icon
icon

【ガンプラ】HGUC ムーンガンダム レビュー

HGUCムーンガンダムのアイキャッチガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGUC ムーンガンダム」のガンプラレビューです。

HGUCムーンガンダムのガンプラレビュー画像です

機動戦士MOONガンダムに登場する主役機、ムーンガンダムが発売されました。

サザビーの系譜に繋がる機体デザインが再現され、シール・ポリキャップレスという新しい息吹を感じるガンプラに仕上がっています。

特徴的なサイコプレートは分離・組み換えギミックを搭載、武装は「ビームライフル」のほか「ビーム・トマホーク」「バタフライ・エッジ」が付属。

それではついに発売されたHGUCムーンガンダムを、じっくりガッツリとレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC ムーンガンダム

HGUCムーンガンダムのボックスアート画像です

月を背にした超かっこいいボックスアート。

漫画「機動戦士MOONガンダム」第一弾となるガンプラがついに発売されました。

めでたい!(*´ェ`*)

HGUCムーンガンダムの組み立て書の画像です

ムーンガンダムとは

・サザビーのプロトタイプ「バルギル」のボディに、新型サイコミュ搭載ガンダムタイプの頭部・サイコプレートを連結させた機体

HGUCムーンガンダムのバルギルの画像です

系譜的にはバルギル→ムーンガンダム→サザビーとなります。

ちなみに1/144バルギルはC3 AFA TOKYO 2018に参考出品されていました。

頭部とバックパックが違うだけっぽいので、今後プレバンとかでバリエーション展開がありそうですね。

HGUCムーンガンダムの付属品一覧ガンプラレビュー画像です

レビューに戻って。付属品一覧がこちらになります。

※「ビーム・ライフル」「ビーム・トマホーク(+ビームエフェクトパーツ)」「バタフライ・エッジ(エフェクトパーツ×4)」「ハンドパーツ5つ」「各種ジョイントパーツ」「クリアブラックのアクションベース5

HGUCムーンガンダムのガンプラレビュー画像です

今回のHGUCムーンガンダムは、ポリキャップレスでシールも付属しません。

パーツ分割による色分けはシールがなくともほぼ完璧に再現されています。

※「ほぼ」部分は後述

ガンプラのクオリテイがまた一段進化したようなキットに仕上がっているぞ……(*´ェ`*)

HGUCムーンガンダムのガンプラレビュー画像です

ホワイト部分の成型色はグレーがかったホワイトと通常ホワイトの2色が使用されています。

そのおかげでHGシリーズながら立体感のある見栄えに。

HGUCムーンガンダムのガンプラレビュー画像です

サイコプレートはクリアレッドとホワイトの2色構成。

バックパックから伸びるアームで保持し、重心が後ろに寄るものの自立は可能です。

※サイコプレートの分離ギミックは後述

HGUCムーンガンダムの可動域のガンプラレビュー画像です

基本的な可動域はこのぐらい。

特に腕がかなり上がり、腕関節も45度以上曲がります。

腰も360度回転するのでポージングに困る事はないと思います。

HGUCムーンガンダムの頭部のガンプラレビュー画像です

頭部は目のグリーンもパーツ段階で色分けされています。

「後ろのアンテナ先端(レッド)」「頭部のくぼみ部分(グリーン)」は色分けされていないため、数少ない要塗装ポイントとなります。

HGUCムーンガンダムの目のクリアパーツとグリーンパーツ選択式のガンプラレビュー画像です

目はグリーン成型パーツの他、クリアーパーツも付属。

塗装派にも優しい仕様ですね。

目にシールを使わないというあたりが新たなガンプラスタンダードを予感させます。

HGUCムーンガンダムの顔の合わせ目のガンプラレビュー画像です

顔は左右分割式で、後頭部には合わせ目が出ます。

ただこのキット、合わせ目箇所は異常に少ない模様。

HGUCムーンガンダムの胴体のガンプラレビュー画像です

胴体は少しパープルがかったブルー成型色。

何気にガンダムタイプとしては珍しいブルーですよね。他だとガンダムデルタカイとアイズガンダムぐらいかな?

お腹の動力パイプ部分含め、合わせ目は出ません。

HGUCムーンガンダムの胴体側面の合わせ目のガンプラレビュー画像です

胴体側面↑部分は一見合わせ目のようにも見えますが、組み立て書の作例でも消えていないためモールド扱いにしても良さげです。

(至近距離で見ても段落ちかわからず、最近こういうの増えてきました)

肩・胴体上部ともに合わせ目は出ません。

HGUCムーンガンダムの肩部のガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーはーツ分割が超優秀で合わせ目がなく、側面もイエロー・グレーと色分けされています。

サブアーマーも可動。

素晴らしい……(*´ェ`*;)

外側へつり上がったデザインがサザビーを感じさせます。

HGUCムーンガンダムの腕部のガンプラレビュー画像です

腕部も合わせ目無し。

二の腕は筒状1パーツ、前腕部にはバタフライ・エッジが収納されています。

※両腕とも・展開状態は後述

HGUCムーンガンダムの丸型はんdのパーツのガンプラレビュー画像です

ハンドパーツはジオン系MSに多い丸型の指になっています。

ここもサザビーを感じさせる形状ですね。

丸指って宇宙世紀のガンダムタイプだとファーストガンダム以来でしょうか。

HGUCムーンガンダムの肩の前後可動のガンプラレビュー画像です

肩の前後可動は優秀で、胴体内部の接続パーツ(凹)はかなり上まで引き上げる事が可能です。

HGUCムーンガンダムのバックパックのガンプラレビュー画像です

バックパックには展開可能なアーム2本が接続されています。

また、上部中央にはビーム・トマホークをマウントしています。

HGUCムーンガンダムのフロントアーマーと裏のモールドのガンプラレビュー画像です

股間部分のグレーパーツも色分けされています。

また、フロントアーマー裏側にもメカニカルなモールドあり。

HGUCムーンガンダムのリアアーマーと裏モールド、可動のガンプラレビュー画像です

リアアーマーは裏側がグレーで色分けされており、モールドも刻まれています。

しかも可動するという。

……隙がない作りだ(*_*)

HGUCムーンガンダムの股下とアクションベース穴のガンプラレビュー画像です

股間下にはアクションベース用の穴が空いていません。

スタンドを使用する場合はリアアーマーを開き、お尻部分(↑)の穴を使います。

※スタンド用の専用ジョイントパーツが付属

HGUCムーンガンダムの脚部可動のガンプラレビュー画像です

脚部のパーツ分割は素晴らしく、前後左右とパーツをかぶせていく構造で合わせ目が出ません。

また、関節を曲げるとRG並に内部フレームが露出する仕組み。

もちろん実際にはフレーム構造ではないのですが、HGでこれが再現できるというのが素晴らしい。

HGUCムーンガンダムの脚部のガンプラレビュー画像です

小さなダクト・バーニアもグレーで色分けされている上、足裏には肉抜きが出ません。

アンクルガード上の「∧」部分はレッドで要塗装になります。

白いパーツの上なので、ガンダムマーカー等でも簡単に処理できそうな部分です。

HGUCムーンガンダムの股関節スイング可動のガンプラレビュー画像です

脚の付け根は前後にスイングするギミックを搭載。

グイングインと前後に脚を持っていけます。

HGUCムーンガンダムのスリッパ可動のガンプラレビュー画像です

スリッパの左右、前後の可動域も広く接地性に優れています。

それではサイコプレートを懸架させてみます!

HGUCムーンガンダムのサイコプレートのガンプラレビュー画像です

月の形をしたようなサイコプレート

クリアレッドの成型色がとても綺麗です。

白い面の両先端ダクトのような箇所は本来イエローなので、要塗装です。

HGUCムーンガンダムのサイコプレートのガンプラレビュー画像です

サイコプレートはジョイント接続になっており、8つに分離します。

HGUCムーンガンダムのサイコプレート接続方法のガンプラレビュー画像です

可動式のアームから固定式のアームに取り替え、↑のように接続。

固定式アームは肉抜きのようなものがあります。

HGUCムーンガンダムのガンプラレビュー画像です

パッケ風。

ムーンガンダム、サイコプレートを展開!

HGUCムーンガンダムのガンプラレビュー画像です

接続強度がちょうどよく、ポロリもしませんでした。

ただプラ接続のため、動かしまくっていると緩んでくる可能性はあると思います。

HGUCムーンガンダムのガンプラレビュー画像です HGUCムーンガンダムのサイコプレートの湾曲ギミックのガンプラレビュー画像です

各ジョイント部を引き出し、弧を描いた状態にもできます。

HGUCムーンガンダムのサイコプレートのガンプラレビュー画像です

芸が細かいですね。それでは武装を見ていきます!

HGUCムーンガンダムのビーム・トマホークのガンプラレビュー画像です

バックパックにマウントされたビーム・トマホークを引き抜き、エフェクトパーツを接続します。

HGUCムーンガンダムのガンプラレビュー画像です

ムーンガンダム、ビーム・トマホークを装備!

HGUCムーンガンダムのガンプラレビュー画像です

主役機なのにビームサーベルじゃないところがいいよね……。

さすがサザビーの系譜……(*´ェ`*)

HGUCムーンガンダムのビーム・ライフルのガンプラレビュー画像です

次はビーム・ライフル

2パーツ左右はめこみ式のシンプルな構造ですが、合わせ目部分が段落ちモールド化されています。

※段落ちになっていない部分が少々あります(銃口など)

HGUCムーンガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフル、ビーム・トマホーク共にバルギルから引き継いだ携行武器という設定で、バルギルと同デザインになります。

HGUCムーンガンダムのガンプラレビュー画像です HGUCムーンガンダムのガンプラレビュー画像です HGUCムーンガンダムのサイコプレート折りたたみギミックのガンプラレビュー画像です

サイコプレートは折りたたんだ状態にもできます。

※内側の凹凸に合わせるだけでOK

HGUCムーンガンダムのガンプラレビュー画像ですHGUCムーンガンダムのガンプラレビュー画像です HGUCムーンガンダムのバタフライ・エッジのガンプラレビュー画像です

バタフライ・エッジを展開させてみます。

一度バタフライ・エッジのパーツを引き抜き、エフェクトを取り付けたあと戻します。

HGUCムーンガンダムのバタフライ・エッジのガンプラレビュー画像です

両腕分のエフェクトが付属。

HGUCムーンガンダムのバタフライ・エッジのガンプラレビュー画像です

ムーンガンダム、バタフライ・エッジで攻撃!

HGUCムーンガンダムのバタフライ・エッジのガンプラレビュー画像です

ごく限られた時間であれば、サイコミュによる遠隔ブーメランとして機能するという設定。

HGUCムーンガンダムのバタフライ・エッジのブーメラン状態のガンプラレビュー画像です

ムーンガンダム、バタフライ・エッジを投擲!

HGUCムーンガンダムのバタフライ・エッジのブーメラン状態のガンプラレビュー画像です

カッケェ!

HGUCムーンガンダムのシールドのガンプラレビュー画像です

分離させたサイコプレートは、シールドのような状態としても運用可能です。

バタフライ・エッジのパーツを外し、専用のジョイントパーツを接続して展開させます。

HGUCムーンガンダムのガンプラレビュー画像です HGUCムーンガンダムのガンプラレビュー画像です

このサイコプレート、いろいろな状態で装備できるから触っていて楽しいです。

HGUCムーンガンダムのガンプラレビュー画像です HGUCムーンガンダムに付属するアクションベースのガンプラレビュー画像です

サイコプレート穴用のジョイントパーツも付属。

同梱されているクリアブラックのアクションベース5を使ってこのようにディスプレイする事もできます。

ただ、サイコプレートに接続する場合高さが足りないため立たせた状態で設置した方がいいかもしれません。

HGUCムーンガンダムのガンプラレビュー画像です HGUCムーンガンダムのガンプラレビュー画像です

メカデザイナー形部氏のファンにはたまらないデザインだと思う……(ヨダレ

下半身とか少しキマリス入ってるような気がします。

HGUCムーンガンダムとサザビーの比較ガンプラレビュー画像です

HGUCサザビーと比較。

完成形のサザビーと比べると全高はかなり違いますね。

HGUCムーンガンダムとサザビーの比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC サザビー レビュー

 

HGUCムーンガンダムとRGサザビーの比較ガンプラレビュー画像です

RGサザビーと比較。

RGが出た時、同じフレームでRGムーンガンダム来るのかな?と思いましたがサイズ的に流用できないかもしれないですね。はてどうなるか。

HGUCムーンガンダムとRGサザビーの比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】RG サザビー レビュー

 

ガンダムエース付録ロング・ライフルのガンプラレビュー画像です

2018年11月号の月刊ガンダムエース付録、ロング・ライフルを装備させてみました。

HGUCムーンガンダム用のハンドパーツが付属するのでこちらもおすすめ。

【ガンダムエース付録】HG 1/144 ロング・ライフル レビュー

 

HGUCムーンガンダムのガンプラレビュー画像です

HGUC ムーンガンダムの感想

ということでHGUC ムーンガンダムのご紹介でした。

 

ポリキャップレスにシール無し仕様になっていて今後のガンプラ進化を期待させるクオリティに仕上がっていました。

 

後頭部とビーム・ライフル一部に合わせ目が出ますが、目立つ箇所の合わせ目は無く可動域も広いです。

色分けも優秀で、足りない箇所は「アンテナ先端のレッド」「頭部のグリーンライン」「アンクルガードの∧」「サイコプレートの先端イエロー」になります。

どこも小範囲な上、白いパーツの上という事で部分塗装するにしてもかなり楽な箇所になっています。

また、「パープルがかったブルー」や「サイコプレートのクリアレッド」の成型色がとても綺麗な色で高級感を感じるため、素組み派モデラーさんにもおすすめです。

 

長らく宇宙世紀(正史)の新シリーズは無かったと思うので(Twilight AXIS以来?)今後の展開がメチャメチャ楽しみです!!(*´ェ`*)

 

以上、「HGUC ムーンガンダム」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
新品『HGUC ムーンガンダム』の在庫を見る
中古『HGUC ムーンガンダム』の在庫を見る