icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGBF リックドギャン子 レビュー【プレバン】

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG リックドギャン子」のガンプラレビューです。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドファイターズバトローグに登場する、リックドギャン子をご紹介。

プレミアム・バンダイ限定品になります。

リック・ドムの要素を加えたデザインにリニューアルされており、カチューシャ」「胸部」「肩部装甲」「ベルト」「」などが新規造形で付属

ジャイアント・バズやビーム・バズーカは、なんとHGUCドム/リック・ドムのランナーが付属します。

という事で、HGBFリックドギャン子をはいぱーギャン子との比較画像などを含めてレビューしていきたいと思います!

HGBF リックドギャン子

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

華麗なる”ドム”スタイルのリックドギャン子さん。

ガンプラ的には一般発売されているHGBFはいぱーギャン子の色変えランナーを使いつつ、新規パーツや「HGUCドム/リック・ドム」のランナーが加えられた内容になっています。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

表がカラーの専用組み立て書が付属。イラストがカワイイぞ……。

ビルダーはサザキ・カオルコの弟で、サザキ家次男坊のサザキ・タテオさん。

ギャン以外のモチーフを選択した事により緊急家族会議がとり行われたが、「ギャンと同じツィマット社製なのでギリOK」という結論が出たそうです……(*´ェ`*)

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

多彩な瞳部分のほか、襟部やドムキャップなどを補うものが付属します。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

「HGBFはいぱーギャン子」「HGUCドム/リック・ドム」の余剰パーツがかなり出ます。

はいぱーギャン子のシールド表面パーツ(ヴァリュアブルポッド)などは同梱しないので、色違いのはいぱーギャン子を組むことはできません。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGBFリックドギャン子がこちら。

ドムらしいパープルを主体としたカラーリングに変更されているほか、武器にリック・ドムのランナーが使われているのが特徴です。

本体は胸部・肩部・ベルト・靴などが新規造形で、髪の毛の色もはいぱーギャン子から変わっていたりします。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

自立は可能ですが、武器が重いというのもありスタンド展示推奨といった感じ。

本キットにはランナーレススタンドと専用支柱が同梱するので、別途スタンドを購入する必要はありません。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

顔をアップで。今回は単純に「まつげと瞳が一体型」のシールを貼ってみました。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

カチューシャ以外ははいぱーギャン子の色違いパーツになっているので、瞳を↑のクリアパーツで再現する事もできます。

はいぱーギャン子の目の比較画像です

↑が瞳のバリエーション。

※HGBFはいぱーギャン子の画像になりますが、フェイス部分は同じです

クリアパーツを使う場合、見る角度により目が動いているような不思議な状態が再現できるよ……(*´ェ`*)

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

ツインテールには合わせ目が出ます。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

ぐるぐるまわるぞ!

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

こちらが新規造形のドムキャップ。モノアイなどはシールで色を補います。

組み立て書の解説によると、「モノアイが一旦にらみ付けた相手は、キレイなマチルダさんであっても確実に逃さない」そうですw

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

襟部もシールを使いますが、シール下にはモールド有りです。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

バストは新規造形で、ドムの拡散ビーム砲が造形されています。芸が細かい……w

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

腰の側面には合わせ目が出ます。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

腰は↑までひねることができます。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

手足はボールジョイント接続です。

接続強度がそこまで強くないので、動かしていると外れる事は多々あります。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

新規造形の肩。裏側は地味に赤の裏打ちパーツで色分けされているうえ、合わせ目もありません。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

腕は二の腕と前腕部に目立つ合わせ目があります。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

バックパックにはヒートサーベルをマウント。

左右のアームはHGBCアームアームズのパーツが使われています。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

バックパックの下部には同梱するスタンド用の3mm穴が空いています。

アームのおかげで目立ちませんが、バックパック側面には合わせ目アリです。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

アームにはジャイアント・バズビーム・バズーカを接続できます。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

↑が同梱する武器類のランナー。

HGUCドム/リック・ドムのパーツが使われているため、胴体パーツなどが余剰でついてきたりします。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

腰部はベルトが新規造形です。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

脚部の合わせ目は多いです。

モモ側面、ふくらはぎや靴に合わせ目が出ます。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

靴は左右はめ込み式で、合わせ目が一直線に出ます。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

肘・ヒザ関節ともに90度以上曲がりますが、フトモモまわりの可動域はそこまで広くありません。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

リックドギャン子、ヒート・サーベルを装備!

刀身の白熱状態を再現する場合は、イエローで要塗装です。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

手首パーツは「武器持ち手」「平手」が左右分付属します。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

ヒート・サーベルで攻撃!

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

アームがフレキシブルに動くため、マウント状態の武器を前へ向けたり色々なポージングが楽しめます(*´ェ`*)

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

もちろん手に持たせることもできます。

武器類は合わせ目アリです。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

ビーム・バズーカをぶっ放すリックドギャン子!

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

いい感じ……(*´ェ`*)

ただ、最近のFigure-rise Standard系と違いポロリ率は高いので気になるモデラーさんは要調節といった感じです。(肩や手の甲など)

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

ジャイアント・バズはグリップが可動し、無理なく持たせる事ができます。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

両手に武器を装備した状態。

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です HGUCリック・ドムとHGBFリックドギャン子の比較ガンプラレビュー画像です

HGUCリック・ドムと比較。

ドムの単体販売版は「ドム」「リック・ドム」の選択式で、今のガンプラ目線で見てもめちゃめちゃ良くできています。(その理由でリニューアルされない説あり)

古いHGUCですが、かなりオススメです。

【ガンプラ】HGUC ドム/リック・ドム レビュー

 

はいぱーギャン子とリックドギャン子の比較ガンプラレビュー画像です

ベースキットのHGBFはいぱーギャン子と比較。

はいぱーギャン子は一般販売で入手可能です。

はいぱーギャン子とリックドギャン子の比較ガンプラレビュー画像です

カチューシャを比較。

はいぱーギャン子とリックドギャン子の比較ガンプラレビュー画像です

上半身を比較。

はいぱーギャン子とリックドギャン子の比較ガンプラレビュー画像です

靴を比較。

はいぱーギャン子は「ギャン」を、リックドギャン子は「ドム」モチーフのデザインになっているのがわかりますね。

はいぱーギャン子とリックドギャン子の比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGBF はいぱーギャン子 レビュー

 

ギャン子系のガンプラ画像です

ギャン子系のガンプラ勢揃いでディスプレイ。

【ガンプラ】HGPG プチッガイ きゃらっがい ギャン子 レビュー
【ガンプラ】HGBF R・ギャギャ レビュー
【ガンプラ】HGBF ギャンスロット レビュー

 

HGこまんどふみなのガンプラレビュー画像です

HGBFこまんどふみなとディスプレイ。

HGこまんどふみなのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGBF こまんどふみな レビュー【プレバン】

 

HGBFリックドギャン子のガンプラレビュー画像です

HGBF リックドギャン子の感想

ということでHGリックドギャン子のご紹介でした。

 

まず補足情報ですが、

↑が今回使わなかったHGBCアームアームズのパーツです。

カスタム派には嬉しい余剰パーツになっているので、お得感があると思いますぞ……(*´ェ`*)

感想ですが、HGBFはいぱーギャン子から変更点が多く一発でドムモチーフだとわかる面白いデザインをしているのが最大の特徴です。

本体の新規造形もちょこちょこあるので、プレバン品の中ではオススメ度は高いです。

ただ最近のFigure-rise Standardシリーズと比べるとポロリ率が高く合わせ目もそこそこあるので、その点だけはご注意を。

 

この記事執筆時点でバトローグ系ガンプラがプレバンで再販中ですので、定価で購入したいモデラーさんは今がチャンスだよ!↓

icon

 

以上、「HGBFリックドギャン子」のガンプラレビューでした!

icon

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る