icon
iconicon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC ペイルライダー(空間戦仕様) レビュー【プレバン】

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGUCペイルライダー(空間戦仕様)」のガンプラレビューです。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

HGUCペイルライダーの空間戦仕様をご紹介。

プレミアム・バンダイ限定品になります。

空間戦用にカスタマイズされ、陸戦重装備仕様とは一部違う外装や武器類が新規ランナーとして付属

という事で、陸戦重装備仕様との違い・比較画像だけではなくガンダム4号機・5号機との比較画像を含めてレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC ペイルライダー(空間戦仕様)

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム外伝 ミッシング・リンクに登場したペイルライダー。

設定的にはジム・スナイパーIIをベースに、G4計画の技術が盛り込まれEXAMシステムばりのHADESを搭載した魔改造MSになります(>ω<)

陸戦重装備型との違いは後述にてじっくりと解説します。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

ホイルシールは通常時とHADES発動時の2タイプが付属し、どちらか選んで貼る仕様になります。量は多いです。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

↑こちらが空間戦仕様のみに付属する新規造形のランナー2枚

武装を中心に、独特のデザインをしたショルダーアーマーが付属します。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCペイルライダー(空間戦仕様)がこちら。

ご覧のように、造形的には今のガンプラ目線で見ても通用する良プロポーションで立体化されています。

ただ色分けは甘く、胸のダクトなどシールを奥まった面に貼る事が多いため、できれば部分塗装してあげた方が良さげなプレバン品になっています。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

今回はHADES発動時の状態で組んでみました。

クリアグリーンのバイザーも付属するので、通常タイプで作成する事もできます。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

合わせ目・可動域に関しては通常タイプで組んだ陸戦重装備仕様の方で解説してあるので、こちらも併せてどうぞ。

【ガンプラ】HGUC ペイルライダー(陸戦重装備仕様) レビュー【プレバン】

 

今回は空間戦仕様の特徴を中心に見ていくぞ!(*´ェ`*)

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

まずは頭部から。頬のでっぱった部分はシールで補います。

ここに限りませんが、シールを貼らない場合もモールドは造形されています。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

バイザーをアップで。クリアレッドのパーツの奥に、ツインアイのシールを貼る構造です。

アップで見てもカッチリとした造形で作られているのが素晴らしいぞ……。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

上半身をアップで。ライトブルーと紺色、ライトグレー以外は全てシールで補います。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

↑胸のダクトなどは奥まった面に貼る影響で、あまり見栄えが良くありません。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは陸戦重装備仕様とは違う形で、スラスターが追加された特有の形状になっています。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

プロペラントタンク×2も追加されました。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

ガンダム5号機のプロペラントタンク(スタビライザー?)、ジャイアント・ガトリングと比較。

外伝系の系譜を感じますね。

ちなみに5号機のパーツが一部取れかかっていますが、ポロリ率が凄まじいので諦めて撮影しました……w

※ガンダム5号機は完成品トイであるGFF(GUNDAM FIX FIGURATION)になります

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

空間戦仕様になり、陸戦重装備仕様で装備していた脚部ミサイルポッドは撤去されました。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

ふくらはぎにはスラスターが造形。

本体に関しては肩やプロペラント・タンク以外、陸戦重装備仕様と同じです。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

下から。股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

足裏はつま先付近に肉抜きあり。

それではここから、空間戦仕様の特徴的な武装を見ていきます!

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

ハイパー・ビーム・ライフルはガンダム4号機・5号機と同タイプのものが付属します。(HGUCでは4・5号機は未発売)

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

シールドも4・5号機と同じタイプになります。

表面は全てホイルシールで補います。

裏側にはモールドがあり、基部で360度ロール回転します。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

ペイルライダー(空間戦仕様)、現る……!

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

それではアクションポーズいってみます!

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

ハイパー・ビーム・ライフルで攻撃するペイルライダー。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

やば、かっこいい(*_*;)

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

照準サイトとフォアグリップは可動します。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

フォアグリップをつかむ場合は甲パーツを一度外す必要がありますが、そのおかげでガッチリと構えることができます。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

余剰パーツで、陸戦重装備仕様に付属する90mmブルパップ・マシンガンもついてきます。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

腰部側面にマウントされているビーム・サーベルは着脱可能です。

ここは従来のペイルライダーにも付属し、同じ構造となります。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

ペイルライダー、ビーム・サーベルを抜刀!

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

両手で掴む事もできます。

最近のガンプラのように超絶可動するわけではありませんが、必要十分には動いてくれるため、

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

かっこいいポーズが決まります。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

二刀流で。ビーム・サーベルのエフェクトパーツは2本付属します。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像ですHGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

ジャイアント・ガトリングを装備させてみます。

給弾ベルトはある程度曲がるプラ材質になっていますが、手首パーツの強度がそれに負け、つられて動いてしまう感じです。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

ガンダム5号機のジャイアント・ガトリングと比較。

全長は約100mmで、ビッグサイズになっているぞ!(>ω<)

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

ジャイアント・ガトリングをぶっ放すペイルライダー!

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

ハイ。非常に……

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

かっこいいっす……(涙

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

両手で構える事もできます。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

先述した理由で、両手で持たせた方が安定して構える事ができました。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

給弾ベルトがある武器ってかっこいいよね……。

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)と陸戦重装備仕様の違い・比較ガンプラレビュー画像です

陸戦重装備仕様と比較してみます。

武装のほかは

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)と陸戦重装備仕様の違い・比較ガンプラレビュー画像です

ショルダー・アーマー

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)と陸戦重装備仕様の違い・比較ガンプラレビュー画像です

プロペラント・タンク脚部3連装ミサイル・ポッドの有無が違いとなります。

HGペイルライダーの違い・比較ガンプラ画像です

色々なペイルライダーで比較。

※左から「Limited Metallic Ver.」「陸戦重装備仕様」

Limited Metallic Ver.はメタリック風成形色で一番キレイな見た目をしていますが、HADES状態限定かつ手持ち武器がビーム・サーベルしか付属しません。

HGペイルライダーの違い・比較ガンプラ画像です HGUCペイルライダー(空間戦仕様)と陸戦重装備仕様の違い・比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC ペイルライダー Limited Metallic Ver. レビュー
【ガンプラ】HGUC ペイルライダー(陸戦重装備仕様) レビュー【プレバン】

 

ペイルライダーとガンダム4号機とガンダム5号機の比較画像です

GFF(GUNDAM FIX FIGURATION)のガンダム4号機ガンダム5号機と比較。

ガンダム4・5号機ともHGUCでは発売されていないため、仕方が無いので完成品を買った次第であります……(>ω<)

ちなみに「ガンダム4号機はNT-1アレックス」と、「5号機は6号機マドロック」とのコンパーチブルモデルで、ご覧の通りHGと並べても違和感のないサイズになっています。

【GFF】ガンダム4号機 RX-78-4 レビュー【機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…】
【GFF】ガンダム5号機 RX-78-5 レビュー【機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…】
GUNDAM FIX FIGURATION # 0020 マドロック (ガンダム5号機)
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
【サイズ】全高約160mm

 

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のガンプラレビュー画像です

HGUC ペイルライダー(空間戦仕様)の感想

ということでHGUC ペイルライダー(空間戦仕様)のご紹介でした。

 

本体の「合わせ目」「可動域」は陸戦重装備仕様のレビューで解説してありますので、こちらも併せてどうぞ↓

【ガンプラ】HGUC ペイルライダー(陸戦重装備仕様) レビュー【プレバン】

 

空間戦仕様の特徴としては、よりガンダム5号機に近付く装備が付属する点だと思います。

ジャイアント・ガトリングは約100mmもの長さで迫力があるだけではなく、接続強度がカッチリできているためポロリする事もなくストレスフリーな点がポイント高いです。

弱点は色分けの悪さ程度だと思います。

陸戦重装備型と感想が被りますが、元はゲーム特典の流用キットとはいえ一般販売で入手できない新規造形のガンプラになっており、プレバン品の中でも満足度は非常に高いと思います。

外伝系ファンのみならず、レアなガンプラが欲しいモデラーさんにもオススメだよ!

 

以上、「HGUC ペイルライダー(空間戦仕様)」のガンプラレビューでした!

icon

icon

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る