スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
iconiconicon

【ガンプラ】HGBF ヴァイスバーザム レビュー【プレバン】

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ヴァイスバーザム」のガンプラレビューです。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドファイターズ バトローグに登場する、ヴァイスバーザムをご紹介。

2017年発売プレミアム・バンダイ限定品になります。

HGUCバーザムの色替えキットで、ホワイトを主体としたエゥーゴカラーで再現されています。

という事で、HGBFヴァイスバーザムを本家バーザムと比較しながらレビューしていきたいと思います!

HGBF ヴァイスバーザム

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドファイターズ バトローグに登場し、記念すべき第1回G-クエストにて「ガードガンプラの先鋒隊」として現れたヴァイスバーザムさん。

ドイツ語で「白」を意味するヴァイスの名を冠したガンプラとなります。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールはHGUCバーザムとは違い、ヴァイスバーザム用のものが付属します。

主に赤い部分を補うものが中心で、バーザムよりも量が増えています。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビームサーベル×2」「ビームライフル(+ケーブル有り/無し切り替え用パーツ)」「手首パーツ×4」

手首パーツは一般的なマニピュレーターよりも大型のものが4つ(左右の「武器持ち手」「平手」)同梱します。

内容的にはHGUCバーザムと同じですが、ビームサーベルの刃パーツがクリアイエローからクリアレッドに変更されているのが特徴といえそうです。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGBFヴァイスバーザムがこちら。

今回のプレバン品は、ズバリHGUCバーザムの完全な色替えキットです。

エゥーゴカラーのような、白を主体とした成形色に変更されているのがアイデンティティです。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

カラーデザインが変わっているため、主に「お腹のレッド」「股間の謎パーツ」「スリッパのレッド」にシールを使います。

成形色段階での色分けはベースキットの方が上、といった感じです。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

まずは、HGUCバーザムとの比較画像いってみます!

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

HGUCバーザム(右)と全身を比較。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

上半身をアップで。まさにエゥーゴカラーとティターンズカラーといった違いですね。

塗装派モデラーさんはHGUCバーザムをフル塗装してもヴァイスバーザムが再現できますが、

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

↑塗装ではどうにもならないモノアイのクリアパーツ色が変化しているので、ここだけはご注意を。(ついでにいうとビーム刃のエフェクトパーツ色も違います)

モノアイをクリアグリーンで再現したい場合は、今回のプレバン品を購入する必要がありそうです。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

ヴァイスバーザムのレビューに戻ります。

形は元のバーザムと同じですが、一応こちらでも細かくレビュっていきますね(*´ェ`*)

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

頭部はトサカ部分の一部レッドが赤配色に変化した影響で、シールを使う仕様に。

頭部に合わせ目はありません。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

モノアイを超アップで。

可動ギミックこそ搭載されていませんが、モノアイレールが細かく造形されています。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

バルカンポッドシステムは着脱可能だぞ!

後頭部からかぶせるように取り付けるのですが、カチッとはまります。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

設定的にガンダムMk-IIと同等の装備ではあるのですが、細部形状は異なっていてガンプラ的な互換性もありません。

※↑の左はHGUCガンダムMk-II(エゥーゴ仕様/REVIVE)のバルカン・ポッド・システム

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

胴体。細かく色分けされているうえ合わせ目もありませんが、シールを使う場所は増えました。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

肩部は外側に引き出す事ができ、前後に大きく動きます。また、

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

大きく上がります。(画像では中途半端ですが、真上まで上がります)

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

腕は「肩内部ブロック」「前腕部」に合わせ目が出ます。

本キットで数少ない合わせ目ポイントです。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

手首パーツは「武器持ち手」「平手」が左右分付属します。

一般的なものよりも、大きめになっています。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

前腕部は単体で細かく可動します。

表情付けがうなりそうですね。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

バックパック。細かく色分けされています。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

デザイン的に、腰をひねる動作は苦手です。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

脚部は関節フレームを含めて、合わせ目無し設計です。

ただ、広範囲のスリッパ部分は赤のホイルシールで色を補います。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

開脚範囲が広く、

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

手足も90度以上曲がるためキレイにヒザ立ち可能です。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

接地性はそこそこといったところ。↑が接地の限界です。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きはなく、股下にはスタンド用の3mm穴が空いています。

リアアーマー内側(イエロー部)に多少肉抜きっぽいものがありますが、全体的に見た場合肉抜きが目立たず堅実にできている印象です。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

ヴァイスバーザム、出撃!

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

独特な形のビームライフルから。

肩にケーブルを取り付けるようにして持たせますが、この状態でも腕関節を曲げる事ができます。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

ビームライフルで攻撃!

平手がめちゃいい感じだぞ……(*´ェ`*)

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

ヒザを着いて射撃。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

ケーブルは差し替えで、肩に接続しないタイプのものに切り替える事ができます。

こちらにした場合、更に腕が曲がるようになります。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

ビームサーベルのグリップは前腕部の中に収納されていますが、↑はダミーで

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

持たせる場合は、持たせる用のサーベルグリップを持たせます。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

襲いかかるヴァイスバーザム!

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

二刀流で。HGUCバーザムのサーベル刃はクリアイエローでしたが、ヴァイスバーザムではクリアレッドに変わっているのも特徴です。

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

斬!

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

ベースキットと同様、↑のHGUCガンダムMk-II(REVIVE版)のバックパックと互換性があります

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

HGUCガンダムMk-II(エゥーゴ仕様・REVIVE)と全身を比較。

多少成形色は違いますが、同じようなエゥーゴカラーで再現されていますね。

【ガンプラ】HGUC ガンダムMk-II(エゥーゴ仕様)レビュー【REVIVE版】

 

HGヴァイスバーザムとヴァイスシナンジュのガンプラ画像です

同じ「ヴァイス」の名を冠する、HGBFヴァイスシナンジュとディスプレイ。

こちらもプレミアム・バンダイ限定品になります。

【ガンプラ】HGBF ヴァイスシナンジュ レビュー【プレバン】

 

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

本家HGUCバーザムと比較。

前述の通り、違いは成形色(およびホイルシールのみ)です。

塗装派モデラーさんはバーザムをフル塗装してもヴァイスバーザムを再現できますが、ヴァイスバーザムの場合「モノアイがクリアグリーン」「サーベル刃がクリアレッド」に変更されている点だけはご注意を!

↓では股間の謎パーツについて解説しているので、こちらのレビューもあわせてどうぞ……(*ノェノ)

【ガンプラ】HGUC バーザム レビュー

 

色々なバーザムのガンプラ画像です

その他、色々なバーザムも混ぜてディスプレイ。

【ガンプラ】HGUC バーザム(A.O.Z RE-BOOT版) レビュー【プレバン】
【ガンプラ】HGUC バーザム レジオン鹵獲仕様 (A.O.Z RE-BOOT版) レビュー【プレバン】

 

HGヴァイスバーザムのガンプラレビュー画像です

HGBF ヴァイスバーザムの感想

ということでHGヴァイスバーザムのご紹介でした。

 

HGUCバーザムの完全な色替えキットなため、新規造形はありません。

バーザムとの違いは、カラーデザインが変更されているのでシール量が多くなり、パーツ分割での色分けが多少低下している点のみ。

他はバーザムと同じクオリティで、KPSを使った関節ランナーのおかげで可動域が広く、動かす際にノンストレスで色々なポージングが楽しめるガンプラに仕上がっています。(腰をひねる動作だけはちょい苦手)

手軽にヴァイス(エゥーゴ)カラーのバーザムを組みたい方や、塗装派モデラーさんでも「クリアグリーンのモノアイ」が欲しい方にはオススメといった感じです!

 

ちなみに先日(この記事執筆時での)、プレミアム・バンダイにて更なるバーザムバリエーションHGバーザム(A.O.Z RE-BOOT版)」「レジオン鹵獲仕様が予約受付開始されました。

こちらはなんと完全新規造形で作られているらしいので、要チェックだよ!(>ω<;)↓

icon
icon

以上、「HGBFヴァイスバーザム」のガンプラレビューでした!

icon

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る