icon

icon

【ガンプラ】HGUC ドム/リック・ドム レビュー

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGUC ドム/リック・ドム」のガンプラレビューです。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムに登場し、黒い三連星が搭乗したドムをご紹介。

2006年発売。

「背部バーニア」「リアスカート」「足の裏」を交換する事でリック・ドムも再現できるコンバーチブルキットとなります。

という事で、「ドムとリック・ドムの違い・比較」の画像や設定のおさらい、またHGUCトリプルドムセットとの違いを含め、じっくりと見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC ドム/リック・ドム

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

 

まずは色々スッキリさせようと思います(*´ェ`*)

 

ドムとリック・ドムの違い

地上用がドム宇宙用へ改装したのがリック・ドム

形状的な変更点は「背部バーニア」「リアスカート」「足裏」のみ

※「リック」表記は宇宙用という意味で、他にはリック・ディアスやリック・ディジェなどがあります
※とはいえリック・ディアスは地上にも対応していたりします

 

このキットの特徴

HGUCトリプルドムセットとの違いは、

・1体のみ入っており成型色がトリプル版と比べ明るいパープル成型色になっている

リック・ドムが組める

ビーム・バズーカが入っている

・トリプルドムセットの特徴である「ジェットストリームアタック用スタンド」「オルテガハンマーなどの付属品」「マーキングシール」は同梱せず

 

この単品版の一番の特徴は、リック・ドムが組めビーム・バズーカが同梱する点です。

コンパーチブルキットという事で選択式になりますが、せっかくなのでリック・ドムを組むのがオススメかもしれません。

一応パーツ交換により組み換え可能ですが、足裏が非常に外し辛いためどちらかを決めてからの組み立て推奨です
(実際組み替えたら足裏のピンが折れました←THE人柱

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

12年前に発売されたガンプラながら、本体の色分けは超優秀なのでホイルシールの量が少ないです。

モノアイや拡散ビーム砲、各武器の照準スコープを補うもののみ付属します。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ジャイアント・バズ」「ビーム・バズーカ」「ハンドパーツ×3」「ヒート・サーベル」「リック・ドム用換装パーツ」

ハンドパーツは左手のみ平手の表情ハンドが付属、ヒート・サーベルの刀身はクリアパーツではなくイエロー成型のものが付属します。

HGUC ドム

まずはドム状態で可動域、合わせ目を見ていきます。

※リック・ドムは後述

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

完成したドムがこちら。

ご覧の通り、大河原先生の設定画劇中ドム再現度が異常に高いです……(*´ェ`*;)

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

パーツ分轄での色分けが優秀で合わせ目も少なく、素組み派・塗装派どちらにも嬉しい仕様になっています。

ただ、関節パーツにABS樹脂が使われているため塗装派モデラーさんはご注意を。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

12年前のガンプラという事で正直舐めていたのですが、驚く事に今のガンプラ基準で見ても遜色ない造形で立体化されています。

これは素直に驚きっす……。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

可動域はこんな感じ。

手脚はそこそこ広がりますが、手脚の関節は90度が限界といったところで上半身はほぼまわりません。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

頭部はクリアパーツが使われています。

そして、

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

内部のモノアイとモノアイレールも細かく造形されています。

可動させるには赤いパーツを外し、指でモノアイの位置を変えればOKです。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

合わせ目も出ません。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

頭部は上下左右に可動します。

さすがに真横に向いたりはできませんが、首パーツ自体から可動します。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

拡散ビーム砲は光沢感のあるシールで補いますが、それ以外の色分けは完璧です。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは外部・内部と色分けされており合わせ目が出ません。

胴体と肩の球体の間に挟み込むように組み立てます。

胴体側面には合わせ目が出ます。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

上半身は前後に多少動きます。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

胴体上部の合わせ目。

肩は内部の球体に合わせ目が出ます。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

腕部は二の腕が筒状1パーツ、前腕部側面には合わせ目が出ます。

ただ、組み立て書の作例基準だとモールド扱いでした。

※段落ちモールド化はされていませんでした

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

腰部は合わせ目もなく色分けが完璧です。

フロントスカートは可動します。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

ボリュームのある脚部は合わせ目が出ません。(組み立て書作例基準)

ただ「脚の後ろ脚関節すぐ下の部分」は段落ちモールド化されていないため、合わせ目のように見えます。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

結構古いHGUCなのに、脚関節の合わせ目が段落ちモールドのようになっています。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

ドムの足裏はホバー・ユニットの造形が再現されています。

また、内部はスラスターが搭載されています。

スラスター内はレッドで要塗装となります。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

股下にはスタンド穴があります。(カバーも)

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

ドム特有の背部バーニア。

背中にはヒート・サーベルをマウントでき、角度を変える事ができます。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

ヒート・サーベルを装備させてみます。

マウント状態でも掴む事ができます。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

ドム、ヒート・サーベルを抜刀!

左手のみ平手の表情ハンドパーツが付属します。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像ですHGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

いい感じ(*´ェ`*)

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像ですHGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像ですHGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

ジャイアント・バズのグリップは持ちやすいよう、ある程度可動します。

照準スコープはホイルシールが付属。

さすがに武器類には合わせ目が出ます。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

ホバー移動するドム!

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

↑のピン!ってなってる部分、ものすごいファースト臭がして好きなんだけど……w

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、両手で構える事ができます。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

ガンダムを捉えるドム!

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

ジャイアント・バズ+ヒート・サーベルで。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像ですHGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

HGUCドム/リック・ドムの特徴であるビーム・バズーカを装備させてみます。

※設定的にはリック・ドムの装備

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

このビーム・バズーカは良くできていて、ジャイアント・バズ同様グリップ部が可動するだけでなく先端の銃口部分の造形もバッチリ再現されています。

ただ、合わせ目は普通に出るのでご注意。

照準センサーはシールが付属しますが、貼らない場合はクリアパーツになっています。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

ビーム・バズーカを構えるドム!

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像ですHGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

HGUC リック・ドム

それでは宇宙用のリック・ドム状態を見ていきます。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

こちらがリック・ドムになります。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像ですHGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像ですドムとリック・ドムの違い・比較のガンプラレビュー画像です

ドムと比べ、背部バーニアが大型化されました。

ドムとリック・ドムの違い・比較のガンプラレビュー画像です

リアスカートの形状も微妙に変わっています。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

スカート内部には適度にモールド形状アリ。

ドムとリック・ドムの違い・比較のガンプラレビュー画像です

足裏のホバー・ユニットはスラスター形状に変更。

ドムとリック・ドムの違い・比較のガンプラレビュー画像です

ドムとリック・ドムを比較。

……ぶっちゃけ、変更点が背部と足裏だけという事もありほとんど同じですw

細かな事を言えば、背部バーニアが大型化された事によりマウント状態のヒート・サーベルの角度がつけづらくなりました。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像ですHGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

……ガノタの私が言うのもなんですが、ぶっちゃけあんま変わってないよね?w

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

足裏の違いをちらつかせながらジャイアント・バズを放つリック・ドム!

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像ですHGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

ビーム・バズーカを装備。

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像ですHGUCドム/リック・ドムとザクのガンプラレビュー画像です

量産型ザクと戦地へ向かうリック・ドム。

HGUCドム/リック・ドムとザクとジムのガンプラレビュー画像です

連邦のジムと遭遇!

HGUCドム/リック・ドムとジムのガンプラレビュー画像です

ジムを瞬殺するリック・ドム!

HGUCドム/リック・ドムとガンダムのガンプラレビュー画像です

ヤバイ奴と遭遇するリック・ドム!

HGUCドム/リック・ドムとザクとガンダムのガンプラレビュー画像ですファーストガンダムのガンプラレビュー画像です

ア・バオア・クーで熾烈な戦闘を繰り広げたモビルスーツでディスプレイ。

「HGUC量産型ザク」「HGUCガンダム(リバイヴ版)」「HGUCジム」

【ガンプラ】HGUC 量産型ザク(ザクII)レビュー
【ガンプラ】HGUC ガンダム(新生REVIVE版)レビュー
【ガンプラ】HGUC ジム レビュー

 

ガイア・オルテガ・マッシュのフィギュア画像です

ハロカプの黒い三連星とディスプレイ。

ガイア・オルテガ・マッシュのフィギュア画像です

このハロカプ、めちゃめちゃクオリティが高いので一緒に飾るのをオススメします(*´ェ`*)

ガイア・オルテガ・マッシュのフィギュア画像です

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>>『中古 ハロカプ 黒い三連星』の在庫を見る

 

HGUCドム/リック・ドムのガンプラレビュー画像です

HGUC ドム/リック・ドムの感想

ということでHGUC ドム/リック・ドムのご紹介でした。

 

12年前のガンプラという事で舐めてましたが、今のガンプラ基準で見ても十分通用する傑作キットに仕上がっていました。

具体的に言うとパーツ分轄による色分けが優秀で、本体の目立つ合わせ目が胴体・武器ぐらいにしかありません。

メカニカルなモノアイ形状が造形されていたり、各武器の照準レンズ部分もクリアパーツが使われているため改造派モデラーさんにも満足度が高いと思います。

オーパーツかな?

リバイヴ版が出なかったのも頷ける出来。

劇中再現度が高過ぎるので、このHGUCドム/リック・ドムがドムの決定版で間違いないでしょう。

※ジェットストリームアタック目当てならトリプルドムセットが決定版

特にROBOT魂のVer.A.N.I.M.E.好きなモデラーさんにはたまらないドムのスタイルになっていると思いますぞ。

 

以上、「HGUC ドム/リック・ドム」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>>『中古 HGUC ドム/リック・ドム』の在庫を見る