icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC シルヴァ・バレト(ファンネル試験型) レビュー【プレバン】

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)」のガンプラレビューです。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムUC MSV系に登場し、ハンス・ロックフォードが搭乗するシルヴァ・バレトのファンネル試験型をご紹介。

プレミアム・バンダイ限定品になります。

HGUCシルヴァ・バレトのランナーを使いつつ、大型の試験型ファンネル(プロト・フィン・ファンネル)が新規造形で付属

成形色も爽やかなブルーに変更されています。

という事で、HG シルヴァ・バレト(ファンネル試験型)を他のシルヴァ・バレトとの比較画像を含めてレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC シルヴァ・バレト(ファンネル試験型)

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のボックスアート画像です

ファンネル試験型とは

PS3用ゲーム「機動戦士ガンダムUC」が初出で、コールサイン「B001」を持つ連邦兵が搭乗した

・コミック「機動戦士ガンダムUC MSV 楔」にも登場し、ハンス・ロックフォードが搭乗した

準サイコミュシステム搭載機で、有線式のプロト・フィン・ファンネルを装備している

 

プロト・フィン・ファンネルといえば、同じUC MSVのデルタカイも装備していました。

後のサイコミュ搭載機に多大な影響を与えた試験機という、MSVらしい設定のモビルスーツになっているぞ……(*´ェ`*)

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)の組み立て書の画像です

↑の白黒組み立て書に加え、HGUCシルヴァ・バレトの組み立て書が付属します。

プロト・フィン・ファンネルだけではなく、ビーム・キャノン(背部左右)まわりも一部新規造形になっています。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のシールのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。元のHGシルヴァ・バレトと同じく、シールの量は多いです。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)の付属品の画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビーム・サーベル×2」「ビーム・ライフル」「手首パーツ×5」「有線式ビーム・ハンド展開用各種パーツ」「プラモデルオリジナルのアーム×2」「シールド」「対艦用AMS-09R型ミサイル×2」「プロト・フィン・ファンネル」

手首パーツは右の「ライフル持ち手」、左右の「武器持ち手」「ビーム砲搭載の平手」が付属。

HGUCシルヴァ・バレトに同梱するジム・ヘッドは付属しません。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)の余剰パーツの画像です

余剰パーツがこちら。

一部のパーツとポリキャップはファンネル試験型の方で使用するため、完全な余剰パーツとなります。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)がこちら。

成形色がさわやかなブルーに変更されました。

ジム・ヘッドの有無と背部以外は、HGUCシルヴァ・バレトの完全な色替えキットです。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

1/144スケールとしては大型キットになるので、HGシリーズながら小型のMGサイズぐらいの全長を誇ります。

元となるHGUCシルヴァ・バレトは2014年発売という事で、KPSは使用されていないもののABSレスキットで塗装しやすいガンプラになっています。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

背部中央のプロト・フィン・ファンネルだけではなく、左右のビーム・キャノンの一部も新規造形です。

HGシルヴァ・バレトとファンネル試験型の比較ガンプラ画像です

まずは一般販売のHGUCシルヴァ・バレト(左)と全身を比較。

HGシルヴァ・バレトとファンネル試験型の違いのガンプラ画像です

背部を比較。

設定通り、ファンネル試験型では「インコム」と「12連装ミサイル・ランチャー」はオミットされたデザインになりました。

地味にスラスターも無くなり、少しシュッとしたイメージに。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)の頭部のガンプラレビュー画像です

本キットにはガンダム・ヘッドのみ付属します。

あとはシルヴァ・バレトと色が違うだけですが、一応こちらでも細かく見ていくぞ!(*´ェ`*)

ツインアイと各センサー部はホイルシールで色を補います。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)の頭部に貼るシールのガンプラレビュー画像です

トサカ前後の白い部分もシール。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)の胴体のガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)の胴体に使うシールのガンプラレビュー画像です

コクピットの上下にあるホワイト・グレー部分はシールで色を補います。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)の腕の取り付け方のガンプラレビュー画像です

肩の取り付け方は、ショルダーアーマーを間に噛ませる方式です。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)の肩・腕のガンプラレビュー画像です

「肩外側のダクト」「前腕部内側のダクト」内は全てシールです。

奥まった位置のため、ちょっと貼りづらい部分。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)の下半身のシールのガンプラレビュー画像です

腰部のサーベルラック周辺(丸い部分)や、脚部にもシールを多用します。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)の腰部サイドアーマーのガンプラレビュー画像です

サイドアーマーは脚の付け根に接続するタイプで、脚部まわりの可動範囲が広いです。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)の脚部に使うシールのガンプラレビュー画像です

↑枠内が脚部のシール箇所。アンクルガードも全面シールで補います。

ふくらはぎのカバーは開き、スラスターが露出します。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)を下から見たガンプラレビュー画像です

下から見た図。股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のAMS-09R型ミサイルのガンプラレビュー画像です

対艦用のAMS-09R型ミサイルは、上からスライドさせて取り付けます。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)の背部のガンプラレビュー画像です

背部のパーツも大きく可動。こちらのダクト内もシールです。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のファンネルのガンプラレビュー画像です

今回の最大の売りであるプロト・フィン・ファンネルがこちら。

着脱可能ですが、

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のファンネルのガンプラレビュー画像です

取り付け基部のケーブルなどは取り外す事ができません。ちょっと簡素な出来です。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)の背部カバーのガンプラレビュー画像です

↑枠のカバーは取り外し可能で、向きを変えて閉じた状態を再現する事ができます。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

プロト・フィン・ファンネル展開!

リード線や射出用のスタンドは付属せず、ファンネルにスタンド穴は空いていません。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

シルヴァ・バレト(ファンネル試験型)、出撃!

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

それでは武器を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のビーム・ライフルのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルから。

ジェガン用のものと同等品という設定ですが、HGUCジェガンのものと比べると多少ディテールがアップしています。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

大型キットながら可動域が広く、接地面が広いためポージングがうなるぞ!(>ω<;)

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルで攻撃!

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

立ちヒザで射撃姿勢もとれます。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

カッケェ!

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のシールドのガンプラレビュー画像です

シールドはドーベン・ウルフのメガ・ランチャーをショートバレル化した多目的防御兵装になっています。

ジェガンのシールドも組み込まれており、2連装ミサイル・ランチャー(赤い部分)は色分けされています。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のシールド可動のガンプラレビュー画像です

銃身部は伸縮します。

先端にある左右のパーツを開くと、銃口が顔を出します。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

ビーム・ランチャーで攻撃!

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

ライフル+ビーム・ランチャーで。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のビーム・サーベルのガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルを持たせてみます。

腰部の丸い部分から引き抜くギミックは非搭載です。

クリアイエローのビームエフェクトパーツは、長めのものが2本付属します。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

飛びかかるシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)!

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

手首パーツの穴サイズとジャストフィットしないため、多少遊びが出ます。

ただ指パーツを一度外してから持たせるため、抜け落ちる事はないです。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

二刀流!

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)の肩部ビームキャノンの展開ガンプラレビュー画像です

肩部ビーム・キャノンを展開させてみます。

アンテナが干渉するので、頭部を一度外す必要アリです。

ファンネル試験型の特徴としてインコムと12連装ミサイルランチャーが無くなり、スッキリとしたデザインになりました。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

ビーム・キャノン発射!

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

フルバースト!

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)の優先式ハンドのガンプラレビュー画像です

有線式ビーム・ハンドを展開させてみます。

腕の関節パーツを交換し、リード線と専用スタンドを接続すれば……

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

有線式ビーム・ハンドの展開完了です。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

このあたりはベースキットのHGUCシルヴァ・バレトと同じギミックです。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)の無線式ハンドのガンプラレビュー画像です

プラモデルオリジナルのアームも左右分付属。

マニピュレータは内側2本が可動し、

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルを持たせる事ができます。

ちなみに、こちらを使用する場合は無線式ハンドとして飾る感じです。

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

強そう!(>ω<)

HGシルヴァ・バレトのバリエーションのガンプラ比較画像です

シルヴァ・バレトのバリエーションを比較。

※左から「HGUCシルヴァ・バレト」「ファンネル試験型(本キット)」「ガエル・チャン専用機」「サプレッサー

HGシルヴァ・バレトのバリエーションのガンプラ比較画像です

全て成形色が違います。

通常のシルヴァ・バレトから変更点が多いのは、「サプレッサー>ガエル機>ファンネル試験型」といった感じです。

本キットとガエル・チャン専用機は、プレミアム・バンダイ限定品です。

HGシルヴァ・バレトのバリエーションのガンプラ比較画像です

【ガンプラ】HGUC シルヴァ・バレト レビュー
【ガンプラ】HGUC シルヴァ・バレト(ガエル・チャン専用機)レビュー【プレバン】
【ガンプラ】HGUC シルヴァ・バレト・サプレッサー レビュー

 

HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のガンプラレビュー画像です

HGUC シルヴァ・バレト(ファンネル試験型)の感想

ということでHG シルヴァ・バレト(ファンネル試験型)のご紹介でした。

 

本体の「可動域」「合わせ目」は↓のシルヴァ・バレトのレビューで解説してありますので、こちらも併せてどうぞ。

【ガンプラ】HGUC シルヴァ・バレト レビュー

 

ファンル試験型の感想としては、売りであるプロト・フィン・ファンネル用のリード線やスタンドが付属しないのがちょっぴり残念です。←贅沢?w

HGUCシルヴァ・バレトからの違いは「背部まわり」「ジム・ヘッドの有無」「成形色の違い」ですが、頭部を含め基本的に本体部分の変更点はありません。

プロト・フィン・ファンネル搭載型のシルヴァ・バレトが欲しいモデラーさんにオススメといったガンプラです!

 

以上、「HGシルヴァ・バレト(ファンネル試験型)」のガンプラレビューでした!

icon
iconicon

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る