【ガンプラ】RG サザビー レビュー

RGサザビーのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「RG サザビー」のガンプラレビューです。

RGサザビーとシャア・アズナブルのフィギュアの画像です

ついに発売されたRGサザビー。

RGのオリジナル要素として、「肩・脚装甲、サイド・リアアーマー」が展開し内部フレームが露出するギミックを搭載。

また、腕の可動範囲を拡大するギミックも搭載しており腕は2箇所伸縮します。

や脚まわりの可動範囲を広げるための工夫も随所に散りばめられており、バンダイの最新技術の集大成といってもいい程のガンプラに仕上がっていました。

とはいえ、RGはポロリが激しいイメージがあるので「実際のところはどうなのか!?」という点に重きを置き、ガッツリと本音レビューをしていきたいと思います!

スポンサーリンク

RG サザビー

RGサザビーのボックスアート画像です

まずはボックスアートから。

このサザビー、箱がMG並の大きさになっていました(*´ェ`*)

RGサザビーの組み立て書とリアリスティックデカールの画像です

組み立て書とリアリスティックデカール。

相変わらず見た瞬間クラクラしそうな量が付属します(>ω<)

1/144シャア・アズナブルの画像です

1/144シャア・アズナブルも付属。

全高1cmほどとは思えない造形で、ちゃんとシャアだとわかる形をしているのが凄いっす。

RGサザビーの付属武器一覧画像です

付属品一覧。

※「ビーム・ショット・ライフル」「シールド」「ビームサーベルの柄×2」「ビーム・トマホーク」「各種ハンドパーツ(握り手×2、武器持ち手×2、平手×2、ライフル保持用の右手)」「ビームエフェクトパーツ×6」「1/144シャアのフィギュア」

ビーム・ショット・ライフルのトリガーに指をかけたハンドパーツは右手しか付属しません。

RGサザビーのフレーム部分のガンプラレビュー画像です

まずはフレームから見ていきます。

このRGサザビー、今までのRGと違い「アドヴァンスドMSジョイント」は一部しか使用されていません。

※肩、腰、前腕部のみ

基本的な骨組みを一から組んでいく形で、感じ的にはMGを1/144スケールで再現したと言った方がしっくりくるキットでした。

RGサザビーのフレーム部分のガンプラレビュー画像です

……このフレーム使ってムーンガンダムのRGとかも来るのだろうか……(*´ェ`*)

RGサザビーのフレームの可動域の画像です

フレーム状態の可動を少々。

RGサザビーのフレーム部分状態のアクション画像です

関節強度は少し硬めでカッチリとポーズが決まります。

RGサザビーのコックピットのガンプラレビュー画像です

赤いボール型のコックピット。

モノアイはクリアパーツで首周りの動力パイプも細かく造形されています。

RGサザビーのガンプラレビュー画像です

という事で、まずはストレート組みしたサザビーがこちらになります。

MGのVer,Kaではレッド外装は3色成型でしたが、RGでは2色となっています。

RGサザビーのガンプラレビュー画像です

これでも十分かっこいいと思いましたが、今回はリアリスティックデカールを全て貼りスミ入れだけしてみました↓

RGサザビーのリアリスティックデカールを貼った比較画像です

比較。情報量が格段に増えました。

RGサザビーのガンプラレビュー画像です

それではこの状態でレビューの続きいってみます。

このサザビー、合わせ目が異常に少ないキットに仕上がっています。※合わせ目については後述

RGサザビーのガンプラレビュー画像です

パーツ数がかなり多く、パーツ分割による色分けもほぼ完璧です。

RGサザビーの要塗装箇所のガンプラレビュー画像です

ほぼ、というのは主にバーニア内部(イエロー)の色が足りないのですが、このRGサザビーは新解釈のデザインになっていると思うので、このままでも正解といえそうです。(組み立て書作例もグレーのまま)

原作再現派モデラーさんは要塗装といった感じ。

RGサザビーのガンプラレビュー画像です

HGUCと比べプロペラントタンクも大型化され、迫力のある造形になっています。

RGサザビーのガンプラレビュー画像です RGサザビーの可動域のガンプラレビュー画像です

可動域は手足も十分曲がり腰も360度回転します。

動かしづらいサザビーを、よくこんなに超絶可動するよう設計したものだわ……(*_*)

RGサザビーの頭部のガンプラレビュー画像です

目は透明のクリアパーツが使用されています。

頭部アンテナはHGと違い安全フラッグは無く、デフォルトで尖っています。

そして意外な事に、顔の可動範囲が狭くHG版のように上を向く事ができませんでした。

RGサザビーの開閉する頭部のガンプラレビュー画像です

ゲート位置は目立たない配置になっています。

一部にアンダーゲートを採用しているというのもあり、素組みでも比較的綺麗に仕上がる印象。

ですが、その半面アンダーゲートの影響で組み立て作業時間はかなりかかると思った方がいいです(>ω<)

RGサザビーの胴体のガンプラレビュー画像です

精細でメカニカルな造形の胸部。

もうこれだけでかっこいいわ……。

RGサザビーのメカニカルな胴体のガンプラレビュー画像です

スリット部分は開口しており、モールドはこれでもかと刻まれています。

RGサザビーの胴体の前後可動のガンプラレビュー画像です

上半身は少しだけ前後に傾きます。

RGサザビーのファンネルコンテナとプロペラントタンクのガンプラレビュー画像です

ファンネルコンテナ裏側の造形やスリット造形も素晴らしいですが、2基のプロロペラントタンクは合わせ目アリ。

大型にデザインされており、基部で可動します。

RGサザビーのバックパックの画像です

バックパックは2つのダボ穴を背中と接続する方式で取り外ししやすいです。

装着してしまえば全く見えなくなる部分にも、びっしりとモールドが刻まれています。

RGサザビーのバックパック可動のガンプラレビュー画像です

ファンネルコンテナは上下左右に適度に可動。

バックパックとKPSでジョイントされており、接続強度も丁度良い感じ。

RGサザビーのファンネルの画像です

ファンネルコンテナは開閉し、計6基あるファンネルは一つ一つ取り外す事ができます。

また、展開状態も再現可能です。

ですが、このキットには真鍮線や軟質クリア棒が同梱せず、展開状態でディスプレイする事ができませんでした。

RGサザビーがファンネルを展開した画像です

という事で、別途スタンドを使いファンネルを展開。

ファンネルの穴は3mm穴になっているので、一応アクションベースに展示可能です。

スタンド穴に取り付けた後、ファンネルを奥に押し込むだけで4枚の羽が開くのでめちゃめちゃ楽に展示できます。

RGサザビーがファンネルを展開した画像です

使用したのは魂ステージのアクトトライデントプラス

RGサザビーの肩の可動域のガンプラレビュー画像です

肩のサブアーマーは可動し、丁度良い位置で止まってくれます。

RGサザビーの肩アーマーギミックのガンプラレビュー画像です

また、肩アーマーが展開し内部フレームが露出するRGオリジナルギミックを搭載しています。

肩先端の突起部分もRGならではのデザインになっていますね。

RGサザビーの肩可動ギミックのガンプラレビュー画像です

その他にも肩の前後装甲が広がり、腕可動を邪魔しない設計になっています。

RGサザビーの肩の前方向可動のガンプラレビュー画像です

肩自体もかなり前方まで可動。

RGサザビーの腕部のガンプラレビュー画像です

マッシブな腕部は複数パーツで細かく構成されています。

RGサザビーの腕が伸びるガンプラレビュー画像です

腕は伸縮ギミックを搭載。

二の腕内側のパーツを開き、腕を伸ばしたあと戻します。

RGサザビーの腕関節の曲がり具合のガンプラレビュー画像です

このギミックのおかげで、驚異の腕可動を実現。

RGサザビーの腕部伸縮ギミックのガンプラレビュー画像です

更に前腕部、ハンドパーツの付け根付近も伸ばす事ができます。

こちらもカバーパーツを一旦開き、手を引き出した後戻せばOK。

RGサザビーの腕部可動のガンプラレビュー画像です

腕先端も可動するようになりました。ライフルの重さで落ちてくることもありません。

今回のバンダイさん、気合い入りまくっている模様。

RGサザビーの腰部のガンプラレビュー画像です

フロント・サイド・リアアーマーの接続はアドヴァンスドMSジョイントが使用されています。

足回りの邪魔にならないよう動かせるだけではなく、

RGサザビーの腰回転ギッミックのガンプラレビュー画像です

股間パーツを前方へ傾ければ腰の回転がスムーズになります。

腰はこのギミックを使用せずとも回転しますが、メガ粒子砲がわずかに引っかかる問題がうまく解消されています。

RGサザビーのサイドアーマー展開ギミックの画像です

RGオリジナル要素で、サイドアーマーの装甲がスライドし内部が露出するギミックを搭載。

内部に貼ったリアリスティックデカールがキラリと顔を出します。

RGサザビーのリアアーマー可動のガンプラレビュー画像です

リアアーマーも可動。

RGサザビーのリアアーマーのガンプラレビュー画像です

表の細かな色分けも完璧で、裏側にも情報量の多いモールドが刻まれています。

隙が無いですな……。

リア・アーマーの展開ギミックの画像です

そしてバックパックの推進部が展開する、RGオリジナルギミックを搭載。

リアアーマーに限らずフロントアーマーもですが、肉抜きが無く分厚いプラで構成されておりRGらしい高級感を感じます。

RGサザビーの股下のスタンドジョイントパーツのガンプラレビュー画像です

アクションベース用の穴は空いておらず、股間後方に専用のジョイントパーツを噛ませます。

撮影していて落下する事はありませんでしたが、本体自体がかなり重いのでアクションベース5推奨です。(組み立て書にも記載されていました)

 

RGサザビーの脚付け根可動ギミックのガンプラレビュー画像です

脚の付け根はスライドギミックを搭載。

後方がデフォルトで、前方へ持っていくには下部のパーツを下にずらしてから付け根をスライドさせます。

RGサザビーの脚の前後可動のガンプラレビュー画像です

グワングワン動くぞ……(*´ェ`*)

RGサザビーの脚部と足裏のガンプラレビュー画像です

脚部は接地性が良く、重心バランスも良いので安定して立たせる事が可能です。

足裏にはもちろん肉抜きなし。

脚はよくある左右はさみこみ形式ですが、後ろの中央は段落ちモールドになっているので合わせ目が出ません。

RGサザビーの脚周辺の可動ギミックのガンプラレビュー画像です

脚部側面バーニアの外装部分は展開する事ができます。

RGサザビーの脚バーニアのガンプラレビュー画像です

装甲内側やバーニア内部に細かなモールドがあるだけでなく、見えないところもバッチリ色分けされています。

RGサザビーの足先の可動範囲のガンプラレビュー画像です

足先も必要十分に可動。

KPSの恩恵で、止まってほしいところで止まってくれます。

RGサザビーのビーム・ショット・ライフルのガンプラレビュー画像です

それでは武器いってみます。

ビーム・ショット・ライフルは赤いパイプ部分も別パーツで色分けされています。

RGサザビーのビーム・ショット・ライフルの色分けのガンプラレビュー画像です

また、専用の銃持ち手も凹凸を合わせる形でガッチリ保持できます。

※銃持ち手は右手のみ付属

RGサザビーのガンプラレビュー画像です

ビーム・ショット・ライフルを構えるサザビー!

RGサザビーのビーム・ショット・ライフルの可動ガンプラレビュー画像です

銃身下部は地味に可動します。

RGサザビーのガンプラレビュー画像です

うっ……かっこ良過ぎやしませんかね……

RGサザビーのシールドのガンプラレビュー画像です

お次はシールド。

RGサザビーのシールドアップのガンプラレビュー画像です

リアリスティックデカールのネオ・ジオンマーク(ゴールド)が落ち着いた色になっており、高級感があります。

シールド裏のスリットも細かく開口。

RGサザビーのシールドマウントのガンプラレビュー画像です

腕側面にガッチリマウントできました。

角度を変えられますが、さすがに角度を変えまくっているとポロリする事アリ。

RGサザビーのシールドミサイルのガンプラレビュー画像です

シールドミサイルを放つサザビー!

RGサザビーのガンプラレビュー画像です

スタンドで浮かせてみます。

RGサザビーのガンプラレビュー画像です

この後ろから見た情報量の多さよ……。

素晴らしい……(涙

RGサザビーのビームサーベルのガンプラレビュー画像です RGサザビーの手に持たせるギミックのガンプラレビュー画像です

前腕部に収納されているビームサーベルはダミーで、持たせる時は別パーツのサーベル柄を持たせます。

こちらもハンドパーツの凹凸に合わせて持たせる仕様です。

RGサザビーのガンプラレビュー画像です

サザビー、ビームサーベル抜刀!

RGサザビーのガンプラレビュー画像です RGサザビーのビーム・トマホークのガンプラレビュー画像です

ビーム・トマホークを装備。

RGサザビーのガンプラレビュー画像です RGサザビーのガンプラレビュー画像です RGサザビーのガンプラレビュー画像です

ビーム・トマホークはシールドにマウントした状態でも展開可能です。

RGサザビーのガンプラレビュー画像です RGサザビーのガンプラレビュー画像です

長い方のエフェクトパーツに変えて。

RGサザビーのガンプラレビュー画像です

これが1/144スケールってのがしゅごい……(*´ェ`*)

RGサザビーとリ・ガズィのガンプラレビュー画像です

VS天パリ・ガズィ!

RGサザビーとリ・ガズィの比較ガンプラレビュー画像です

HGUCリ・ガズィと比較。サザビーの全長は23cm程になっています。

【ガンプラ】HGUC リ・ガズィ レビュー

RGサザビーとνガンダムのガンプラレビュー画像です

νガンダムとラストバトル!

RGサザビーとνガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

HGUCνガンダムと比較。次はRGνガンダムかな……?

【ガンプラ】HGUC νガンダム(ニューガンダム)レビュー

HGとRGサザビーの比較画像です

それでは気になるモデラーさんも多いと思う、HGUCとRGサザビーを比較してみます。

HGとRGサザビーの比較画像です

HGの時点でかなりでかいサザビーでしたが、RGでは更に全高が上がりました。

HGとRGサザビーの比較画像です

プロペラントタンクの長さがかなり違います。

HGとRGサザビーの比較画像です

HGUCサザビーもHGとしてはトップクラスに出来がいいのに、RGと並べてしまうとシンプルに見えちゃうぞ!(>ω<)

【ガンプラ】HGUC サザビー レビュー

RGサザビーとシャアフィギュアのガンプラレビュー画像です

シャアコレクションのシャア(総帥Ver)とディスプレイしてみた。


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 ハロカプ シャアコレクション シャア』の在庫を見る

RGサザビーのガンプラレビュー画像ですRGサザビーがファンネルを展開した画像ですRGサザビーのガンプラレビュー画像です

ハァハァ……

RGサザビーのガンプラレビュー画像です

なにこのかっこいいプラスチック……。

RG サザビーの感想

という事でRG サザビーのご紹介でした。

 

先述した通り原作再現派モデラーさんはバーニア内部を黄色に塗装する必要がありますが、とにかくプロポーション・ディテール・可動ギミックがRG史上最高峰になっていると感じました。

合わせ目も2基のプロペラントタンク程度なのが素晴らしい。

アドヴァンスドMSジョイントを一部(肩・腰・前腕部)だけに使用し、あとは最近のMGのようなKPSの組み立て式フレームにしたのは名采配だったと思います。

弱点としては「頭部の可動」「頭部の下側マスク部分が下がりやすい」点、あとは「アンダーゲートになっているパーツがそこそこあるので組み立てるのに時間がかかる」点。

アンダーゲートの処理にはデザインナイフはあった方がいいと思うので、初心者モデラーさんはご注意を。

 

組み上がった時「かっけ……」と独り言が出たのは数年ぶりかもしれないっす……。

このRGサザビー級の出来でRGνガンダムが発売してくれたら最高ではなかろうか。

 

以上、「RG サザビー」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『新品 1/144 RG MSN-04 サザビー』の在庫を見る
『中古 1/144 RG MSN-04 サザビー』の在庫を見る