スポンサーリンク
スポンサーリンク

iconicon
iconicon
icon

【ガンプラ】MG リック・ドム レビュー

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「MGリック・ドム」のガンプラレビューです。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムに登場するリック・ドムの、2022年発売マスターグレード版をご紹介。

リニューアル版のMG 1/100 ドムのランナーを使いつつ、宇宙用であるリック・ドム特有の「背部スラスター・ユニット」「リア・スカート・アーマー」「足裏バーニア・ユニット」が付属します。

成形色も微妙に変化しており、大型試作ビーム兵器のビーム・バズーカが付属

という事で、MGリック・ドムをMGドムとの比較画像を含めてレビューしていきたいと思います!

MG リック・ドム

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

2022年版のMGリック・ドムのボックスアートは、足裏のバーニア・ユニットを見せつけるようなかっこいいCGで描かれています(>ω<)

ちなみにMGリック・ドムは1999年にも発売されていますが、今回は2022年版のMGドムと同様に「MGドワッジ」の関節フレームが採用されているため、現代風MGにアップデートされています。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

今回も水転写デカールが付属。リック・ドム専用のものになっています。

また、ビーム・バズーカのセンサーに使うジュエルシールも付属します。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ジャイアント・バズ」「ビーム・バズーカ」「ヒート・サーベル」「1/100パイロットフィギュア」

MGドムに入っていた「ラケーテン・バズ」「MS用マシンガン」「シュツルム・ファウスト」が同梱しないかわりに、ビーム・バズーカが付属する感じです。

という事で、付属武器数はMGドムから減っています。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

大量の余剰パーツがこちら。

旧版MGドムのパーツなどが色々余ります。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

そして完成したMGリック・ドム(2022年版)がこちら。

関節フレームにMGドワッジのパーツが流用されているため、最新フォーマット風にアップデートされているのが特徴です。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

MGドムと同様に、地味にショルダーアーマーも前後はめ込み式から1パーツ方式に変更されており合わせ目が出ないパーツ分割構造になっています。

ただ売りでもあるビーム・バズーカはほぼ旧版と同じ仕様のため、ど真ん中に合わせ目が出たりはします。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

リック・ドムという事で、特に後ろ姿が変化しているのが特徴です。

MGドムとリック・ドムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

ではMGドム(2022年版)とどこが変化しているのか見ていきます。

まずはご覧のとおり、紫の色合いが渋めの成形色に変更されているのが特徴です。

MGドムとリック・ドムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

背部を比較。ドムは地上用、リック・ドムは宇宙用という事で細かな点が変化しています。

MGドムとリック・ドムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

具体的に比較。前から見た場合、成形色以外はほとんど変化を感じません。(あえて言うならリアスカートが見えた場合そこが変化しているだけ)

MGドムとリック・ドムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

背部を比較。

スラスター・ユニットと、腰部リア側のスカート・アーマーが変更されています。

MGドムとリック・ドムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

足裏を比較。ドムではホバー・ユニットが搭載されていますが、リック・ドムではバーニア・ユニットに変化しました。

以上、本体の違いは「成形色」「デカール類」「背部スラスター・ユニット」「リアスカート」「足裏ユニット」です。(武器の違いについては後述)

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手足は大きく広がり顔を上げる動作も得意です。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上大きく曲がります。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

真横を向くことはできませんが、腰をひねる事ができます。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。モノアイとモノアイカバーにはクリアパーツが使用されています。

※このあたりはMGドムと同じです

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。合わせ目はありません。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

頭部の装甲パーツを外せば、モノアイを動かすことができます。

左右のほか、上下にも可動します。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。胸部左の拡散ビーム砲にもクリアパーツが使用されています。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

コクピットハッチは開閉し、中に座った状態の1/100パイロットフィギュアを乗せることができます。(組み終わったら取り出すのはちょい難しいので、パイロットは組み込む前での塗装推奨)

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

合わせ目が出ないショルダーアーマーは、内部のレッドも色分け済みです。

肩フレームを引き出す事ができ、前方向への可動に優れています。バズーカを両手で構える時などに便利な引き出しギミックです。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

腕部をアップで。地味に基部の球体もパーツ分割方式が変化しており、合わせ目が出ない作りに進化しています。(2022年版MGドムと同様)

手首パーツはエモーションマニピュレーターが採用されており、指関節を細かく曲げることができます。専用の武器持ち手などは付属しません。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

腰回りのフロントスカートは可動。このリアスカートがリック・ドムの特徴です。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

足の付け根軸は前後に可動します。

下から覗き込むとバーニアが搭載されているのがわかり、それぞれ動かすことができます。ただバーニア自体は、MGドムと同じ作りです。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

脚部を外側に引き出すことにより、アクションベース4股間止め用8mm幅(ACB-4B⑨)に対応します。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

ボリューミーな脚部。足を曲げた際に露出する関節フレームには、合わせ目アリです。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

リック・ドムの特徴である、バーニア・ユニットが搭載された足裏がこちら。

カカト付近の内部にもバーニアが搭載されており、内部装甲は赤の裏打ちパーツで色分けされています。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

スラスター・ユニットはリック・ドム特有の形になっており、ぐるぐる可動。

内部は↑の下画像のようになっていて、見えないところも作り込まれているのが好印象です。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

ヒート・サーベルは、背中にマウントできます。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

足裏のバーニア・ユニットをチラせつきながら展示。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

まずはリック・ドム最大の売りである、ビーム・バズーカから。

MGドムには付属しない目玉武器になりますが、ほとんど旧MG版と同じ作りで合わせ目の目立つパーツ分割構造です。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

手首パーツ内とグリップの凹凸をあわせて持たせるため、安定して構える事ができます。

また、2箇所から好きな位置で持たせることができるのも特徴です。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

センサー部のジュエルシールをアップで。

↑画像下のように、合わせ目は結構目立ちます。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

ビーム・バズーカを構えるリック・ドム!

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

アクション!

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

顔を上げる動作が得意かつモノアイが上へ可動するので、面白いポージングが楽しめます。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

手を添えて。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

MGドムにもついてくる、ジャイアント・バズも付属します。

スコープにはクリアパーツが使用されており、スコープカバーは開閉します。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

フォアグリップが可動し、両手で構えることができます。

肩の引き出しギミックの恩恵で、無理なくポージングできます。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

ジャイアント・バズをぶっ放すリック・ドム!

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

ダブルバズーカ状態でパシャリ。

それぞれどちらの手にも持たせることができます。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

イイ感じ……!(>ω<)

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

ヒート・サーベルを抜刀!

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

ヒート・サーベルはMGドムと同じものが付属します。

こちらもグリップと手の平の凹凸を合わせるように持たせるため、ガッチリと保持できます。

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

斬りかかるリック・ドム!

HGUCリック・ドムとMGリック・ドムの比較ガンプラ画像です

HGUC 1/144 ドム/リック・ドムと比較。

HGUC版のドムはドムとリック・ドムどちらで組むこともできるのが特徴です。

HGUCリック・ドムとMGリック・ドムの比較ガンプラ画像です HGUCリック・ドムとMGリック・ドムの比較ガンプラ画像です

【ガンプラ】HGUC ドム/リック・ドム レビュー

 

MGドムとリック・ドムのガンプラ画像です

リックではない、MGドムのレビューは↓でどうぞ。

【ガンプラ】MG ドム レビュー

 

MGリック・ドムのガンプラレビュー画像です

MG リック・ドムの感想

ということでMGリック・ドムのご紹介でした。

 

まとめると、2022年版MGドムとの変更点は「成形色」「デカール類」「背部スラスター・ユニット」「リアスカートの形状」「足裏のバーニア・ユニット」で、「ラケーテン・バズ」「MS用マシンガン」「シュツルム・ファウスト」が付属しないかわりに巨大な「ビーム・バズーカ」が同梱します。

そのまま組んでも良し、塗装してシャア専用リック・ドムを再現するも良しで、現代風アップデートされたまさに最新ガンプラ感ただようリック・ドムが再現されていると思うぞ!(>ω<)

このレベルになるとあまり不満はないですが、肩が多少引き出しにくかったりするのでポーズ付けの際は破損にはご注意を!ネットで検索してみると、早速シャア専用リック・ドムに塗装したモデラーさんもいて、そのクオリティに感動しました……(*ノェノ)

 

以上、「MG リック・ドム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る