icon
icon

【ガンプラ】HG オオワシアカツキガンダム レビュー

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HG オオワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)」のガンプラレビューです。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場し、カガリ・ユラ・アスハが搭乗したオオワシアカツキガンダムをご紹介。

2006年発売。

ゴールド部分は金メッキコーティングされたパーツが使用されています。

オオワシ装備が付属し、HGシリーズながらドライデカールが付属するという豪華なキットに仕上がっています。

という事で、オオワシアカツキガンダムを今のガンプラ基準で見るとどんな感じかを中心にじっくり見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG オオワシアカツキガンダム

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

ボックスアートはムラサメを引き連れたオオワシアカツキの姿。

このキットの内容ですが、シラヌイ装備は同梱せずオオワシアカツキガンダムのみ再現可能となります。

※HGシラヌイアカツキガンダムは別売り

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

アカツキの場合、百式と違って劇中でもキラッキラな作画でした。

という事で劇中再現派としてはメッキ仕様は嬉しかったりします(>ω<)

ですが、フル塗装派モデラーさんは「メッキ剥がし」からスタートする必要があるのでメチャメチャ時間がかかるキットになっていますよね……。(メッキ系ガンプラの宿命)

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

シラヌイでは頭部のシールだけしか付属しませんでしたが、オオワシの場合は↑のようにオオワシ装備の色を補う多くのシールが付属します。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

そしてこのキットの売り、ドライデカールが付属します。

HGではあまりついてこないので、ここは素直に嬉しい部分っす(>ω<)

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

こちらが付属品一覧。

※「72D5式ビームライフル”ヒャクライ”」「72J2式試製双刀型ビームサーベル(連結)」「連携していないビームサーベル(エフェクトパーツ含む)×2」「試製71式防盾」

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

そして完成したオオワシアカツキガンダムですが、ご覧の通りピッカピカです。

メッキランナーはアンダーゲート式を採用しているため、制作時間が他のSEED HGシリーズの2倍はかかりました。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

関節がABS樹脂になっているため、メッキという事も加わりフル塗装派モデラーさんにはかなり塗りにくいキットになっている模様。

しかし12年前のガンプラながら、プロポーションは普通にかっこいいですね。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

一応自立はするものの、背部のオオワシ装備のおかげで重心は後ろに傾きます。

また、そこまで接地性が良くないため展示スペースを揺らすと転倒しやすいです。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

可動域は狭いです。

上半身は多少上げて回したあと戻せば一応回転する感じ。

肩周りの自由度は低いため、今のガンプラ基準で見てしまうと派手なポージングは苦手です。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

口先は地味にオレンジのメッキパーツになっています。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

目立つ場所に合わせ目はないものの、頭頂部左右あたりに一部合わせ目あり。

メッキ仕様のおかげでこのあたりはあまり目立ちません。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

胴体の色分けは良好で、胸部ダクトはオレンジのメッキパーツで色分けされています。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

ただ、側面から見るとガッツリと合わせ目があります。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

肩は前後はめ込み式のため、上部にも合わせ目が出ます。

左肩には「暁」文字のドライデカールを貼る仕様。

ちなみに肩の暁デカールは2つ付属します。(1枚予備)

肩は側面レッド以外金メッキパーツのため、グレー部は色分けされていません。(暁文字の下部分)

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

腕部はそこそこ合わせ目があります。

全体的に、前から見た時に合わせ目が目立ちにくい構造をしていると思います。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

フロントアーマーにも暁デカール。

先程より少し小さめの文字デカールで、こちらも2つ付属します。(1枚予備)

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

右のサイドアーマーには72D5式ビームライフル「ヒャクライ」をマウント可能です。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

左側には72J2式試製双刀型ビームサーベルをマウントできます。

が、ライフル・サーベルともに接続強度が非常に弱いため、ポロリ率はかなり高いです。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

脚部は膝のグレー部分に合わせ目が出ます。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

後ろ側はメッキ部分にも合わせ目あり。

脚部側面のダクトはオレンジメッキ、レッドと細かく色分けされています。(写真右上)

足裏は肉抜きがありません。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

オオワシ装備はウィングのホワイト部・ブラック部をシールで補います。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

「大鷲」文字のドライデカールがかっこいいっす……!(>ω<)

意外な事に、白と黒のホイルシールは貼ってみるとそこまで違和感を感じず。

おそらく目線が自然とメッキにいくため、細かな粗に目がいかなくなっているものだと思われ……w(>ω<)

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

オオワシ装備には一部合わせ目が出ます。

背部ダクトの色分けは良好です。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

高エネルギービーム砲は合わせ目が出ます。

バックパックとビーム砲を繋ぐジョイント部分(写真右)ですが、フレキシブルに動くものの接続強度が弱いため多少外れやすいです。

それでは武装を見ていきます!

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

試製71式防盾の色分けは甘めで、側面には合わせ目も出ます。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

72D5式ビームライフル ヒャクライを装備させてみます。

グリップとハンドパーツ穴のサイズが合っていないため、多少プラつきます。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

ヒャクライで攻撃するアカツキ(オオワシ装備)!

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

72J2式試製双刀型ビームサーベルを抜刀するアカツキ!

こちらも柄とハンドパーツ穴のサイズが合っていないため、ガッチリとは保持できず。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

分離した状態のビームサーベルは別パーツで付属します。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

ビームエフェクトパーツ+メッキ=派手!!!

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

斬りかかるアカツキ!

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

ヒャクライの下部にビームサーベルを接続すれば、銃剣状態になります。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

ここはポロリもなくストレスフリーでした。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

フル装備で。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

オオワシ装備の武器、73F式改 高エネルギービーム砲を展開!

この部分はジョイント基部がポロリしやすいものの、柔軟に可動します。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

カッケェっす!(>ω<)

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

オオワシ単体でも展示可能です。

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)とムラサメのガンプラレビュー画像です

ムラサメ(量産機)に助けられるカガリ!

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)とムラサメのガンプラレビュー画像です

HGムラサメ 量産機とディスプレイ。

【ガンプラ】HG ムラサメ 量産機 レビュー

 

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

「黄金の……モビルスーツ……!?」

型式番号がORB-01ってところも熱いよね……(RX-0系のノリで)

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

DXイメージディスプレイフィギュアのカガリとディスプレイ。

このカガリのフィギュアですが、かなりニッチな商品であまり市場で見かけないです。安く見つけたらポチり推奨です(*´ェ`*)

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『DXイメージディスプレイフィギュア カガリ・ユラ・アスハ』の在庫を見る

 

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

【フィギュア】カガリ・ユラ・アスハ DXイメージディスプレイフィギュア レビュー

 

HGオオアワシアカツキガンダム(大鷲暁ガンダム)のガンプラレビュー画像です

「カガリ・ユラ・アスハ、アカツキ、発進する!」

並べるとめっちゃいいんですけどぉ!(>ω<)

HG オオワシアカツキガンダムの感想

HG オオワシアカツキガンダムのご紹介でした。

 

メッキ系ガンプラという事で人により評価が分かれる内容になっていると思います。

という事で、メッキ剥がしをしない素組み派or部分塗装派モデラーさん向け評価を書きます。

まず、腕や脚など前から見た場合の合わせ目が少なくなるよう設計されているのが好感触でした。

正直メッキがキラつき過ぎていて細かな粗が見えにくくなっている(笑)ため、合わせ目に関してはそこまで気にならない印象でした。(とはいえ当時ものキットという事で量はかなりあります)

 

問題は狭い可動域にあり、SEED系らしいハッタリのきいたポージングは不得意です。

ここはさすがに12年前のガンプラといった感じなので、可動域を重視するモデラーさんは満足いかない可能性が高いと思います。

一部ポロリもするので要調整だぞ!(>ω<)

 

総評としては良好なプロポーションのおかげで素立ち状態での見栄えの良さ・派手さは秀逸、反面可動域は狭くポロリ箇所は要調整、といったガンプラです。

ドライデカールが付属するのは高得点だぞ!(*´ェ`*)

メッキ剥がしをしてフル塗装するガチモデラーさんも、関節はABSのためご注意を!

 

以上、「HG オオワシアカツキガンダム」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 HG オオワシアカツキガンダム』の在庫を見る