スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC ガンダム5号機 レビュー【プレバン】

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ガンダム5号機」のガンプラレビューです。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに・・・に登場し、フォルド・ロムフェローが搭乗するガンダム5号機をご紹介。

プレミアム・バンダイ限定品になります。

HGUCガンダム4号機やペイルライダー(空間戦仕様)の色違いランナーを使いつつ、胸部とジャイアント・ガトリングの一部が新規造形パーツにて再現されています。

という事で、HGガンダム5号機をレビューしていきたいと思います!

HGUC ガンダム5号機

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

“閃光”護りし赤きガンダム、ガンダム5号機。

MSV・およびPS2時代の外伝ゲーム作品に登場する機体で、ガンダム4号機と共に第16独立戦隊に配備されたガンダムとなります。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

ホイルシールとマーキングシールがこちら。

頭部・脚部・ライフルの一部や、シールド表面の赤い部分を補うものが中心です。

マーキングシールは5号機用になっており、サラブレッド隊のマークなどが印刷されています。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ハイパー・ビーム・ライフル」「ビーム・サーベル×2」「シールド」「Bst仕様の各種切り替えパーツ」「ジャイアント・ガトリング」「手首パーツ×3」

手首パーツは左右の「武器持ち手」、右の「ライフル・ガトリング持ち手」の計3つが同梱します。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

↑今回使われているのは、過去に発売された「HGUCガンダム6号機マドロック」の関節パーツ、「HGUCガンダム4号機」の外装、「HGUCペイルライダー(空間戦仕様)」のジャイアント・ガトリングやプロペラント・タンクの色替えランナーになります。

胸部とジャイアント・ガトリングの一部(色分けのため)が5号機の新規造形部分となります。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

まずはノーマルモードから見ていくぞ!

本体は基本的に4号機の色違いで、レッドを主体とした成形色に変更されています。胸部のみ新規造形です。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

関節ランナーは4号機と同様に、2019年にプレミアム・バンダイで発売されたHGUCガンダム6号機マドロックのものが使われているため、KPSが使われています。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

可動域から。

デザイン的に腕はそこまで上がりませんが、開脚範囲が広く顔を上げる動作も得意です。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上曲がるため、キレイにヒザ立ち可能です。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

背部パーツが引っかかるため、腰をひねる動作はちょい苦手です。

ただ、ポージングに困る事はありませんでした。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。トサカ前後とツインアイがシールです。

頬の黄色い部分はかなり小さいパーツになっており、パーツ分割により色分けされています。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、頭頂部から側面にかけて合わせ目が出ます。

アンテナ先端には安全フラッグあり。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

この肩がノーマルモードの特徴です。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

ランドセルは一部イエローで要塗装ですが、細かく色分けされています。

ノーマルモードでは、プロペラントタンクを外した状態にします。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

胸部は5号機の新規造形部分です。

ガンダム4号機とは違い、黄色いエアインテークの露出度が上がったデザインになっているのが特徴です。

胴体は前後はめ込み式で、側面一部と上部に合わせ目が出ます。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

肩はボールジョイント接続で、前後に可動します。

上から見た胴体の合わせ目は、↑枠部分です。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

腕に合わせ目はありません。

前腕部がロール回転する最新ガンプラ溢れる可動構造をしています。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

腰部。中央のV字はホイルシールで色を補います。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

脚部は関節パーツを含め、合わせ目がありません。

腕もそうですが、本キットは合わせ目の数が少ないのが売りになっているよ……(*´ェ`*)

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

足裏はつま先付近に多少肉抜きがあります。

股関節は左右に傾くタイプで、底面にはスタンド用の3mm穴が空いています。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

ランドセルのビーム・サーベルは、両側とも引き抜く事ができます。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

ガンダム5号機、ビーム・サーベルを抜刀!

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

アクション!

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

クリアレッドのサーベル刃も2本付属します。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

腕にはハンド・ビーム・ガンが内蔵されています。(両腕とも)

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

ハンド・ビーム・ガンで攻撃!

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

そしてこちらがBst形態になります。

ショルダーアーマーをはじめ、

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

宇宙仕様の特徴的なフォルムが再現できます。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーをアップで。

上からかぶせるように取り付けます。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

ノーマルモードの肩と比較。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

背部の左側には大型ドラムマガジンを装備。

ここから伸びた給弾ベルトは、軟質素材が採用されています。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

右側にはジャイアント・ガトリングを装備。

大型ドラムマガジンから伸びた給弾ベルトはここに接続します。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)のジャイアント・バズと比較。

一応「砲身部」が新規で色分け再現されていますが、ほとんどが色違いの同じパーツです。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

増加プロペラントは2パーツモナカで、合わせ目あり。

シンプルなプラ同士の凹凸接続ですが、ガッチリと装着できます。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

G05ジーゼロファイブ。フォルド・ロムフェロー、行ってくるぜ!」

ガンダム5号機、出撃!

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

それでは武器を切り替えつつ、アクションポーズいってみます!

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

ハイパー・ビーム・ライフルから。

人差し指をつきだした持ち手は、右手のみ付属します。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

シールドは側面・後ろ側どちらかを選んで取り付けます。

基部でロール回転可能。このあたりは4号機と同じです。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

ハイパー・ビーム・ライフルをぶっ放す5号機!

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

フォアグリップが可動するので、

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

両手で構える事ができます。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

ジャイアント・ガトリングがこちら。

給弾ベルトが繋がっているので、ベルトを「持たせる用に折り曲げる」などしなくては手首パーツが分解してしまう感じです。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

「実戦慣れしてしてるはずのやつらがビビってどうすんだって話だな!」

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

こちらも両手で構える事ができるぞ!

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

いい感じ……。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

GFF(GUNDAM FIX FIGURATION・完成品トイ)のガンダム5号機と比較。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

アップで比較。GFF版は顔の造形が緩かったので、今から買うなら今回のHGUC版の方がオススメです。

【GFF】ガンダム5号機 RX-78-5 レビュー【機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…】

 

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

MGガンダム5号機(塗装済)と比較。

 

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

HGUCペイルライダー(空間戦仕様)と比較。

宇宙仕様の装備や武装に共通点があります。

【ガンプラ】HGUC ペイルライダー(空間戦仕様) レビュー【プレバン】

 

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

HGUCガンダム4号機HGUCガンダム6号機マドロックとディスプレイ。

いずれもプレミアム・バンダイ限定品で、全て同じ関節フレームが使われています。

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

HGUCフルアーマーガンダム7号機(塗装済)も混ぜてパシャリ。

フルアーマーガンダム7号機のみ一般流通で入手可能です。

【ガンプラ】HGUC ガンダム4号機 レビュー【プレバン】
【ガンプラ】HGUC ガンダム6号機(マドロック) レビュー【プレバン】
【ガンプラ】HGUC フルアーマー ガンダム7号機 レビュー

 

HGUCガンダム5号機のガンプラレビュー画像です

「ルース…見ているかい?これでいいんだよな、相棒…」

HGUC ガンダム5号機の感想

ということでHGガンダム5号機のご紹介でした。

 

出来に関してはHGUCガンダム4号機とほとんど同じクオリティで、成形色のほか胸部と武装類が異なった内容になっています。

元が2019年製のKPS関節フレームを使用している事もあり、可動域がそこそこ広く合わせ目も少ないクオリティで立体化されています。

ペイルライダーだけではなく4・5・6号機を出してくれたバンダイさんには感謝なのですが……

ここまで来たらマレット専用アクト・ザクとかも発売してくれませんかね……?(*_*)←贅沢になってる人

 

以上、「HG ガンダム5号機」のガンプラレビューでした!

icon

 

 

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る