
[48%OFF] 董卓ザク&部隊兵(董卓軍)
[47%OFF] MG ダブルオーライザー
[46%OFF] VFG マクロスデルタ VF-31J ジークフリード Ver.1.3
[45%OFF] 1/100 グレイズ (一般機/指揮官機)
[44%OFF] メガミデバイス Chaos & Pretty ウィッチ
[44%OFF] HG すーぱーふみな
[44%OFF] 1/6 ストームトルーパー
[43%OFF] 1/60 レーバテイン リパッケージVer.
[43%OFF] メガミデバイス マジカルガール DARKNESS
[40%OFF] HGUC ガンダムGP03S ステイメン
[39%OFF] RG エールストライクガンダム
[39%OFF] RG アストレイレッドフレーム
[39%OFF] HGダブルオースカイ ハイヤーザンスカイフェイズ
[38%OFF] MG ストライクフリーダムガンダム フルバーストモード
[38%OFF] MG ウイングガンダムプロトゼロEW
[38%OFF] HGUC アッガイ
[37%OFF] MG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ
[37%OFF] RG フルアーマー・ユニコーンガンダム
[37%OFF] HGUC Hi-νガンダム
[37%OFF] HGUC リゼルC型 ディフェンサーbユニット/ゼネラル・レビル配備機
[37%OFF] HGUC ザクI
[37%OFF] HGUC シャア専用ゲルググ
[36%OFF] HGUC シャア専用ザクII
Amazon 特価セール中 [5/19 13:40時点]
[54%OFF] ねこぶそう3 舟盛り
[50%OFF] HG ガーンズバックVer.IV(アグレッサー部隊機)
[49%OFF] HG はいぱーギャン子
[49%OFF] 1/12 ストームトルーパー・エクセキューショナー
[49%OFF] ねこぶそう2 並盛り
[48%OFF] 董卓ザク&部隊兵(董卓軍)
[47%OFF] MG ダブルオーライザー
[46%OFF] VFG マクロスデルタ VF-31J ジークフリード Ver.1.3
[45%OFF] 1/100 グレイズ (一般機/指揮官機)
[44%OFF] メガミデバイス Chaos & Pretty ウィッチ
[44%OFF] HG すーぱーふみな
[44%OFF] 1/6 ストームトルーパー
[43%OFF] 1/60 レーバテイン リパッケージVer.
[43%OFF] メガミデバイス マジカルガール DARKNESS
[40%OFF] HGUC ガンダムGP03S ステイメン
[39%OFF] RG エールストライクガンダム
[39%OFF] RG アストレイレッドフレーム
[39%OFF] HGダブルオースカイ ハイヤーザンスカイフェイズ
[38%OFF] MG ストライクフリーダムガンダム フルバーストモード
[38%OFF] MG ウイングガンダムプロトゼロEW
[38%OFF] HGUC アッガイ
[37%OFF] MG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ
[37%OFF] RG フルアーマー・ユニコーンガンダム
[37%OFF] HGUC Hi-νガンダム
[37%OFF] HGUC リゼルC型 ディフェンサーbユニット/ゼネラル・レビル配備機
[37%OFF] HGUC ザクI
[37%OFF] HGUC シャア専用ゲルググ
[36%OFF] HGUC シャア専用ザクII

icon
icon
icon

【ガンプラ】HG モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機) レビュー

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGモビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機)」のガンプラレビューです。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム THE ORIGIN II 悲しみのアルテイシアに登場し、マッシュが搭乗するモビルワーカーMW-01 01式後期型をご紹介。

2015年発売。

胴体上部と脚部のケーブルに軟質素材を使用し、劇中プロポーションの再現性が非常に高いガンプラに仕上がっています。

両腕はHGプロトタイプグフ(先述実証機)などと互換性のあるアタッチメントパーツが使用されています。

という事で、HG モビルワーカーMW-01 01式後期型をじっくりとレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG モビルワーカーMW-01 01式後期型

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

ご存知『黒い三連星』のマッシュが劇中でテストパイロットを務めた、赤いモビルワーカー01式後期型。

設定的には「月面開拓用の人形作業機械を開発する」事を隠れ蓑に、ダーク・コロニーで開発されたモビルスーツの原型となる機体となります。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

パイロットは黒い三連星のマッシュさん。

モビルスーツ開発のテストパイロットを務める事でパイロットとしての能力を開花させていき、後にジオンのエースパイロットと呼ばれるようになった男です(*´ェ`*)

ちなみにランバ・ラルの青いモビルワーカーはプレバンで、ブグは一般発売。

かわりに、マッシュ機のブグはプレバンになっています。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

ホイルシールは黄色と黒の警戒色とモノアイ部分を補うものが付属。

オリジン系らしく、マーキングシールも付属します。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

右手はクローのみで、左手は表情付き平手パーツとシールドを装備する時にも使用できる通常手首パーツが付属します。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGモビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機)がこちら。

設定全高が16.7mという事で、ザクより小さめのガンプラになっています。

ただ、ご覧のように非常に重量感のあるスタイルで立体化されています。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

アニメから飛び出してきたような劇中再現度ですね……(*_*;)

2015年製のガンプラという事で、造形に関しては完成されている気がします。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

後述しますが、合わせ目が異常に少ないです。

特に、素組み派モデラーさんにはかなりオススメなキットに仕上がっています。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

可動域は広く、デザイン上腕は真横まで広がりませんが手脚の関節は大きく曲がり、上半身も360度回転します。

モビルワーカー的な動きには全く困らないと思います(*´ェ`*)

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

頭部に合わせ目は出ません。

口付近の穴は細かく開口されており、よく見るとモノアイレールもメカニカルに造形されています。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

ヘルメットを外し、ツマミを動かせばモノアイが可動します。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

また、首パーツが大きく上へ可動するため、かなり上を向く事ができます。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

横、後ろから。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

胴体にも合わせ目が出ません。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

側面は肩の付け根付近や、ボルトのような細かなグレーの○まで色分けされています。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

コクピットやライトの造形もかなり細かいです。

改造派モデラーさんは、コクピットをくり抜いてマッシュを乗せてみても面白いかもしれません(*´ェ`*)←わたしの腕では無理ですが……w

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

「人形作業機械」の体をなすために取り付けられているというウィンチも、細かく造形されています。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

胴体上部のケーブルには「エラストマー」という軟質素材が使われています。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

↑のちょっと浮いている状態を見ていただければおわかりいただける通り、このケーブルが非常に外れやすいです。

接着剤等での接着は必須だと思われます。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

背部の動力用融合炉は左右はめ込み式で、合わせ目が出ます。

このモビルワーカーの、唯一の合わせ目箇所となります。

合わせ目マジで少ないっす……(*´ェ`*;)

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

肩は外側と前部分に警戒色のホイルシールを貼ります。

外側に突き出たグリップのような部分も細かく造形されています。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

後ろも。マーキングシールがいい感じですね。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

肩の取り付け基部(枠内のグレーの球体)は、外側へ引き出す事ができます。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

肘関節も大きく曲がります。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

クロー先端も開く事ができ、

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

内側のスリット形状が細かく造形されていて、肉抜きが出ない作りになっています。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

腕はHGプロトタイプグフ(戦術実証機)などに付属するマニピュレーターと互換性があります。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

取り外すとこんな感じ。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

左手は普通のハンドパーツになっていますが、平手パーツの場合↑のように肉抜きがあります。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

脚部の基部(球体のグレーパーツ)も外側に開く事ができます。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

膝関節は90度強曲がります。

脚部のケーブルも軟質素材でできており、外れやすいです。

ここも要接着といったところ。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

カカト(つま先)は可動し、接地性に優れています。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

足裏には肉抜きがありません。

モールドも非常に細かいです。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

股下には、アクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

それではアクションポーズいってみます!

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

ランバ・ラルとの模擬戦を開始するモビルワーカー(マッシュ機)!

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

クローを展開!

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

飛びかかるマッシュ!

小さめガンプラながらパーツが詰まっている感があり、存在感があります。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

クローで叩き潰すマッシュ!

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

シールドを持たせてみます。

↑のハンドパーツを使いグリップを握らせます。

グラつく事もなく安定して保持できました。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

シールドは表面のスパイクや裏側もグレーで色分けされています。

隙が無い作りだぞ……(*´ェ`*)

性能的には、ガンタンク初期型の攻撃にも耐えきった強度を誇ります。

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

シールドを構えるマッシュ!

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

むむぅ……HGモビルワーカー、完成度マジで高いぞ……(*_*;)

マッシュのガンプラ画像です

マッシュが搭乗したモビルスーツでディスプレイ。

※「HGUC黒い三連星ザクII」「HGUCドム/リック・ドム」

【ガンプラ】HGUC 黒い三連星ザクII レビュー
【ガンプラ】HGUC ドム/リック・ドム レビュー

 

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

HG モビルワーカーMW-01 01式後期型の感想

ということでHGモビルワーカーMW-01 01式後期型のご紹介でした。

 

弱点としては、胴体と脚のケーブルの軟質素材が外れやすい点になります。ここは接着した方がいいと思います(*´ェ`*)

また、

HGモビルワーカーMW-01 01式後期型のガンプラレビュー画像です

↑組み立て書の作例画像。

成形色がオレンジという事で、作例のような朱色っぽい色を再現するには塗装必須になっている点はご注意を。

今回の成形色は劇中の模擬戦の時のような、『ライトで照らされた状態』に見えない事もないので、違和感を感じなければこのままでもOKかと思います。

 

気になる点はその程度で、とにかく合わせ目が少なくプロポーションの劇中再現度が非常に高いガンプラに仕上がっていると思います。

オリジン系キットの中でも上位で組みやすく、所有欲を満たす重量感のあるガンプラになっていました。

可動域も広く完成度が非常に高いので、モビルワーカー好きには間違いなくオススメですぞ!(>ω<)

 

以上、「HG モビルワーカーMW-01 01式後期型」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る